ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> みんなの塾の特徴・コース・料金など徹底解説|オンラインについても紹介
更新日 2022.6.16

みんなの塾の特徴・コース・料金など徹底解説|オンラインについても紹介

この記事ではみんなの塾の指導形態や特徴、コースの詳細や料金、口コミについて紹介していきます。

この記事を見ればみんなの塾がどのような方針でどのような指導を行っているか分かります。

そのため、塾を選ぶ際の参考になると思われます。

みんなの塾を検討している方はぜひこの記事を参照頂ければと思います。

みんなの塾とは?

_画像

みんなの塾の基本情報
対象年齢 小学生・中学生・高校生・浪人生
対象地域 神奈川県藤沢市、横浜市、平塚市に4校展開
形式 個別指導
特徴 生徒自身が自ら勉強できるようになる教育・個別カリキュラムによる最適な指導

人間力を育てる指導

みんなの塾は従来の学習塾のようにただ学力が向上すればそれでいいという考え方ではなく、計画性、自制心、やり抜く力といった非認知能力も同時に伸ばす必要があると考えています。

たとえ学力が伸びたとしてもそれが塾に依存したものであってはいけませんみんなの塾は「一生使える学習力」をコンセプトに人としての成長を目指す学習塾です。

自ら勉強する姿勢

「一生使える学習力」とは、自ら考え、自ら決断し、自ら行動することです。

そして大切なのことは、生徒が自ら勉強できるようになり、自分で自分を成長させられることです。

これこそが本人のためになる教育なのです。

勉強を通して、やればできるという自信と、自分で自分を成長させる力を身に付けて、自分の選んだ人生を歩める人材を育てたいと願って、生徒の教育にあたっています。

質の高い指導ノウハウ

  • 分散学習
  • アウトプット教育
  • インターリーブ勉強法

分散学習

長時間同じ場所で勉強するよりも、場所や時間を分散させて学習した方が集中力が維持されやすいです。

また環境の力に頼って勉強させるのは本人のためになりません。

そのためみんなの塾では塾にいる時以外の学習方法や時間の使い方も指導しています。

アウトプット教育

机に張り付いて教科書を読み続けるようなインプットだけの学習より学んだことを誰かに説明するアウトプット込みの学習をすることで学習成果は20~30%アップします。

みんなの塾では、紙や口頭でのテストだけでなく、「どうやって解いたのか」という思考のプロセスを説明する指導も行っていて、アウトプットを重視しています。

インターリーブ勉強法

複数のスキルや情報を混ぜて思考することをインターリーブ勉強法と言い、学習効果を高めることができます。

みんなの塾では、以前に学習した内容を混ぜて問題を出したり、問題を解く時に図や絵を描かせてイメージさせたりします。

こうすることで、普段の学習に変化を付けることができ、記憶の定着率や学習効率を上げることができるのです。

✔みんなの塾は小学生~浪人生を対象として神奈川県に展開されている個別指導塾である。

✔人間力を育てることと生徒が自ら勉強する姿勢を身に付けさせることに重点を置いている。

✔分散学習、アウトプット学習、インターリーブ勉強法を使って効率よく学力を上げられる。

みんなの塾のコース

_画像

小学生のコース

小学生コース

小学生コース
対象 小1~小6
授業時間 40分×週1~5回
時間割 月~金 15時45分~,16時30分~,17時15分~
特徴 勉強の習慣化や私立小の授業サポートが目的、習い事との両立を考慮してくれる

みんなの塾の小学生コースではインプットではなくアウトプットを重視する教育を行っています。

理解や思考のプロセスを確認しながら学校の授業内容を深める形で授業を行っています。

学校の勉強でもしつまずいている単元があれば補習を行い、生徒の理解度が高ければ必要に応じて応用問題や中学レベルの問題も扱います。

生徒の特徴に応じてオーダーメイドの勉強法方法を教えており、自ら勉強に取り組む力を育てています。

中学受験コース

中学受験コース
対象 小4~小6
授業時間 1週間あたり360分
時間割 月~金 16時00分~(祝日も開講)
特徴 中高一貫校への受験対策、高学年からの受験対策、基礎から応用まで習得

中学受験コースでは、志望校の問題の特徴を考慮に入れ、合格を掴み取るための個別のカリキュラムを作成しています。

教材は中学受験用のものを使っており、模試も全国最大規模のものを活用し、進路指導や受験勉強の戦略の提案を行います。

受験の直前になると志望校別の過去問対策、絶対に落とせない問題の復習、差が付く問題の演習を行い、合格率を最大限に引き上げます、。

中学生のコース

中学生コース
対象 中1~中3
授業時間 中1は1週間あたり240分、中2は1週間あたり300分、中3は1週間あたり360分
時間割 月~金 16時00分~21時30分の間で個別に設定(祝日も開講)
特徴 志望校への高校受験対策、内申・テスト対策を行う

みんなの塾の中学生コースでは、生徒各々に最適なカリキュラムを提案します。

部活との両立、メンタルケア、不登校などの事情も個別にサポートします。

さらに、みんなの塾では、主要5教科だけでなく副教科も含めたテスト対策をすることが可能です。

なぜなら公立高校の受験では内申店の比率が高く、定期テストの点数も重要になるからです。

高校生のコース

高校生コース
対象 高1~高3
授業時間 1週間あたり360分
時間割 月~金 16時00分~21時30分の間で個別に設定(祝日も開講)
特徴 志望校の大学受験対策、共通テスト・推薦入試・AO入試対策を行う

生徒一人ひとりに最適なカリキュラムで志望校合格を目指します。

また勉強方法や塾以外での時間の使い方を含めてトータルで指導します。

さらに、指定校推薦やスポーツ推薦、AO入試などの受験形態にも対応して指導を行います。

小論文では、書き方や考え方の対策も含めてオーダーメイドのカリキュラムで指導します。

浪人生のコース

浪人生コース
対象 高卒生
授業時間 1週間あたり600分、1回の授業時間と1週間の通塾回数を自由に決められる
時間割 月~金 16時00分~21時30分の間で個別に設定(祝日も開講)
特徴 志望校の大学受験対策、共通テスト・推薦入試・AO入試対策を行う

志望校の選び方や勉強方法や塾以外での時間の使い方を含めてトータルで指導します。

大学受験は高校受験以上に個々の生徒に合ったやり方で勉強することが必要になります。

さらに大学だけでなく学部ごとの傾向を見据えた受験戦略が必要不可欠です。

みんなの塾の講師たちは皆さんの志望校合格を全力でサポートしてくれます。

オンライン指導のコース

オンライン個別指導

オンライン個別指導
対象 小学生・中学生・高校生・高卒生・大人
授業時間 30分×週1~5回
時間割 月~金 16時00分~18時00分、19時00分~21時30分の間で30分単位(祝日も開講)
特徴 受験対策、学習フォロー、資格取得のサポートなどを行う

みんなの塾でのオンラインコースでは、思考プロセスを確認したい問題、習熟度を確認したい問題のみ授業時間内で演習します。

他塾では、もっと時間が長いことが多いですが、実際は講義を聞いているだけの時間、問題を解いているだけの時間が多いです。

みんなの塾では30分をフル活用して講師と生徒が対話します。

みんなの塾は主要5教科だけでなく、副教科にも対応していますし、目標設定の方法、モチベーション管理などの非認知能力に関する指導も行っています。

オンライン教室

オンライン個別指導
対象 中学生・高校生・高卒生・浪人生
授業時間 60分×週1~5回
時間割 月~金 16時00分~18時00分、19時00分~21時30分の間で30分単位(祝日も開講)
特徴 受験対策、学習フォロー、資格取得のサポートなどを行う

オンライン教室ではアウトプット中心の質の高い授業と勉強量を兼ね備えた新しいコースです。

通常のオンライン授業では集中力が保てない方も多いかと思いますが、みんなの塾のオンライン教室は教師の目と仲間の目があるので勉強に集中することができます。

さらに疑問点が生まれたらすぐに講師に質問でき、マンツーマンで疑問を解消できます。

✔対面式で、小学生コース、中学受験コース、中学生コース、高校生コースがある。

✔オンライン授業は、オンライン個別指導とオンライン教室に分かれる。

✔副教科にも対応していて、AO入試など様々な受験の対策もしてくれる。

みんなの塾の料金

_画像

みんなの塾の授業料

小学生の授業料

小学生コース 1コマあたり(税込) 月額(税込)
40分×1コマ/週 2,300円 9,200円
40分×2コマ/週 2,175円 17,400円
40分×3コマ/週 2,050円 24,600円
40分×4コマ/週 1,925円 30,800円
40分×5コマ/週 1,800円 36,000円

この表は、季節講習がない月の授業料を表しています。

上記の料金に加えて、入会金、季節講習料、諸経費がかかります。

面談時に、1年間にかかる費用を全て記載した料金表が配布され、そこに記載されていない追加費用はかかりません。

週に受けるコマ数が増えれば増えるほど、1コマあたりの料金は下がっていきます。

中学受験コース 1コマあたり(税込) 月額(税込)
小4 3,650円 43,800円
小5 3,983円 47,800円
小6 4,400円 52,800円

中学受験コースは1コマが120分になります。

入会金、季節講習料、諸経費は別途かかります。

中学生の授業料

中学生のコース 授業時間とコマ数 月額(税込)
中1 120分×2コマ/週 34,800円
中2 100分×3コマ/週 39,800円
中3 120分×3コマ/週 45,800円

1年生と3年生は1コマあたりの授業時間が120分、2年生は1コマあたりの授業時間が100分になります。

みんなの塾は、全員プロ講師で全科目を指導してくれますが、全て定額です。

また、時間割や曜日などは自由に決められ、オンラインへの変更も可能です。

高校生の授業料

高校生のコース 授業時間とコマ数 月額(税込)
高1 120分×3コマ/週 47,800円
高2 120分×3コマ/週 49,800円
高3 120分×3コマ/週 58,200円

高校生は1コマあたりの授業時間が120分になります。

面談時に、1年間にかかる費用を全て記載した料金表が配布され、そこに記載されていない追加費用はかかりません。

みんなの塾は、全員プロ講師で全科目を指導してくれますが、全て定額です。

時間割や曜日などは自由に決められ、オンラインへの変更も可能です。

浪人生の授業料

高卒生 浪人生予備校コース 月額(税込)
600分/週 69,800円

浪人生のコースでは120分×週5回、150分×週4回、200分×週3回というように、合計600分であれば授業時間と頻度を自由に決められます。

上記の料金に加えて、入会金、季節講習料、諸経費がかかります。

✔小学生コースは月額92,00円、中学受験コースは月額43,800円、中学生コースは月額34,800円から案内されている。

✔高校生コースは月額47,800円、高卒生浪人生予備校コースは月額69,800円から案内されている。

✔授業の曜日・時間を自由に決めることができる。

みんなの塾の評判・口コミ

_画像

授業についての口コミ

個別なので、カリキュラムは親の意向を反映してくれて、対応してくれるので、途中で変更したり、出来る所が良かったです。

教材は一般購入出来ない塾専用のテキストと市販のテキストを併用です。

夏期講習や冬季講習の時期でも、平日のみ午後からしか、開催していないのが不便でした。

カリキュラムや教材は親の要望や子供の学習状況に応じて柔軟に対応してくれるようです。

ただし、休日や長期期間中の午前には開いていないので時間を有効活用しづらいかもしれません。

姉弟で通いましたがその子の性格にあった指導方法を生徒保護者の要望を取り入れて時間の無い中で集中して取り組んでいただきました。

生徒それぞれの性格に合った指導方法を行ってくれるようですね。

料金についての口コミ

自習室として利用したりできず、土日も塾がないので 料金自体は他塾とは変わりない。

料金は塾に通っている時間を考慮すると平均的なようですね。

個別授業といってもマンツーマンや2対1とかではない 本人が努力して結果がついてくれば妥当な金額

適切な金額だと思われます。

合格体験記

受講前の状況

勉強に必死で取り組んでいるが、非効率なところもあり結果が出づらい状況

失敗できないというプレッシャーから、受験に対する不安を数多く口にしていた

初めて取り組む共通テストへの対策方法が分からず、手付かず状態

受講後改善されたところ

プレッシャーに打ち勝ち、自信を持てるようになる

解き方や、読み方、時間の使い方など、自分の不安なところを言語化出来るようになった

受験前は我武者羅に勉強していて、なかなか成果が伴わず、不安な気持ちでいっぱいだったようです。

しかし、みんなの塾に入り、プレッシャーに負けないメンタリティーが手に入りました。

さらに、実際のテストで合格に近づくために、受験の戦略、解き方、時間の使い方などを学んだようです。

10月入塾時

内申点32/45

苦手科目の英語・国語に対して大きな苦手意識

(中略)

教育のポイント

1・2年の復習を通常のテキストで2カ月で終わらせた。

苦手科目の英語・国語は、全国入試問題を47都道府県すべてやり十分な演習量を確保してもらった。

特色検査の対策は、思考プロセスを丁寧に説明できる状態を目指すことで得意になった。

合格のポイント

・平日6時間・休日12時間以上の学習

・難易度の高い思考力系の問題は、反転授業の形でアウトプット。

講師側のアドバイスも取り入れさらに磨いた。

受験前は英語と国語に苦手意識を持っていたようです。

しかし、みんなの塾に入り復習を短期間で行い、英語と国語で十分な演習量を確保したようです。

さらに思考のプロセスを説明できるようにしたり、反転授業でアウトプットを重ねたりすることで実践力を磨けたようです。

✔授業についての口コミでは、生徒の状況に応じてカリキュラムを作成してくれるという声がありました。

✔料金についての口コミでは、他塾と大きく変わらないという声がありました。

✔合格体験記では、入塾前の課題が、みんなの塾で解決されたという声が多かったです。

みんなの塾を他の塾と比較すると

_画像

塾名 みんなの塾 東京個別指導学院
対象年齢 小学生・中学生・高校生・浪人生 小学生・中学生・高校生
指導方法 個別指導 個別指導
料金(最安値) 9,200円(税込) 一人ひとりの学習プランにより変動
特徴 生徒自身が自ら勉強できるようになる教育・個別カリキュラムによる最適な指導 選び抜かれた「講師力」で生徒を徹底サポート・生徒を想いとことん寄り添う

東京個別指導学院

_画像

東京個別指導学院の強み

  • 一人ひとりの目標達成をサポートする伸ばすメソッド
  • 学習計画から進捗管理まで生徒に最適な提案ができる導くシステム
  • 通い方、学び方において無駄をなくし、柔軟に対応できるサポート体制

東京個別指導学院の強みは大きく分けて3つあります。

1つ目に生徒の成績を伸ばすためのメソッド持っている点が挙げられます。

目的別対策プランを用意してくれます。

2つ目に生徒を導く学習システムを持っている点が挙げられます。

担当講師を選べたり、丁寧な進捗管理・学習相談を行っていたり、無料でテスト対策補講を行ってくれたりします。

3つ目に自由度の高い通塾システムと学習環境が挙げられます。

忙しくても通える時間割、無料振替制度やオンライン学習があり便利です。

東京個別指導学院の料金

東京個別指導学院では学習相談を通して、お子様の学力を把握します。

さらに、生徒の目標を聞き、それを元にして学習プランの提案をします。

そして、受講科目・通塾期間・回数を相談の上、授業料を提案します。

そのため気になった方は公式HPよりお問い合わせください。

また入塾時に払うのは、授業料と設備費のみになります。

他塾のように入会費、維持費などの追加費用は発生しません

入塾後は授業料・教材費・設備費をお支払いいただきます

費用 月額
設備費(税込) 2,200円~

※設備費は地域によって異なります。

✔東京個別指導学院は小学生・中学生・高校生を対象にした個別指導塾である。

✔東京個別指導学院には伸ばす指導メソッドと導く学習システムと支えるサポート体制がある。

✔東京個別指導学院の授業料は定まっておらず、教材費と設備費が別途必要になる。

↓↓資料請求・詳しい料金はこちら↓↓
↓↓お電話でのお問い合わせはこちらから【無料】↓↓

まとめ

_画像

みんなの塾は、神奈川県藤沢市、横浜市、平塚市に4校展開されている個別指導塾で、生徒自身が自ら勉強できるようになる教育及び個別カリキュラムによる最適な指導を提供しています。

人間力を育てる指導をモットーに、計画性、自制心、やり抜く力といった非認知能力も同時に伸ばしています。

自ら勉強する姿勢を重視しており、勉強を通して、やればできるという自信と、自分で自分を成長させる力を身に付けてもらいます。

また、分散学習・アウトプット学習、インターリーブ勉強法など質の高い指導ノウハウを持っています。

料金は授業料に加えて入会金、季節講習料、諸経費がかかります。

授業に関する口コミには、生徒の性格や親の要望を考慮して柔軟に対応してくれるという意見がありました。

料金に関する口コミでは、平均的という意見が多かったです。

ぜひ参考にしていただければと思います。

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「みんなの塾」に関してよくある質問を集めました。

みんなの塾の評判は?

授業に関しては、カリキュラムや教材を親の要望や子供の学習状況に応じて柔軟に対応してくれるなどの肯定的な評価が見受けられます。料金に関しては平均的、他塾と変わらないという意見が多いです。気になる方は記事内をご参照ください。

みんなの塾の料金は?

小学生コースは、週1コマで月額9,200円(税込)~の案内になります。中学受験コースは月額43,800円(税込)~の案内になります。中学生コースは月額34,800円(税込)~の案内になります。高校生コースは月額47,800円(税込)~の案内になります。浪人生は月額69,800円(税込)での案内になります。気になる方は記事内をご参照ください。

この記事を企画・執筆した人
-StudySearch編集部-
この記事は、StudySearchを運営している株式会社デジタルトレンズのStudySearch編集部が企画・執筆した記事です。
StudySearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
StudySearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→