ホーム >> 学習関連コラム >> 特集 >> 受験生におすすめ|勉強がはかどるおすすめの休息方法をご紹介!
更新日 2022.6.11

受験生におすすめ|勉強がはかどるおすすめの休息方法をご紹介!

カテゴリ

受験勉強において、勉強から一度離れ、リフレッシュをする時間も大切です。

ですが、受験勉強の辛さを緩和する息抜きには誤った方法も存在します。

ここでは、受験勉強に疲れてしまったときの息抜きのポイントや、オススメのリフレッシュ方法を紹介します。

集中できる時間は90分!?

_画像

15・45・90分の法則という法則をご存じでしょうか。

それぞれ集中できる時間の目安として掲示されており、15分が一番深く集中することができ、90分が人間の集中力の限界とされています。

このことから、人間が最長でも集中できる時間は90分とされています。

90分を超えて作業を続けると集中力が低下し、作業効率が悪くなるため、こまめな休息をとることが推薦されます

適度な気分転換によって、息抜きに費やした時間も取り戻すことができる効果的な学習が可能になります。

受験生の息抜きポイント

_画像

息抜きの間は勉強のことを忘れる

休憩も仕事のうちという言葉があるように、息抜きの時は勉強のことを忘れるように心掛けましょう

単純に勉強ばかりすればいいというわけではなく、息抜きをして心にゆとりを持ち、自分の身体を休ませてあげることも大切です。

息抜きに充てる時間を決める

息抜きが大切だからといってだらだらと休息をとってはいけません

集中して勉強に取り組んだ後に、時間制限を設けずに息抜きをして、思っていたよりも休みすぎてしまったという経験はありませんか。

過度な休息をすると、勉強へのやる気が再燃するのに時間がかかるので、タイマーなどを使ってオンとオフをうまくコントロールするようにしましょう。

あえてきりの悪いところで息抜きをいれる

きりの悪いところで息抜きを入れることで、その続きの勉強をやるための継続力が生まれます

最後まで終わらせず、疲れる前に息抜きを入れることで、やる気のモチベーションが保たれます。

一気に片づけたり、先送りをしてしまって、計画が崩れてしまいがちな方におすすめです。

スマホには触らない

友だちとのコミュニケーションや、情報収集、アプリのゲームなどスマホには勉強を妨げる誘惑がたくさんあります

便利な部分が多いスマホですが、無意識のうちにいじっていたら時間があっという間に過ぎてしまう経験をした方も多いはずです。

勉強モードに入ったら使わないのが一番ですが、もし使いたい場合は、スマホとの付き合い方を変えてみるのがいいでしょう。

おすすめの息抜き方法

_画像

飲み物を飲む

作業をしているといつの間にか喉が乾いていることはありませんか。

ホットミルクや紅茶など、温かい飲み物はリフレッシュの効果や、空腹を満たし、集中力を継続させる効果もあります

また、自分で飲み物を用意することで、用意する準備や時間もいい息抜きになります。

好きな音楽を聴く

音楽を聴くことで気分転換したり、やる気を高める効果があります。

音楽は短時間でリフレッシュ効果を得ることができます

特にクラシックのジャンルはリラックス効果が高いので、おすすめです。

散歩をする

勉強をしていると、室内で過ごす時間が多くなるので軽い運動をすることをおすすめします。

散歩などの軽い運動を行うことで血流がよくなり、脳が働くのに必要な酸素、ブドウ糖が脳に届きやすくなります

ただし、激しい運動は、疲れてしまって逆効果なので、注意が必要です。

仮眠をとる

昼寝は短い時間であれば、とても効果的な息抜きです。

ですが、長すぎると脳の働きを妨げてしまう恐れもあるので、長くても30分以内に収めましょう

無理に熟睡するのではなく、ソファーや椅子に腰かけてリラックスするだけでも大丈夫です。

直前にブルーライトを避け、目や脳をフラットな上体にしておくと効果が増します

してはいけない息抜き

_画像

SNSを見る

前述のスマホに触らないの項目にもあるように、友だちとのコミュニケーション、情報収集など、スマホを何気なく見ていたら時間が予想以上に過ぎていたことはありませんか。

音楽を聴いたり、学習ツールとしても使える便利なスマホですが、誤った使い方をすると、勉強することができた時間を浪費してしまいます

スマホに依存していると感じたら、自分の手の届かないところにスマホを置く、人に見られる場所で勉強するなど工夫して対処するようにしましょう。

【受験勉強を効率よく進める】おすすめ塾・家庭教師

個別指導塾のスタンダード

_画像

対象者小学生、中学生、高校生
授業形態個別指導(1対2、1対3、1対4)
対象地域全国

HOMEスタディ

個別指導塾のスタンダードでは、学校や塾で習ったことを理解しなければならないため、家庭での復習の時間が大切と考えています。

HOMEスタディは、定期的な宿題を出すことで家庭学習の習慣づけをおこない、お子さまの家庭での反復学習をサポートするシステムです

保護者さまに宿題メールが届き、HOMEスタディ教材を用いてお子さまに宿題に取り組んでいただき、塾の授業で講師が進捗を確認します。

個別指導塾のスタンダードの料金

入塾費無料
諸経費2,900円/月

個別指導塾のスタンダードでは、入塾費は無料ですが、事務所管理手数料として毎月2,900円掛かります。

また、入塾後1ヶ月間は「スタート月謝割引」が適応になり、通常の授業料が50%割引になります。

↓↓個別指導塾スタンダードの詳しい情報↓↓

家庭教師のファースト

_画像

対象者小学生、中学生、高校生
授業形態個別指導(1対1)
対象地域全国

専用の教授法と厳選された講師

家庭教師のファーストのマンツーマン指導では、オーダーメイド段階別指導法で苦手を克服し、得意を伸ばします

「学習プラン」による勉強の習慣づけなども生徒一人ひとりに合わせます。

また、各エリアから10,000名以上の中から厳選した教師を採用しているため、講師のクオリティも常に高い状態です。

家庭教師のファーストの料金

入塾費無料
諸経費8,000円※

家庭教師のファーストでは、諸経費として8,000円掛かります(※毎月のお支払いではありません)。

兄弟・友達割引制度も行っており、50~80%授業料が割引になります。

↓↓家庭教師のファーストの詳しい情報↓↓

まとめ

_画像

受験勉強は大変ですが勉強ばかりを突き詰めず、適度に息抜きをして、集中力の高い状態で臨むようにしましょう。

効率よく勉強することで、得られる知識を増やし、志望校への合格を掴み取りましょう。

塾への体験入学やお問い合わせも、ぜひ行ってみてください。

【受験生のおすすめの休息方法】この記事のまとめ

受験生のおすすめの休息方法とは?

受験生にとって休息は非常に重要になります。
人間の集中力は長くて90分しか持たないといわれており、勉強しなければいけないからと無理に勉強し続ける事はおすすめしません。

休息をとる際のポイントは?

受験生が休息をとる際にポイントとなるのが、だらだらと休憩し続けないように工夫するという点です。
そのため、あえてきりの悪いところで息抜きを入れたり、息抜きに充てる時間を決めて休憩をとる事がおすすめです。

具体的なおすすめの休憩方法とは?

散歩や好きな音楽を聞くことはおすすめです。SNSなどはだらだらと休憩を長引かせる原因になるので、触らないように注意しましょう。

この記事を企画・執筆した人
-StudySearch編集部-
この記事は、StudySearchを運営している株式会社デジタルトレンズのStudySearch編集部が企画・執筆した記事です。
StudySearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
StudySearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→