ホーム >> 学習関連コラム >> 塾・予備校 >> 【最新版】塾の費用|平均費用(料金)や月謝や教材・講習費は?
更新日 2022.5.18

【最新版】塾の費用|平均費用(料金)や月謝や教材・講習費は?

今回は、塾の料金/費用の相場について解説していきます。

個別指導塾、集団塾で料金が違う理由、料金の差について解説しています。

月謝の比較やおすすめの安い塾についても比較しているので参考にしてください。

画像

授業料1か月無料!!

個別指導塾ならNO.1
120万人の指導実績を誇る個別指導塾!
あなただけのトライ式学習法を提案!
★一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラム

_

集団塾と個別塾、費用の差はどのくらい?

画像

塾の月謝の相場

 
  集団塾 個別指導塾
授業回数(週) 2回 2回
月謝 18,000円 26,000円
入会金 1~2万 2万~3万
教材費 必要 不要な場合も

※料金は自社調べにより、あくまで目安として参考にしてください。

個別指導塾と集団塾では、基本的にスタイルが全く異なります

指導形式の違い

●集団塾・・10人から20人程度の生徒を一度に指導

●個別指導塾・・生徒が1人から2人に対して講師1人が指導

以上の特徴から、集団塾よりも個別指導塾の方が講師の人件費が必要となるため、指導料が高くなります。

結論
個別指導塾の方が比較的料金が高いが
丁寧な指導を受けられる

>>>低価格のおすすめ個別指導塾はこちら<<<

✔集団指導の方が比較的料金は安い

✔個別指導の方が柔軟に授業を設定できる

✔お子さんに合わせて塾を選ぶことが大切

【※要注意】夏期講習や冬期講習の費用は?

画像

夏期講習や冬季講習などの季節講習は、塾を検討する上で必ず検討要素に入れておかなければいけない項目になります。

季節講習は意外と大きな負担です

入塾前に料金プランを見た際に、季節講習についての料金が説明されているかどうかをご確認することをおすすめします。

入塾してみたら、夏期講習や冬季講習が思った以上にかかってしまい、講座を取るのを諦めたという声もあります。

お得なキャンペーンを実施している塾はこちら

夏期講習・冬期講習の費用相場

中学生の夏期講習・冬期講習の費用相場は以下の表になります。

  集団塾 個別指導塾
夏期講習 3~10万 6~20万
冬期講習 2~7万 4~10万

※料金は自社調べにより、あくまで目安として参考にしてください。

学年によって料金は異なる

夏期講習や冬季講習の料金は学年によって異なります。

学年別に料金をみたい方はこちら→

基本的には毎月の月謝の2倍になる

小学生や中学校1年生と2年生の場合には、夏期講習にかかる費用は、通常の月謝の2倍ぐらいになると考えておきましょう。

つまり、毎月の月謝が20,000円だとすれば、夏期講習には40,000円ぐらいになります。

中学校三年生の時には状況が変わる

ところが、中学校三年生になると状況そのものが変化してきます。

料金としては、通常の月謝の3倍から5倍ぐらいになります。

✔基本的には夏期講習は月謝の二倍

✔季節講習は次の学期に備えた総復習の期間

✔中3は特に講習費用が高くなる

入塾金や教材費などのその他の費用について

画像

入会金だけで1万円も2万円も

入会金は塾によって有無が異なりますが、相場は10,000円〜20,000円となります。

入会金無料キャンペーンの利用

塾によっては入会金が安くなるキャンペーンを行っています。

キャンペーン情報を把握してキャンペーンはしっかりと利用すると良いでしょう。

お得な入会金無料キャンペーンはこちら

教材費にも費用がかかる

教材費費用相場
集団塾 3,000円〜5,000円/年
※30,000円以上も
個別指導塾 不要or要相談

※料金は自社調べにより、あくまで目安として参考にしてください。

集団塾の場合はほとんどの場合教材が必要になります。

塾の教材費は学年ごとに異なるため、毎年必要になります

個別指導の場合は、自分の持っている教材を使える場合もありますが、指定教材がある場合もあります。

 

教材費や入会金など月謝とは違う部分で請求されることが多いですが、実際にどのようなものに使われるかを多くの人はあまり知りません。

教材費は文字通り教材を購入するために必要ですが、原価に多少の利益を上乗せした形になっています。

この教材は自分たちで購入することは難しく、特にその塾で考案された教材などは言い値で購入するしかありません。

もちろんそこまで高いわけではないものの、若干負担に感じる部分でもあります。

教室維持費に数千円程度かかる

毎月支払うものとして教室維持費があります。

名称は様々なところで分かれますが、維持費として数千円程度支払うのはどこも同じです。

これを安くしてもらうことはほぼ不可能であり、誰もが支払わないといけません。

こうした費用は折込チラシなどに書かれている費用には含まれておらず、別途維持費がかかると小さな字で書いてあることがほとんどです。

そのため、折込チラシの費用を鵜呑みにしていると、入会金や維持費で結構な費用がかかることになるため、このあたりはしっかりとした説明を受けましょう。

維持費は一体何に使われるか?

この場合の維持費は様々な部分に使われるとされています。

例えば清掃の費用や光熱費などです。

特に光熱費は相当な値段がかかります。

また教室の家賃などにお金がかかることもあり、それらも維持費の中に含まれています。

授業料(月謝)以外の費用まとめ

  集団塾 個別指導塾
入会金 1〜2万円
塾によってキャンペーンなど実施
教材費 3,000円〜5,000円/年
※30,000円以上も
不要or要相談

※料金は自社調べにより、あくまで目安として参考にしてください。

✔キャンペーン内容を把握

✔教材費は塾ごとに確認しておく

月謝だけにとらわれず、年間かかる費用で判断しよう

画像

学年別にみる年間教育費相場

月謝だけでなく、学習塾にかかる年間の費用を考えてみましょう。

年間にかかる学習塾の費用の相場は、学年、私立か公立かによっても異なります。

年間の学習塾費用のまとめ

  公立 私立
小学生 82,469円 348,385円
小6生 130,212円 637,328円
中学生 243,589円 220,346円
中3生 362,863円 256,766円
高校生 147,875円 193,945円
高3生 209,423円 269,289円
このデータからわかること

✔小学生・・公立:7,000円/私立:30,000円

✔中学生・・公立:20,000円/私立:18,000円

✔高校生・・公立:12,000円/私立:16,000円

を平均的に学習に費やしている(1ヶ月あたり)

※ただし塾にこれは塾に通っていない人も含めた平均なので、塾に通っている人はもっと高くなる

実際の塾の料金を詳しくチェック

画像

料金相場と代表的な学習塾との比較

実際に料金相場と代表的な学習塾を料金の面で比較していきます。

今回は中学3年生と想定して、表にまとめました。

塾名 入会金(税込) 授業料(税込)
料金相場 15,000円 26,000円
個別指導Wam 無料 8,965円〜
個別教室のトライ 資料請求により開示 資料請求により開示
1ヶ月無料キャンペーン中!
個別指導塾スタンダード 無料 5,159円〜/月

個別指導塾スタンダードやトライはキャンペーンを頻繁に行っているので、気になる方は無料資料請求や無料体験授業を申し込むことをオススメします。

個別教室のトライは一人ひとりのオーダーメイドカリキュラムを組んでいるため料金が一人ひとり異なります。

1ヶ月無料キャンペーン実施中なので、無料資料請求にてお問い合わせください。

【実績豊富な個別指導塾】個別指導Wam

画像

個別指導Wamの基本情報
対象 小学生・中学生・高校生・高卒生
授業形式 個別指導
校舎 全国36都道府県
特徴 実績がある学習効果と成績保証

個別指導Wamの特徴

個別指導Wamは以下の2点が大きな特徴です。

個別指導Wamの特徴
  • 自信ある指導から生まれた成績保証
  • 学校の学習サポートから難関校受験対策まで対応

個別指導Wamは指導力に自信があるため、定期テストによる成績保証を設けています。

60点未満で入塾した場合、1教科20点以上UPの保証、または60点以上で入塾の場合、80点以上を保証しています。

達成できない場合は3ヶ月分の授業料を免除するという破格の成績保証がついているため、定期テスト対策を行いたい方や本当に成績が伸びるのか不安という方に個別指導Wamはおすすめです。

また、学校の定期テストや補習だけではなく、難関校への受験対策も実績を残しているのが個別指導Wamの強みです。

目的に合わせた指導を行っているため、気になる方は個別指導Wamの公式サイトをご確認ください。

個別指導Wamの料金

個別指導Wamの入会金は無料となっています。

授業料については以下の料金表を参考にしてください。

  小学生 中学生 高校生
通常価格(税込) 5,390円 7,315円 8,965円
スタートキャンペーン 1ヶ月月謝無料
+20点成績保証

その他にもお得な乗り換えキャンペーンなどを行っているため気になる方は公式サイトより詳細をご確認ください。

↓↓個別指導Wamの詳細はこちら↓↓

Wamはオンライン家庭教師も行っており、自宅で質の高いオンライン授業が受けられるのが特徴です。

オンライン家庭教師Wamの詳細が知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【全国対応】個別教室のトライ

画像

個別教室のトライの基本情報
対象 幼児・小学生・中学生・高校生・高卒生
授業形式 1対1の個別指導
校舎 全国600教室以上
特徴 厳選されたプロ講師陣による全国No.1の個別指導塾

個別教室のトライの特徴

トライの特徴
  • 120万人の指導実績を持つ完全マンツーマン&専任制指導
  • トライ式学習法による一人ひとりに最適な授業

個別教室のトライは、完全マンツーマン指導、講師専任制で、120万人の指導実績を持つ個別指導塾です。

カリキュラムは完全オーダーメイドで、生徒一人一人の性格、能力、目的に合わせた最適な方法を提案してくれます。

個別教室のトライ料金は一人ひとり異なります。
気になる方は無料資料請求にてご確認ください。

期間限定!
1ヶ月授業料無料キャンペーン!

↓↓【授業料1か月無料!!】↓↓
↓↓お電話でのお問い合わせはこちらから【無料】↓↓

【低価格で評判の良い塾】個別教室個別指導塾スタンダード

画像

個別教室のスタンダードの基本情報
対象 小学生・中学生・高校生
授業形式 個別指導、オンライン指導
校舎 全国480教室以上
特徴 低価格で評判の良いやる気を引き出す

個別指導塾スタンダードの特徴

スタンダードの特徴
  • 生徒に合わせたオーダーメイドカリキュラム
  • 低価格で評判のいい個別指導塾

個別指導塾スタンダードは、低価格で評判の良い生徒のやる気を引き出すことを強みとしている個別指導塾です。

また他塾と比べてもリーズナブルな価格で受講することができ、安く低価格な塾に通いたいと考えている方は、ぜひ入塾をご検討してみてはいかがでしょうか?

個別指導塾スタンダードの料金

スタンダードの料金は以下を目安にしてください。

  小4 中1 高1
通常価格(税込) 8,140円 9,460円 10,758円
スタート月謝割引(税込) 4,070円 4,730円 5,379円

スタンダードの料金は、各校舎、学年によって異なります。

詳細は公式サイトをご確認ください。

↓↓スタンダードの詳細はこちら↓↓
↓↓お電話でのお問い合わせはこちらから【無料】↓↓

⇩⇩【学年別】料金の詳細はこちら⇩⇩

>>>小学生の塾の月謝はこちらの記事<<<

>>>中学生の塾の月謝はこちらの記事<<<

>>>高校生におすすめの塾はこちらの記事<<<

まとめ

画像

学習塾にかけている費用の相場について理解していただけたと思います。

学年や公立校か私立校かによっても違うので、参考にしてみてください。

個別指導塾のほうが費用は集団指導塾よりも高めですが、その分自分の進度にあった指導を受けれたり、季節講習で柔軟に受講できるなど、メリットもあります、客観的に自分にあった塾を判断できるとよいですね。

英語塾や英会話教室の料金相場についてはこちら→

画像

授業料1か月無料!!

個別指導塾ならNO.1
120万人の指導実績を誇る個別指導塾!
あなただけのトライ式学習法を提案!
★一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラム

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「塾 費用」に関してよくある質問を集めました。

塾の月謝ってどのくらい?

塾の月謝(授業料)は週2回の授業で考えると、集団塾が18,000円程度、個別指導塾が26,000円程度です。入会金は、集団塾だと1~2万円、個別指導塾では、2万円~3万円となっています。
一般的に個別指導塾の方が料金が高くなります。詳しい料金についてはこちらをご覧ください。

塾で必要な年間費用ってどのくらい?

年間で塾にかかる費用は、学年によって変動します。文部科学省の調査によると、公立の小学生は82,469円、私立の小学生は348,385円
公立の中学生は243,589円、私立の中学生は220,346円
公立の高校生は147,875円、私立の高校生は269,289円となっています。

 

安くておすすめの学習塾は?

安くておすすめの学習塾の一つに、個別指導塾スタンダードがあります。低価格でありながら、生徒のやる気を引き出す質の高い授業が評判であり、高い満足度を誇ります。低価格でありながら、生徒のやる気を引き出す質の高い授業が評判であり、高い満足度を誇ります。

この記事を企画・執筆した人
-StudySearch編集部-
この記事は、StudySearchを運営している株式会社デジタルトレンズのStudySearch編集部が企画・執筆した記事です。
StudySearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
StudySearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→