ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> 【学年別】おすすめの英単語帳は?選びた方や使い方も解説!
更新日 2021.4.8

【学年別】おすすめの英単語帳は?選びた方や使い方も解説!

本記事では、英語学習の基礎である英単語を覚えるための「英単語帳」の選び方について徹底解説します。

中学生・高校生・大学生・社会人まで目的別のおすすめ単語帳や、使い方、オリジナル単語帳の作り方、英語対策におすすめの塾・予備校もご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

英単語帳の選び方

_画像

ほしい情報が見やすい単語帳を選ぶ

一口に英単語帳と言っても、表記は様々で、発音を重視しているものや単語の意味・使用例を強調しているものなど、種類があります。

目的に合った英単語帳を選びましょう。

やる気の出る単語帳を見つける

事務的に読むよりも、イラスト付きの単語帳など、自分が楽しめるほうが学習効率も上がります。

最近ではアニメの場面になぞらえて作られた単語帳や動物の写真集型の単語帳などもありますので、好きなもの、興味を持てるものがないか探してみてもいいかもしれません。

【学年別!】おすすめの英単語帳

_画像

ここでは、学年別におすすめの英単語帳をご紹介します。

高校受験│中学生におすすめの英単語帳

【出る順で基礎からはじめる】高校入試 でる順ターゲット 中学英単語1800

高校入試対策の単語が出題頻度順で並んでいるため、基礎的な単語から覚えることができます。

無料で使える音声アプリにも対応しています。

この本で暗記した後、完成度の確認に使える公式無料アプリ「(中学生向け)高校入試ターゲット」(iOS/Android)もあります。

詳しくはこちら(Amazon商品ページに飛びます)

【意味理解に最適】世界一わかりやすい中学英単語

この単語帳は単語の細かいニュアンスが分かりやすく書かれていて、難しい英語の使い分けを覚えることができます。

通常版と難関高校対策編があるので、基礎的な単語からやりたい方は通常版、難関対策をしたい方は難関高校対策編を購入しましょう。

詳しくはこちら(Amazon商品ページに飛びます)

大学受験│高校生におすすめの英単語帳

【豊富な単語数】英単語ターゲット1900

英単語ターゲット1900は、550語や1000語タイプが多い単語帳の中で1900語という豊富な単語が収録されています。

旺文社のデータベースから分析した出る順の使いやすい単語帳です。

公式の別売りアイテムとして、覚えていない単語だけを集めて持ち運べるカード版もあります。

一通り学習した後はカード版で自分専用の単語カード帳を作って勉強してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら(Amazon商品ページに飛びます)

【英作文が得意になる】英単語イメージハンドブック

こちらは、従来の一問一答式の丸暗記ではなく、単語のニュアンスが分かる単語帳になっています。

冠詞、基本の動詞、助動詞、形容詞、形容動詞など、英作文の基礎となる語彙が収録されているため、大学受験にうってつけです。

詳しくはこちら(Amazon商品ページに飛びます)

大学生におすすめの英単語帳

上記、英単語イメージハンドブックは高校1年生までの語彙でありながら、大学でも頻繁に利用する詳細なニュアンスまで記載されているため、大学生にもおすすめです。

【分野別に覚える】速読速聴・英単語 Core1900

こちらは時事的なニュースのショートパッセージを読むことで英単語を習得できます。

1400の単語に加え、500の熟語を文章中で学ぶことができ、読解力が身につきます。

TOEIC 重要度マークもあるため、TOEIC対策にも使うことができます。

詳しくはこちら(Amazon商品ページに飛びます)

社会人におすすめの英単語帳

【日常的な単語が充実】イラストだから覚えられる 会話で必ず使う英単語1100

社会人で英語を学び始める方や英語初心者さんにおすすめの単語帳です。

各単語にイラストがついているため、記憶に残りやすくなっています。

日常生活で行う動作や家にあるものの名前などが収録されています。

詳しくはこちら(Amazon商品ページに飛びます)

【上級者向けの英単語帳】究極の英単語 Standard Vocabulary List [上級の3000語] Vol.3

こちらは全4巻からなる上級者向けの単語集です。

この本をすらすら読むことができれば、英字新聞や雑誌も難なく読むことができます。

TOEIC対策例文などもあり、スコア900点越えを狙うことができる語彙が収録されています。

英単語帳の使い方・覚え方

_画像

1周で終わらない

英単語帳は、単語を覚えるためのものなので、覚えていない単語は復習しましょう。

その際、単語帳によっては付録や別売りで単語カードや連携アプリもありますので、活用しましょう。

また、一度覚えたと思った単語も期間を置くと忘れている場合がありますので、たまに読み返す、または専用の問題集などを使って、完成度をチェックしましょう。

オリジナルの単語帳をつくる

購入した単語帳をある程度、復習まで行った後、ノートなどにオリジナルの単語帳をつくるのもおすすめです。

100均のワードカードの片面に英語、裏面に日本語訳を書いて一問一答の単語カードを作るのも暗記に最適です。

英語対策におすすめの塾・予備校

ここまで英単語帳のおすすめや活用方法をご紹介してきましたが、英語は言語ですので、会話・反復練習が一番有効な学習方法です。

そこで、おすすめの塾・予備校をご紹介します。

トリプレットイングリッシュスクール

_画像

トリプレットイングリッシュスクールの基本情報
対象 中学英語~大学受験英語
指導形態 学校の教科書に合わせたオリジナル教材
教室一覧 浅草橋教室、池袋教室、渋谷教室、新宿教室、吉祥寺教室、御徒町教室 蒲田教室、自由が丘教室、横浜教室、大船教室、新百合ヶ丘教室 溝の口教室、大宮教室、船橋教室、梅田教室、天王寺教室、 西宮北口教室、京都教室

コツコツ学ぶ姿勢が身につく

トリプレットイングリッシュスクールでは、持ち帰りの課題(宿題)を出しません。

その代わりに、授業中に集中して学びます。

この方法のおかげで、短い時間で効率的に学ぶ姿勢が身につきます。

復習や家庭学習には、単語帳や以下のアプリを利用しましょう。

自学自習アプリ「ELST®」

「ELST®」はスマホでできる自主学習アプリで、英語4技能の2つであるListening(聞く)・Spaeking(話す)の練習になります。

生徒の口コミ

・受験において一番大事な教科である英語を、

しっかりと基礎から教えていただけたので、とても助かりました。

・繰り返し演習を行うことで、内容がしっかりと定着できました。

まとめ

本記事では、英単語帳について徹底解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

自分に合った英単語帳を見つけ、覚えていきましょう。

本による学習中、どうしても意味が理解できない、確信を持てない単語や熟語が出た場合は、無料のウェブ英語辞典weblioなどを活用しましょう。

また、本やアプリとは別の学習方法に、受験生の最短暗記法として、ゴロで覚えるという方法があります。

大学生の受験で英語以外に、現代文、古文単語を覚えるときにはゴロゴというサイトもおすすめです。

TOEIC、受験合格など、目標を目指して勉強する中で、本記事が助けになれば幸いです。

この記事のまとめ

「英単語帳」に関してよくある質問を集めました。

英単語帳の選び方は?

英単語帳は欲しい情報がいやすい単語帳を選ぶことが大切です。
英単語帳にもいくつか種類があり、発音を重視しているものから、意味の理解をできるよう作られているものがあります。
それぞれの目的により参考書を使い分けることが大切といえます。
単語帳の選び方について詳しくはこちらをご覧ください。

【学年別!】おすすめの英単語帳は?

高校受験におすすめの参考書は、出題頻度順で単語が並ぶ「高校入試 でる順ターゲット 中学英単語1800」と単語の細かいニュアンスが分かりやすくまとめられている「世界一わかりやすい中学英単語」です。
前者は基礎的な学習に、後者は通常版と難関高校対策編があるので目的に合わせて利用すると良いでしょう。
高校生・大学生・社会人におすすめの参考書はこちらをご覧ください。

英単語帳の使い方・覚え方は?

英単語帳は1周したら終わりではなく、反復することが最も重要です。
覚えていない単語、分からなかった単語に印をつけておくなどして何度も解き直すことで、理解の定着度を細かくチェックしましょう。
また苦手な単語をまとめてオリジナルの単語帳を作成するのもとてもおすすめです。
詳しくはこちらからご覧ください。