ホーム >> 学習関連コラム >> 塾・予備校 >> 大学受験の大手予備校(河合/駿台/東進)の料金・口コミを徹底比較!
更新日 2021.2.2

大学受験の大手予備校(河合/駿台/東進)の料金・口コミを徹底比較!

大学受験が不安で予備校に通うことを検討している生徒さん、親御さん。

「大手予備校に通いたいけど、どこがいいのだろう」「予備校によって費用はどのくらい変わるのかな」。

そんな疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、大手予備校それぞれの特徴・料金・評判を徹底比較します。このコラムを参考にして、予備校選びの参考にしてください。

大手三大予備校について

大手三大予備校とは駿台予備校、河合塾、東進ハイスクールの3つの予備校のことを指します。

この大手三大予備校は日本の大学受験界で最も有名で、かつ実績もあり、その名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

この大手三大予備校は授業だけではなく、模試を主催したり、教科書を出していることからも、大学受験における情報を掌握していると言ってもよいでしょう。

今回はこの大手三大予備校の特色と料金の違い、さらに評判、口コミを分かりやすく説明していきます。

安く通える他の予備校はこちら→

駿台

画像

駿台予備校の基本情報
展開地域 首都圏を中心に関西、札幌、仙台、東海、広島、福岡など全国
校舎数 34校
特徴 東大、京大、医学部に抜群の合格実績を誇る

駿台とは?

「第一志望は、ゆずれない。」をキャッチコピーに東大や京大、難関大医学部などの合格者を多数輩出する予備校です。

創立から100年が経つ長年の経験と実績のある予備校です。

駿台の特徴

最大の特徴は1コマ50分という予備校の中では短い授業です。しかしその分授業の質が高く、集中しやすい、テーマが細分化できるなどのメリットがあります。

河合塾

画像

河合塾の基本情報
展開地域 全国
校舎数 481校
特徴 選りすぐりの講師陣が入試を解いて作成したオリジナルテキスト

河合塾とは?

河合塾は全国に481校展開し11600人以上の生徒を抱えているマンモス予備校です。

全統模試や河合塾オリジナルテキストを利用して圧倒的な合格実績を出しています。

河合塾の特徴

河合塾の特徴は河合塾オリジナルテキストを利用した集団授業です。

河合塾オリジナルテキストは大学入試のノウハウを習得した河合塾選りすぐりの講師陣によって作成されており、それだけで受験に太刀打ちできると称されています。

東進ハイスクール

_画像

東進ハイスクールの基本情報
展開地域 全国
校舎数 96校(東進衛星予備校を含めると約1000校)
特徴 林修先生で有名な映像授業

東進ハイスクールとは?

東進ハイスクールとは、映像授業を提供し、全区に校舎を展開する予備校です。授業はオンデマンドなので、自分のペースで学習を進めることができます。

東進ハイスクールの特徴

東進ハイスクールの映像授業を行う講師陣は日本全国から分かりやすいと評判の先生ばかりです。

これらの先生はこれまでに何万人という生徒を難関校に入れています。その有名講師の授業をどこにいても受けることができるというのが最大の特徴です。

【大手予備校】料金(費用)で比較

_画像

それではこれらの大手三大予備校の料金を比較してみましょう。

入学金

まずは入学金です。

現役生の入学金

駿台予備校 30,000円
河合塾 30,000円
東進ハイスクール 32,400円

高校1,2,3年生の大手三大予備校の入学金は上記のようです。

一方、浪人生となると各予備校入学金が上がります。

浪人生の入学金

駿台予備校 10,0000円(現役時駿台予備校生は全額免除)
河合塾 10,0000円(現役時河合塾主催コースの方は全額免除)
東進ハイスクール 10,0000円

このように現役時と比べると入学金はかなり上がってしまうのが特徴です。

授業料

次に授業料についてです。授業料は予備校に通う際に一番費用がかかります。

大手三大予備校のおおよその授業料は以下のようです。

高校3年生の授業料

予備校名 1年間の教科ごと授業料 年間授業料
駿台予備校 20万円~28万円/教科(年) 60万円~100万円
河合塾 13万円~17万円/教科(年) 50万円~80万円
東進ハイスクール 7.7万円/教科(年) 70万円~100万円

予備校の授業は文系や理系、その他選択するコースによって異なります。

また集団指導か個人指導かなど指導方法によっても異なります。

自習室の利用を目的として授業をあまり取らないで通うという方法や成績優秀者の授業料免除などの制度を利用して、安く抑えることもできるでしょう。

浪人生の授業料

予備校名 年間授業料
駿台予備校 80万円~120万円
河合塾 70万円~120万円
東進ハイスクール 80万円~120万円

大手三大予備校では現役では50万円から100万円、浪人生では70万円から120万円とどの授業を選択するのか、文系理系などによって費用が大きく変わりそうです。

安く通える他の予備校はこちら→

【大手予備校】評判・口コミで比較

_画像

次に大手三大予備校に実際に通っていた方々の口コミを見てみましょう。

駿台の良い評判・気になる口コミ

まずは駿台予備校の口コミです。

実績を誇る駿台ならではの指導

駿台では、単に問題の解き方だけでなく、試験への取り組み方など、自習では身につきにくい事柄も丁寧に教えていただきました。

親身な講師陣

授業の中で講師は学問の本質を教えてくれ、学習に対するモチベーションも与えてくれました。また、講師との距離が非常に近く、毎回現代文の要約を見てくださり、英語では質問に長時間答えてくださいました。

料金が高い

大まかに見積もると年間で100万近い授業料となるため、駿台の授業料は他の予備校と比べて、やや高いような印象を受けます。

駿台予備校では集まってくる生徒のレベルが高く、講師が丁寧に真摯に向き合ってくれるという口コミが多かったです。

これらが駿台予備校の高い合格実績をたたき出しているのでしょう。一方で料金が高いという意見もありました。

河合塾の良い評判・気になる口コミ

つぎは河合塾の口コミです。

学習意欲が向上

授業が丁寧でわかりやすく、ひとつひとつの内容が自分の実力としてついていくことを実感しました。テクニックだけでなく発展的な内容もあって、すべての授業に興味をそそられました。

集団授業だから高めあえる

一人で学ぶよりも周りの友達と考え合ったり、競い合ったり、時には慰め合ったりしてここまで頑張ってこられました。この環境をくれた河合塾には本当に感謝しています。

保護者は授業の様子が分からない

保護者会が余りなかったので、授業の様子が余り分からなかった。講師ではない人がチューターであり、保護者対応はいつもチューターなので詳しい授業内容が保護者にはつたわりにくい。

河合塾は、集団授業という最も典型的な予備校の形であるからこそ、周りには仲間やライバルがいるという環境が、自身の学習意欲を向上させたという口コミが多かったです。

一方で学習の進行状況が保護者さんにとってやや分かりにくいという意見がありました。

東進ハイスクールの良い評判・気になる口コミ

最後に東進ハイスクールの口コミです。

自分のペースで学習計画

はじめからスケジュールが決まっている集団授業型の塾と異なり、スケジュールの自由度が高いt-POD受講が魅力の一つである東進では、自力で計画を立て学習を進めざるをえない。その環境のおかげで、限られた時間の中でやるべきことを取捨選択し効率良く勉強できるようになりました。

受験勉強を能動的に行える

東進のいいところは,なんといってもその自由度の高さです。面談をはじめサポートも手厚く,自ら研鑽して能力を高めるにはこれ以上ない環境です。

料金が割高

カリキュラムごとに授業を選択することが出来るが、一流の先生達の授業を視聴できるとはいえ割高かなと思った。(一応授業を聞いてわからない所などは個別に先生に質問することが可能)

東進ハイスクールは、オンデマンドの授業であるからこそ自分で学習計画を立てて、自主的に学習を進めることができるという口コミが多かったです。

一方で料金が割高であるという意見がありました。

安く通える他の予備校はこちら→

【大手予備校】合格実績で比較

_画像

それでは大手三大予備校の2020年度合格実績を見ていきましょう。

駿台の合格実績

1つ目は駿台予備校です。

大学名 合格者数
東京大学 1,345名
京都大学 1,402名
国公立大学医学部医学科 1,905名
早稲田大学 4,163名
慶応義塾大学 2,982名
上智大学 972名
東京理科大学 4,684名

合格実績からも分かるように駿台予備校はやはり、東大や京大、国公立大学医学部など最難関国公立大学に対して業界トップの合格実績を誇っています。

河合塾の合格実績

2つ目は河合塾です。

大学名 合格者数
東京大学 1,313名
京都大学 1,329名
国公立大学医学部医学科 1,493名
早稲田大学 5,919名
慶応義塾大学 3,235名
上智大学 2,207名
東京理科大学 4,569名

マンモス予備校とだけあって東京の難関私立大学に対する合格実績は圧倒的です。

国公立大学への合格実績も駿台予備校と張り合っています。

東進ハイスクールの合格実績

3つ目は東進ハイスクールです。

大学名 合格者数
東京大学 802名
京都大学 451名
国公立大学医学部医学科 777名
早稲田大学 2,881名
慶応義塾大学 1,755名
上智大学 1,007名
東京理科大学 2,154名

駿台予備校や河合塾と比べてしまうと劣るように見えますが、東進ハイスクールは毎年確実に合格実績を伸ばしています。

これからもどんどん合格実績を伸ばしていくでしょう。

他のおすすめ予備校は? 

 

ここまで大手予備校について紹介してきましたがやはり料金が割高という意見は多くあります。

そこで最後に、AI教材×プロ講師の充実した授業を低価格で提供するおすすめ予備校をご紹介します。

城南予備校DUO

城南予備校

城南予備校DUOの基本情報
指導対象 中学生、高校生
授業形態 個別指導、集団指導
自習室情報 無料開放
特徴 AIを使った自立学習とプロの講師による指導

城南予備校DUOとは?

城南予備校DUOは、およそ60年の歴史を持ち、首都圏の駅前に校舎を展開する予備校です。

生徒や、その家族、城南DUOのスタッフとの三位一体の濃密なコミュニケーションによって第一志望の大学、合格へと導きます。またその先のキャリアデザインを見据えた自己実現の支援をしてくれます。

城南予備校DUOの特徴

✔︎60年の伝統を持つ予備校

✔︎最新人工知能AIを使った自立学習

✔︎圧倒的な演習量

特徴①60年の伝統を持つ予備校

城南予備校DUOは、新しい時代の新しい学習を提案する新しい塾でありながら60年間の信頼と実績を持ちます。

しっかりとした指導経験を持つDUOだからこそ、時代とともに学習の形もバージョンアップしていくことができるのです。

特徴②最新人工知能AIを使った自立学習

城南予備校DUOの最大の特徴と言えるのが、最新技術を用いたAI教材atama+個別指導です。

このatama+個別指導は、一人ひとりに合わせた個別最適化学習を実践し、社会の第一線で活躍できる「生きた英語力」「思考力」を身につけることができます。

特徴③圧倒的な演習量

城南予備校DUOでは圧倒的な演習量が保証されています。実践に近い演習を数多くこなすことで試験本番の得点力が向上します。

その演習量は一般的な予備校や塾の2倍から2.5倍ともいわれています。AI教材などで効率的なインプットが可能になったことでこの演習量が実現したのです。

城南予備校DUOの料金

城南予備校DUOのatama+個別指導とDUO指導の料金をご紹介します。

atama+個別指導の料金
月額 中学1・2年生 中学3年生~高校1・2年生 高校3年生・高卒生
320分(月4回) 12,000円 14,000円 16,000円
640分(月8回) 20,000円 24,000円 28,000円
960分(月12回) 28,000円 34,000円 40,000円
月12回+回数無制限(サブスクリプション) 28,900円 39,800円 49,800円
DUO指導の料金
コース数 月額授業料
1講座 16,500円
2講座 33,000円
3講座 49,500円
4講座 66,000円

これらの表を見ると、城南予備校DUOの料金は大手予備校に比べてかなり安いことがわかります。

↓↓お近くの城南予備校DUOはこちら↓↓
↓↓授業料・体験授業の問合せ↓↓
【東京都】立川校蒲田校自由が丘校町田校吉祥寺校三軒茶屋校
【神奈川県】横浜校藤沢校溝の口校たまプラーザ校平塚校新百合ヶ丘校
【千葉県】柏校 【埼玉県】南浦和校

まとめ 

  

大学受験に向けて予備校を選択する際、たくさんの予備校があり迷う方も多いと思います。特に大手予備校は費用も高く、迂闊に予備校を選んで失敗してしまってはいけません。

また、大手だからと言う安直な理由で予備校を選んでしまってもいけません。

このコラムを参考にして、まずはそれぞれの予備校について知り、自分に合っている予備校はどこなのか探してみてください。

【入会金無料】城南予備校DUO

AI教材を利用した効率の良い学習
✔プロ講師による少人数クラス指導
60年以上の指導実績!

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「大手予備校 比較」に関してよくある質問を集めました。

大手予備校の料金は?

まず、入学金は駿台・河合塾・東進ハイスクール共に大差はなく、現役生は30,000円前後、浪人生は100,000円前後です。

そして年間の授業料は選択する科目数などによって大きく変わりますが、全体的に河合塾は他の2塾より授業料は低めであるようです。

大手予備校の評判・口コミは?

駿台・河合塾・東進ハイスクールの良い評判・口コミとしては講師の質の良さや充実した学習環境などが多く見受けられました。

それに対し、やはり大手ということもあり料金が割高という意見も多くありました。

大手予備校の合格実績は?

大手予備校の合格実績にはずらっと有名大学が並びます。

2020年度の合格実績を見ても、東京大学の合格者数だけでも駿台で1,345名、河合塾で1,313名、東進ハイスクールで802名と圧倒的な合格者数を誇ります。