ホーム >> 学習関連コラム >> 家庭教師 >> 評判のいい家庭教師の探し方|いい家庭教師の条件とは?口コミ活用法
更新日 2019.8.16

評判のいい家庭教師の探し方|いい家庭教師の条件とは?口コミ活用法

今回は、家庭教師を雇って子供に勉強をしてもらいたいと考えている方は必見です!

家庭教師を雇うとなったときに一番の悩みは、どうやっていい家庭教師を雇うのかという問題ですよね。

この記事では、評判のいい家庭教師の選び方についてまとめましたので参考にしてください!

>>>早くおすすめの家庭教師を見たい方はこちら!>>>

口コミで評判をチェック!

画像

対応地域 サービス名 入会金
関東・東北 家庭教師のあすなろ 21,600円
首都圏に強み 家庭教師のノーバス 21,600円
首都圏に強み 家庭教師のガンバ 21,600円
首都圏に強み 家庭教師メガスタディ 21,100円

勉強が苦手でなかなか進まない、苦手な教科を克服したい、成績が下がり始めているなどの勉強に関する悩みを抱えている時には家庭教師を利用して問題を解決したいと考えますが、いざ選ぼうとしてもどのような方法で情報を収集して、何に気をつけて絞り込んでいけば良いのかが分かりません。

子供に合わないとお金の無駄になってしまいますので慎重に選びたいところですが、基準となる情報がなければ良い選択ができませんので、まずは情報収集することがとても大切です。

何の情報もない状態で探したい時にはインターネットが便利です。

インターネットを利用すれば気軽に情報を集めることができますし、口コミもたくさん載っています。

口コミサイトを見ると、実際にどのようなところを利用しているのか、満足している点、不満を感じている点などを知ることができ、条件をつけて検索をすることも可能です。

条件をつけられれば目的の情報だけを集めることがとても簡単にできますので、時間をかけずにリサーチできます。

色々なパターンの結果を調べるために、条件を変えて検索を行う方法もあります

口コミをチェックするのと同時に見ておきたいのが契約の形態です。

実は家庭教師の契約形態は一種類ではなく、家庭教師を派遣してくれる派遣会社と契約するタイプと、家庭教師の紹介のみを請け負っている紹介会社のタイプとがあります。

紹介の方は各家庭と家庭教師が直接契約を結ぶことになりますので、根本的に形態が異なることを覚えておきましょう。

どちらの方が良いということはありませんが、利用のしやすさはそれぞれの状況で異なりますので、状況や求める条件を考慮しつつ最善の選択をすることが大切です。

選ぶ時には相性が成績を大きく左右するという点を忘れてはいけません。

人間同士ですからやはり相性の問題はあり、どんなに優秀な家庭教師が来てくれても合わないと感じていれば成績は伸びません。

能力には関係ないからと重視しない人も多いのですが、やる気にも関係してくる見過ごせない問題です。

口コミサイトではここまでの情報は載っていないので分からないと感じるかもしれませんが、ある程度の条件を伝えておけばマッチする家庭教師に教えてもらうことができますので、どこに依頼するにしても条件を明確にしておくことは大切です。

今ではいろいろな口コミがあるので、よくチェックしている人が多くなりました。

確かに、口コミは実際に体験した人が書いているので信頼できます。

信頼できるとは言え、人はそれぞれ違いますので、必ずしもその口コミを書いた人と自分の意見が一致するとは限りません。

特に家庭教師の口コミの場合は慎重に考えた方が良いです

学校の先生でも好きな先生は生徒によっても違いませんか。

人気のある先生はいるものの生徒によって好き嫌いがあるはずです。

家庭教師にも同じことが言えますので、口コミだけでは判断できません

家庭教師の業者はたくさんあるので、ホームページをチェックしてください。

ただ、業者の数はとても多いので比較サイトなども確認すると良いかもしれません。

テレビなどの宣伝を見て気になった家庭教師の業者があればそこのホームページを見ておいたほうが良いです。

それだけ規模が大きい業者であれば評判が良いことも考えられますし、どのような制度があるのかを確認してみてください

ホームページにはそれぞれの業者の情報が満載なので、隅々まで見てください。

どのような制度があり、料金体系はどうなっているのかを知ることができます。

どのような家庭教師が在籍しているのかも確認できるので一流大学卒業なのかどうかなども見ておくと良いかもしれません。

時間がある時に複数の業者をチェックできるのでまずはホームページを見てください

複数の業者をホームページで確認したら、その中から特に気になった業者の資料請求をしましょう。

そうすれば、より詳しい情報を入手することができます。

資料請求は無料でできますので、気になった業者はいくつでも構いませんので資料請求してください。

手元に資料が届いたらじっくりと読んで、比較しましょう。

料金はどこが安いのか、どんなカリキュラムがあるのかなど知りたい情報が満載です。

1つの業者に的を絞ってしまうと契約した後にもっと良い業者が見つかって失敗したと思うことがあるかもしれません。

複数業者を最初から調べて比較しておけばこのようなことはありませんし、より良い家庭教師を見つけることができます

家庭教師のあすなろ

✔家庭教師人数:14万人以上
✔実績:97%が苦手を克服!
✔特徴:授業料が比較的安い

_

家庭教師のノーバス

✔拠点:首都圏最大級の20拠点!
✔実績:第一志望合格率95%突破!
✔特徴:教師クオリティー保証制度を導入!

_

POINT

✔まずは口コミで評判をチェック

✔相性が成績に左右する

✔家庭教師の情報収集は難しい

優良な家庭教師センターかどうかを判断するポイントは?

画像

当然ですが家庭教師センターを利用すると料金を支払うことになります。

選んだところによって、料金は異なるので注意しなければなりません。

事前に確認しておくことが大切ですが、その際に優良かどうかを判断できるポイントがあります

何を見れば良いのか分からないと感じる人もいるでしょう。

大切なのは料金体系が明確になっていることです。

科目や授業時間ごとに生じる金額が明確になっているのか見てみましょう。

あいまいな記載ではなく、誰が見ても一目瞭然な内容になっていることが大事です。

漠然とした内容になっていると、後から高額な請求をされてトラブルになる恐れがあります。

たとえば授業料のみ書かれていて、教材費について触れていないケースも見受けられます。

申し込むと大量の教材が送られてきて、授業料と合わせると想定していた出費の2倍以上になることもあるでしょう。

そのような事態を避けたいなら、料金体系が明確な家庭教師センターを選びましょう

いったん利用を始めても、先生や教材が子どもに合わないと分かる場合があります。

そのようなリスクがあることを理解したうえで申し込むことが大切です。

実はこの点に注意することで、優良かどうかを調べられます

家庭教師センターとの契約の形態にはいくつかの種類があります。

その中にはクーリングオフが適用されるものがあることを知っておきましょう。

たとえば金額が5万円を超えており、契約期間も2カ月を超えているなら、クーリングオフが適用される可能性が高いです。

契約書を受け取ってから一定期間が経過する前であれば、利用者はクーリングオフを選択できます。

しかし、そのような知識を持っている人は多くありません。

そのため本来は、家庭教師センターの方から事前に説明があって然るべきです。

こちらが理解できるまで丁寧に説明してくれたなら優良であると判断しても良いでしょう。

一方説明をしてくれなければ用心が必要です。

教材は気に入っているけど先生が合わない場合もあるでしょう。

そのときは先生を他の人に替えてもらうだけで解決します。

ところが、交替が不可能なところもあるので注意しなければなりません。

その場合は先生が合わないという理由だけで、他の家庭教師センターに乗り換える必要があるからです。

そうなると時間と費用が余分にかかることになるでしょう。

そのような事態が起こりうることは、契約の前に知っておくのが望ましいです。

しかし、事前に説明してくれないところもあります。

こちらから質問するまで教えてくれない場合は優良とはいえません。

質問したときに焦ってごまかそうとしたら、契約するのをいったん中止した方が得策です。

長く指導を受けていくには、家庭教師センターのサポートが必要不可欠です。

評判が良いところは万全のサポートを行っていく仕組みを用意していることが多いです。

そのため、サポート内容について確認しておくと参考になります。

先生に不満を感じていても、直接は伝えにくい場合があります。

十分に打ち解けていれば遠慮せずに言えますが、そうでない場合も多いと考えられます。

そうであるなら、家庭教師センターを通じて伝えてもらうのが一般的です。

しかし契約が終わってしまうと、後は先生を派遣するだけで、ほとんど関与しなくなるケースが見受けられます。

また、そのようなサポートを求めると追加料金を求めてくることもあるかもしれません。

サポートが無料で内容が安心できるものなら優良であることを期待できます

家庭教師センターの中には、本部のスタッフが定期的に、懇談のために訪れてくれる優良なところもあります。

こちらから要求しなくても、いろいろな話を聞きに来てくれるのです。

成績についても相談に乗ってくれて、いろいろなアドバイスをしてくれます。

指導するだけの先生と違って、地域の学校のデータなども持っており、進学にあたっての情報提供をしてくれる場合もあるでしょう。

そのようなサポートを実施しているのかチェックしておきましょう。

POINT

✔料金体系は明確になっているか

✔サポートは充実しているのか

✔先生を交代できるシステムになっているか

先生自体の人柄も重要!良い家庭教師の条件とは?

画像

根本的な問題として最も大切なのは子供にあっている先生かということです。

ですから、厳しい先生が良いとか経験が豊富な先生が良い先生ということは一概には言えません。

もちろん教え方が上手とか多くの経験を持っていることも大切ですが、子供の性格に合わない先生であればストレスが溜まってしまいます

子供が先生を尊重できるような先生がとても良い先生であることの証拠です。

教えてもらったことや先生について楽しそうに話していたら、安心できます。

大学生であればきちんとその大学に在籍し、毎日通学しています。

プロの家庭教師なら、それまでの経歴などがしっかりと保証されています

先生によっては、過去の自分の出身中学校・高校・大学を教えてくれない人がいます。

聞いても曖昧に答えたり、偏差値の低い学校に通っていることがあります。

やはり、どこの学校を卒業したのかということは教え方にも影響が出てきます。

その学校の先生がとても評判が良く、分かりやすい授業をすることで有名なのであれば、教え子も同じように教えてくれるはずです。

子供に教えてくれている先生が、どこの出身なのかとか家族構成、現住所などをしりたい場合は文書にて確認することができます。

特に大学生の場合は、給料の良いバイトくらいにしか思っていない人がいるので要注意です。

周りの人がやっているから自分もやってみようかなと興味本位で教える人もいます。

そのような人は、子供が分かりやすいようにしっかり教えようとはせず、最低限のことしかしない場合があります。

意欲がある人は、どうやったら分かってもらえるのだろうか、とか子供に信頼してもらうために何ができるだろうか、と一生懸命考えて実行します。

なので面談の時に、子供の成績を上げたい、達成感を知ってほしいという意欲が伝わる人を選ぶことは子供にとってとても大切な選択になります。

意欲が見られない人は、教え方も分かりにくい人が多いので伝わってきたら断るようにしましょう。

派遣会社によって報告書などの提出が義務付けられていたり、その方法は様々です。

どういった状態であっても、良い先生ならば保護者に子供にどのような方法で教えているか、何を教えているかをきちんと報告してくれるはずです。

そして、よく分かっています、とかこの分野は苦手みたいです、というように子供の学習状況も教えてくれる場合があります。

このように、義務付けられたことだけでなく細かい点まで報告してくれる先生は良い先生の証拠です。

生き生きとした話し方によって教える意欲があることや、次の機会も楽しみにしているということが伝わってきます。

そのように、積極的に教えてくれる人を選ぶということはとても大切です。

良い先生を選ぶ時に、優しい先生を選びがちです。

しかし、愛想が良く子供と楽しく勉強している先生は危険な場合があります。

教え方が上手で成績が上がっているのなら問題はありませんが、おしゃべりの時間が長くて実際には勉強を教えていないというケースが多く見られます。

適度なおしゃべりで、信頼関係を築くのはとても大切なことですが、ひどい場合は子供と一緒に漫画を読んでいたり、遊んでいる場合があります。

そうであれば、せっかくお金を出して家庭教師をつけているのにもったいないことになってしまいます。

なので楽しい先生を選ぶのではなく、教え方が上手な人を選ぶ必要があります。

少し無愛想でも大目に見る方が良いというケースもたくさんあるでしょう。

生徒に分からないところがあるか聞いてもないという人は少なくありません。

実際には、あるけれど何が分からないのか分からないという生徒が多いです。

なので、そのような質問を生徒に一方的に聞いても何の解決策にもなりません。

共に勉強していく中で、子供の苦手な分野を見つけてあげる必要があるのです。

良い家庭教師であれば、実際に様々な問題を解かせて何が分かっていて何が分からないのかを把握した上で、その生徒にあった適切な指導を行います

POINT

✔自分の子供に合っているか

✔親への報告はしているか

✔楽しい家庭教師は危険な可能性がある

まとめ

いかがでしたか?今回は家庭教師の選び方についてでした。

家庭教師を雇うには安くないお金がかかるので失敗したくないですよね。

そのためにネットでの情報・評判収集や資料請求、また先生との相性などいろいろな条件を考えて選ばなければいけませんね。

いかにおすすめの家庭教師サイトを載せておきます。

対応地域 サービス名 入会金
関東・東北 家庭教師のあすなろ 21,600円
首都圏に強み 家庭教師のノーバス 21,600円
首都圏に強み 家庭教師のガンバ 21,600円
首都圏に強み 家庭教師メガスタディ 21,100円

家庭教師のあすなろ

✔家庭教師人数:14万人以上
✔実績:97%が苦手を克服!
✔特徴:授業料が比較的安い

_

家庭教師のノーバス

✔拠点:首都圏最大級の20拠点!
✔実績:第一志望合格率95%突破!
✔特徴:教師クオリティー保証制度を導入!

_

家庭教師のガンバ

✔家庭教師人数:12万人以上
✔実績:2年連続全国口コミNo.1
✔特徴:コストパフォーマンスの高さ!

_

【逆転合格】メガスタディオンライン

✔家庭教師人数:約15,000名以上
✔実績:私立受験では首都圏最大級の合格実績
✔特徴:首都圏で唯一の私大受験専門の家庭教師

_