ホーム >> 学習関連コラム >> 塾・予備校 >> 【現役・浪人生必見】おすすめの安い予備校について費用など徹底解説
更新日 2020.3.24

【現役・浪人生必見】おすすめの安い予備校について費用など徹底解説

予備校を探しているけど、なるべく授業料を安く済ませたい

おススメの予備校を知りたい、という方は必見!

今回は授業料を安く抑えることができる予備校・塾をご紹介します。

是非予備校選びの参考にしてください。

予備校の1年間の費用はどれぐらいなのか?

画像

安い予備校の情報を紹介する前に、まずは一般的な予備校の1年間の費用について紹介していきます。

一般的な予備校で1年間にかかる費用を知っておけば、安い予備校との比較をすることが可能です。

予備校の費用は、主に「国立文系・理系」「私立文系・理系」「医学部受験」の3つで違うので注意してください。

それでは、それぞれの予備校の費用について紹介していきます。

一般的な予備校の費用で、国公立文系・理系だと80万円~90万円前後となることが多いです。

入学金が10万円ほどかかり、授業料が70万円~80万円ほどとなります。

他にも、夏期講習や追加の講習、模試などの費用がかかるため、年間100万円ほどはみておくべきでしょう。

私立文系・理系の予備校の費用も、80万円~90万円前後となります。

あまり、国公立コースと私立コースでは差がありません。

私立文系・理系の場合も、夏期講習や追加の講習、模試などの費用をプラスすると、年間100万ほどの費用が必要となります。

医学部受験を目指す受験生の場合、予備校の費用は100~120万円ほどみておくべきです。

医学部を目指すコースは、基本的に他の学部を目指すコースよりも割高な傾向があります。

どの医学部も、基本的に難易度が高くなっています。

そのため、予備校も力を入れており、その分費用も割高となっているのです。

また、医学部を目指すコースの場合も、夏期講習や追加の講習、模試などの費用もプラスすると、年間130~150万円ほどみておくべきでしょう。

志望大学 予備校の一般的な年間費用 夏期講習なども含めた費用
国立文系・理系 80~90万円 100万円
私立文系・理系 80~90万円 100万円

 

★予備校の費用は目指す大学によって違う

★国立文系・理系と私立文系・理系では年間100万円ほどの費用がかかる

★医学部受験の場合は年間130~150万円ほどの費用がかかる

授業料が安くておすすめの予備校3選

授業料が安く、おすすめの予備校を3校ご紹介します。

それぞれの予備校の特徴と費用について、詳しく紹介していきます。

画像

武田塾の基本情報
対象 高校生・高卒生
授業形式 予備校・個別指導塾
校舎 【青森】八戸 【岩手】盛岡 【宮城】仙台駅前_泉中央 【秋田】秋田 【東京】渋谷 【神奈川】溝ノ口大和 【富山】富山 【石川】金沢 【滋賀】彦根 【大阪】なかもず 【兵庫】尼崎塚口 【鳥取】鳥取米子 【島根】松江 【愛媛】松山 【大分】大分駅前 【沖縄】沖縄那覇
特徴 日本初!授業をしない塾

武田塾の特徴は、自学自習ということです。

武田塾のホームページでは、「授業をしない!」と名言しています。

一人ひとりの自学自習を徹底管理することで、学力アップさせるというスタイルとなっているのです。

武田塾では学習している内容を「わかる」だけでなく、「できる」ようになるまで先には進みません。

参考書を1冊ずつ完璧にすることが、結果的に一番の近道になると考えているからです。

武田塾の費用は、コースによって大きく費用が異なります。

最も安いコースであれば、月々2万円ほどで通うことが可能です。

一般的なコースでも、年間約50~80万円ほどで通うことができます

そのため、他の予備校と比較した場合、武田塾の方が安く利用することができるのです。

★ひとり一人の自学自習を徹底管理

★参考書を一冊ずつ完璧にする

★最安で月2万円~利用可能

画像

河合塾の特徴は、PASSカリキュラムにあります。

PASSカリキュラムとは、「Personal Apply Systemカリキュラム」のことであり、直訳すると「個人の志望を支援する仕組み」です。

生徒1人ひとりに合ったカリキュラムを設定するため、レベルに合った講義で着実に学力アップが望めます。

また、河合塾は90分授業を採用しているのも特徴です。

難関大入試の9割は、試験時間が90分以上であり、本番で生きる集中力を養うことができます。

河合塾の費用は、年間70万円前後となるのが一般的です。

志望大学の区分やコースによって価格は違いますが、ほとんどが70万円前後となっています。

夏期講習・冬期講習などの受講料金は別途かかります(10万~20万程度)のご注意ください。

また、小論文の採点料やフォローアップ講座などは別途料金が必要なので注意してください。

★個人を支援するPASSカリキュラム

★河合塾は生徒1人ひとりに合ったカリキュラムで90分授業であり、費用は年間70万円ほど

画像

原田塾の基本情報
対象 高校生・高卒生
授業形式 学習管理
対応地域 神戸三宮校
特徴 徹底的な学習管理・集中しやすい環境づくり

原田塾では一人ひとりの志望校・学習状況から逆算し、最適な学習プランを作成してくれます。

毎週行う個別面談では、勉強法や進捗の確認まで徹底管理してくれます。

東大生講師によるマンツーマン指導を受けられるコースもあり、苦手科目の克服などをスムーズに進めることができます。

原田塾では、学習環境の整備にとても力を入れている予備校です。

勉強に集中できる要因として、「環境」というのは非常に重要です。

原田塾は専属デザイナーによるオリジナル設計で、快適に学習をすすめられる空間を作っています。

自習メインで利用する塾だからこそ、教室の設備は重要なのです。

原田塾の料金については→

★自学自習を徹底管理

東大生講師によるマンツーマン指導

快適な学習空間

↓↓神戸三宮校にお問い合わせ↓↓

予備校と個別指導塾を比較すると?

画像

受験生にとって、気になるのが予備校と個別指導塾の違いではないでしょうか。

どちらも受験勉強ができる環境ですが、どっちを選ぶべきなのかわからない受験生が多いはずです。

そこでここからは、予備校と個別指導塾の比較を紹介していきます。

参考にして、予備校と個別指導塾のどちらを選択するのか検討してみてください。

まずは、予備校と個別指導塾の費用を比較していきます。

一般的に、年間授業料は予備校の方が高い傾向があります

個別指導塾の費用は、週3回でも平均約4万円/月です。

年間だと、4万円×12カ月=48万円となります。

そのため、予備校と比較すると個別指導塾の方が安く済ませることができるのです。

予備校80~90万円/年
個別指導塾約48万円/年

予備校のメリットは、ライバルを意識した勉強ができることです。

集団講義が基本となるため、ライバルと一緒に講義を受けることになります。

そのため、ライバルと切磋琢磨しながら受験勉強をすることができるのです。

また、予備校は基本的に大学受験を目指しており、専門的な入試対策ができます

予備校のデメリットは、先生との距離が遠いことが挙げられます。

予備校は一方的な講義形式が多く、生徒は受け身の状態です。

そのため、先生とは距離があって、質問などがしにくいというのが実情です。

また、自分のペースに合わせた講義ではないのもデメリットです。

集団講義が基本となるため、自分だけのカリキュラムではありません。

個別指導塾のメリットは、先生との距離が近いことです。

先生に質問しやすい環境が整っています。

また、自分のペースで授業を進められるのもメリットです。

先生は1人や数人だけを相手にするため、それぞれの生徒の進捗具合に合わせた指導をしてくれます。

個別指導塾のデメリットは、大学受験専門ではない場合があることです。

個別指導塾は定期テスト対策・内申点対策など幅広い目的を持った方が通います。

もちろん、個別指導塾によっては大学受験に力を入れている塾もあるため、そのような塾を選択するのがおすすめとなっています。

★予備校はライバルと切磋琢磨して受験対策ができるのがメリット

★個別指導塾は先生との距離が近くて、自分のペースで授業を進められるのがメリット

★予備校と個別指導塾のメリット・デメリットを比較して選択するのがおすすめ

 

おすすめの個別指導塾

画像

個別教室のトライの基本情報
対象 幼児・小学生・中学生・高校生・高卒生
授業形式 個別指導
対応地域 全国583教室
特徴 プロ講師による1対1のマンツーマン指導

個別指導塾を選ぶなら、「個別教室のトライ」がおすすめです。

トライは全国に教室があり、プロ講師と完全1対1のマンツーマン指導を受けられることが強みです。

そんな個別教室のトライについて紹介していきます。

個別教室のトライでは、高校生向けに「トライ式難関大合格コース」を用意しています。

最新の受験情報と120万人の指導によって蓄積されたデータをもとにして、大学受験をサポートしてくれます。

また、「完全マンツーマン」で「専任制」なのが特徴です。

画像

先生1人に対し、生徒1人なので相談や質問がやすい環境で勉強ができます。

さらに、専任制を採用しており、同じ教師が継続して指導してくます。

そのため、安心して受験勉強をすることができるのです。

個別教室のトライは、オリジナルカリキュラムで指導してくれるのが強みです。

志望校の入試傾向に完全対応しており、1人ひとりの学力に合わせたカリキュラム設定をしてくれます。

また、様々な入試方法に対応しているのも強みです。

国公立大学・私立大学の受験対策だけでなく、センター試験やAO、推薦入試の対策までサポートしてくれます。

一般入試以外も視野に入れている受験生にも、個別教室のトライは対応しているのです。

トライの料金についてはこちら→

★個別教室のトライは完全マンツーマンの専任制

★オリジナルカリキュラムだから、1人ひとりの学力に応じた指導が強み

★一般入試はもちろん、センター試験やAO、推薦入試などの対策も可能

↓↓お問い合わせはこちら↓↓

画像

ITTO個別指導学院の基本情報
対象 小学生・中学生・高校生
授業形式 個別指導
特徴 丁寧な個別指導・部活動との両立も可能

ITTO個別指導学院では、中学までよりもさらに難しい高校の授業について行くための補習から、志望大学合格に向けた対策まで、ひとり一人にオーダーメイドで指導を行っています。

「個別指導」にこだわるITTOはひとり一人に丁寧なサポート・カリキュラム作りを行っています。

ハイレベルな水準の「経験」「スキル」「知識」を兼ね備えたSS講師を指名することも可能です。

高校生活で、部活動や習い事もガッツリ頑張りたい!という文武両道を目指す方に、ITTOはおすすめです。

通いたい曜日・時間を自由に選ぶことができるITTOでは、カリキュラムを自由自在に決めることができます。

定期テスト前など、必要なときに追加で授業を受けるというような活用法もあります。

★ひとり一人に丁寧なカリキュラム作成

★ワンランク上のSS講師が在籍

部活動・習い事と両立しやすい

↓↓お近くの校舎はこちらから↓↓
校舎一覧北海道札幌東校札幌西高前校札幌宮の沢校旭川校
東京八王子八幡校八王子南大沢校東大和上北台校東久留米校町田原町田校足立佐野校足立中央校
神奈川大野台校渡田校浅田校潮田校たちばな台校大口校上矢部校
静岡篠ケ瀬校浜松中島校大平台校袋井天神校袋井高尾校袋井北校静岡城北校
愛知黒川校豊川本野校富貴の台校南加木屋校南知多校竜美ヶ丘校岡崎西校岡崎本校岡崎南校
岐阜長良校岐北校長森校芥見校
滋賀宇賀野校長浜北校長浜本校大将軍校
京都精華光台校宇治小倉校
大阪曽根校河南校都島中央校大正千島校狭山校黒原校高槻天王校富田校
兵庫西新町校網干校姫路西校姫路夢前校広畑中央校大和校苦楽園校大日通校神戸本校宇原校三木緑が丘校

画像

みやび個別指導学院の基本情報
対象 小学生・中学生・高校生
授業形式 個別指導
特徴 個別指導一筋26年のノウハウとワンランク上の学習環境

みやび個別指導学院では、ひとり一人の目的や目標から逆算し、オーダーメイドでカリキュラムを作成します。

また、日々の授業内容や学習の進捗を、スクレポという電子授業カルテでご家庭に共有しています。

学校別の定期テスト対策・授業の補習から、志望大学の受験対策まで安心して任せることができます。

みやびでは、特に学習環境の整備に力を入れています。

自社でデザイン・設計を行っているため、非常にデザイン性・機能性に富んだ校舎となっています。

学習に集中するためには、学習環境は非常に重要な要素です。

是非一度お近くの校舎に足を運んでみてください。

★ひとり一人の目標から逆算したオーダーメイドカリキュラム

★学校別の定期テキスト対策から大学受験対策まで

★デザイン性・機能性に富んだ校舎

校舎一覧東京立川砂川校小平校
神奈川平塚校平塚西校辻堂校湘南ライフタウン校港北校伊勢原校
山梨甲府校
静岡富士本校富士東校富士西校富士中央校富士宮北校染地台校貴布祢校安松校浜松東校蜆塚校浜松上島校浜松佐鳴台校磐田西校磐田東校藤枝駅北校清水駅前校静岡本校安東校静岡吉田校石津校小川校大岡校沼津南校長泉校長泉南校徳倉南校御殿場校菊川西校掛川中央校
愛知みどり南校滝ノ水校篭山校みどり東校天白校志段味校豊明二村台校梅坪校泉校豊田宮上校豊川西校豊川東校蔵子校豊川南校豊橋東校碧南鷲塚校碧南荒子校乙川校半田南校日進香久山校岩崎台校武豊校富山校西尾今川校桜町校山下校刈谷北校蒲郡校蒲郡形原校百々校矢作校橋目校木曽川駅前校新安城校
岐阜各務原西校広見校下恵土校
滋賀能登川校坂本校草津南校守山校守山西校
京都花住坂校曽根校
奈良奈良三条校奈良学園前校あやめ池校
和歌山山六十谷校
大阪和泉府中校門真校津田校りんくう泉南校金岡南校貝塚校
兵庫太子西校太子校白浜校たつの校

まとめ

画像

今回は、安くておすすめの予備校を紹介してきました。

安くておすすめなのは、「武田塾」「河合塾」「原田塾」の3つです。

いずれも、一般的な予備校の費用に比べると割安で通うことができます。

しかも、様々なコースが用意されているので、ベストのコースを選択することが可能です。

また、予備校ではなく個別指導塾を選ぶのもありです。

個別指導塾なら、先生との距離が近く、自分のペースで勉強しやすい環境となっています。

予備校と個別指導塾のメリット・デメリットを比較し、どちらを選ぶべきなのか検討してみてください。

個別指導塾を選ぶなら、「個別教室のトライ」がおすすめです。

マンツーマン指導であり、オリジナルカリキュラムで受験対策をすることができます

センター試験やAO、推薦入試などのサポートまで対応しており、どんな受験対策もサポートしてくれます。

個別指導塾なら、個別教室のトライがおすすめです。

画像

【新年度応援キャンペーン】個別教室のトライ

個別指導塾NO'1
★日時や時間帯・料金も全てオーダーメイド
★今だけ!授業料1か月分無料・入会金無料
圧倒的な合格実績・受験対策も万全

_