ホーム >> 学習関連コラム >> 塾・予備校 >> 予備校の年間の費用(授業料・入学金)とは?浪人と現役の違いも
更新日 2020.2.20

予備校の年間の費用(授業料・入学金)とは?浪人と現役の違いも

予備校に通うと一年間でどれくらいの費用がかかるのか皆さんはご存知ですか?なんと年間で約100万円程度費用がかかります。

費用の相場は現役生か浪人生かでも変わってきます。

予備校に通うべきか悩んでいる、予備校の費用がいくらかかるのか気になる、少しでも安く大学受験対策をしたい、という方は是非この記事を参考にしてください。

また、授業料の減額制度・特待生制度・奨学金制度についても解説しています。

予備校で1年間にかかる費用(学費)相場

画像

現役生の入学金は、浪人生に比べて安く設定されているケースが多いです。

【現役生】入学金の相場
現役生 3万円

過去に予備校に在籍していた方や、説明会に参加した方の入学金が割り引かれる予備校もあります。

現役生は、基本的には自分で好きな講座を選択します。

授業料の相場は何科目選択するかによっても変わります。

【現役生】1年間の授業料の相場
1教科のみ 13万円~18万円
3教科のみ(国数英) 50万円

>>実際の大手予備校の授業料についてはこちら

★現役生は何教科受講するかで相場が変わる

浪人生の入学金の相場は現役生に比べて少し高くなっています。

【浪人生】入学金の相場
浪人生・高卒生 7~10万円

浪人生は志望大学に合わせてコースを選択します。

現役生は1教科だけ予備校で受講する、というような方も多いですが、浪人生は基本的に5教科

【浪人生】1年間の授業料の相場
浪人生・高卒生 約60万円~80万円程度

★浪人生は志望校に合わせたコースを受講する

夏期講習や冬期講習は、苦手な分野や既習範囲の復習など、日ごろの学習の定着を図って行われるため、多くの方は受けることになると思います。

予備校によっては、夏期講習や冬期講習の時期に別途申し込みが必要なところも多いです。

費用は約20万円~40万円程度といわれています。

季節講習 約20万円~40万円

★現役生の年間学費は1教科13万~18万円

★浪人生の方が入学金・授業料ともに高め

★季節講習の相場は20万~40万円

河合塾・駿台予備校・東進・代ゼミ|費用で予備校を比較

画像

実際に、大手予備校、河合塾・駿台予備校・代々木ゼミナールの入学金・授業料・講習費を比較してみました。

画像

河合塾は三大予備校一つに数えられ、日本で最も有名な予備校の一つです。

河合塾の評判としては「テキストの質が高い」、「文系の指導に強い」などという事が言われています。

河合塾のメリット

★テキストの質の高さ

★三大予備校のネームバリュー

河合塾のテキストや模試の質の高さには定評があります。

しかし河合塾を選ぶ際に気を付けたいこととしては、以下の3点です。

★ネームバリューに油断してしまう

★講義形式で先生との距離がある

★校舎の規模が大きいので、生徒全員をしっかり観ることはできない

目標に向かってしっかり自走できる方には非常におすすめな塾です。

河合塾の公式サイト→

画像

駿台予備校も三大予備校の一つで、「生徒のレベルが高い」と定評のある予備校です。

キャッチコピーは「第一志望は、ゆずれない。」

駿台に通うメリットとしては、以下の2点があります。

駿台予備校のメリット

★生徒のレベルが高い

★理系の指導に強いと評判

駿台予備校を選ぶ際に気を付けたいことは、ハイレベルゆえに、講義について行くのも大変という点です。

★周りのレベルが高いので講義について行くのは大変

高い目標を持ち、ハイレベルなライバルと一緒に勉強したい方におすすめな予備校です。

駿台予備校のHPはこちら→

画像

代々木ゼミナールもかつては、河合塾、駿台と並び「三大予備校」と称された予備校です。

2015年に経営規模が縮小されましたが、有名講師を多数擁することで評判でした。

代ゼミサテライン予備校という映像授業の予備校も展開しています。

代々木ゼミナールを選ぶメリットは以下です。

代々木ゼミナールのメリット

★授業料が他の予備校と比較して安め

★映像授業が受けられる

代々木ゼミナールを選ぶ際に気を付けたいこととしては、以下の3点です。

経営縮小をしているゆえに、他の3大予備校との違いを注意して確認しましょう。

★独自の全国模試は行っていない

★直営校の数が少ない

★情報量やサポートで他予備校に引けを取るかもしれない

代々木ゼミナールは自分自身で計画を立てて、しっかり受験に向けて走っていける方には非常におすすめな予備校でしょう。

代々木ゼミナールのHPはこちら→

画像

大学受験予備校をお探しの方には、オンライン家庭教師もおすすめです。

メガスタディは、日本のオンライン家庭教師サービスのパイオニアで、特に大学受験の逆転合格に強い家庭教師として評判です。

メガスタディのメリット

★予備校と遜色ない費用感(入会金は断トツで安いです。)

地域を問わずトップレベルの指導を受けられる

偏差値40台から難関大への逆転合格が得意

メガスタディの強みは逆転合格です。

一般的な予備校では、元々偏差値の高い生徒が難関大学に合格するというケースが多いです。

一方メガスタディでは、94%以上が偏差値40・50台からの逆転合格なのです。

メガスタディの料金体系などについて詳しくは→

★オンライン指導が不安

★聞いたことのないサービスで不安

メガスタディは、返金保証付きお試し授業を行っている事があります。

よくわからなくて不安、という方も一度お問合せをしてみてはいかがでしょうか。

難関大学に本気で逆転合格したいと思っている方におすすめできるサービスです。

オンライン家庭教師メガスタディの公式サイト→

入学初回時のみに発生する入学金は以下のようになります。

予備校 入学金(現役生) 入学金(浪人生)
河合塾 3万円 7万円
駿台予備校 3万円 7万円
東進ハイスクール 約3.3万円 約10万円
代々木ゼミナール 約3万円 約10万円

★現役生は3万円、高卒生は7万円が入学金の相場

★東進ハイスクール・代ゼミの高卒生は入学金が高め

現役生は1教科(講座)ごとの年間費用を、浪人生(高卒生)は1コースの年間費用を表にしました。

選択するコースによっては、下記よりも高くなります。(医学部コース等)

予備校によって授業時間は異なりますので、注意してください。

予備校 年間授業料(現役生) 年間授業料金(浪人生)
河合塾 13万円~17万円/教科 68万円~
駿台予備校 13万円~17万/教科 44.8万円~
東進ハイスクール 7.7万円/科 66.9万円~
代々木ゼミナール 約8万円/科 69万円~

番外編で紹介したメガスタディの料金・費用を紹介していきます。

メガスタディの料金体系は明確になっており、初回の「入会金」と授業料である「月謝」しかかかりません。

予備校や塾だと、夏期講習や冬期講習のような特別授業という名目で追加の費用がかかることが多いですが、メガスタディでは一切ありません。

入学金は予備校と比べて、安いです。

ここではメガスタディの1コース当たりの月謝を紹介します。

メガスタディの料金
入会金 1.5万円
授業料 2.2万円~

★現役生は1教科当たり8万~17万ほど

★浪人生は年間60万円~が相場

河合塾では、模試などで成績が優秀であると認められた生徒を奨学生として、学費の一部を免除する制度を設けています。

入学金も、講習や模試を受けた方・入塾説明会を受けた方、インターネットから入塾の申し込みをした方は、入塾金が半額になります。

駿台系列の塾に在籍したことがある方は、入学金が全額免除となります。

また入学説明会に参加した方、駿台模試を受講した方などと、親族が駿台に入学していた方は、入塾金30,000円から15,000円が免除になります。

高卒生向けに奨学金制度や学費免除制度もあるようですが、公式HP上に記載がありませんので、気になる方はお問合せしてみてください。

代々木ゼミナールには前年度在籍による、授業料の一部減額があります。

50,000円~100,000円の減額があります。

代々木ゼミナールでは入学コース診断テストにおいて特に優秀な生徒をスカラシップ生として認定し、大学受験科年間学費の一部または全額を免除する制度があります。

まとめ

画像

予備校に1年間通うという場合には、入学金や授業料、講習費などの費用がかかります。

実際にかかる費用は通う予備校によって違いがありますが、志望校や予算をよく吟味し、自分に合った予備校を探すことが大切です。

最近だと、予備校だけでなく、地域や場所を問わないオンライン家庭教師サービスもあります。

特に逆転合格を目指す方、受験までの最短経路を突っ走りたい方は要チェックです。

【逆転合格】メガスタディオンライン

✔家庭教師人数:約15,000名以上
✔実績:大学受験では首都圏最大級の合格実績
✔特徴:偏差値40台からの逆転合格が得意

_

【忙しい方向け】この記事のまとめ

予備校の費用に関してよくある質問を集めました。

予備校の費用ってどのくらい?

予備校の費用は、入学金と授業料の2つがあります。
入学金は、3~7万円程度ですが、授業料は年間に60万円〜80万円程度です。
模試代や季節講習費が含まれていないので、注意していください。

大手の予備校を比較すると・・?

大手予備校(河合塾・駿台予備校・代々木ゼミナール)を比較しています
※理系・文系は、もちろん志望校によっても費用が変わってきます。

費用が安い予備校はどこ?

記事内にて予備校を比較しているので参考にしてください大手予備校の費用比較

予備校の費用を抑える方法は?

各予備校のスカラシップ制度をチェックしてみましょう。

また、オンライン指導サービスなども充実してるので、比較検討してみましょう。