ホーム >> 学習関連コラム >> 塾・予備校 >> 大人になってから通う英会話教室はどのように選べばいいのか?
更新日 2019.11.19

大人になってから通う英会話教室はどのように選べばいいのか?

カテゴリ

英会話ができるようになってキャリアアップしたい、英会話教室に通うべきか迷っているという人は多いのではないのでしょうか?

ここでは大人になってから英会話を始めるのは本当に大丈夫なのか、英会話教室はどのように選べばよいのかを解説していきます

大人になってから始める英会話

画像

少し前までの世代は英会話が出来なかったとしても何の問題も感じなかった人がほとんどであり、現代になって英会話スキルが必要になってきたことに疑問を覚える人も少なくありません。

しかし、企業の中には出世のために英会話スキルを求めるところが増えており、もはや英会話が出来なければ出世は見込めないような状況になっています。

また中国や韓国からの旅行客が増え、英語でなんとかコミュニケーションが取れるケースも増えており、英会話スキルはかなり求められる状況です。

大人になってから英会話に対するスキルを磨かなければならない状況になったということは、不幸なことと捉える人は実はそこまで多くもありません。

英会話が出来ればそれだけ選択肢が広がりコミュニケーションがとりやすくなります

会社などで英会話スキルを磨かなければならないとなれば、率先して英会話教室に通い、一定のレベルにまで成長する人も珍しくないです。

ただ、そこまでのレベルにさせるにはちゃんとした英会話教室に通う必要があり、英会話教室選びが非常に重要な意味を成します。

英会話のレッスンをここまで受けてこなかった人にとって一から学ぶことは大変恥ずかしいと思うはずです。

しかし、どれだけ単語の知識があってもそれを話せるかどうかというのは訓練なしには出来ないことであり、何1つ恥ずかしがることでもありません。

なので、大人になってから英会話教室に通う場合も、こんなことも話せないのかと怒られることはなく、1つ1つ学んでいこうというモチベーションを高めていくやり方をとるところが多いです。

あとは熱意でカバーをしていけばその上達はおのずと見られるようになります。

大人になってから英会話を始めるのであれば、社会人がよく通う英会話教室へ足を運ぶことがおすすめです。

同じような経験をした人が多くいるので、教える側もどのように教えていけばいいのかがわかっています。

また時間がそこまで取れないことも知っているので、それに合わせたカリキュラムを組んでくれることが多いです。

社会人に人気の英会話教室であれば、あとは自分自身のモチベーションさえ保てればそれでいいことになります。

英会話教室をどこで探すかですが、一番は職場の近くです。

結局いつ通うかとなれば会社の帰りが一番であり、その方が計算しやすいです。

これが家の近くになると休日に通うか職場を早めに出るかのいずれかとなり、仕事で忙しくなれば通うことが難しくなります。

職場であればそのあたりの融通がつきやすく、休日に通おうとは思わないので逆に休みを効率的に使えます

また駅の近くに英会話教室が多く存在するので、探しやすいという面もあります。

いずれにしても職場の近くで探した方が見つけやすいです。

1人で英会話教室に通うこともいいですが、出来れば職場の同僚と一緒に通うことがおすすめです。

主婦の場合ならお友達と通うことでモチベーションを高めあい、刺激を受けられます。

職場の同僚と通うことで英会話のスキルを磨くことのアピールが職場で行えるので、勉強熱心であることをアピールできます。

もちろん1人で通うメリットもあり、どちらにもそれなりのプラスがありますが、一緒に行って怠けそうになった自分に活を入れてもらえるような形が理想的な環境と言えそうです。

★大人から英会話を始める場合は、社会人がよく通う英会話教室を選ぶのがオススメ

★英会話教室を選ぶ際は、職場の近くの英会話教室を選ぼう

★英会話教室には職場の同僚と一緒に通うのがオススメ

英語が苦手な初心者でも安心

画像

英会話教室に通いたくても、自分はやっていけるのが心配になって決断できない人もいるでしょう。

講師や生徒も英語を話せる人ばかりな気がして、初心者の自分には無理だと感じてしまうケースがあります。

しかし、実際にはそのような心配はまったく不要です。

なぜなら、初めて勉強する人でも英語を習得できる仕組みが用意されているからです。

むしろ、そのような初心者をメインターゲットにしているところも少なくありません。

したがって、初心者だからといって尻込みしなくても大丈夫です。

義務教育を受けたのであれば、建前的には中学レベルの英語は身に付いています。

とはいえ、実際には中学レベルの英語であっても、すっかり忘れてしまってあやふやな点が多いというケースもあるでしょう。

熱心に勉強していなかったので、そもそも当時も理解できていなかったという人もいるかもしれません。

そういう場合はなおさらレッスンに付いていけるか心配になると考えられます。

しかし、そのような人を対象にしたコースも用意しているのが一般的なので、前向きに気持ちで挑戦してみましょう。

基本的な単語や文法から着実に学んでいけます。

学校の英語の授業に付いていけずに、トラウマのような苦手意識を持っている人は少なくないです。

英会話教室の講師は日本人の苦手な点や挫折しやすい点を理解しています。

そのため、学校の授業のようにただカリキュラムに沿って教えるだけではありません。

前述のような点については、理解できるまでしっかりと教えてくれます

したがって、よく分からないままレッスンが進行していき、落ちこぼれてしまうようなリスクは小さいのです。

英語に対する苦手意識を払拭できる可能性が高いことを認識しておきましょう。

中学や高校などは、生徒を評価して成績を付ける必要があります。

つまり、生徒の英語力に差が生まれることを前提として教えるスタンスです。

英語力が低い生徒を救済することを一番の目的にはしていません。

むしろ進学校などは、英語力が高い生徒を中心に考えている場合もあります。

一方で英会話教室は、英語力が低い生徒をレベルアップさせることが重要な使命となっています。

生徒に格付けをして上位の人を特別扱いしたりすることはありません。

そのため、初心者であっても堂々としていて構わないのです。

初心者であっても、上級者と同様の環境でレッスンを受けられます。

具体的な環境は英会話教室によって異なりますが、一般的には日本語を極力使わないルールが用意されています。

最初は戸惑うかもしれませんが、しばらく通っているうちに自然と英語に慣れてくるでしょう。

意味が分かるとともに、発音のコツも分かってくることが多いです。

自分の気持ちや考えも英語で伝えたいと感じるようになることが多いです。

また、レッスンが終われば日本語を使って質問できるので、不明な点はその日のうちに解消できます。

その他の安心材料として、初心者が多いことも挙げられます。

ビジネスのグローバル化や、日本に住む外国人が増えていることの影響が大きいです。

それらを受けて英語を学ぼうと考える人が増えています。

そのため、自分以外にも初心者のいる可能性が高いです。

同じ日に始める人もいるかもしれませんし、自分より後に入ってくる人もいるでしょう。

そのような同レベルの人がいると、切磋琢磨して学んでいこうとする意欲が芽生えてきます。

もちろん分からない点を教えあう仲間にもなれます。

★英会話教室には初心者が多い

★わからないところはレッスン後に日本語で質問できるため、安心して通うことができる

★初心者でも上級者と同様の環境でレッスンを受けることができる

気になる料金をチェック

画像

英会話教室を選ぶときには英語塾自体の質はもちろんですが、通いやすい価格でないと長く学習をする上でも負担になってしまいます。

レッスン料以外にかかってくる費用としては、入学金や教材費、管理運営費用などです。

入学金は1万円から3万円程度かかるところが多いのですが、キャンペーンや体験レッスンを受けて申し込むと無料になるということもよく行われています。

キャンペーン時に入会すると大きな差がありますので、活用して入会することがおすすめです。

教材費はスクールによっても異なるのですが、オリジナルの教材や教科書などを使っているところでは、15,000円から25,000円ほどの教材費がかかると思っていた方が良いでしょう。

スクールを管理するために必要とされる管理費用は月額で請求されることが多いです。

高くても1,000円程度ではあるのですが、毎月請求されるスクールもありますので入会の説明時に確認しておきましょう。

コマーシャルや電車で広告を出しているような大手英会話教室はかかってくる費用も割高であることが多いです。

信用度も高いので、安心して授業を受けることができますが、年間を通してみると費用がかさむこともありますので、授業料だけでなくその他にかかってくる費用も合わせて確認するようにしましょう。

年間の契約になっていると、1回あたりの金額がわかりづらいです。

レッスン時間はどこも40分から50分程度ですので、1レッスンの価格を出すことをおすすめします。

比較してみると知名度の高い大手は、マンツーマンレッスンの場合、6,000円から9,000円程度の価格になり、あまり知名度がないスクールですと2,000円から3,000円と大きな幅があることが明らかです。

英会話スクールでは、8名までのグループレッスンから、4名までの少人数レッスン、1対1のマンツーマンなどのレッスンがあり、どのレッスンを受けるかによって価格が違ってきます。

グループレッスンですと、大手英会話スクールでも2,000円から4,000円程度で受けることができるため、価格重視という方はグループレッスンがおすすめです。

グループレッスンですと、なかなか発言するタイミングが少ないなどのデメリットもありますので、もっと効率的に英会話を習得指定という方は少人数やマンツーマンレッスンを受けることが良いでしょう。

少人数になると、生徒の数が4人程度にまで下がるので発言の機会は格段に増えます。

大手の英会話スクールでも、少人数レッスンになれば二千円から5,000円が相場になるので、もっとも生徒が増えるレッスンになるのです。

マンツーマンレッスンは最も高い価格になり、ネイティブ講師と1対1で話すことができますので、より自分にあったコースにしていくことができるメリットがあります。

1レッスンで1万円以上かかることもありますので、価格に見合っている授業内容であるかを確認することが重要です。

知名度はそれほどなくても、マンツーマンで2,000円という価格で授業を受けることができる英会話スクールは人気があります。

ネイティブ講師とそれだけ英語を話せる時間が増えるというだけでもメリットはありますが、ただ会話中心のクラスなのか、テキストを使った授業になるかなどによっても使い勝手が異なってきますので、価格の比較をするときには、授業についても比べてみてください。

★英会話教室を選ぶ際には通いやすい価格かどうかチェックしよう

★大手会話教室は価格が割高であることが多い

★価格が重視の人はグループレッスンがオススメ

安い英会話教室でも大丈夫?

画像

皆さんの中には、ネイティブとすらすら話せるようになるための準備として英会話教室に通うことを視野に入れている方も多いと言えます。

そのような場合には、出来るだけ費用を抑えておきたいというような方も多くいらっしゃると言えます。

古くからことわざで「安物買いの銭失い」というように安いものには警戒心を抱いてしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、安いからやめた方がいいというような考え方は間違っている可能性もあります。

その理由としては、無料で授業を体験できる教室ではどのような教室かということをその場で判断することが出来るからです。

英会話教室は様々なコースで構成されている場合がほとんどです。

そのため、いかにしてに自分に合っているコースを選ぶことができるかということが大変重要な要素になってきます。

ここで言う、ピッタリなコースを選ぶポイントとしては、体験授業に参加して自分の能力に見合っているかということを実際に体験するということです。

この場合は最初から契約して始めるよりは金銭的なリスクがないのでお勧めです。

さらに、ピッタリなコースが分からないからといって基礎からすべてのコースを選択してしまうと、かかる費用が高くなってしまう可能性が高いので高ければいいということでもないと言えます。

英会話教室を選択する際には費用が高い方が内容がしっかりしてそうだとお考えになる方も多くいらっしゃいますが、かかる金額がすべてであるとは言い難いです。

その理由としては、仮に内容が充実しているコースを選択した場合にいくら充実していたとしても、その内容についていくことが出来るかということが疑問になる場合があります。

また、その受講する内容が日常会話の訓練をして欲しかったのに、実際に受けてみたらビジネスや仕事関連で使用できる表現方法ばかり学んでいるというような場合にはそもそも分野選択を間違っていることになります。

まずは自分の好みを把握しましょう。

自分の一番必要としている分野を把握しておくだけでも、最初からピッタリな教室を選択できる可能性は高まるでしょう。

例えば、日常会話を重点的に習得したいとお考えの場合には講座の中で覚える単語が日常的なものになっています。

このような情報を体験授業前などに把握しておくと自分にマッチしているかどうかということを出来るだけ早い段階で把握することが出来ると言えます。

そのような自分にピッタリな内容だけが凝縮された英会話教室を見つけることが出来たならば、安い場合でも何を学ぶことが出来るかということを知っているので、安心して自分のスピードで継続的に受講することが出来ます。

安い場合でも、自分に合うものなら受講を考えても良いでしょう。

しかし、それだけでは限界がある場合もあります。

例えば、内容のボリュームに関してで、いくら日常会話が学びたいからその教室を選んだというような場合でももう少し学びたいと考えていたところで終わってしまうものもあります。

そのため、安い教室を選択する際に気を付けておくべきこととしては、分野に見合ったボリュームがあるかどうかということを体験授業の段階までに把握できるようにしておくことが大変重要な点になると言えるでしょう。

その他にもインターネットで調べると内容を確認できるのでぜひ活用しましょう。

★どれだけ自分に合ったコースを選ぶことができるかが非常に重要

★英会話教室ではかかる費用が内容に比例するとはいいがたい

★体験レッスンを通して、コース選びをするのもオススメ

まとめ

画像

いかがでしたでしょうか。

英語自体を学ぶ前の段階としては様々な考慮すべきことがあることがお分かりいただけたでしょう。

すべてに共通していくことが出来る点としては、自分に合ったペースで行うことが出来るという点です。

皆さんの日常生活も自分のペースで続けているのと同じように英語の勉強も自分の能力に合わせながら学習することでストレスなく継続させることが出来ると言えます。

最近では国際化が意識されており、英会話の需要も上がっており、英会話教室も充実しているので気になっている場合には体験してみることをお勧めします。