ホーム >> 学習関連コラム >> 受験・資格 >> ユーキャンの費用/料金、合格率やおすすめ資格、評判/口コミ
更新日 2019.8.19

ユーキャンの費用/料金、合格率やおすすめ資格、評判/口コミ

何かしらの資格を取りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、資格に強いことで有名なユーキャンについて、その費用やシステム、口コミなどを詳しくご紹介します。

講座別ユーキャンの費用について

画像

ユーキャンは、利用する講座によって大きく費用が異なるという特徴があります。

本来、通信講座というのは資格試験が存在するような難しいものが多いのですが、ユーキャンの場合は日常生活で利用できるような趣味の範囲のものや、実用的に利用できるような講座が数多く準備されていて、こういったサービスの中で費用がかなり異なっているという特徴があるのです。

また、ユーキャンは通信講座としてサービスを利用することができるものであるため、塾や予備校で必要になる通学に関する無駄な費用を削減することができるというメリットは共通して存在します。

そのため、費用を小さくしたいときには自分がどのサービスを利用したいのかということを決めてから費用の計算をしていく必要があります。

まず、ユーキャンを利用する時にはその口座が資格試験が必要なのか、それとも趣味の範囲内で終わるものなのかということを確認しておく必要があります。

仮に、自分が受講したいと考えている講座が資格試験が存在するものならば、費用は相応になる可能性が高くなります。

反対に、趣味の延長上で利用することができるようなものならば、月額あたりの料金でもわずか数千円程度で楽しむことができます。

本格的な受講を利用する場合には、一括で数万円程度の費用を支払わなくてはならないことが多いため、この違いを理解して利用することが大切でしょう。

ユーキャンでは、実用的な講座も多く提供されています。

これらの講座は、資格試験が必要なものと比較しても安く提供されていますので、とても利用しやすいといえます。

実用的というのは、日常生活で使えるような現実的な講座と解釈できるものです。

例えば、手話などは日常生活の中でも利用できますが、こういった現実的なものを習得していくことができるものは費用が安いわけです。

もちろん、実用的な講座の中にも資格試験が準備されているものはありますが、一般的な難易度の高いものと比較しても料金は安いので、利用しやすいサービスの一つといえるでしょう。

一般的に難易度の高いと考えられている資格試験が存在する講座は、費用が高くなる可能性が高いです。

実際に、司法書士試験など合格率が非常に低い講座に関しては、数十万円という費用が必要になります。

難易度の高い資格試験では、それだけ必要になる知識量が増えていきますので、テキスト量も増えていき、よりわかりやすく多くの知識を習得するための工夫が必要になります。

他のサービスと比較してより丁寧で習得しやすいテキストを作っていかなくてはならないので、それだけコストも必要になるわけです。

そのため、難易度が高い講座に関しては最低でも10万円以上の費用は想定しておくと良いでしょう。

ユーキャンの場合は、講座ごとに料金がどの程度であるのかということがきちんと明記されています。

そのため、講座選択の段階でどの程度の費用が必要であるのかということを計算しやすい傾向があります。

最終的に資格試験を求めているのか、あるいは趣味の延長上で楽しみたいのかによって費用が大きく違ってくるわけです。

社会的にステータスの高いと考えられている資格試験が準備されているものに関しては、それだけ需要も高く多くの人が利用しやすくなります。

当然、この場合には費用も高くなる傾向があります。

ですから、まずは自分がどのような目標設定をして講座を選択したいのかということを考えておく必要があるのです。

POINT

✔資格か趣味かを決めることが大事

✔実用的な資格の講座は値段が比較的安め

✔難易度の高い資格の講座は値段も高額になる

合格までのシステムとは?

画像

新しいことを始めようとした時にハードルとなるのが、どのような形で始めたらよいかを自分で考えて、必要なものを揃えていくことです。

趣味であれば必要な道具などを揃えていかなければ始めることが出来ませんし、資格取得などであれば教材の購入をするということになります。

自分に合ったものを選んで購入できるようにするためにはある程度の知識がなければなりませんから、なかなかはじめにくくなってしまうのです。

その点、ユーキャンの通信講座であれば必要な教材などが提供されますし、その時期に合わせたカリキュラムですすめられるように教材発送がされますから、それに乗っていくことで新しいことも気軽に始めやすくなるのです。

特に資格取得などの場合には、合格に必要な知識を十分に身に着けていくことが出来るような教材が必要となります。

それを自分で見極めることは難しいですが、ユーキャンならトータルで教材を提供してくれますから、それをこなすことに集中すればよいのです。

手を広げすぎると逆に勉強の効率が悪くなるということがあります。

合格に必要な知識だけに絞って、分かりやすく説明してある物が必要です。

別々に教材を購入していくと、重なっている内容が多かったり、難しい内容があると躓いてしまったりということになりがちです。

そういったことがなく、カリキュラムに沿ってステップアップしていくことが出来るようになっているという事は大きなメリットと言えます。

定期的に教材が送られてくるという形も、勉強のペースメーカーとして利用することが出来るメリットがあるのです。

新たな教材を手にするとモチベーションも上がりますから、勉強を続ける力となってくれます。

趣味については特に学ぶ必要がないと考える方もいるかもしれません。

しかし、本格的に始めていくためには基本的な知識や技術を一度きちんと学んでいく必要があります。

近くに習えるところがないという場合には、ユーキャンが強い味方となります。

趣味では特に認められるという機会はありませんが、修了証などを貰えると認められたという意識が生まれてやりがいにつながることもあります。

こうしたシステムがあるのも魅力の一つと言えるでしょう。

何事も、続けていく中でうまくいかないことや疑問に思う点などが生じてくることになります。

そのようなときにそれを放置していては、うまく進めないということになりますし、挫折の原因となってしまいます。

ユーキャンではサポート制度を備えた講座も多くあり、続けていくことを助けてくれることになります。

一人で孤独に取り組んでいるというわけではないという意識が生まれるのも嬉しいところです。

疑問点をメールなどで質問できるシステムは、勉強を続けるうえで重要な助けとなってくれます。

初心者はもちろん、勉強が進んできた方もその段階に応じた疑問が生じてくるものです。

そういった時にきちんと対応してくれるという事は嬉しいものです。

多くの講座で添削制度が取り入れられています。

単に採点をされるというだけではなく、分かりにくい部分や誤った部分にコメントなどが入っていると復習もしやすくなるものです。

どうしても通信という形では一人で勉強するという意識になりがちですが、こうしたシステムがあると孤独にならずに済み、心強いものとなります。

POINT

✔必要なものが入手できる

✔カリキュラムに沿って効率的に勉強できる

✔質問や添削制度などのサポートが充実している

ユーキャンの合格率を徹底調査

画像

ユーキャンは豊富な合格実績と合格率があると言いますが、実際にはどれくらいの人が受験していて合格率はどれくらいなのでしょうか。

残念ながら全体の資料というのは見つかりませんでした。

ただ個別の資格については公共機関などにより公表されているデータがあったので、それぞれの資格でどれくらいの受験者がいて合格者がどれくらいのか細かく見ていくことができます。

だいたいのイメージというのも掴めるでしょう。

まずは人気の資格であるファイナンシャルプランナーからです。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは家計に関わる専門家です。

金融や不動産、各種の税金、住宅ローンや教育資金、そして年金など家計に関わる多くの支出や資産計画についてアドバイスをします。

2級ファイナンシャルプランナー技能試験に合格するためには6割の正答率が必要です。

分野が多岐にわたるため難関の資格にも位置づけられますが、合格実績はどうでしょうか。

2018年1月に行われた最新のデータが公表されています。

それによると学科試験の合格率は45.6%、実技試験は57.6%となりました。

約半数の人が合格していることが分かります。

ちなみにFPは実技試験と学科試験を同時に合格する必要はありません

登録販売者とは薬局やドラッグストアで販売されている医薬品の販売に関する資格です。

薬剤師のサポートをすることができ、時給アップや転職にも有利な資格となります。

実は最近できた資格でもあり、2009年の薬事法改正により誕生しました。

そのため持っている人はまだ少なく大きなアピールになるでしょう。

そんな登録販売者の合格ラインは各都道府県により違いがありますが、概ね7割の正答率が必要で、43%の人が合格しています。

ちなみにこれまでは実務経験が課せられていましたが、2015年には撤廃されてどんな人でも資格を取ることが可能になりました。

合格率も高いのでおすすめの資格と言えるでしょう。

行政書士といえば会計士や税理士と共に難関資格として知られます。

主な仕事は行政機関に提出する資料を作成すること、そして申請業務を担うことです。

行政書士資格を持っていれば個人で事務所を抱えることも可能で、高い年収が期待されます。

その分合格率は低くなりますが人気の高い資格です。

そんな行政書士の2017年の受験者数は約4万人でした。

そして合格率は15.7%となっています。

実は10年前は受験者が6万人いて合格率が6%でした。

このように受験者数は減っていますが、合格率はかなり増えている傾向にあるのでしっかりと勉強すれば報われる資格となっています。

行政書士は狙い目の資格としてユーキャンも力を入れています。

ユーキャンの講座でもっとも人気が高いのは医療事務です。

医療事務とは医療機関の受付やレセプト業務に関する資格で、人気の理由は就職のしやすさにあります。

医療機関にとっては欠かせない業務を担うためニーズは非常に高く、加えて日本全国にはコンビニの2倍の医療機関があると言われています。

そのため一度取得すれば就職には困らないでしょう。

ユーキャンでは最短で4ヶ月のコースを用意していますが、全体の合格率はどれくらいでしょうか。

医療事務試験は正式には医療事務技能審査試験といい、1級と2級が存在します。

合格率は両方共に約6割です。

比較的に簡単に取れることも人気の理由です。

POINT

✔FPと販売員は約半数の合格率

✔行政書士は狙い目の資格

✔人気の医療事務の合格率は約6割

ユーキャンの口コミ評判を紹介

画像

ユーキャンは様々な資格の講座を開講する、資格取得の総合通信教育です。

手軽に学びたい人から本格的な資格取得を目指す人まで、様々な人におすすめだといえるでしょう。

一方でその効果や費用などについて、不安を感じる人なども多いようです。

ユーキャンの通信講座を実際に利用した人の口コミをご紹介しますので、受講を検討する際の参考として活用してみてください。

ユーキャンに好意的な良い口コミと、その他の口コミについてそれぞれご紹介します。

就職に備えて何か資格を取得したいと思い、ユーキャンの簿記三級の通信講座を受講しました。

簿記を学ぶのは初めてだったのですが、テキストなどの教材が分かりやすく一人で学習を進めることができました

受講を始めてから半年後に試験を受けて、おかげさまで簿記三級に合格しました。

今はユーキャンの簿記二級の通信講座を受講しており、来年の試験の合格を目標に頑張っています。

宅建士試験のための勉強をしたいと思い、様々な通信教育講座の資料を取り寄せて比較してみました。

資格の専門学校の講座は内容は充実していて良いと思ったのですが、費用については割高だと感じました。

ユーキャンは費用が割安で、さらに教材もわかりやすそうだったので選びました。

法律の勉強は初めてだったのですが、難しい用語についても丁寧に解説されているので安心して学習に取り組むことができます。

以前から字が下手なことがずっと気になっていたので、ユーキャンのボールペン字講座を受講しました。

テキストはひらがなの練習から始まっていて、手本を見ながら書いた課題を提出します。

すると先生が課題の添削をしてくれるのですが、文字の形やバランスなどが詳しく説明されていてとても参考になりました。

ボールペン字講座が終了して、今は以前よりも自信を持って文字を書くことができます。

資格試験などとは異なり直接何かの役に立つわけではありませんが、ボールペン字講座を受講して良かったです。

ユーキャンでは様々な資格の講座を開講していますが、中には役に立たない資格があります。

特に民間団体が主催する資格や、あまり聞いたことがない資格には注意をしてください。

国が認定する資格や、商工会議所が実施する検定試験など、本当に役に立つ資格を選んで通信講座を受講することをおすすめします。

以前ユーキャンで行政書士の通信講座を受講しました。

テキストの内容などは確かにわかりやすいのですが、ユーキャンの教材を使った勉強だけだと試験に合格することは難しいと思います。

実際に最初に受験した年には試験の問題を解くことができず、結局合格できませんでした。

その後資格の専門学校の通信講座を受講したところ、指導内容のレベルが違うと感じました。

難関資格に挑戦するのであれば、資格の専門学校の通信講座を受講するのがおすすめです。

これはユーキャンに限らないのですが、資格受験の通信講座を受講する前に受験資格についてしっかりと確認することをおすすめします。

資格試験の中には受験のために一定の学歴や職務経験が必要なものがあります。

せっかく勉強しても試験が受けられなければ意味がありませんので、くれぐれも注意をしてください。

POINT

✔教材はわかりやすく、料金も安め

✔本当に役立つ資格や受験資格をしっかり調べておくことが大切

✔難関資格には少し足りないかもしれない

まとめ

画像

ユーキャンは様々な資格の講座を開講しており、希望する資格について通信教育で学ぶことができます。

初心者にもわかりやすい内容の教材が特徴となっており、さらに比較的低料金で学べることも大きなメリットだといえるでしょう。

一方では役に立たない資格が混じっているという意見や、難関資格の受験のためには内容が不十分だといった意見もあるようです。

ユーキャンでは公式ホームページで各種講座についての解説を行っており、さらに無料で希望する講座の資料を請求することができます。

まずは興味のある講座の資料請求を申し込んで、じっくりと検討してみてはいかがでしょうか。