ホーム >> 学習関連コラム >> 塾・予備校 >> 塾・予備校求人サイト「塾ワーク」とは、正社員からアルバイトまで
更新日 2020.3.16

塾・予備校求人サイト「塾ワーク」とは、正社員からアルバイトまで

塾・予備校で働こうと思っている人必見!

正社員もアルバイトも全国から求人を募集している「塾ワーク」なら簡単に見つかる!

教師を目指している人や教育関係の職に就こうと思っている人も塾講師を経験しておいたほうが良い理由とは?

全国幅広い範囲の求人に対応

画像

求人を探すときは、できるだけ多くの情報の中から探した方が希望に合致したものが見つかります。

塾や予備校で働く場合も同じで、特定の地域だけに特化した求人情報を見るよりも、条件に合った仕事に出会える可能性が高くなります。

現在住んでいる場所でなくても、近隣であれば引っ越しをせずに済むでしょう。

「塾ワーク」は全国の塾や予備校の求人を見ることができる、とても便利な専門求人サイトです。

医学部の受験指導のように、専門的な知識を必要とする職種の募集が出ているのも、このサイトの注目ポイントとして挙げられます。

大手の場合は特集が組まれていることが多いので、より詳しい情報を得られることがメリットです。

将来は塾や予備校で働きたい、そう考えている人はアルバイトの段階から経験を積んでおくと良いでしょう。

アルバイトのうちは、幅広く見ておくことがおすすめです。

塾で事務の仕事をしたり、教える場合も特定の学年だけに限定せず小学生から高校生まで多くの子どもたちと接してみて下さい。

全国の求人情報の中から探せるサイトなので、普段は大学の近くで働いて、夏休みに帰省する人は単発で実家近くの仕事を探すこともできます。

授業をする場合は一定期間同じところで働くことが条件ですが、事務系の仕事の中には単発もあるので長期休暇で経験してみましょう。

関連する仕事に関わることで、塾や予備校の様子がより詳しく分かるはずです。

就職活動で塾や予備校を志望すると、採用面接のときに経験を聞かれるでしょう。

志望しているのに学生時代は一度もアルバイトなどで関わらなかったのか、指摘されないためにも実績を作っておくことをおすすめします。

就職活動のためと言うよりも、実際に働くときにスムーズに仕事を進めることができるメリットがあるからです。

将来を見据えてアルバイトを探すときは、全国展開している塾や予備校に絞り込んで探して下さい。

学生のうちは大学から近い場所で働き、地元で就職を考えている人は同じ塾の違う校舎に応募するという方法があります。

学生時代に働いていた塾の居心地が良ければ、正社員を目指して同じ校舎で働き続けるのも良いでしょう。

学生時代は塾や予備校で働いていたけれど、将来は教える側よりも事務職で働きたい人もいるはずです。

全国の求人を見ることができるので、就職活動のときは幅広く探すことが可能で便利でしょう。

私立の教員に関する情報も全国から探せるので、現在住んでいる場所の周辺や地元の求人を見ることができます。

1つのサイトで多くの情報が得られるのは、「塾ワーク」のメリットの一つなので、ぜひ活用して下さい。

都市部には大手の塾や予備校、私立中学や高校が集中しています。

地元の大学を卒業してから、仕事を探して上京しようと考えている人もいるでしょう。

より多くの求人を見て探したいときは、都市部を条件に探してみると希望に合ったものが見つかりやすいはずです。

大手が集中していることが最大の特徴で、校舎も多いので正社員で他の校舎へ異動する場合も遠くへ引っ越さずに勤務できることがメリットです。

私立の教員を希望しているけれど働きたい私立が募集しているとは限らない、そんなときは大手の予備校で実績を積んで募集が出るのを待つことが可能です。

大手にこだわらず、生まれ育った地域で勉強を教えたい人にもおすすめです。

都市部から離れるほど少人数で授業を行っているところが多くなりますが、アットホームな雰囲気で働けるところが魅力です。

人数が少なければ、一人ひとりに目が行き届くメリットもあるため、学習面や生活面でアドバイスをする機会は多くなるでしょう。

正社員として働く中で、改善したい点があれば早い段階でどんどん意見を出して変化させることも期待できます。

すぐには無理でも、あなた自身が室長として活躍する日が近いのは、都市部よりも予備校の少ない地域のほうが可能性が高いと考えられます。

すでに仕事が決まっているけれど、結婚や転勤に付いて行くために引っ越すこともあります。

女性の場合は相手の仕事を優先して、自分自身の仕事は現地で改めて探すこともあるでしょう。

引き続き予備校などで働きたいと考えているとき、登録しておけば引っ越し先の求人情報をチェックすることが簡単にできます。

全国展開していれば校舎が変わるだけで済み、新しく勤務先の方針を覚える負担も減るでしょう。

新天地では教える側よりも事務職として働きたい、そう考えている人も同じ求人サイトで探せるのは便利です。

新規で登録する必要がないため、新しい仕事を探しやすいメリットがあります。

POINT

✔全国の求人を探すことができる

✔将来教育関係の仕事に携わりたい人におすすめ

✔都市部でも郊外でも自分のニーズに合わせて探せる

英語講師や医学部特化など、カテゴリも充実

画像

塾ワークは医学部に特化した塾講師の求人や、英語専門講師など幅広いジャンルの求人があります。

企業側のあらかじめ欲しい人材がはっきりしていたら、求人を受ける人は安心してそのジャンルに適する資格や勉強が出来ます。

塾のメリットとして学校の教師と異なり英国数理社の5教科すべて学ばなければいけない必要が無いことです。

つまり自分の得意科目だけ特化して勉強して、自分なりの教え方が確立されているのであれば、立派にこの業界で生きていけます。

大切なのは自分が働ける場が、ぼやけてしまっていると働く場所が見つけにくくなることです。

どこにも働く場所が無いのは最も避けなければならない事態なので、結局滑り止め対策として他の科目も一通り勉強せざるを得ません。

しかし、長い目で見ると一つの科目を特化して自分なりの教え方やノウハウを確立した方が、数多くの受験生に対して実績を提供することが出来ます。

ひとつの科目を極めるだけでも多大な時間がかかるので、あらかじめ自分がどこに行きたいのか明確化する塾ワークで求人を探しましょう。

ひとたび希望場所を見つければ後はそれに受かるための勉強や資格を取るだけなので、普通に就活するよりも手間や時間がかかりません。

目指すものがはっきりしているのでモチベーションが高いレベルで持続します。

せっかく面接をくぐり抜けて採用されても十分合格実績が無いところに、配属されては自身のモチベーションが高まりません。

いったん入社してしまうと簡単に抜け出すことが出来ません。

その理由に再就職の厳しさが挙げられます。

結局前職でどのような実績を上げてきたのかが、次の就職希望先でも必ず聞かれるからです。

中途半端な成績では足蹴されるだけなので、やはり最初から企業選びをしっかりやっておくべきだと後悔する羽目になります。

塾ワークなら実力ある所しか求人を出さないので、どれを選んでも安心して塾講師の仕事に専念することが出来るのです。

入社してから最も気になるのは福利厚生です。

塾ワークならブラック企業が求人掲載できない仕組みを整えていますので、この点でも安心して職探しが出来ます。

一口に福利厚生といっても人それぞれ重視する点は違います。

土日祝日が保証されていたり、残業が少ない場所であったりと様々です。

普通はこれらのことは入社して暫く働いてみないと分からないことですが、塾ワークなら事前に知ることが出来ます。

サイト内での口コミ情報が充実していますので、入社前でもおおよそのそれぞれの特色が把握できます。

入社する前に情報の取捨選択が出来るので、企業側とのミスマッチを未然に防げます。

塾ワークから求人を申し込んだ人が離職率が低いのも、この様な要因が主に挙げられます。

この業界に就職することがゴールではなく、塾講師として一人前になることが最終目標としておいていますので、数多くの精度の高い口コミ情報が至るところから寄せられるのです。

求人が全国規模であるので、自分と合う求人が必ず見つかるというのがこのサイトの強みです。

検索システムが充実しており、キーワードを入力すればその情報が瞬時に出てきます。

具体的な名前が分からない場合や、初めてこの業界に飛び込む人にとっても優しい作りになっています。

このサイトなら企業側の採用担当と直に話すことができるのが強みです。

通常の就活の場合、採用担当と直に話すことができる機会は意外に少なく、営業や技術者を介してからでないと話せないことも多くあります。

人を介しているうちに自分の思いが曲がって伝わってしまい、運が悪いと会ってもいないのに印象が悪くなることがあります。

ここならサイトと企業の採用担当が繋がっているので、ここを介して相談すれば直接採用担当から回答を受けられます。

何故そのことを知りたいのか事情を丁寧に話せば、それなりに精度の高い回答が返ってくることでしょう。

塾ワークはアフターフォローも充実しています。

前述した口コミ情報にも見られるように、このサイトを通して求人を勝ち取った先輩方が協力してくれるのです。

また、なかなか思う求人が見つからない人でもメール登録さえしておけば日々定期的に求人情報が届きます。

また、就活に関して悩んでいることがあれば、どんなことでも相談できる場を設けていますので、安心して就活に取り組めます。

いくつもの面接を乗り越えて無事求人を勝ち取ってからも、仕事や環境の変化にストレスを感じることは少なからず出てきます。

そんな時でも塾ワークの運営や卒業生が自由に話せる場を設けていますので、1人で悩みを抱える必要が無いのです。

皆同じ悩みを共有していると実感するだけでも、幾分気持ちが楽になります。

POINT

✔全国規模の求人サイトで、実力のあるところしか出していない

✔口コミが充実しているので福利厚生もしっかり確認できる

✔アフターフォローも充実

将来教師を目指す人にもおすすめできる、その理由

画像

将来教師を目指す人がアルバイトをする場合には、学習塾がよいといえるでしょう。

これは素人でもわかりますが、市場に共通している部分がないからです。

具体的にどのようなメリットがあるかは、実際に働いてみないと分からない部分がありますがその内容を明確にしていきます。

学習塾では、子供と接するのが仕事になりますが、単に勉強を教えるだけと思ったら大間違いです。

なぜなら、勉強以外の面の方が非常に重要な課題になるからです。

単に勉強を教えるだけならば、親でも十分ですが学習塾の先生はそれ以上のプロでなければなりません。

学校の先生にしても同じ条件になりますので、とても学びが多いといえます。

実は、学校の先生の中で勉強し得ることに対して悩んでいる先生はそれほど多くありません。

それよりも、子供とどのように接したらよいのかそしてどうしたら勉強に集中してくれるのかの心理面に悩みを抱えている人が多くなります。

学習塾の中でも、私立中学校などを目指す専門のところならばいい加減に考えてくる生徒はいませんので、8割以上の生徒はまじめに勉強するでしょう。

もちろんそのようなところでも、あまり勉強しないような生徒が入ってくることもありますので、例外はあるといえます。

ですが、おおむね優秀な生徒が多いのは間違いないところです。

そのようなところは、先生をする場合にはそれほど多くの学びはないはずです。

これに対して、進学塾ではなくほかの塾などの場合には、公立小学校や中学校にいるような生徒が来ますので疑似体験をすることが可能です。

そこで学んでおきたいのは、子供の心理学になります。

学習塾は勉強やらせるといったイメージが強いかもしれませんが、実態はそうではありません。

本当に良い学習塾は、子どもに勉強をやらせようとしないでしょう。

それよりも、どのようにしたら本当のやる気が起きるかを考えてきます

実はこれは非常に難しいことで、並大抵のことではないことは心理学を勉強していればわかってきます。

勉強に取り組まない子供の心理は、勉強に対して大した興味がないことが一番の原因になります。

ですが、生まれ持って子供は好奇心の塊ですので様々なことに挑戦し勉強もその一つになってくるはずです。

それにもかかわらず、そもそもなぜ興味をなくしてしまったのかを知ることもとても大事です。

学習塾といえば、成績を伸ばさなければなりませんが、これから先生を目立つ人ならば単にワークなどをやらせればよいわけではなく子供との接し方の中でやる気を出す方法や考え方を学んでいかなければなりません。

そこで、具体的にどのように子供の心理を考えたらよいか研究していく必要があります。

何に対しても好奇心を持っているはずの子供が、勉強に対して興味を持てなくなってしまったのはそれなりの理由があります。

塾の講師をする傍らで、その理由を少しずつあぶり出し解決していくことが大事になるでしょう。

実は、理由は一言で述べることができ、それは勉強に対するマイナスイメージを強く持ってしまっているからです。

本来であれば、好奇心旺盛な子供ですので、多少ネガティブなイメージを持っていても積極的に取り組むはずです。

それにもかかわらず取り組まないのは勉強に対してマイナスのイメージが強すぎるからでしょう。

そこで、生徒と話しをしてなぜそのようになったのかを明確にしていくべきです。

実はここからが非常に深い部分になりますので、時間をかけてじっくり行う必要がありますが勉強しない子供は様々な理由を抱えています。

最も大きな理由は勉強に対して否定的な何かを突き付けられたからです

例えば、テストの点数が悪くて親に叱られた場合には勉強に対してマイナスのイメージを持ってしまうでしょう。

また、何かの罰として勉強やらされるようなことも、勉強に対するマイナスのイメージを持ってしまうきっかけになります。

つまりほとんどの場合、家庭教育の段階で子どもに勉強させることに失敗しているわけです。

保護者も、そこまでよく理解しておらずしかも自分の子供なので感情的になりやすいといった欠点があります。

小学校一年生で勉強ができない子供と、中学校三年生で勉強ができない子供のうちどちらが成績を伸ばしやすいかといえば前者になります。

なぜなら、勉強に対するマイナスのイメージがそこまで深くないからです。

マイナス1なのかそれともマイナス100なのかによって対策が大きく変わってくると同時にリカバリーの期間がずいぶんと変わるでしょう。

中学校三年生の場合には、へたをしたら受験シーズンを迎えてしまうかもしれませんのでかなり難しい部分があります。

親は、学習塾に入れておけば成績が伸びるに違いないと勘違いしている人も多いため、現在どのような状況でどうやって対策をとるべきかを事前に伝えることが大事です。

POINT

✔教師を目指す人も塾で働働いておいたほうが良い

✔子どもの心理面まで向き合って学ぶことができる

無料の会員登録で、さらに便利に

画像

塾ワークに分類されるのは塾や予備校だけでなく、英語など得意分野を生かした仕事も含まれています。

求人を目にすることはあっても、住んでいる地域の求人が少なくて探しづらいと思ったことはありませんか。

人の成長に関わることのできる仕事に就きたいと考えて探している場合、教える仕事に特化した求人サイトへの登録がおすすめです。

全国の募集状況が把握できるため、住んでいる地域に限定せず実家の周辺で探してみることも可能になります。

就職活動や転職活動をするためには、スーツやバッグを始め履歴書や交通費など多くの費用がかかります。

登録するときに費用がかかると、お財布だけでなく精神面にも負担がかかってしまうでしょう。

充実していながら無料で情報提供しているサイトであれば、気軽に利用することができます。

早く仕事を決めようと焦りがちな就活生たちのことを考え、使い勝手の良さを最優先にしているサイトです。

無料で期間が決まっていないので、退会するタイミングを考える必要もありません。

登録するとご自身の経歴を入力するマイページが出てくるはずです。

気軽に利用できることはメリットですが、応募に必要とされる内容は慎重に入力しましょう。

誤字脱字は注意力が散漫だと思われる可能性があり、正しい情報でなければ採用される以前の問題です。

スカウト機能もあるので、採用担当者が見たときに「ぜひ一緒に働きたい」と思えるように考えて下さい。

持っている資格を正確に書き、経験者は簡潔に内容をまとめておくと良いです。

上手にアピールすることは、1日も早く仕事を決めるために必要不可欠。

登録したからには、用意されている機能を存分に活用することが大切です。

塾や予備校を始め、英語講師や私立学校の教員など幅広く「教える仕事」を検索することが可能です。

スカウト機能を活用すれば、先方から声がかかることも考えられます。

特定の地域で探している場合や、塾や予備校の名前を指定して検索することもできるのは、このサイトの特徴の1つとして挙げられるでしょう。

正社員だけに特化しているサイトではないので、アルバイトや講師から始めたい人にもおすすめです。

すぐに正社員として勤務したい人はもちろん、生徒たちの前に出ることはなくても事務職として働きたい人に向けた求人も出ています。

細かく分かれているので、学生から社会人まで多くの人が活用できるサイトと言えるでしょう。

求人情報を上手に使うポイントと言えば、情報の鮮度に注目することです。

新しい情報が出たら、できるだけ早くチェックするようにして下さい。

条件が合致するときは早めに応募しないと、応募者多数の場合は早めに打ち切られることもあります。

通常は最新の情報が入ることが魅力ですが、塾や予備校に関連する特集が組まれることも注目ポイントです。

特集されるからには、ある程度の情報量で積極的に採用を考えている証拠です。

あとで見れば良いと考えず、チャンスを逃さないようにすぐに内容を確認するようにしましょう。

日課のように情報を見ていれば、希望する条件にぴったりの求人が見つかるはずです。

塾や予備校で働く人は、教えることに慣れている人だけではありません。

未経験や経験の浅い人は、アルバイトからスタートすることも可能です。

長く働いていれば正社員への道が開けることもあるので、躊躇している人はアルバイトを条件に探してみる方法もあります。

教えることに自信がなくても生徒たちの成長を見守りたい、そんな人には事務職として勤務する道も用意されています。

生徒と接する機会のない職種に見えるかもしれませんが、ちょっとした相談事を持ちかけられることは考えられます。

塾講師が忙しそうにしているときは、生徒たちの良き相談相手として話を聞いてあげましょう。

決まったら退会する人がいるのも事実ですが、どうしても合わなくて辞めてしまうこともあるでしょう。

塾に就職したけれど、途中で予備校に行きたいと思うようになったり事務職に変更したいと考えることも。

仕事を決めるときはミスマッチがないように慎重に行うことが鉄則ですが、事情があって退職を考えるのは仕方のないことです。

事情があって辞めても、同じ業界で改めて探すときに活用できるサイトなので、登録した情報はすぐに削除せずに更新しておくと良いでしょう。

アルバイトでより良い条件のところからスカウトが来ることもあるので、キャリアアップのために情報を更新しておくのも使い方の1つです。

相性の良い先生と出会うことは成績アップにつながるので、生徒にとっても嬉しいことです。

ぴったりの職場を見つけて、生徒と苦楽を共にしながら働いてみませんか。

POINT

✔無料登録で自分に合った求人を探すことができる

✔最新の情報が入ってくる、塾からスカウトされることもある

まとめ

今回は塾講師、予備校教師の求人を探している方のために、「塾ワーク」という求人サイトを紹介しました。

全国規模で求人が探せて、幅広い条件を付けて探すこともできるので、自分に合った求人を見つけるのにぴったりです。

また教育関係の職業に就きたいと思っている人も、塾講師を経験しておくことをお勧めする理由も紹介しました。

ぜひこの記事を参考にして、様々なことにチャレンジしてみてください。