ホーム >> 学習関連コラム >> 特集 >> 【英語教室】Leptonの特徴や料金、コースや評判・口コミをご紹介
更新日 2021.12.23

【英語教室】Leptonの特徴や料金、コースや評判・口コミをご紹介

近年、世界のグローバル化の影響で、英会話や英語塾の需要が高まっています。

Leptonは全国に展開する個別指導型の子ども英語塾です。

今回はLeptonについて特徴からコース・評判・口コミ・授業料まで徹底的に解説していきます。

Leptonとは?

画像

Leptonの基本情報
対象 幼稚園児~社会人
エリア 全国に1250教室
授業形態 個別・自立学習

Leptonでは幼児教育からTOEICハイスコアを視野に入れた学習まで、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく習得します。

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく習得する学習法

Leptonの学習法は以下のように進められます。

オンデマンド・サテネット講座
  • 1.「聞く」ネイティブの音声を聞き、書き取る練習
  • 2.「話す」ネイティブの音声を聞き、声に出して何度も繰り返す練習
  • 3.「読む」文を読み、内容に関する英語の質問に英語で答える練習
  • 4.「書く」テキストの単語や文の書き写し、語句を並び替えて文を作成

英語は水泳やピアノと同じ技能教育です。

何度も繰り返し基本を体で覚えることで一生使える技能になります。

自分のペースで取り組める個別・自立学習

英語を習得するには実際にできるようになるまで反復練習することが一番重要です。

そのため、Leptonではお手本をまねながら口に出す、書くなど個別・自立での学習を取り入れています。

自立学習で進めるテキストは、10分程度の短い時間単位で学習内容が変化し、1つの単位を終えるたびにチューターが一人ひとりの理解度をチェックします。

世界標準テストJETによる達成度評価

お子様が着実に能力を高めていくには成果を計る「ものさし」となるテストが必要不可欠です。

JETは海外でも実施されている全国オープンの検定試験です。

またTOEIC開発者がつくった検定試験なのでTOEICにスムーズにつながります。

✓4技能の総合的学習はTOEIC対策にも有効

✓達成目標を確認しながらの学習で自立学習力アップ

✓実用的なコミュニケーション英語力試験JET

Leptonのコース・料金について

画像

習熟度別コースについて

コース 対象 内容
STARTER 入門 英語を初めて学習するお子様 文字・単語の読み書きを フォニックスで習得
BASIC 初級 英語学習歴1年~1年半程度 JET9~10級に合格 簡単な会話や読み物を使った 4技能の習得
INTERMEDIATE 中級 英語学習歴1年半~2年半程度 JET5~8級に合格 中学レベルの会話文や読み物を使い4技能の学習+JETの演習問題
ADVANCED 上級 英語学習歴3年程度 JET1~4級に合格 物語文を使った4技能の学習+ 文法学習+検定試験の演習問題
Lepton Remoto Class 教室と同じ内容のレッスンをリアルタイムにオンラインで受講
Lepton Reading FARM 幼児~社会人 多読・多聴で英語に触れる 時間を増やす

STARTER(入門)

単語の読み書きがいちばん大切な時期です。

フォニックスを意識した単語学習をします。

単語のつづりを見て自分で読む(発音する)際の手助けとなります。

またテキストは歌やぬり絵などを通じて英語が学べる工夫がされたものです。

BASIC

あいさつや自己紹介をはじめとした基礎会話表現を身に着けます。

このクラスでは文法の説明は行わずに、会話表現として自然と習得できるようなテキストを使用。

また読み物を通じて「聞く」「話す」「読む」「書く」技能の総合学習をおこないます。

INTERMEDIATE

初級に比べ1文あたりの単語数が増え、長くより複雑な文で4技能の総合学習を行います。

TOEIC、JET、英検などでおなじみの形式のクイズ問題や長文の内容に関するクイズ問題にもチャレンジしていきます。

ADVANCED

TOEICハイスコアを視野に入れ、100語~400語程度の長文読解を含む4技能の総合学習を行います。

中学レベルの文法はもちろん、高校レベルの文法も学習。

また検定試験でおなじみの形式のクイズ問題に毎回チャレンジします。

Lepton Remoto Class

講師と生徒のテキストがリアルタイムで同期できるため、複数の生徒が異なる教材で学習していても、講師は個々の進度と理解度のチェックがスムーズに行えます。

また教材ごとの確認テストもオンラインで実施し採点は自動で行われます。

LeptonReading FARM

アメリカでNo1ブランドの教科書の教材を使用。

ネイティブの音声を提供しているため、その発音を聞きながらリーディングとリスニングを同時に学習できます。

文学・歴史など、さまざまなジャンルの本を取り揃えています。

料金・費用について

Leptonの料金・費用は以下の通りです。

料金
授業料(週2回) 9,790円(税込)
入会金・教材費 別途

教材費、入会金別途が別途かかります。

※教室によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

✓日常会話に必要な7000以上の語いを習得

✓どのレベルからでも始められる

✓通塾が難しい方はオンラインで受講可能

Leptonの評判・口コミは?

画像

講師についての評判・口コミ

授業を直接見たことはないが、子供が先生ともなじんでおり英語の勉強に対する苦手意識もなく、楽しみに通っているので安心しています。

英語の内容はともかく、子供のいさかいを放置する姿勢がどうかと思いました。

その方だけの性質かもしれませんが。

楽しんで英語を学べているとこれからの成績アップが期待できます。

またLeptonの授業は講師が一人で数人のお子さまを同時に担当します。

子どものいさかいを放置していた、とのことですが、個別指導中で気が付かないという可能性もあります。

カリキュラムについての評判・口コミ

本人のレベルに合わせて教科書が渡されており無理がない。

ヒアリング教材もあり、子供も楽しんで勉強している

試験勉強も進んでしている。

特筆する内容もなく、某社の通信教材とあまり代わり映えはしません

楽しんでいる方もいれば、あまり他と変わりがない、という方もいます。

お子さまが楽しんで通える塾を他の英語塾と比較してお選びください。

4技能を鍛えるおすすめの英語塾は?

トリプレット・イングリッシュ・スクール

画像

トリプレット・イングリッシュ・スクールの基本情報
対象 小5~無学年生
エリア 関東・関西地区に18教室
授業形態 個別指導

基礎から大学受験まで対応

英語の教育は積み上げ方式で、中1で学んだことをベースに中2の英語があります。

中1英語の100%習得が英語学習の第一歩です。

トリプレットイングリッシュスクールでは、中1から大学受験まで、英単語一つに至るまで覚えきり100%を積み上げていきます。

苦手分野や弱点を潰し、着実にステップアップすることができます。

教室と自宅での4技能対策

知識として執着させるに、トリプレットの授業では重要で基礎となる「読み」「書き」を中心に単語一つでも覚えるまで何度でも授業中に反復し身に着けていきます。

またトリプレットでは最新の自宅学習アプリを無償で提供しています。

自宅ではアプリで「話す」「聞く」を学習していきます。

トリプレットイングリッシュスクールでは、6~8日の無料体験レッスンも実施していますので、気になる方はチェックしてみてください。

✓中学で90~100点、高校で70~100点取れる塾

✓復習を完成させて次のステップへ

✓アプリで何時でも学習可能

まとめ

画像

今回はLeptonの特徴についてまとめました。

「読み」「書き」だけではなく「話す」「聞く」の4技能すべてを授業中に学習します。

何度も繰り返し学習するので、確実に英語が身につき、自立学習力もアップします。

Leptonが気になる方は体験レッスンを行っていますので、お問合せ、お試しください。

Leptonの公式サイトはこちら

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「Lepton」に関してよくある質問を集めました。

Leptonとは?

Leptonは「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく習得する学習法です。全国に1250教室展開しており、個別・自立での学習が特徴です。

Leptonのコース、料金は?

Leptonのコースは、入門から上級まで幅広くあり、幼児から社会人まで対象にしています。料金は月額目安として、週2回で9,790円となっています。

Leptonの評判・口コミは?

Leptonの評判・口コミは、講師、カリキュラムに関するものを紹介しています。子供が楽しんで通っている、先生と馴染んでいるといったポジティブな意見と、他の英語教材と代り映えしないといったネガティブな意見がありました。

この記事を企画・執筆した人
-StudySearch編集部-
この記事は、StudySearchを運営している株式会社デジタルトレンズのStudySearch編集部が企画・執筆した記事です。
StudySearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
StudySearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→