ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> センター試験の地学の傾向と対策、高得点を取るための勉強法とは?
更新日 2019.11.13

センター試験の地学の傾向と対策、高得点を取るための勉強法とは?

カテゴリ

センター試験の理科は、化学、物理、生物、地学の4種類からの選択科目となっています。

センター地学は、受験者数の少ない科目ですが、問題の難易度もそこまで高くはありません

基本の知識問題が多いので、教科書の内容を偏りなく、全分野バランスよく学習すると、高得点を目指せます。

センター試験の理科の穴場である、センター地学の勉強法と対策を紹介しますので、是非参考にしてください。

センター地学の勉強法と対策

画像

センター地学の勉強法と対策は、教科書の基本事項をしっかりと学習することです。

センター地学は、基本の知識問題が大半で、グラフや図を使用した問題も、わかりやすいものが多い傾向があります。

全範囲から出題されるので、全ての分野をバランスよく学習しましょう。

問題構成
「地球」から、 「地球の自転と内部構造」と、「地震と断層」
「地質と岩石」から、「地質調査」、「地史」、「地層と岩石」
「大気と海洋」から、「地球と金星、火星の大気」、「海水の水平運動」
「宇宙」から、「天体とその進化」、「銀河系」
「地球」から、「重力」と、「ケイ酸塩鉱物」
「水の循環と海洋」から、「地球表層の水とその輸送量」、「海洋の構造」

センター地学で問われる問題は、教科書に載っている内容に限られるので、教科書を中心に学習します。

「地学」には、啓林館と数研出版の2種類の教科書があります。

センター試験では、どちらの出版社のものでも扱われている内容が、優先的に出題される傾向があります。

教科書に記載されている内容について、繰り返し復習し、問題集を解くなどして知識を定着させることが大切です。

用語と意味をしっかり組み合わせ、整理することで、高得点を目指します。

センター地学は、知識を問う問題が多く出題されるので、基礎知識をバランスよく学習しましょう。

地球の構造、地震、地質、火成岩の組成、変成作用などの分野です。

地球の自転と内部構造や、地震についての計算問題が出題されることがあるので、公式をしっかり覚えましょう

地層、化石、地質図、岩石の構成物などの分野です。

すべての知識がつながっているので、バランスよく知識を身につけておきましょう

 

大気の構造、オゾン層やオーロラ、海流、海洋や気圧、風の動きなどの分野です。

海流が気候に与える影響や、その理由を海洋や気圧、風の動きから説明できるようにするとよいでしょう。

太陽系を構成する惑星や恒星、公転周期、会合周期、宇宙全体の恒星や銀河系、HR図などの分野です。

惑星・恒星の名前と、それぞれの特徴をしっかりと関連付けて押さえましょう。

水の循環の収支の計算、陸水、海洋の塩分や層構造などの分野です。

水の循環と環境は、基礎知識が問われるので、基本をしっかり整理し、理解しましょう。

★センター地学は、全範囲から出題されるので、全ての分野をバランスよく学習する

★センター地学は、知識を問う問題が多く出題されるので、基礎知識を押さえる

★教科書に記載されている内容について、繰り返し復習し、知識を定着させ、高得点を目指す

センター地学を効率良く勉強するために

画像

センター地学を効率良く勉強するためには、独学で勉強する方法と、家庭教師を頼む方法、予備校に通う方法などがあります。

難関国立大学や、難関私立大学を狙うという場合、センター地学では、9割以上の得点を目指すことになります。

目標とする大学に合格するには何点必要か自分が現時点でどのくらいの実力があるのかを、しっかり見極めて対策を練ると効率良く勉強していけます。

効率良く勉強するためにも、自分にあった勉強方法を見つけることが必要です。

センター地学を効率良く勉強するために、独学と、家庭教師や予備校はどちらが良いのでしょうか。

難関大学への合格を目指す場合、センター地学で9割以上の得点を目指すことになるため、 家庭教師や予備校などを利用して、受験の最新情報を得たり、受験のノウハウを持った専門家からサポートを受けることが多くなります。

それぞれのメリットとデメリットをまとめて紹介しますので、自分にあった方法を選び、センター地学で高得点を目指しましょう

独学で勉強するメリットは、費用がかからないということです

家庭教師や予備校で学ぶと、専門の講師に指導してもらえる分、費用がかかります。

センター地学の出題範囲は、教科書に載っている内容に限られているので、教科書を中心に自分のペースで無理なく進めることができます

教科書や参考書以外の費用をかけずに、自分のペースで勉強できるところが、独学で勉強するメリットです。

独学で勉強するデメリットは、自分で学習計画を立てて勉強を進めていくことが難しいということです。

家庭教師や予備校であれば、カリキュラムが整っており、受験のノウハウを持った講師が指導してくれますが、 独学では自分で全て行うことになり、センター地学の出題傾向に関わる情報は、受験者数が少ないこともあり、他の科目よりも少ないので独学で勉強しながら自分で集めるのは大変です。

高いモチベーションを保ちながら、独学で受験勉強を行うことは不可能ではありませんが、困難なことです。

家庭教師や予備校で学ぶメリットは、大学入試情報が豊富で、傾向と対策をしっかり教えてくれる講師から、指導が受けられるということです。

センター地学は暗記することの多い科目ですが、講師の解説や指導により、理屈を理解し、考えながら覚えることができます。

ひとつひとつの問題を、理解しながら勉強を進めていくことができるので、効率良く入試までの時間を過ごせます。

地学は専門の先生が少ないので、指導を受けられると、より理解が進みます。

個別指導を選ぶと、自分のペースや、苦手科目にあわせてスケジュールを組めるので、自分だけの学習プランを作ることもできます。

家庭教師や予備校で学ぶデメリットとしては、費用がかかるということがあります。

家庭教師や予備校では、大学受験のノウハウを持った講師や、センター地学の傾向と対策を練った専門性の高い授業が受けられますが、 その分、独学の場合よりも費用がかかります

予備校の費用は、1年間で約60万円から70万円程です。

家庭教師の場合は、1時間3,000円程です。

しかし、大学受験合格までのカリキュラムが組まれた、家庭教師や予備校は、限られた時間の中、効率良く勉強することができます

以上のメリットとデメリットをふまえて、家庭教師や予備校を選ぶなら、家庭教師のトライや個別教室のトライがおすすめです。

「家庭教師のトライ」は、全国No.1の家庭教師派遣サービスで、個別教室のトライは、完全マンツーマン指導の個別指導塾です。

どちらも「1対1の個別教育」で、ひとりひとりの目標達成をサポートしてくれます。

予算に応じてオーダーメイドのオリジナル学習プランを用意してくれるので、センター地学の対策も万全を期することができます。

家庭教師のトライと、個別教室のトライの強みは、30年以上にわたり120万人以上の実績を積み、培ったノウハウで作り上げた「トライ式学習法」です。

マンツーマン教育で、わかったつもりを防ぐ「ダイアログ学習法」と、 記憶が定着する「エピソード反復法」偏差値を高める「速読訓練」脳科学理論を応用した「トライ式復習法」などの、学習有効率を上げるテクニックを用いて、学習をサポートします。

性格別学習法を用い、勉強時間設定のコツを押さえた無理のない学習計画を立て、やる気を引き出す指導も特徴です。

★センター地学を効率良く勉強するためには、自分にあった勉強方法を見つけることが必要

★家庭教師や予備校なら、講師の解説や指導により、理屈を理解し、考えながら覚えられる

★トライなら、予算に応じてオーダーメイドのオリジナル学習プランを用意してくれる

↓↓お問い合わせはこちら↓↓

まとめ

画像

センター地学は、基本の知識問題が大半なので、教科書を繰り返し勉強し、理屈を考えながら暗記していきましよう。

全範囲から出題されるので、全ての分野をバランスよく学習します。

分野ごとの内容に関連性があるものも多いので、関連付けて暗記すると覚えやすくなります。

勉強法に個人指導を選ぶと、自分のペースにあわせたオリジナルの学習プランで、入試までの時間、効率良く勉強することができます。

自分にあった指導法を選び、センター地学で高得点を取り、希望する大学への合格を目指しましょう。