ホーム >> 学習関連コラム >> 通信教育 >> インターネット学習教材すららの評判・口コミ・料金は?
更新日 2019.1.22

インターネット学習教材すららの評判・口コミ・料金は?

新しい勉強の形、人気学習教材すららの秘密とは?

無学年方式で、先取り学習も繰り返し学習も完璧?

従来のデジタル教材とすららの違い

画像

デジタル教材は現在とても人気がありますので、色々な種類が出てきています。

ですから、何を選んだら良いのか分からないという声も多いのですが、その中で他のデジタル教材とは一味違うということで選ばれているのがすららです。

すららはNTTドコモと株式会社すららネットが共同開発した「自然対話プラットフォーム」を採用していて、今までにはなかったオンライン教材となっています。

これまでの教材にはないメリットがたくさんありますので、他のものを試してみてあまり効果を感じられなかったという人でも一定の成果を出せるかもしれません。

すららには学ぶために最適な仕組みが揃っています。

これまでのデジタル教材はカリスマ講師が授業を行なってそれを配信する動画配信型やPC・タブレットで問題を解いていく問題集型が主流です。

勉強嫌いの子供が少しでも勉強を好きになれるようにとゲーム感覚で学べるタイプもあります。

動画配信の場合は映像を見るだけですので反復が疎かになってしまうことが多く、一方的な説明に集中できない子供も少なくありません。

問題を解くものは学んだことを定着させるために利用するもので理解するのに向いていませんし、ゲームタイプは暗記系が中心ですので体系的な学習に向きません。

すららはこれらの問題点を全て解決して長所も組み合わせていますので理想的なシステムです。

基本の機能として見て聞いて学べるという部分も備わっていますが、それ以外にも対話ができるのが大きな特徴です。

しかも、興味が持てるように各年齢の好みに応じたキャラクターが、アニメーション形式でしゃべりかけてきますので飽きません

いくら対話形式になっていても機械的なやり取りだけでは興味が続かずに学習の効果も薄くなりますが、キャラクターを使用することで興味をずっと続かせることができます。

先生役であるキャラクターの質問に答えるために苦手な学習でも集中して取り組むことができると評判になっているのはこのためであり、内容だけでなくこういった面にまで工夫が施されているのが大きな違いです。

すららには理解できたことを定着させるための工夫も施されています。

レクチャーで理解できた後にすぐにドリルが始まるようになっていて、記憶が鮮明なうちに定着させることができる仕組みです。

間違えたらその場で添削が行なわれて、何をどう間違えたのかが説明されます。

つまずいた部分は理解が不足している可能性がありますが、すららを使うと解けない原因を自動的に診断して必要な問題を出題してくれますので、分からない部分をそのままにすることがありません。

これも一般的なデジタル教材には備わっていない部分であり、高い評判にもつながっている部分です。

また、難易度に合わせて問題が変化することも、他にはない長所です。

仕組みとしては選択式の方が簡単ですのでデジタル教材では選択式の解答を用いていることが多いのですが、すららでは記入式を採用しています。

記入式のメリットは当てずっぽうでは解けないことであり、反復しているうちに答えを記号で覚えてしまうことも多々あります。

暗記をしてしまえば学習効果はほとんどありませんので記入式は理想的な方法であり、他にも選択式以外の多彩な解答形式がありますので、試験と同じ問われ方を経験しているうちに実践的な学力を身に付けられる方法です。

テスト機能が充実していることも見逃せません。

何ができて何ができないのかを知るために行なわれる模擬試験の他にも学力診断テストと定期テスト、小テストの3つのテスト機能が用意されていて、広い範囲から得意不得意を判断することができるようになっています。

テストの実施はデジタル教材の基本ですが、その種類を増やしてきめ細かな指導を行なっているところが異なる点です。

一人でひたすら頑張るというイメージが強いデジタル教材ですが、現役の塾講師が担当して学習法などの相談に乗ってくれるのも他にはない要素です。

分からないことがあれば質問できますし、迅速な回答がもらえますのでどんどん学習を進めることができます。

また、毎週コーチから保護者宛に子供の学習内容の報告が届くことも高評価につながっています。

充実したシステムでコーチの指導も受けられるということで高額な料金がかかるのではないかと考える人が多いようですが、すららの料金は非常にリーゾナブルで料金体系も明確です。

これだけの内容が揃っていると普通は月々の料金も高くなるものですので、良心的な金額であるすららは珍しいタイプといえます。

それでも始める時には誰でも慎重になりますので、まずは無料体験ですららの素晴らしさを実感してみるのがおすすめです。

POINT

✔理解しやすく、体系的に学ぶこともできる理想的な学習システム

✔数種類のテストが用意されており、弱点分野の分析などもばっちり

✔現役の塾講師が学習の相談に乗ってくれる

本当に自分にあったペースで!無学年方式を採用

画像

日本中どこにいても、同じ質で授業内容を受講できるということは大きなメリットになります。

大手学習塾であっても、フランチャイズ方式で営業を企業もあり、学習塾の経営者の方針によっては指導内容が変わってきてしまうケースもあります。

全国どこにいても同品質、同一料金であるということは、利用をする側にとって大きなメリットとなります。

学習塾というと、複数の学生が同じクラスに集まり、一人の講師を前に授業を進めていくというスタイルをイメージするものでしょう。

学生によって学習を理解する速度は違います。

また、得意な教科や得意な分野に関しては学習速度が速くても、苦手な科目や苦手教科に関しては時間をかけないと理解することが難しい場合もあるでしょう。

学校の学習や集団指導型の学習塾では1人の生徒のために学習を待ってくれることはありません。

また、他の生徒の目を気にして質問をすることや、分からないことを先生に伝えられない生徒もいるものです。

先生の側としても、集団指導の場合1人1人の学習速度に合わえて授業を進めることは出来ないので、生徒の側から質問をしてもらわなければ、何が分からないのかが分からないという側面もあります。

しかし、すららの場合、そもそもの学習スタイルが自宅で行う個別指導になります。

自分の学習速度に応じて進めることが出来る無学年方式を採用しています。

すららでは出来ると思った科目や教科に関しては生徒どんどん進むことが出来ますし、苦手だと思った項目についてはゆっくりと時間をかけて学習をしたり、反復学習を行うことで、生徒は理解を深めることが可能になります。

特に年齢が低い生徒にとって、じっとしていることそのものが難しいものです。

子供は飽きやすいので、単調な反復学習に飽きてしまい、自分で学習を止めてしまうこともあります。

しかし、学力というものは、1日や2日で劇的に伸びるものではありません。

毎日の積み重ねで努力の結果が学力に繋がっていきます

勉強が苦手だと感じる生徒は勉強をする習慣がなかったり、勉強に最初から苦手意識を持っていて、つまらないこと、面白くないことはやりたくないという意識から更に勉強から遠ざかっているケースがあります。

すららの場合、可愛らしいキャラクターを使った対話型のカリキュラムを導入しています。

ただひたすらに問題を解いていくという内容では、生徒が本当に理解をしているのか分からない場合もあります。

すららでは本当に生徒が理解しているのか、キャラクターとの対話を通して確認をしていきます

すららは無学年方式になっているので、早い段階から英語学習も進めることが出来ます。

今日本の英語教育は変革の途中にありますが、以前は中学校から指導が始まった英語が、小学生から始まるようになりました。

また、学習結果が通知表に記載される学年も引き下げられる傾向にあります。

今の時代、まだ学校では学習が始まっていないからという理由で学習スタートを遅らせてしまうと、授業改革で間に合わなくなってしまうこともあり得る時代です。

特に英語のように語学の学習は積み重ねが学習結果に大きく反映されます。

毎日のリスニングを始め、単語をいくつ知っているのかという項目に関してはすぐに学習結果が出る項目ではありません。

また、英語の授業に関しては今後数年で英語の授業に関しては日本語を一切使用しないで授業が進められる予定になっています。

早い段階でリスニング力を鍛えておかなければ、学校の授業そのものに早晩ついて行けなくなってしまいます。

すららであれば、学習したいと思ったその時が始め時です。

年齢に左右されずに始めることが出来ますおで、早い段階でネイティブの先生によるリスニングのトレーニングを開始することが可能になります。

すららでは、生徒が自分のペースで勉強を進めていくことになります。

社会人にとっても重要なことはありますが、目標を設定し、その目標を達成するためには毎日どの程度の学習を進めていく必要があるのかを考えることは重要です。

社会人になってからも自分で目標を設定し、自分で努力する習慣を身に着けているかいないかは得られる結果に大きな影響を及ぼします。

すららでは1つの学習項目を15分で終了出来るように細かく設定しています。

特に幼い子供にとっては長時間座って集中しないと終わらせることが出来ないというのが、学習をするという姿勢そのもののハードルを上げてしまいます。

1日15分であれば、毎日の隙間時間を使って学習を進めることが可能ですので、忙しい学生でも続けやすいシステムになります。

POINT

✔自分の学習速度に応じて進めることができる無学年方式を採用

✔早い段階からネイティブの発音を聞いて英語の学習ができる

✔学習項目1つが15分なので、隙間時間に勉強することができる

小中学生におすすめのスタディサプリ

【神授業、見放題。】
★4万本以上の神授業が見放題
★14日間無料体験
★塾・予備校と比べても圧倒的にお得

_

安心!子供と親が学習状況を共有できる

画像

すららにはレクチャー機能、ドリル機能など重要な機能があります。

レクチャー機能とは読み解くだけではなく、見て、聞いて学習をするために15分間アニメーションを使ってキャラクターが聞き取りやすい声で授業を行うというもので、年齢に応じたキャラクターが登場し理解できたかどうかの質問もしてくるので飽きずに集中して授業が受けられます。

ドリル機能とはすららが「正しく理解する」「定着させる」ことが重要と考えるので、6万問以上の問題数を用意し、解けない問題の根本的な原因を見つけ出すため授業の後にすぐドリル問題が始まるというものです。

また本番力を身につけるためのテスト機能と、飽きずに続けるための機能もあります。

テスト機能には学力診断テスト、定期テスト、小テストの3種類があり、学力診断テストは何ができていないかというだけでなくできなかった所を補うためにどの単元を学習しなおせばよいかをわかるためのテストなので、これからどのように勉強をすればよいかがわかります。

定期テストは学校の教科書とテスト範囲を指定すると定期テスト用の模試を受けられるというもので、小テストは10分程度の確認テストです。

飽きずに続けられる機能というのはゲームのように楽しく学習できライバルもいること、結果だけではなく努力をすることに注目されることや違った世界で学習できることが飽きずに続けられるということにつながります。

すららにはもう一つ、保護者にとってもうれしい機能があります。

一般的なデジタル教材は、やるかやらないかはお子さま次第で、やっていなくても「やった」ということもよくあり、また自分のレベルに合わない教材なら楽しく学習できないので、いくらキャラクターが出てきてゲームのように学習できても続かなくなることもあります。

そこですららは「すららコーチ」という現役の塾講師が管理機能を使ってお子さまの学習をフォローします。

すららコーチがお子さまの学習を見守ってくれるので保護者にとってもサポート的な存在といえます。

「すららコーチ」は定期テストのためや授業に追いつくために学習履歴を分析し、どの単元をどれだけ学習すればよいかということを含めた学習計画を立てることも行います。

さらに学習においてわからないところがあれば質問機能を使って質問をするとすぐに答えてくれるので分からない環境をなくすことができるのです。

このようにすららコーチが管理機能を駆使してお子さまの学習の様子を見守ったり、個々に応じた学習計画を立て、毎月毎週しっかりと学習をやり切れるような環境を作ってくれるので、保護者は安心してお任せでき、さらに保護者用の管理画面があり、ログインをするとお子さまの学習時間やクリアした単元数を確認することができるという安心なポイントもあります。

それを見ることでお子さまがどれだけ学習をして理解ができたのかがわかり、やっていなくても「やった」という言葉での親子間トラブルをすることもありません。

このようにすららにはお子さまと保護者が学習状況を共有できるという魅力があるのです。

実際にすららで学習をするお子さまの保護者からは

他の教材を使っていましたが成績が上がらず始めました。

苦手な所を克服でき楽しんで学習でき、苦手だった科目でも高得点がとれるようになりました。

分からないところもわかるまで指導してもらえるのはとても良い点です。

また先生から応援メッセージが届くのも楽しみにしていて、自宅に先生がいるみたいに学習できています。

時間に融通が利くので空き時間に自分のペース学習できるのも良いです。

親が横で算数を見ていると親の方が『そうだったのか』と思うほど面白いものです。

定期的に先生から確認の電話が入り、勉強の仕方などの相談に乗ってもらっていました。

幼児の保護者からは

子どもが興味を持つような内容を取り入れていて進んで学習できました。

などとすららにしてよかったという口コミがあります。

実際に学習した生徒からは

学校の教科書に合わせた教材なのでテスト対策にも良かったです。

問題を解いていて間違えても、簡単な問題に戻れ、どこが理解できていないのかが自分でもわかりました。

教材にも遊び心があってわかりやすく、解説も理解ができず困ったということはありませんでした。

繰り返し学習で記憶に残りやすいです。

など受講するお子さまの立場からも、わかりやすくて良い教材という評価を得ています。

料金に関しては

ほかの塾に比べて断然安いです。

退会も自由で気を使わずにできます。

値段相応の成果が期待できます。

割引やキャンペーンなどもあったので利用しやすいです。

妥当な金額です。

など他の塾よりも安いという口コミもあれば少々高いけれど相応の価値があると感じる人も多いです。

POINT

✔3種類のテスト機能と飽きずに続けるための機能が充実

✔親が学習状況を把握できるので安心

✔わかりやすい、学習しやすい、気を遣わずに利用できるなど、口コミでも高評価

すららのすごさの証!様々な章を受賞

画像

子どもたちが勉強するために活用するのは、学校や塾で受ける授業、家庭教師による指導などです。

しかし他の形でも勉強に取り組むことはできます。

一般的な教育のイメージを大きく変えたものとして、すららが注目を集めるようになってきました。

教育に大きな変革をもたらし、真剣な気持ちで勉強しようとする子どもたちに対して生きる力を与えようとする学習体験です。

このような機会を上手に活用することで、単なる知識の詰め込みとは異なる形で勉強することができるようになります。

勉強の進め方というのは、決して1つに限定されるものではありません。

さまざまな方法に挑戦していくことが大切です。

すららが特に評価されているポイントは、一般的な塾や予備校と大きく異なる特徴があるところです。

教育と聞いて多くの人が思い浮かべるのは専門の教師・講師による授業ですが、すららはデジタル教材なので、インターネットを活用して自ら学んでいきます。

勉強をすることが苦手な生徒の場合、授業を受けることに対して抵抗感を抱いてしまうことも多いですが、デジタル教材を活用する方法なら楽しみながら取り組むことができるのです。

ゲーム感覚で勉強を進めていくことになるため、途中で嫌になって挫折することが少なくなります。

勉強をしている感覚がないまま知識を増やすことができる画期的な方法です。

すららは子どもたち・生徒たちにとっては楽しみながら勉強することができる魅力的な教材ですが、このような勉強をしてこなかった保護者の世代からは敬遠されそうな印象があります。

しかし実際には、生徒だけでなく保護者の間でも注目を集めるようになっているのです。

ゲーム感覚で取り組むものであるとはいえ、単なる遊びではないため、しっかりと知識を身につけていくことができます

結果として生徒たちが勉強を自発的にやるようになるのであれば、どのような方法を用いても問題はないのです。

すららが多くの場面で活用されるようになることで、勉強に対する考え方も大きく変わることが期待されます。

子どもたち・生徒たちが多く利用していたり、保護者が高い評価をしていたりすることで、すららが魅力的な教材だということが分かります。

しかし、本当の魅力はそれだけにとどまっていません。

社会的に見ても、高い評価を受けていることが分かっているのです。

さまざまな場面で賞を受賞しています。

1つの賞を受賞するだけでも見事ですが、受賞しているのが複数だという点が大きな特徴です。

どのような賞があるのかを見ていくことで、すららが評価されるようになっていることの実態が見えてきます。

企業・自治体などでは、人々が知識を深めていく方法の1つとしてe-ラーニングを積極的に推進しています。

e-ラーニングというのは、教師などが直接指導を行う従来の方式とは異なり、インターネットを上手に活用しながら勉強する方法のことを指します。

インターネット環境さえ整っていれば場所を問わず勉強することができるため、e-ラーニングが注目されているのです。

すららはe-ラーニングの分野において、日本e-ラーニング大賞という賞を受賞しました。

インターネットを活用して勉強することが推進されている社会において、非常に画期的な受賞をしたといえます。

人々の間で高い評価を受けたり、注目を集めたりするのは大手企業が中心となっています。

しかし実際には、教育の場面や経済の分野において大手企業ではない企業も多大な貢献をしているのです。

大手企業にばかり注目していると、そのような現実が見えにくくなってしまいます。

教育に関しても、ベンチャー企業を発掘・育成する取り組みに力を入れるようになっているのです。

京都市における取り組みの中で、すららは優れた事業性・アイデア性が認められるに至りました。

日本パートナーシップ大賞という賞において、優秀賞を受賞することになったのです。

すららが認められるようになった証拠の1つだといえます。

すららの受賞は、これら2つにとどまるわけではありません。

非常に多くの賞があり、全てを把握するのは難しいほどです。

他に注目を集めている場面としては、日本ベンチャー大賞という賞が挙げられます。

日本ベンチャー大賞は、経済産業省が中心となって取り組んでいる事業の一環で、積極的な挑戦をしていくことの重要性を浸透させることを目的としているものです。

ベンチャー企業というと、大手企業と比べて資金力が乏しく、本格的な事業に取り組むのが難しいイメージがあります。

しかし、子どもたちの学習効果を高めたり成績を上げたりすることに貢献するすららのように、高く評価されることも多いです。

POINT

✔すららは子供が楽しみながら勉強できるシステム

✔生徒だけでなく保護者にも注目されている

✔日本e-ラーニング大賞をはじめとして様々な場面において賞を受賞している

まとめ

今回は全く新しい通信教育のすららについて紹介しました。

すららは子供たちが興味を持ちやすく、理解もしやすい、体系的な学習システムです。

生徒や保護者だけでなく、社会的にも評価され始めて、知名度もぐんぐん上がって生きています。

全国どこでも利用できるところが良いですね。

家庭教師のあすなろ

✔家庭教師人数:14万人以上
✔実績:97%が苦手を克服!
✔特徴:授業料が比較的安い

_

家庭教師のノーバス

✔拠点:首都圏最大級の20拠点!
✔実績:第一志望合格率95%突破!
✔特徴:教師クオリティー保証制度を導入!

_