ホーム >> 学習関連コラム >> 塾・予備校 >> 【柏・立川】大学受験専門塾CoABLEの指導内容や特徴についてご紹介!
更新日 2021.7.24

【柏・立川】大学受験専門塾CoABLEの指導内容や特徴についてご紹介!

今回は、首都圏にあるCoABLE(コアブル)という学習塾についてご紹介します。

塾全体としての教育に対する考え方から、生徒の能力を最大限に伸ばすための指導メソッドまで徹底的に解説しています。

これから塾に通おうかと考えている生徒さんや、お子様を塾に入れることを検討されている保護者の方はぜひ参考にして頂ければと思います。

CoABLEとは?

画像

CoABLEの基本情報
対象 高校生・高卒生
授業形式 対面指導
特徴 子供と大人が共に未来を育てていくことを目指す
教室 柏教室:千葉県柏市泉町6-61 泉ビル2F
立川教室:東京都立川市曙町1-12-22 立川寿ビル2F

CoABLEは高校生および高卒生に大学受験指導を行う個別学習塾で、校舎は東京都立川市と千葉県柏市の2箇所にあります。

授業形態は対面授業となっています。

なかでも授業のやり方は、塾の理念をダイレクトに反映するものです。

そのため後述するCoABLEのコンセプトと併せてご覧になることで、より深くCoABLEについて理解して頂けるかとおもいます。

高校生を対象にした大学受験専門塾

2021年7月1日にオープン

CoABLEは2021年7月1日にオープンしたばかりの非常にフレッシュな塾で、生徒がいつでもどこでも情報収集できるようブログの運営も行っています。

その内容は、参考書選びのコツや定期テストの結果に対する向き合い方など、具体的な方法論から受験生としての心構えに至るまで、様々な角度から情報を得ることができるラインナップとなっています。

サポートも万全

教室で勉強を教えるだけが指導ではありません。

学習塾の最も重要な役目は、生徒が自分の力で努力を行えるようサポートしていくことです。

CoABLEは、生徒が自分の力で学習に向き合うためのサポートにもしっかりと気を配っています。

たとえば、ブログではスマートフォンの影響で学習時間の減少や集中力が低下している受験生へ向けて、スマートフォンやSNSとどのように付き合っていくかアドバイスしています。

単なる科目指導の枠にとらわれないCoABLEの指導理念が、こうしたところにもよく表れています。

CoABLEが抱える想い

画像

CoABLEの名前の由来

学習塾・CoABLEは一風変わった名前ですが、そこにはCo"共に・相互に"、そしてABLE"可能にする"といった意味が込められています。

CoABLEで学んだ子供たちが大学受験という枠を超えて、周りの人々と支えあいながらあらゆることを実現していくような人生を送ってほしいという会社の理念を象徴しています。

CoABLEのコンセプト

CoABLEは以下の3つのコンセプトを実践しています。

1 on 1

生徒ひとりひとりに対してきめ細かいカウンセリング・コーチングを行います。

超アウトプット指導

生徒が自分の力で問題を解くところまで徹底的にバックアップします。

アドバンスプロジェクト

学習指導だけでなく、生徒が人としてどうありたいかという人間像にもきちんと向き合える場を提供するのがCoABLEの取り組みです。

CoABLEの指導内容

画像

1対1のマンツーマンサポート

集団授業の場合、どれだけ工夫しても講師1人あたりが対応する生徒数が多いため、一人ひとりの生徒に対する指導の質には限界があります。

その点、CoABLEは個別指導の形態をとっており、さらには1対1でのカウンセリングも随時実施しています。

生徒の学習は当然のことながら、いつもと少し様子が違うといった細かいところにも講師の目が行き届き、きめ細かな指導が行えるのは個別指導ならではの強みといえるでしょう。

徹底的なアウトプット

多くの学習塾では、講師が重要なポイントを解説するだけで終わってしまい、生徒がきちんと理解できたかを確認するプロセスがないがしろにされることも珍しくありません。

そのような状態では授業が一方通行なものになってしまい、生徒自身も一生懸命塾に通っているのにどうして成績が伸びないのだろうと感じ、自信を失うことにもなりかねません。

CoABLEでは生徒が学習した内容を実際にアウトプットできるようになるまで徹底的に指導します。

アドバンスドプロジェクト

自分はどうありたいのか、またどのような未来を求めるのか

CoABLEでは生徒自身がこういったテーマに主体性をもって向き合えるよう、ワークショップを通じて思考力・判断力・表現力を育み、単なる詰め込みではない柔軟な対応力を鍛える教育を実践しています。

暗記一辺倒の学習ではなく、生徒が自分の力で考えることによって課題を解決していき、志望校合格の先を見つめ、生きるための思考力をつけることを目的としているのです。

まとめ

画像

ここまで、個別指導塾CoABLEについて、その経営理念から指導プロセスまで解説してきました。

CoABLEの大きな特長は、アウトプットの十分な訓練が成績向上のためには必要であることをきちんと理解し、そして日々の指導に取り入れている点です。

この取り組みによって、これまで一生懸命授業を聞いているのになかなか成績が上がらない・問題が解けるようにならないと悩んでいた生徒はどんどん自信をつけていけることでしょう。

CoABLEの公式サイトはこちら→

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「CoABLE」に関してよくある質問を集めました。

CoABLEとは?

CoABLEは、2021年7月に新しくオープンした大学受験専門塾です。校舎は千葉県柏市、東京都立川市に展開しており、授業形式は対面指導となっています。詳しくは記事内をご参照ください。

CoABLEのコンセプトは?

CoABLEのコンセプトは、きめ細かいカウンセリングを行う「1on1」、知識を使って問題を解けるまで徹底的にバックアップする「超アウトプット指導」、生徒の人間像まで向き合う「アドバンスプロジェクト」があります。詳しくは記事内をご参照ください。

CoABLEの指導内容は?

CoABLEの指導内容には、①1対1のマンツーマンサポート、②徹底的なアウトプット、③アドバンスプロジェクトがあります。学習指導だけでなく、生徒の将来にまで寄り添い、生徒の主体性を向上させる指導を行っています。詳しくは記事内をご参照ください。