ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> 大学受験のための参考書や勉強法を紹介!
更新日 2020.7.20

大学受験のための参考書や勉強法を紹介!

コロナウィルスの影響で例年と大きく異なる始まりを迎えた新学年ですが、受験生の中には、学習の進め方や受験準備に不安を抱えている人も多いのではないでしょうか?

大学受験で合格を勝ち取るためには、しっかりとした受験対策が必要なのは言うまでもありません。

ここでは、大学受験を目指す人たちに「正しい参考書の選び方」「参考書の使い方」をご説明します。

効率的に学習を進めるためにおススメのオンライン予備校や個別指導塾の紹介もしていきます。

自分に合った学習方法で第一志望合格を目指しましょう!

参考書選びのポイント

画像

独学で勉強する上で悩むのが参考書の選び方ではないでしょうか。

ここではまず「自分に合った参考書」を正しく選ぶためのポイントをお伝えします。

「参考書を買う目的」を明確にすること

まずは「何を勉強するために参考書が必要なのか」を必ず明確にしましょう。

基礎力を強化したい場合と、多様な応用問題を解きたい場合では選ぶ参考書は異なります。

この目的が曖昧な状態で書店にいくと「あれもこれも良さそう」という気持ちになり、やみくもに参考書を何冊も買ってしまう羽目になります。

直接、自分の目で見て内容・量・難易度を確認すること

どれだけ人気の高い参考書であったとしても「合う・合わない」は必ずあります。

ネット上の口コミ情報を信じて買うのではなく、直接書店で参考書を手に取ってみてください。

その際、注意して欲しいのは「内容・ボリューム・レベル」が自分に合っているかどうかの確認です。

苦手な単元の解説が分かりやすいか

自分の苦手な単元を確認し、解説がどのようにされているのかを見てみましょう。

何冊か参考書を比べてみて、見た目や解説が分かりやすいものを選ぶようにしましょう。

✔どんな勉強をするために参考書が必要なのか「目的」をはっきりとさせること

✔口コミや周りの評価も大事だが、自分で手に取って内容を見ることが一番大切

✔苦手な分野の解説が分かりやすいか、内容がちょうど良いボリュームであるか

各教科ごとのおすすめ参考書

画像

ここでは国語・英語・数学のおすすめの参考書を教科別に紹介します。

特徴や口コミも載せますので、参考書選びの際に役立ててくださいね。

国語のおすすめの参考書

①読解を深める現代文単語〈評論・小説〉

読解力を高める単語をきちんと理解することで、難解な文章も「なんとなく解く」から「確実に解く」に変えることができるようになります。

読解を深める現代文単語<評論・小説>の基本二乗法

出版社 価格 レベル 公式サイト
桐原書店 850円 標準レベル~

読解を深める現代文単語〈評論・小説〉の特徴

評論文、小説に出てくる普段使わない語句の意味を詳しく理解することができます。

基礎的な語句から、外来語、テーマ別語句まで多角的に重要語を学ぶことで背景知識が増えていきます。

読解を深める現代文単語〈評論・小説〉の口コミ

「解説がとても分かりやすい」「語彙力が伸びるのを実感できる」

他の参考書と比べても内容の充実度に満足している口コミが目立ちました。

評論文や小説文からの引用や図を用いた解説が分かりやすく、少しずつ語彙が増えていくのを実感できる参考書です。

②ステップアップノート30古典文法 基礎ドリル

基礎力を付けた後、問題演習をしながら古典文法を覚えたい人にピッタリの教材です。

短期集中で行うことができるのもポイントです。

ステップアップノート30古典文法基礎ドリルの基本状況

出版社 価格 レベル 公式サイト
河合出版 770円 基礎~標準

ステップアップノート30 古典文法基礎ドリルの特徴

対応レベルは「基礎~標準」ですが、学習前に基本の文法知識、古文単語が身に付いた上でこのドリルを使うと非常に効率の良い学習ができます。

要点の解説があった上で問題演習をたくさん行う参考書です。

知識を定着させるためにも繰り返し演習を行いましょう。

ステップアップノート30 古典文法基礎ドリルの口コミ

「問題数が多く、要点が詰まっている」「塾の講師から勧められた教材」

 

要点のまとめ方、問題数の量に満足をしている人が数多くいることが分かりました。

学校や塾、家庭教師からの勧めで使っている学習者も数多くおり、指導者の立場からみても良書ということが分かります。

英語のおすすめの参考書

学習者のレベルによって使うべき参考書が変わる英語ですが、基本単語・文法力をきちんと押さえた上で発展的な問題集に進めていきましょう。

①速読英単語(入門編・必修編・上級編)

英文を読みながら語彙力を増やすことができる、英語学習の定番ともいわれる参考書です。

3つのレベル別に分かれているので、自分のレベルに合わせた学習をすることができます。

速読英単語の基本情報

出版社 価格 レベル 公式サイト
Z会

990円(入門編)

1,100円(必修編)

1,320円(上級編)

初級~上級

速読英単語の特徴

200語程度の長文の中で必須単語がちりばめられているので、文章を読む練習をしながら単語量を増やすことができます。

英文は入試問題からの抜粋なので、長文読解の練習も併せてできます。

速読英単語の口コミ

「丸暗記ではなく読解力が付く」「赤シートで単語を覚えられるのが便利」

単語の暗記で苦戦することの多い受験生にとって、長文を読みながら単語を覚えていくことができる「速単」は根強い評価があることが分かります。

②Next Stage 英文法・語法問題 4Th Edition

英文法の知識を確実にしたい、文法問題でしっかりと得点を取りたい人におすすめなのがこの参考書です。

難関大の文法問題もカバーするレベルなので基礎力が身に付いた状態で使うと良いでしょう。

Next Stageの基本情報

出版社 価格 レベル 公式サイト
桐原書店 1,330円 中級~上級

NEXT STAGEの特徴

入試英語で頻出事項である文法・語法・イディオム・会話表現・発音などを効率的に学ぶことのできる一冊です。

左側が問題、右側が解答・解説と非常に使いやすい構成になっています。

NEXT STAGEの口コミ

「受験生に必須の参考書」「問題と解説の配置が使いやすい」

数多くの問題をこなさなければならない受験生にとって、見開きで問題を解き、解答・解説までを完結させられるのは非常に効率が良いと言えるでしょう。

数学のおすすめの参考書

①チャート式 解法と演習数学I+A

数々の参考書を手掛けているチャート式の「黄チャート」は、教科書レベルに即した問題から入試対策まで、解法の定着に最適な参考書です。

チャート式 解法と演習数学I+Aの基本情報

出版社 価格 レベル 公式サイト
数研出版 1,660円 教科書レベル~

チャート式 解法と演習数学I+Aの特徴

基本例題をレベル別に3つのコースに分けてあるため、自分のレベルに合った問題演習ができます。

教科書の例題レベルからセンターレベルの問題まで対応しています。

チャート式 解法と演習数学I+Aの口コミ

「問題数がたくさんある」「青チャートのようなひねった問題が少なく、やりやすい」

高校数学の基本がしっかりと身に付いた上で、発展的な問題もこなしていけるため次のレベルへの足掛かりともなる参考書です。

②頻出レベル 文系・理系 数学I・A、Ⅱ・B

参考書の見出しに「解説がスバラシク親切な」と書いてある通り、数学が苦手な受験生にも理解しやすいのがこの参考書です。

頻出レベル 文系・理系 数学I・A、Ⅱ・Bの基本情報

出版社 価格 レベル 公式サイト
マセマ出版 1,100円 標準~

・頻出レベル 文系・理系 数学I・A、Ⅱ・Bの特徴

他の参考書のように「数Ⅰ」「数A」単体の問題ではなく「数ⅠAⅡB」が融合した問題が16のテーマに分かれて出題されています。

教科書レベルが一通り終わってから取り掛かると力が付きやすいです。

頻出レベル 文系・理系 数学I・A、Ⅱ・Bの口コミ

「解説が詳しい」「隠れた名著」

途中の計算式が省略されていないことや、解説の詳しさによって「分かりやすい」と実感する受験生が多いことが分かります。

参考書の効果的な使い方

画像

ここでは、参考書を使った効果的な学習方法を簡単に説明します。

1冊の参考書をやりこむこと

今やっている参考書が終わらないうちに他の参考書を買ったり、友達が使っている参考書に目移りしたり。

そういった状況では実力はつきません。

まずは学校や塾で使用している参考書を徹底的にやりこむことです。

「この参考書を〇周した」と回数にこだわるのではなく「内容を完全に理解できたか」ということにこだわるようにしましょう。

参考書は自分仕様にしていく

重要語句や弱点にマーカーや下線を入れる受験生は多いと思いますが、新たに得た知識や教えられたことも参考書に書き込んでいきましょう。

また、解いたページや間違えた箇所には日付やチェックを付けておくと良いでしょう。

復習ポイントが一見して分かり、効率的な学習が進められます。

✔やみくもに参考書を買わずに、1冊にじっくりと取り組むこと

✔何回問題を解いたかではなく「理解ができているか」に重きをおいた学習を

✔参考書にはドンドン書き込んでカスタマイズしていく

参考書を活用して難関大学は合格できるか

画像

「参考書を上手に使いこなせば大学合格はできるか?」という疑問は誰しも一度は抱くものかもしれません。

答えは「合格は可能ではあるけれど非常に難しい」です。

大学受験には戦略的な学習が必要

難関大学を目指す場合、大学受験までの学習計画を具体的に立てる必要があります。

志望校の受験日・教科に合わせ、長期的・短期的な学習計画を立て、時には計画の見直しも必要になります。

独学の場合は、こうした計画の設定や練り直しを含めた全てのことを一人でしなくてはならないため、効率が悪くなってしまう場合があるのです。

モチベーション維持や情報収集の不安からのデメリットも

計画通りに参考書を進めていても「これでいいんだろうか?」と不安にかられることが出てきます。

塾や予備校に通っている場合、相談できる講師がいたり、共に頑張る仲間がやる気の原動力になりますが、独学では相談相手も限られてしまいます。

また、受験情報をインターネット上から収集することが主になり、ネット上の情報に惑わされることも多々あります。

基本的には「独学」でも、苦手教科のみを予備校や家庭教師で勉強するというのが効率的な学習法になります。

受験に必要な情報は塾や講師から手に入れることができる上に、モチベーション維持や計画的な学習も可能になるからです。

✔独学での難関大合格は不可能ではないが非効率。受験生にとっての負担が大きい!

✔独学ではスランプからの克服が難しい上にネットの情報に惑わされがち

✔「基本は独学」で進めつつ、苦手教科のみを塾や個別指導で学ぶのが効率的

おすすめのオンライン予備校・個別指導塾は?

ここでは大学受験生におすすめのオンライン予備校と個別指導塾を紹介します。

Fitオンラインゼミ

画像

パソコンやタブレットがあれば塾に通っているような感覚で授業を受けることができるのが「Fitオンラインゼミ」です。

自宅にいながらリアルタイム授業に参加したり、講師との個別指導(1:2)の授業を受けられるので効率良く学力を上げることができます。

Fitオンラインゼミの基本情報

Fitオンラインゼミの基本情報

授業は「個別WEB指導」と「集団WEB授業」の二本立てです。

1人ずつに「担任」が付き、効率的な学習計画を立ててくれます。

集団WEB授業(1回45分) 必要な教科を選択(国語・数学・英語から)
個別WEB指導(毎週1回50分) 1(講師):2(生徒)の個別指導
学習相談(月1回20分)  
オンライン自習室 自宅にいながら自習室で学習している感覚に
※個別指導の週回数によって月謝が変わります。  

Fitオンラインゼミの特徴

①ムダの無い計画に基づいた『個別WEB指導』

個別WEB指導では「1(講師):2(生徒)」での授業を受けることができます。

個別指導の講師は担任の先生。

学習状況を正確に把握している担任が授業を持ち、スケジュールを考えてくれるのでムダがありません。

②リアルタイムで緊張感をもって学べる『集団WEB授業』

集団WEB授業では、リアルタイムの授業に参加するができます。

問題を解いたり、時には講師から当てられることもあるので真剣に参加しなくてはなりません。

理解度や授業進度を元に担任と決めることができるので常に自分のレベルに合った授業を受けることができます。

 

↓↓無料体験・授業料のお問い合わせ↓↓

 

個別教室のトライ

画像

「家庭教師のトライ」で培ったメソッドを活かした「トライ式学習法」で優秀な講師からマンツーマンで学ぶことができるのが個別教室のトライです。

個別教室のトライの基本情報

専任講師による完全個別指導 マンツーマン指導, 5教科、小論文等全ての学習に対応
Try IT(1コマ15分の映像授業) 4,000本以上の動画をスマホ等で視聴可能
トライ式オーダーメイド授業 難関大・医学部等目標に合わせたオリジナルプログラム
自習室完備 授業の無い日でも自習室で学習可能

個別教室のトライの特徴

①完全マンツーマンなので学習効率が高い

トライの個別指導は「1:1」です。

専任講師が責任を持って指導してくれるので講師によるばらつきの心配がありません。

難関大学対策や小論文対策など、自分の希望する教科・学習を進めることができます。

②100万人以上の指導実績に基づく「トライ式学習法」がスゴイ!

教育プランナ―(教室長)が学習者の性格や学習課題課題に合わせたオリジナル学習プランを設計。

効率良く学習を進めるための計画設定、得点力が上がる学習サイクルの徹底、モチベーションが維持される環境づくりなど、志望校合格までの学習をサポートします。

 

↓↓料金・キャンペーンの確認はこちら↓↓

 

✔自分の苦手なところはプロの講師から個別に教えてもらうのが効果的

✔Fitオンラインゼミであれば自宅で集団講義・個別指導(1:2)の両方が可能

✔個別教室のトライならプロの講師から「完全マンツーマン」で教えてもらえる

まとめ

画像

コロナウィルスの影響や大学入試制度の変更によって情報が錯綜する2021年入試ですが、一番大切なのは毎日じっくりと学習を進めることです。

大学受験は短期戦ではありません。

確実に合格を勝ち取るためにも、得意科目は独学でどんどん進めながらも苦手科目・苦手な分野はプロの講師から教えてもらうようにしましょう。

長期的・短期的な学習計画も学習指導のプロである個別指導のトライやFitオンラインゼミに任せると勉強に集中することができます。

オンラインで自宅学習ならFitオンラインゼミ

タブレット(パソコン)があればすぐに始められます!
★IT時代の新たな家庭学習法を提案
★1 回 約50分間、先生と1対2の指導
★WEB授業の内容に対応したテキストで反復練習

_