ホーム >> 学習関連コラム >> 塾・予備校 >> 【最新版】予備校の年間の費用(授業料・入学金)は?浪人・現役
更新日 2021.7.8

【最新版】予備校の年間の費用(授業料・入学金)は?浪人・現役

⇩⇩⇩【英語】共通テスト対策はこちら⇩⇩⇩
画像 _

大手備校に通うと年間で約100万円以上費用が必要になります。

本記事では、「予備校の費用・学費」「浪人生と現役生、ぞれぞれの予備校の必要な費用」「大手予備校の費用相場」について解説していきます。

予備校で1年間にかかる費用(学費)相場

画像

【現役生】年間費用(入学金・授業料)

予備校の入学金

現役生の入学金は、浪人生に比べて料金が安いのが特徴的です。

【現役生】入学金の相場
現役生 30,000円

※料金は自社調べにより、あくまで目安として参考にしてください。

入学金が割引になるキャンペーンを実施している予備校もあります。

予備校の授業料

現役生は、基本的には自分で好きな講座を選択します。

授業料の相場は何科目選択するかによっても変わります。

【現役生】1年間の授業料の相場
1教科のみ 10万円~25万円
3教科のみ(国数英) 50万円程度

※料金は自社調べにより、あくまで目安として参考にしてください。

>>実際の大手予備校の授業料についてはこちら

【浪人生】年間費用(授業料・入学金)

予備校の入学金

浪人生の入学金の相場は現役生に比べて高く設定されています。

【浪人生】入学金の相場
浪人生・高卒生 7~10万円

※料金は自社調べにより、あくまで目安として参考にしてください。

予備校の授業料

浪人生は志望大学に合わせてコースを選択します。

現役生は1教科だけ予備校で受講する、というような方も多いですが、浪人生は基本的に5教科受講する場合が多いです。

【浪人生】1年間の授業料の相場
浪人生・高卒生 約70万

※料金は自社調べにより、あくまで目安として参考にしてください。

夏期・冬期の講習費

夏期講習や冬期講習の料金は年間の授業料に含まれていないことが多いです。

夏期講習や冬期講習で多くの授業をとると20万円~40万円追加で必要になることもあるので、注意しましょう。

季節講習について
料金相場 約20万円~40万円程度

※料金は自社調べにより、あくまで目安として参考にしてください。

大手予備校の費用を比較

画像

一例として大手予備校の料金を比較しました。

現役生の料金

現役生の料金は以下の通りになります。

高校3年生として料金を表示しています。

予備校 入学金 年間授業料 合計費用
河合塾 33,000円 13万~17万円/教科 50万~80万
駿台予備校 33,000円 20万~28万円/教科 60万~100万
東進ハイスクール 33,000円 7.7万円/教科~ 70万~100万
代々木ゼミナール 16,500円 約8万円/教科 50万~70万

※料金は自社調べにより、あくまで目安として参考にしてください。

浪人生の料金

浪人生の料金は以下の表のとおりです。

現役生と比較すると、入学金が高いのが特徴的です。

浪人生はほとんどすべての科目を選択することが多いので、料金が高くなりやすいのも特徴的です。

予備校 入学金 年間授業料 合計費用
河合塾 100,000円 60万~110万 70万~120万
駿台予備校 70,000円 70万~110万 80万~120万
東進ハイスクール 100,000円 70万~110万 80万~120万
代々木ゼミナール 88,000円 60万~90万 70万~100万

※料金は自社調べにより、あくまで目安として参考にしてください。

大手予備校が本当に必要か考える

上記表のように、大手予備校は年間で多額の金額が必要になります。

大手予備校は豊富な情報や実績がありますが、最難関大学を目指す生徒以外は基本的には大手予備校以外でも対策が可能です。

大手予備校がおすすめな人

大手予備校での対策がおすすめの方は以下の通りです。

大手予備校がおすすめの生徒
  • 比較的お金に余裕がある人
  • 自分のペースで勉強するのが得意な人

比較的お金に余裕がある人や、集団授業を受けながらも自分のペースで学習できる方は大手予備校での対策がおすすめです。

大手予備校以外の対策がおすすめの人

大手予備校以外の対策がおすすめの生徒
  • 効率よく着実に実力をつけたい生徒
  • 自分にあった最適な指導を受けたい方

一人ひとりオーダーメイドカリキュラムを提供している個別指導や効率よく着実に成績を上げられる予備校では自分にあった指導を受けることができます。

おすすめ予備校・塾一覧

画像

それでは、StudySearch厳選のおすすめ塾・予備校についてご紹介します。

大手予備校や個別指導塾の料金を比較すると

以下の表では今回ご紹介する予備校や塾と大手予備校の料金を比較しています。

料金が気になる方はぜひ参考にしてください。

【料金比較表】 入会金 年間費用
TOMAS 資料請求により開示 資料請求により開示
個別教室のトライ 資料請求にて開示 資料請求にて開示
個別指導塾スタンダード 0円 約13万円
【現役】大手予備校相場 3万円 70万~80万円
【浪人】大手予備校相場 10万円 110万円

※料金は自社調べにより、あくまで目安として参考にしてください。

【首都圏の方おすすめ】TOMAS

画像

TOMASの基本情報
授業形式 個別指導
対象地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴 圧倒的な合格実績を誇る個別指導塾

TOMASのポイント

  • 個別指導塾なのに進学塾
  • 妥協のない志望校選び
  • 合格逆算カリキュラム

【2021年度】TOMASの合格実績

「個別指導塾なのに進学塾」のTOMASは合格実績でも他の進学塾に劣らない実績を誇っています。

学校名 合格者数 学校名 合格者数
東京大学 8名 京都大学 1名
一橋大学 9名 早稲田大学 151名
慶應義塾大学 120名 上智大学 49名
東京医科大学 12名 慶應義塾大学
(医学部医学科)
6名
東京慈恵会医科大学
(医学部医学科)
12名

TOMASは東京大学を初め多くの難関大学へ合格者を輩出しているのがわかります。

↓↓TOMASの詳細はこちら↓↓

【難関大対策】個別教室のトライ

画像

個別教室のトライの基本情報
授業形式 1対1の個別指導
対象地域 全国600教室以上
特徴 厳選されたプロ講師陣による全国No.1の個別指導塾

個別教室のトライのポイント

  • 120万人の指導実績
  • 完全マンツーマン指導&専任制
  • 一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラム
  • トライ式難関大合格コース

トライ式難関大合格コース

画像

個別教室のトライには、難関大学への最短ルートでの合格を実現させる「トライ式難関大合格コース」があります。

トライ式難関大合格コースの内容は以下の通りです。

トライ式難関大合格コース

●合格までのオーダーメイドカリキュラム

●合格実績豊富な講師による完全マンツーマン指導

●難関大受験専門のコンシェルジュによるサポート

●志望校別の予想問題演習&添削指導

個別教室のトライで難関大対策のためのカリキュラムを組みたい方は無料お問合せしてみてください。

↓↓【入会金無料キャンペーン!!】↓↓
↓↓お電話でのお問い合わせはこちらから【無料】↓↓

【とにかく安い!】個別指導塾スタンダード

画像

個別教室のスタンダードの基本情報
授業形式 個別指導、オンライン指導
対象地域 全国480教室以上
特徴 低価格で一人ひとりの進路に合わせたカリキュラム

スタンダードのポイント

  • 志望校に合わせた受験対策
  • 多様な科目に対応
  • 会員専用アプリで進路選択をサポート
  • 部活や課外授業にも対応

大学共通テストや一般入試の対策以外にも、総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦型選抜(旧推薦入試)の対策も指導実績豊富な講師が指導してくれます。

スタンダードの料金について

  高1 高2 高3
通常価格(税込) 10,758円 11,880円 12,320円
スタート月謝割引(税込) 5,379円 5,940円 ---

1コマ75分授業です。

※スタート月謝50%割引は高3生は対象外です。

個別指導スタンダードの料金は各校舎によって異なるので、詳しい料金については資料請求でご確認ください。

↓↓詳しい料金はこちら↓↓
↓↓お電話でのお問い合わせはこちらから【無料】↓↓

まとめ

画像

予備校に1年間通うという場合には、入学金や授業料、講習費などの費用がかかります。

実際にかかる費用は通う予備校によって違いがありますが、志望校や予算をよく吟味し、自分に合った予備校を探すことが大切です。

最近だと、予備校だけでなく、地域や場所を問わないオンライン家庭教師サービスもあります。

特に逆転合格を目指す方、受験までの最短経路を突っ走りたい方は要チェックです。

画像

【入会金無料!】全受験生対象 逆転合格コース受付中!!

個別指導塾ならNO.1
120万人の指導実績を誇る個別指導塾!
あなただけのトライ式学習法を提案!
★一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラム

_

画像

個別指導塾スタンダード

テスト対策復習プラン
地域最安値の料金設定!
授業評価98%以上獲得
★スタート月謝割引最大50%OFFor1ヶ月分の授業料最大0円!

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「予備校 費用」に関してよくある質問を集めました。

予備校の費用(学費)ってどのくらい?

予備校の費用(学費)は、入学金と授業料の2つがあります。入学金は、3~7万円程度ですが、授業料は年間に60万円〜80万円程度です。模試代や季節講習費が含まれていないので、注意してください。※浪人生の入学金は、8〜12万円程度になります。詳細についてはこちらを参考にしてください。

大手の予備校の費用を比較すると?

大手予備校(河合塾・駿台予備校・代々木ゼミナール)を比較しています※理系・文系は、もちろん志望校によっても費用が変わってきます。比較してみると年間の授業料が20万円程度変わる予備校もあります。

費用が安いおすすめの予備校はどこ?

費用は、浪人生と現役生で入学金や授業料がことなります。費用が安い予備校は、こちらの大手予備校を比較している表からご確認ください。