ホーム >> 学習関連コラム >> 塾・予備校 >> 個別指導塾TOMAS(トーマス)の評判/口コミ、講師や合格実績
更新日 2019.8.16

個別指導塾TOMAS(トーマス)の評判/口コミ、講師や合格実績

今回は個別指導の進学塾TOMAS(トーマス)について紹介します。

トーマスの全く新しい指導スタイルと体験授業について詳しく知りたい方は是非参考にしてください。

志望校に向かって!合格逆算カリキュラム

画像

学習塾にも様々なところがありますが、最近密かに注目されている所としてトーマスがあります。

この学習塾のポイントは、個別指導を中心に行っており、従来のような集団授業とは違うスタイルで学力を上げていきます。

具体的に、どのような特徴があるかを見ていきましょう。

トーマツでは、単に一人ひとりバラバラに教えるのではなく、一人ひとりの目標を叶えるためにまず目標の確認を行っていくのがポイントです。

受験生の中には、反抗期を迎えている生徒がいますので目標を引き出すのは簡単ではないことがあります。

8割以上の受験生は、明確な目標を持っていますが中には親に塾に入れられたといった生徒もいます。

そのような生徒に対しても、ヒアリングを行うことで目標を聞き出し明確に目標設定を行っていくわけです。

このように、一見難しいと思われる目標設定ですが、子供の素直な部分を引っ張り出し目標設定していくのが特徴です。

受験生の目標が定まったとしても、目標さえあれば良いわけではありません。

なぜなら、目標とは頑張れば手が届くものを言うことです。

例えば、偏差値45の生徒が1年後の受験で70以上の学校志望校とするのはかなり難しいでしょう。

もちろん現実的にはそのような人もいるかもしれませんが、普通はそこまで達成するのが難しいです。

そこでまずは、頑張れば手が届きそうなところを目標にして着実に進めていくのがポイントになります。

例えば、現在偏差値が45の生徒は、60にするのはかなり難しいですが50にするのはそこまで難しくはありません。

そこで、現在の学力から偏差値を50にするために必要な知識や考え方を先生の方でカリキュラムとして取り入れていきます。

逆算することにより、一つ一つしらみつぶしに行っていけば結果的に目標達成するのはそれほど難しくはないでしょう。

具体的にどのように逆算をしていくのかと言えば、まず現在の立ち位置を考えて目標を3ヶ月後などに設定していきます。

3ヶ月後に目標達成するために必要な問題を導き出していきます。

そうすると、現在その生徒は数学の方程式の問題が解けなかったとすると、その方程式を徹底して行うわけです。

少なくとも最初の1ヵ月では確実に問題を解けるようにしていきます。

もちろん学校の授業も並行して行われますので、学校の授業を行いながら現在不足している内容の復習を行っていくことになります。

トーマスでは、一人ひとりのカリキュラムを作っていき、それぞれ目標を叶えさせますが、最初の段階で逆算をしていき、それをカリキュラムの中に落とし込み作業を行います。

他の学習塾などでは、単に教科書通りに進める傾向がありますが、その場合だと時間だけが過ぎてしまい十分な弱点補強にならない可能性があるわけです。

そこで、個別のカリキュラムを作り、同じ学年でも目標別にカリキュラムの設定に時間をかけていきます。

トーマスで作る生徒のカリキュラムは、すぐにできるわけではなく講師が目標から逆算をして必要なことを取り込んでいきます

もちろん勉強には順番がありますので、講師独自の視点から正しい順番で勉強するように自然の流れをつくっていくわけです。

これを徹底して行うことで、いつの間にか目標を達成していることになります。

このような逆算して行う方法は、生徒だけでは考えることができず、非常に重宝しているとの口コミが多くなります。

目標を達成するためには、カリキュラムの作成は必須になりますが実はそれだけでは不十分といえます。

なぜなら、学習塾の中で勉強する環境が整っていないと成績が上がりにくいからです。

そこでトーマスでは、一人一人ブースで分けて指導しているのが魅力です。

ブースで分けることのメリットは、他の授業が気になり集中力がなくなることを防ぐ点です。

勉強は、基本的に1人で行う場合でも狭い空間の方が集中できるタイプの人が多いです。

それを利用して、ブースだけをすることでより集中力をアップさせることができるようになります。

トーマスでは、ブースを利用していることによって集中力を高める役割がありますがともすれば自主学習のようになってしまいがちです。

一般的な個別指導の場合は、カリキュラムが決めるものの自主学習のような形でやらせて生徒から質問があった場合に答える形になるでしょう。

ですが、トーマスの場合にはそのような方法でやらせるのではなくホワイトボードを用意しまるで集団授業のように勉強を教えていくのがポイントです。

これにより、自主学習とは違った身のある勉強することができるようになり目標達成しやすくなります

POINT

✔達成可能な目標を明確に設定する

✔目標から逆算したカリキュラムを組んでくれる

✔個別のブースで一人の生徒のための授業を行ってくれる

講師は個別指導でも立って!緊張感のある授業を

画像

多くの個別指導塾では、講師は椅子に座って授業を行います。

このように書くと当たり前だと思われるかもしれません。

しかしトーマスではそれが当たり前ではないと考えております。

個別指導と家庭教師はいずれも1対1の授業です。

そのため同じような感覚で授業を行っている塾が少なくない、というよりほとんどがそうです。

しかし両者は一見、同じように見えて大きく異なります。

家庭教師は生徒が分からない問題を家庭教師がフォローする方法が一般的です。

これは、どちらかというと「補習」に近い授業形式です。

一方、個別指導は家庭教師と同じく1対1で行い、かつ生徒の疑問に答える形で行う。

ここまでは同様ですが、最大の違いは「年間のカリキュラムを塾や講師がしっかりと組み立てる」ということにあります。

即ち、個別指導は指導形式が異なるものの、その内容は集団授業と基本的には一緒です。

したがって個別指導でしっかりと成果を出すということは、集団授業でも成果を出せるような学習指導をすることです。

トーマスの個別指導は基本的に講師が立って行います

これは1対1であっても、その内容が基本的に集団授業を意識したものであり、生徒にはそのような授業を理解できるようになってほしい。

そしてそのようなレベルに引き上げるのが講師の仕事であると考えているからです。

このように書くと一般的な塾、いわゆる集団授業と同じように思われる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし集団授業の最大のデメリットとして、分からない生徒は置き去りにされてしまうという問題があります。

むろん、このような生徒を家庭教師によってフォローするという方法がないわけではありません。

しかし多くの場合、塾と家庭教師を併用しているケースは少なく、塾の学習をフォローするために家庭教師に教わり、それによって集団授業の内容を理解しようとしている生徒はごくわずかです。

理由は両者を併用することで学習の負担が増える事。

そして授業料が割高になってしまうことが挙げられます。

トーマスにおいては個別指導を「1対1の集団授業」と位置付けております。

基本的に集団授業の場合、指定されたカリキュラムを全て講義の時間内に理解しなければ成果は望めません。

実際にそれが上手く行った場合はよいのですが、そのように行かない場合はどうでしょうか?例えば60分で行う授業を80分、あるいは2回で行う授業を3回に分けて行えば理解できる生徒がいたとします。

その場合、その生徒の実力を伸ばすためには既存のカリキュラムに修正を加えるべきではないでしょうか。

この、修正したカリキュラムで指導する方法がトーマスにおける個別指導です。

例えば10人以上を対象とした集団授業では大半の生徒からペースが遅すぎると思われる内容かもしれません。

しかしその中でなかなか成績が上がらず困っている生徒がいた場合、そのようなカリキュラムによって教えるべきです。

「授業についていけない」のではなく、「ほんの少しだけペースを下げてくれたらついて行けるようになった」という状態にする。

これは決して難しい事ではありません。

もちろん、単に合格者だけを増やす方法であれば、生徒全体を見て最も効率の良い講義のペースというものを考える必要もあるでしょう。

そして実際にそのような方法を用いている塾も存在します。

しかし、そのような方法ですと必ず一定数の脱落者が出てしまいます。

その結果、決して勉強が出来ない生徒ではないにもかかわらず「授業についていけない」という理由で塾をやめざるを得なくなってしまうのです。

これは本人はもちろんのこと、塾の費用を負担する保護者にとっても大きな損失です。

トーマスでは、このような脱落者が出ないため、あるいは出たとしても生徒がしっかりとカリキュラムをこなせるよう、指導します。

個別指導という形式であっても講師が立って行うのは、常に集団授業を、それも生徒と講師の両者に意識してもらいたい。

そんな気持ちから行ってます。

たとえ目の前に他の生徒がいなくても、目に見えない多くの生徒がいるものとして授業を行う。

このような緊張感の中で行われる授業だからこそお互いに緊張感があり、かつ質の高い授業が行われてます

加えてトーマスでは、この両者の長所を取り入れ、生徒の成績を伸ばすことを講師に徹底しております。

基本的には集団授業を意識したカリキュラムであるものの、疑問点、あるいは学習が不徹底な部分はカリキュラムを適宜修正しながら徹底的に疑問を解決します。

それによってカリキュラムが未消化のまま次の授業に進まない。

着実に理解をし、授業を進めて行くことで成績をアップさせる。

そして疑問点に時間をかけてもよいという安心感は通常の授業の質をさらに高めて行くことに繋がって行きます。

POINT

✔塾と家庭教師にはそれぞれ長所がある

✔塾と家庭教師を併用することは難しい

✔トーマスは集団授業のカリキュラムと家庭教師の疑問解決能力を備えている

画像

【完全マンツーマン指導】個別教室のトライ

【110万人の指導実績】
★地域の受験情報にも精通した教育プランナー
★目標達成に最適なオーダーメイドカリキュラム
★能力を最大限に引き出すトライ式学習法

_

生徒面談も!担任が合格まで徹底サポート

画像

個別指導塾といえばどのようなイメージをされますか?もしかすると、学校の理解を補助するような授業が展開される塾を連想される方もおおいかもしれません。

しかし、トーマスはこのような個別指導塾とは明らかに違います。

トーマスは個別指導の品質を最大限に高めることで、志望校合格を徹底サポートしてくれる学習塾なのです。

トーマスでは、生徒の志望校を決めることからサポートしてくれます。

志望校を決める理由は様々です。

偏差値だけではなく、校風や理念なども総合的に判断し判断することになります。

トーマスでは生徒の学校選びについては一切の妥協をしません。

生徒さんや親御さんが納得がいくまで考えた上で、志望校を決める手伝いをしてくれます。

志望校が決まれば、生徒さん親御さん、講師陣、サポートスタッフが共通の夢を持ち、ゴールに向かって本格的な受験勉強がはじまることになります。

志望校が決まった後には、現在の学力を客観的に判断した上で具体的かカリキュラムが組まれます。

当然ながら同じ志望校であっても、生徒さんごとににやるべきことは異なります。

トーマスでは、生徒さん一人ひとりに合わせたオリジナルカリキュラムが組まれます。

このカリキュラムは日々の授業の進捗や生徒さんの学習業況に応じて、メンテナンスも加えられ常にベストの状態で取り組めるよう配慮されるのです。

個別指導をうたう学習塾はたくさんありますが、トーマスのように常にカリキュラムを修正し、学習効率を最大限にする努力をしているところは意外と少ないのが現状なのかもしれません。

トーマスの個別指導は、生徒さんと先生が1:1のシステムが採用されています。

このため、授業の途中であっても質問がしやすくなり、理解度が更に深まることになります。

先生は専用のホワイトボードを使い、緊張感も維持されながら授業を進めてくれます。

先生は生徒に質問を投げかけ、その質問に対して生徒さんが自分で考え答えを導き出します

このようなトレーニングを日々続けることで、自分で考える習慣が身につき、結果的には応用力の養成につながるのです。

トーマスの講師のレベルの高さにも定評があります。

受験業界で数多くの生徒を第一志望校に導いてきたプロの講師も多数在籍していますし、有名大学や有名大学院に通う大学生の講師もいます。

講師との相性はどうしてもでてきますが、一度マッチングされた先生との相性に違和感があるときなども講師を交代してくれるので安心できるかと思います。

入塾後には専任の先生がつきます。

志望校突破のためには基礎から応用まで揺るぎない実力を要請する必要はありますが、受験勉強を続ける中での不安な気持ちなども気軽に相談できるので助かります。

定着度の確認なども定期的に行ってくれるため、志望校との距離を常に意識した勉強に取り組むことができるようになっているのです。

トーマスは補習のための個別学習塾ではありません。

ターゲットになるのは第一志望高校の合格を狙う中学生です。

多くの生徒さんは入塾当初より2から3ランク上の学校への合格を勝ち取っています。

トーマスの公式サイトには直近の合格実績が掲載してあります。

入塾時の学力に関係なく、本人のやる気をアップさせ正しい勉強方法を続けることを入試当日まで指導してくれるのはトーマスの大きな特徴であると同時に人気の理由になっているのは間違いないのではないでしょうか。

入会する前には面談があります。

面談はお住いの地域の近くの校舎でおこなわれます。

面談時には模擬テストのスコアなどを持参することができれば、より具体的なアドバイスを期待することができるようです。

希望すれば無料体験授業への参加もでますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

今回の記事はいかがだったでしょうか。

個別学習塾と呼ばれる学習塾にもいろいろなところがることを実感していただけたかと思います。

もちろん、すべての生徒さんにこの塾がベストかどうかはわかりませんが、これまでの合格実績や入会後の取り組みを知れば、きっとこの塾の魅力に気づいてもらえるはずです。

入会後の最初の授業の後には、生徒さんとの面談が行われます。

授業の感想などをもとに、さらなる質の改善につなげるのが目的のようです。

これから本格的な受験に挑戦しようと思っている生徒さんにとって、この学習塾の存在はきっと大きな力になってくれるはずです。

POINT

✔入塾したらまずは志望校を設定する

✔常に最善となるように調整されたカリキュラム

✔入塾時より2から3ランク上の学校に合格する生徒が多数

簡単ネット予約可能!まずは無料体験授業

画像

塾選びにおいて重要となるのが無料体験授業です。

学習塾を選ぶと基本的には変えるのがなかなか大変なので、入会する前の段階である程度見極めておくことが重要となります。

中には体験授業を受けないことで初月の料金を優遇しているケースもありますが、塾選びで悩んでいる場合は無料体験授業を受けることをお勧めします。

学習塾の講師の力は必ずしも同じではありません。

それぞれの塾にはエースポジションにいる講師が在籍しています。

もちろん、講師と生徒には相性があるので必ずエースが良いとは限りませんが、エースと呼ばれるには相応の理由があります。

無料体験授業になるとその塾でも特に人気のある方が授業を担当することが多いです。

そのため、その塾の力を見極めるにはうってつけの機会と言えます。

中には体験授業を受けるとそのままの流れで入会させようというところもありますが、基本的には体験授業を受けたからと言って入会しなければならないということはありません

あくまで生徒と保護者の意思が尊重されます。

まだその段階では入会するともしないとも言えない時はその旨を伝えておきましょう。

体験授業の後には三者面談が組まれるのが一般的です。

これは授業の時の様子やプランなどを塾側が話す機会となっています。

トーマスではこの面談にも力を入れています。

どこの教室にしようか悩んでいる時は授業後の面談を後日にすることをお勧めします。

体験授業の日のうちに面談が行われると生徒と保護者がそのことについて話し合っている時間がありません。

そのまま面談を受けてもなかなか具体的なイメージが浮かびあがらない可能性があるからです。

体験授業後の面談は入会するかどうかの判断になるので、落ち着いた後日にすると安心です。

トーマスでは無料体験授業にも力を入れています。

体験授業はその塾に通っていない方が実際に受けることが出来る重要な機会と言えます。

体験を特別なものと考えるのではなく、いかにリアリティのある授業が展開されるかに注目しておきましょう。

体験の時だけ良くて実際に入会するとイマイチというケースにならないように工夫がなされています。

余裕があれば自分以外の授業の様子も軽く見ておくのも良いでしょう。

体験授業の申し込みは一般的には電話で行うというイメージがありましたが、トーマスではネット予約に対応しています。

これは少なくないメリットを生み出しています。

電話をすると勧誘されるのではないかといったことや何かと手間がかかるというイメージをお持ちの方も少なくありません。

ネット予約であれば気軽に行えるので体験授業を受けやすいといえるでしょう。

体験授業は原則として無料であるため、多くの方が利用するようになると塾の経営に影響を及ぼす可能性があります。

しかしながらトーマスでは体験しやすい環境を作っています。

これは何故でしょうか。

トーマスでは無料体験授業をより多くの方に受けてもらうことにより、たくさんの方に授業の内容を知ってもらおうと考えています。

優れた授業が行われていればその分入会が増える可能性もあります。

トーマスでは質の高い授業を行っているということから、体験授業を受けた方の多くが入会しています。

これは必ずしも入会しなければならないという意味ではなく、あくまで授業の質の高さに良いと思った生徒が多かったということになります。

入試に合格するのはしっかりと分析がなされる必要があります。

トーマスでは生徒の実力や志望校に関する分析が行われており、それは面談の際にも伝えられます。

体験授業は基本的に1度ですが、その1度でしっかりと実力や弱点が分析され、後の効果的な授業に繋がっていきます。

実際に授業を受けたわけではない保護者もその内容を聞いて入会を決めるというケースが少なくありません。

この分析は入会後も続けられ、志望校合格を目指す上で重要となります。

体験授業を受けるときには特別なことを考えている必要はありません。

なるべくいつもに近い形で勉強をすればOKです。

ただ、自分が解くより先に説明してほしいのか、解いてから説明してほしいのか、その両方なのかについては何らかの機会に伝えることをお勧めします。

体験授業前に面談が組まれる場合はその時に伝えるのが良いでしょう。

体験授業においても宿題は基本的に出題されます。

宿題の量も塾選びのポイントとなります。

ただし、少なければ良いということでないのはもちろん、入会後に調整をしてもらうことも出来ます。

入会するかどうかはその場で決定する必要はないので落ち着いて考えましょう。

POINT

✔無料の体験授業があるので、実際の雰囲気を確認するとよい

✔体験授業を受けたからと言って入会が強制されるわけではない

✔体験授業はネット予約にも対応

まとめ

今回は個別指導塾のトーマスについて紹介しました。

トーマスは塾と家庭教師のいいとこどりをしていて、軌道修正可能で効果的なカリキュラムと、疑問解決能力で、勉強が苦手な方でも、2から3ランク上の志望校を目指すことができる塾です。

画像

【完全マンツーマン指導】個別教室のトライ

【110万人の指導実績】
★地域の受験情報にも精通した教育プランナー
★目標達成に最適なオーダーメイドカリキュラム
★能力を最大限に引き出すトライ式学習法

_