ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> おすすめのtoeic対策は?リスニングの対策や問題集の選び方
更新日 2019.7.9

おすすめのtoeic対策は?リスニングの対策や問題集の選び方

 

英語の資格の中でもメジャーなtoeicですが、その試験対策はどのように行こなったらよいのでしょうか。

今回は、toeicの試験対策について、分野別にご紹介します。

toeic対策ができるスクールに通う

画像

toeicには、学校のテストや英検とは大きく異なる点があります。

それはビジネスの世界で使用する英語を前提としていることです。

そのため初めて勉強する人は、学校の勉強などとは全く異なる視点や姿勢を持つ必要があります

しかし、そう言われても何が違うのかわからない場合もあるでしょう。

その状態ではしっかりと対策をすることは難しいです。

スクールに通えば、そのような違いも含めて基礎から指導してもらえます。

したがって、初心者だけでなく英語に自信がある人も受講して損はありません。

リスニングリーディングのパートに分かれていることがtoeicの大きな特徴です。

たいていの人は均等に点を取るのではなく、どちらかを苦手としています。

受験勉強でしか英語に接したことがない人は前者が苦手なことが多く、趣味として英語を聞いてきた人は後者が苦手な場合が多いです。

自分ひとりで勉強しようとすると、得意な方に重点を置いてしまうことがよくあります。

しかし、スクールであればそのような心配は不要です。

バランスよく着実に弱点を補強していけるので、点数のアップを期待できます

toeicのもう一つの特徴として、問題がパターン化されていることが挙げられます。

大きな変更が起こることも過去にはありましたが、それは数年に一度というレベルのものです。

パターンを熟知して対策をしておくだけで、ある程度の得点を狙えるようになります。

パターンだけでなく、いろいろなテクニックを知っておくことも重要です。

たとえば写真の問題であれば、写っている内容ごとに注目すべきポイントがあります。

スクールに通えば、そのようなパターンやテクニックについても詳しく把握できるでしょう

苦手分野の学習やパターンなどの把握だけであれば、独学でも行えると感じるかもしれません。

それらを独学より効率的に行えることがスクールの魅力ですし、対策をするうえで他にも多くのメリットがあります。

通う手間や費用は必要になりますが、そのようなメリットと天秤にかけて検討してみることが大切です。

多くの場合はコストパフォーマンスは悪くないと理解できるでしょう。

そのためにも、まずはスクールに通うメリットを正しく知っておくことが大事です。

toeicの勉強をしていると、わからない点がたくさん出てくるのが普通です。

独学の場合は、そのたびに参考書や辞書を使って調べることになります。

それらに載っていないことも多いので、インターネットを利用することも少なくありません。

そのたびに勉強が大きく中断されることになるのです。

一方でスクールで勉強していれば、わからない点があってもすぐに講師に質問できます

もちろん講師はすぐに教えてくれるので、疑問を引きずった状態になることはありません。

スムーズに学習を続けられます。

単にtoeicで良い点を取ることが目的ではなく、実際にビジネスで英語を使えるようになりたいという人も多いです。

独学で学習しているだけでは、そのレベルに達するのは簡単なことではありません。

スクールにはビジネスに精通している講師もいます

つまり、toeicの対策だけでなく実践レベルのビジネス英語を教えてもらえるチャンスもあるのです。

外国相手のビジネスでは、その国の文化や風習も重要なポイントになります。

そのようなノウハウについても、アドバイスを受けられるでしょう。

POINT

✔ビジネスに精通している講師が多い

✔スクールに通うと効率的に勉強できる

✔スクールではtoeicのパターンやテクニックを学べる

toeic対策ができるアプリを使う

画像

その一つの手段としては、アプリを活用するというものがあります。

アプリを活用することの利点は、手軽にスマホからダウンロードをして持ち運びが便利になるということと、スマホだからこそ利用できるリスニングテストの訓練もたくさん出来ることです。

toeicは基本的にはビジネス英語が中心になりますので、単語に関してもビジネス目線の単語を重点的に学習する必要があります

その場合には、自分の目標の点数ごとに覚えることが出来るアプリなどが豊富ですので、それを活用してみましょう。

ただ単語が掲載されて意味が載っているというだけではなく、例文と合わせて音声で発音が確認することが出来るというような点もスマホだからこそできる勉強法と言えるでしょう。

覚えた単語に関しては、テスト機能を活用することで、自分の記憶が確かなものかということを確認することができるのでより実践的に学習が可能になるということが出来ます。

toeicにはリスニングテストもありますので、普段からビジネス英語に耳慣れさせておくことが必要になるでしょう。

リスニングのアプリを探す際には、聞いた内容をいつでも復習することができるような機能があるときちんと聞き取りが出来ていたかどうかということが確認できるといえます。

例えば、会話文の音声を流した後に問題を英語で読み上げてくれる機能があることで、その時間を利用して自分で問題の解答を選択することが出来ます。

toeicテストは基本的には、メモを取ることが出来ませんので音声を一度聞いただけで頭の中で整理をする感覚をアプリで磨くことも出来ます。

文法は問題にも穴埋め問題で間接的に必要とされる項目になります。

文法はすべての分野に共通する能力ともいうことができ、英語の語順の観点からはリスニングにも役立てることが出来ます。

アプリを選ぶ際の重要なポイントとしては、穴埋め形式になっているということ解説がきちんとされているということです。

穴埋め形式になっていることで、本番の練習にもなることが挙げられるからです。

また、解説がしっかりしていることで自分が理解できなかった箇所を確実に復習することができるというような意味でも細かい部分まで拍できるしっかりした教材が重要になると言えるでしょう。

toeicは二時間の間にリスニングセッションとリーディングセッションを200問回答しなければならないテストです。

そのため、一つあたりにどのくらいの時間をかける必要があるかということを把握しておく必要があるでしょう。

例えば、分からない問題が出てきた場合にはいつまでも永久に分からない問題を考え続けるよりは他の問題に進む方が効率的です。

そのような時間配分を常に心がけるいみでも、アプリを活用した試験対策は制限時間のタイマー機能が付いているものを採用してトレーニングをすることで時間との戦いにも緊張せずに本番の試験に無理なく挑むことが出来ると言えます。

POINT

✔ビジネス目線の英単語を覚える必要がある

✔リスニング機能やタイマー機能が充実したアプリを選ぶとよい

✔文法事項は穴埋め形式や解説の充実したものを選ぶとよい

おすすめのリスニング勉強法

画像

toeicの一般的な試験はリスニングとリーディングで構成されています。

英語の試験といえば文法や単語の知識をもとにじっくり読めば乗り切れそうなイメージがありますが、実はスコアの半分はリスニング

正しく聞き取る能力短い時間で情報処理をするための能力や慣れが要求されます。

じゃあリスニング対策はとにかく英語の音声に長い時間ふれていれば良いのかと言うと、それだけではダメ。

集中した状態でたくさん問題を解けばいいのかと言うと、それだけでもダメなんです。

たとえ使い慣れた日本語でも、使っている言葉が難しすぎたり、自分の知らない表現が使われていたりすると、内容が理解しづらくなりますよね。

英語でも同じで、いくら単語が聞き取れても、その文の意味が理解できていないと問題に答えられません。

リスニング問題では会話文アナウンス文がよく出題されますから、頻出の表現はしっかりおさえておきましょう

特にtoeicのリスニングには、よくある型にはまった男女の会話だけでなく、3人での会話を聞き取る問題もあります。

あらゆる表現をチェックしておきましょう。

基礎がある程度できたら問題を解いていきます。

その時、間違えた問題の放送文を読むと、文字でなら簡単に理解できるということがよくあります。

英文自体はリスニングの方がずっと簡単ですから、耳を鍛えればスコアは簡単に上がるんです。

よくある間違った勉強法は、「何度も同じ問題を解く」というもの。

でもそれだと耳しか使っていません。

問題文を自分で音読しましょう。

何度も何度も、音声と同じスピードで、同じ流暢さになるまで練習します。

日常と同じで、自分が話す内容なら聞き取るのも簡単なはずです。

最後に、問題文を流して聴きながら、すぐに追いかけて同じ事を話します。

一語一語が正確に聞き取れていないと真似もできませんから、それが成功したらあなたは英文全てを聞き取れた事になります。

周りに人がいてできない場合は、声を出さなくても良いですので、声に出して話すつもりで口だけ動かしてみましょう。

それだけでも、聞き流すよりずっと効果があります。

どんな試験も過去問や模試を必ず受けますよね。

実際に解いてみないと分からないことが沢山あります。

その分、どれだけその試験に慣れているかというのは成功を大きく左右します。

toeicの特徴としてあげられることの1つに、試験時間の長さがあります。

リスニングの時間はなんと45分ほど。

初めて受ける人は確実に体力が奪われてしまいます。

あらかじめその長丁場を何度か経験しておき、本番で全力を出し切れるよう練習しておきましょう。

リスニングのあとはそのまますぐリーディングに入ります。

2つ合わせてのスコアですので、リスニングでどれだけ疲れずにいられたかも大事な要素です。

リスニング問題は、toeic公式問題集などにも載っていますがほとんど構成が決まっています。

どんな問題がくるのかあらかじめ分かっていれば、説明を聞かずにその時間を問題文の先読みに使えます。

次のページをめくることは許されませんが、同じページの次の問題は見えますので出来るだけあらかじめ読んでおきましょう

選択肢まで全て読む必要はありませんし、時間もないでしょうから、質問の部分だけで充分です。

どんな事を聞かれるのかだけ頭に入れて、そこだけに集中すれば焦点が絞られて聞き取りやすくなります。

POINT

✔リスニングには正しく聞き取る能力と短時間で情報を処理する能力が必要

✔リスニング問題は型を覚えることも大事

✔音読することも聞き取る能力を上げることの近道

toeic対策におすすめの教材

画像

そ教材選びでいかに自分の目的に合った教材を選ぶことが出来るかが大きなポイントです。

教材選びで失敗してしまうと、お金の無駄遣いをしてしまっただけではなく、時間の無駄遣いにもなってしまいます。

そのようなことにならないようにするためには、まずはテストでどのくらいのスコアを獲得しておきたいかということを事前に把握しておくことをお勧めします。

そうすることで、自分に最適な教材を発見することが可能になります。

toeicは990点満点の試験になっています。

皆さんには。目標のスコアをあらかじめ決めておくことをお勧めします。

例えば、会社に入社する前までに700点以上は獲得したい、英語が平均以上は出来るようになりたい、などです。

700点台をねらっている方には、700点を獲得することを目指す教材を活用することをお勧めします。

そうすることで、自分の能力に合わせた学習法を実践することが出来ると言えます。

toeicテストは毎年のように受験される試験であるということから、毎年のように公式の過去問題集が出版されています。

そのため、最近の試験の傾向を問題を解きながら知ることができます。

公式問題集の特徴としては、試験に出された問題がそのまま掲載されていますので、実際に時間を測りながら問題を解くことで、まるで試験本番の状況下にいるような感覚になることが出来ると言えるでしょう。

家などで問題を解く際にはどうしてもリラックスし過ぎているため、どうしても緊張感がつくれないといった方にはまさにおすすめの勉強法になります。

本番に強くなることができるでしょう。

問題集の中には、リーディングからリスニングに至るまでのすべての問題が掲載されている模擬試験形式の問題もあります。

このような問題は時間が多く必要なこともあり、毎日継続的に続ける場合には少し無理があると言えるでしょう。

そのような方法以外には、分野別の問題集と合わせて勉強をすることが最適です。

分野別の問題集とは、リーディングの中でも、文法に弱い方には文法に特化した問題集を使用するということです。

ここまで至るまでにはどこで自分の弱点が見られるのかということを把握しておく必要があります

そのための役割が模試を活用して間違えた部分から弱点を見つけることが可能です。

POINT

✔過去問を解くことで緊張感をもって問題に望むことができる

✔目標のスコアをあらかじめ決めておくと効率的

✔模擬形式の問題集を解くことで自分の弱点を見つける

まとめ

画像

いかがでしたでしょうか。

toeicなどの試験と聞くと一見難しそうなものにも聞こえるかもしれません。

しかし、きちんと何点獲得したいなどの目標を明確にしておくだけで、その目的を達成するためにはどのようなものが必要なのかということも分かってきます。

何よりも目標があるということは、学習のモチベーションを維持するための薬にもなります。

ご説明した内容は一部ですので、自分が実践できそうだと思いついた方法が見つかった場合には何でも挑戦してみることをお勧めします。

また、ご説明した方法を実践することで新たな発見も見つかります。