ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> 高校生におすすめの参考書/選び方/問題集/各教材の口コミをご紹介
更新日 2022.8.23

高校生におすすめの参考書/選び方/問題集/各教材の口コミをご紹介

書店に行くと、多くの出版社の様々な目的に応じた学習参考書が並んでいるのを目にします。

今回は、学習参考書に定評のある出版社や学年別におすすめの学習参考書を紹介します。

教科別の参考書の他にも高校生の参考書選びのコツや質の高い教材で指導をしてくれる学習塾もご紹介しているのでぜひ最後までお読みください。

画像

お得な3回体験コース実施中

個別指導塾ならNO.1
120万人の指導実績を誇る個別指導塾!
あなただけのトライ式学習法を提案!
★一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラム

_

高校生の参考書選びのコツ

_画像

  • 参考書は自分で選ぶ
  • 同じ教材でも最新版を購入すべき
  • 持ち運び用の教材を活用する

参考書は自分で選ぶ

参考書を選ぶときに、何も考えずに友達とお揃いものにしたり、学校の先生が進めてきたものを鵜呑みにしたりということがありがちですが、そうした方法で安易に選ぶのはやめたほうがいいでしょう。

どれも同じように見えるかもしれませんが、教材の品質によって効果はまったく違ってきます

参考書の良し悪しは保護者ではなく自分で判断することですし、自分の目で選ばないことによって勉強に対する自主性が損なわれてしまう可能性があります。

高校生の場合は、あくまでも自分で判断して教材を選ぶようにしましょう

同じ教材でも最新版を購入すべき

毎年、各教科書で学習単元に変更がかかります。

古い教材だとその単元の増減に対応できず、予習で余計な単元を勉強してしまったり復習である科目だけ記載がなかったりして困ってしまいます。

大学入試ではそれが合否の分かれ目になってしまうこともあるでしょう。

したがって、参考書は数年前の中古品などではなく最新版のものを買うようにしましょう

持ち運び用の教材を活用する

学習参考書は何も自宅や自習室だけで使うものではありません。

通学時間や待ち合わせ時間などのちょっとした時間を有効活用するだけで、学習効果はぐっと高まります。

スキマ時間の学習には、コンパクトサイズの学習参考書をおすすめします。

よくあるのが、単語帳などの暗記用参考書です。

✔友達や先生任せにしない

✔最新版を購入する

✔持ち運びできる参考書で効率アップ

参考書選びのコツや内容を解説しました。

以下からは実際に教科別目的別でおすすめの参考書をご紹介します。

各参考書の口コミなども紹介していいるため、ぜひ参考にしてください。

【教科別】高校生のおすすめの参考書

_画像

教科 参考書名
英語 英単語ターゲット1900
Next Stage英文法・語法問題
河合塾のやっておきたい英語長文シリーズ
国語 河合塾 入試現代文へのアクセス発展編
河合塾 古文上達基礎編 読解と演習45
漢文ヤマのヤマ 共通テスト対応版
数学 数学をひとつひとつわかりやすくシリーズ
数研出版 チャート式シリーズ
理科 大学受験Doシリーズ 鎌田の有機化学の講義
河合塾 物理教室
文英堂 大森徹の最強講義117講
学研プラス きめる!センター地学基礎
社会 東進 金谷の日本史 なぜと流れがわかる本
実況中継シリーズ
旺文社 センター試験 政治・経済集中講義
村瀬の地理Bをはじめからていねいに

英語のおすすめの参考書

【英単語を学びたい人向け】英単語ターゲット1900

_画像

英単語の暗記には英単語ターゲット1900がおすすめです。

大学受験までに覚えとかなければいけない英単語が全て詰まっており、大学入試データから分析された大学受験によく出る順に記載されているため、他の単語帳よりも効率よく学習することができます。

ターゲット1900の単語をすべて覚え、他の参考書で文法の要所を抑えてからは大学受験の英語で苦労することは少なくなりました。

また大学入試を分析して、その中でも頻出単語が選ばれているので、やればやるほど点数が上がりました。

やればやるほど点数が上がり、学習も効率的になったという声がたくさんあります。

【英文法を勉強したい人向け】Next Stage英文法・語法問題

画像

英文法の基礎固めには、「Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服」がおすすめです。

丁寧な講義ページと練習問題で文法の意味や使い方を理解したあと、段階的にステップアップする演習問題が用意されています。

分冊形式で問題のレベルは結構上がるが、解説が比較的詳しいので力がつく。

この一冊で基礎→応用と出来るそうで少し高価な参考書ですがとても使いやすい参考書のようです。

講義も演習も同じくらい力を入れているので、どこが苦手なのかがわかりやすい構造になっています。

【長文読解をマスタ―したい人向け】河合塾のやっておきたい英語長文シリーズ

画像

英語長文でおすすめなのは、「河合塾のやっておきたい英語長文」シリーズです

このシリーズは、教材ごとに長文の文字数が300、500、700、1000と増えていきます。

自分のレベルにあわせて長文読解できる仕組みになっているので、できるようになったらどんどんレベルアップさせていくのもいいでしょう。

長文の練習にはもってこいの問題集 ひたすら、面白みの無い長文を読まされるのではなくどれも、なかなか面白い内容になっています。

高3の受験生の息子用に購入しました。友達も多く使用している人気の問題集とのこと。

国語のおすすめ参考書

【現代文を学びたい人向け】河合塾 入試現代文へのアクセス発展編

画像

現代文のおすすめは、河合塾の「入試現代文へのアクセス 発展編」です。

1単元あたりの文章量自体はあまり多くありませんが、その分いろいろな分野に触れることができます。

長い文章をひたすら解いて慣れるというよりも、あらゆる分野の考え方に慣れて過去問などの精読に生かす方が重要という点でおすすめの参考書といえます。

基礎編に引き続き、現代文に苦手意識があったので購入。基礎は難なくできたものの、こちらはまだ早いのではと思っていたが基礎からそのまま無理なく進めることが出来た。

解答の解説が分かりやすく、独学の方でも理解しやすい参考書だと思います。

【古文を学びたい人向け】河合塾 古文上達基礎編 読解と演習45

画像

古文では、河合塾の「古文上達 基礎編 読解と演習45」がおすすめです。

古文上達シリーズはいくつかありますが、この参考書の場合は別冊の解説が最も細かい参考書といえるでしょう。

本文の横に文構造や意味を記すだけでなく、読解に必要な古文常識までカバーできます。

読解を中心として古典文法を覚えたい方にピッタリの参考書です。

漢文に関しては、はとにかく句形を覚えればセンター試験で8割を獲得できます

ですから句形を中心とした参考書を使いながら、入試の過去問題を解いていくことをおすすめします。

長文のレベルは、センターより少し易しい位です。 出典も大学入試でよく見かけるものばかりであり、有名所は一通り掲載されています。 古典では、その作品の大まかな内容を掴むことがとても重要になるので、そういった点でも本書をおすすめします。

古典文法を勉強し終え、基本単語も一通り進められたら、まず最初にやってほしい一冊。 文法のポイントごとに一題文章が用意されている。 内容もとっつきやすいものが多く、古文嫌いでもまだ取り組みやすい。

【漢文をマスターしたい人向け】漢文ヤマのヤマ 共通テスト対応版

_画像

古文の学習には漢文ヤマのヤマ 共通テスト対応版が最適です。

大学受験に出題されやすい句法や文法を厳選し、分かりやすく記載されています。

また、初級から上級レベルまで網羅されているため、これを一冊完璧にできると漢文の全体を理解することができます。

受験漢文(特に読解)において絶対必要な「正しい書き下し文・直訳文をつくる」練習ができる。自分のモノになるまで何度も繰り返すことが大切。

この本はとにかく漢文の句法を覚えるのに最適です!それぞれの句法にわかりやすい説明があり、さらに応用問題もいくつか載っていてしっかり句法を身につけることができます。

漢文の句法や内容を覚えることに最適な参考書のようです。

数学のおすすめの参考書

【数学があまり得意ではない人向け】数学をひとつひとつわかりやすくシリーズ

_画像

数学があまり得意ではなく、基礎からしっかり学習したいという人には数学をひとつひとつわかりやすくシリーズが最適です。

基礎からしっかり解説されており、なかなか文字だけでは理解しにくい内容にはイラストや図解などが使われており誰が見てもわかりやすい参考書になっています。

中学数学3年間の基礎問題が取り上げられており、文字は大きく、余白も多いので書き込みもしやすいです。

この本には中学1年生からの一つ一つの単元が全て収録されており、あまり頭がよろしくない子でもわかるように詳しく説明が書いてあってとてもわかりやすかったです。

やはり基礎からの内容がしっかりしている点、学習するのに見安い内容だということがわかります。

【数学力をより伸ばしたい人向け】数研出版 チャート式シリーズ

画像

数学は、数研出版の「チャート式」シリーズがおすすめです。

このシリーズはとにかく演習量が多く、苦手な単元がわかりやすいため人気の参考書です。

また、レベルによって複数の種類が分けられるため段階的に成長していくことができます。

下手に教わるよりも分かりやすい内容ですね。 要点を抑え簡潔に説明されてるので短時間で効率的に実力を付けられると思います。

高校生が教科書の例題程度がわかる段階ではじめると楽に東大数学が解けるレベルに到達できるとおもわれる。

理科のおすすめの参考書

【化学を学びたい人向け】大学受験Doシリーズ 鎌田の有機化学の講義

画像

化学は旺文社の「大学受験Doシリーズ 福間の無機化学の講義」がおすすめです。

丁寧な講義が特徴的であり、それゆえ過去問などの演習問題の点数に直結させることができる点が魅力です。

理系進学予定の娘から先輩に勧められたとのことでリクエスト 目下活躍中

整理がうまい。 トップ校の二次で化学を使う受験生は、一回は読んでおいたほうがいいでしょう。

【物理を学びたい人向け】河合塾 物理教室

画像

物理は河合塾の「物理教室」が、問題演習や過去問題必要なポイントを押さえているといわれています。

受験まで一年以上の猶予がある人は通読して乗っている例題をすべて完璧にすれば、この1冊で相当なレベルまで上がれると思う

本番の時に出題されるような問題形式で、難易度も総じて高く、長い問題文を読まされるので、より実践力を鍛えられます。

【生物を学びたい人向け】文英堂 大森徹の最強講義117講

画像

生物は、文英堂の「大森徹の最強講義117講」がおすすめです。

とにかく内容が細かく、要点要点を‘まとめ’と‘流れ’により把握できる。 解説の仕方も、問題文に対する解そのままの様に書かれており、分からない問題があってもほとんどの場合はこれ一冊で対応できると思う。

分かりやすく、レイアウトが良く、生物の基本的内容を網羅していて「なぜこうなるのか」を説明している本書と入試問題を解けば成績は自然と上がるはずです。

【地学を学びたい人向け】学研プラス きめる!センター地学基礎

画像

地学では学研プラスの「きめる!センター地学基礎」という演習問題集が、解説が丁寧という点で人気となっています。

約300pと一見多く思えるのだが、いざ読んでみるとカラフルで図を多用しているので1p分は然程多く感じず、見やすい作りになっていると感じた。

本書読んで問題集を解いて分からなかったところを再度本書を読んで理解するという使い方で2016年度のセンター地学基礎は満点をとりました!

社会のおすすめの参考書

【日本史をマスターしたい人向け】東進 金谷の日本史 なぜと流れがわかる本

画像

日本史は、東進の「金谷の日本史 なぜと流れがわかる本」がおすすめです。

教科書だとバラバラでわかりにくい単元どうしの繋がりが一目でわかります。

演習向きではありませんが、日本史が苦手な方向けにわかりやすい文体で書かれているのが魅力です。

教科書よりも分かりやすい! CD流しながら読んでくと更に頭にはいる。 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています。

『金谷の日本史のなぜと流れがわかる本』は大学受験用ですが,中学生でも理解できる内容です。紙面が中学生でも読みやすい構成になっています。本を読むことが苦手でなければ,中学生でもお勧めです。

【世界史をマスターしたい人向け】実況中継シリーズ

画像

世界史は、「実況中継シリーズ」がおすすめです。

何冊かにわけて、細かい講義内容となっているので、学校の授業中に使うとかなり効率よく理解することができるでしょう。

改訂されてて見やすくなってました。以前のは細かく書きすぎてあって、正直分かりずらかったんですが、今回のは整理されていてスッキリしてました。

個人的にナポレオン3世は多分もう忘れない自信があります(読んだ人にしかわからない話題)

【政治・経済を学びたい人向け】旺文社 センター試験 政治・経済集中講義

画像

政治経済は旺文社の「センター試験 政治・経済集中講義」が丁寧な解説で人気となっています。

政治経済の暗記量は少ないと言われているので、より深い内容理解ができるこの参考書をおすすめします。

全体を抑えるのに良かったです。

わかりやすくまとまっています! 基礎問題もあり、演習にも使えます!

【地理を学びたい人向け】東進 村瀬の地理Bをはじめからていねいに

画像

地理は学校でも扱われにくい科目なので、独学で勉強する必要があります。

そんなときは東進の「村瀬の地理Bをはじめからていねいに」を使用すると、東進ハイスクールのプロ講師によるわかりやすい講義を受けたような理解が得られます。

地理初心者には大変わかりやすい参考書。新たに地理を選択する者はこれを3、4回熟読して、センター過去問たくさんやっとけば8割は間違いなく取れる。

あまりにわかりやすく、地理の勉強が楽しくなり過ぎてしまいました。ほかの勉強に手がつかなくなるので、受験生はお気をつけて。

✔はじめは講義形式の参考書がおすすめ

✔段階的なレベルアップができるシリーズが好評

✔口コミも参考に選ぼう

大学受験は参考書だけで乗り越えられるのか

_画像

これまで、教科別に参考書を紹介しましたが、結局参考書を用いた独学だけで大学受験を乗り越えることが出来るのでしょうか?

確かに学校の教科書以上の内容は学習できますが、志望校に合格できるレベルの対策はなかなか難しいです。

そんな時はより確実に対策が出来る学習塾に通って大学受験対策をしましょう。

以下からは大学受験におすすめの学習塾をご紹介しています。

参考書での独学以上に学習できる学習塾

【質の高いオリジナル教材】個別教室のトライ

画像

基本情報

個別教室のトライの基本情報
対象 小学生・中学生・高校生
授業形式 1対1の個別指導
校舎 全国607教室
特徴 厳選されたプロ講師陣による全国No.1の個別指導塾

使用している教材の魅力

個別教室のトライは、厳選されたプロ講師陣による全国No.1の個別指導塾です。

オーダーメイドカリキュラムでの完全マンツーマン指導が特徴的で、幅広いコースが多数あります。

その中で生徒が利用する学習教材は、120万人を指導してきた中で独自に生まれた教材となっており、非常に質が高いです。

また目的別の教材がしっかり準備されているので、最適な教材で学習することができます。

トライの大学受験対策

トライの大学入試対策コース

✓オーダーメイドカリキュラム

✓難関大合格実績完全マンツーマン

✓コンシェルジュ

✓志望校別の予想問題演習&丁寧な添削指導

上記の通り、各生徒に合ったオーダーメイドカリキュラムでの指導や志望校別の問題演習・添削込みの指導など受験対策に特化したコースが用意されています。

質の良い教材と確実な受験対策コースを駆使して大学受験に挑みましょう。

↓↓【個別教室のトラの詳細はこちら!!】↓↓

メガスタ高校生

_画像

メガスタ高校生の基本情報
対象 高校生・浪人生
対象地域 全国
指導法 オンライン個別指導
特徴 オンライン指導で全国最大級の合格実績

メガスタ高校生を浪人生におすすめする理由

メガスタ高校生はオンライン指導で全国最大級の合格実績を出すオンライン家庭教師サービスです。

マンツーマン指導のため、苦手や弱点、学習状況に合わせた指導ができ浪人生でも効率的に学習することができます。

メガスタ高校生の強み

メガスタ高校生の合格実績は94%以上が偏差値40・50台からの逆転合格です。

メガスタでは苦手科目や志望大学に特化した指導を行うことで、偏差値55未満の生徒でも早慶上智、GMARCHなど難関上位校に多く合格しています。

実際に合格実績ではE判定から明治大学や上智大学に合格した人が多く見られました。

今の偏差値よりもかなり上のレベルの志望校を目指したい人や、塾や予備校では成果が出なかった人にもおすすめです。

↓↓資料請求・詳しい料金はこちら↓↓

まとめ

_画像

高校生は定期テストだけでなく、大学受験を意識しながら勉強することが多いので、参考書は自分で選び様々なシチュエーションで勉強できるように心がけましょう。

参考書は学年別や科目別にたくさんの種類があるので、自分の学習目的に合ったものを選ぶのが最適です。

また、個別教室のトライは独自に質の高い教材を提供しているので、お問い合わせや資料請求も検討してみてください。

画像

お得な3回体験コース実施中

個別指導塾ならNO.1
120万人の指導実績を誇る個別指導塾!
あなただけのトライ式学習法を提案!
★一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラム

_

偏差値40から早慶上智MARCHへ逆転合格【メガスタ高校生】

✔家庭教師人数:約15,000名以上
✔実績:大学受験では首都圏最大級の合格実績
✔特徴:偏差値40台からの逆転合格が得意

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「高校生 参考書」に関してよくある質問を集めました。

高校生の参考書選びのコツは?

高校生の参考書選びのコツは自分で実際に手に取って選ぶこと・最新版の参考書を選ぶなどです。他にも詳しい選び方のコツを記載しておりますので詳しくはこちらを参考にしてください。

科目別のおすすめ参考書は?

記事内では教科別の参考書をご紹介しています。例えば国語では現代文・古文・漢文など目的別で内容や口コミを紹介しています。5教科すべてのおすすめの参考書を確認したい人はこちらを参考にしてください。

この記事を企画・執筆した人
-StudySearch編集部-
この記事は、StudySearchを運営している株式会社デジタルトレンズのStudySearch編集部が企画・執筆した記事です。
StudySearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
StudySearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→