ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> 式の展開とは?公式・基礎問題・応用問題の解き方を分かりやすく解説
更新日 2024.5.2

式の展開とは?公式・基礎問題・応用問題の解き方を分かりやすく解説

カテゴリ

中学生で習う「式の展開」について説明します。

式の展開は関数や図形の学習にも必要となります。

今回の記事では、式の展開の公式や解き方、応用問題まで学ぶことができます。

まだ習ったことがない人は予習として、もう習った人は復習として、活用してください。

式の展開とは

_画像

式の展開とは、整式の掛け算を単項式の足し算で表すことを言います。

式の展開について、理解を深めていきましょう。

式の展開と因数分解

式の展開と関連した単元として、因数分解があります。

因数分解は、式の足し算や引き算の式を、カッコでまとめて掛け算の式にすることです。

言い換えると、式の展開は「()」を外すもの因数分解は「()」を付けるものであるといえます。

「カッコを外す」式の展開

式の展開とは、積の形で書かれた式を計算して、単項式の和の式にすることです。

言い換えると、多項式の「かけ算の式」を単項式の「足し算の式」にすることです。

掛け算の式のカッコを外すことで、展開することができます。

では、式の展開の例題を見てみましょう。

今回は、(x+2)(x+4)=x²+6x+8について確認します。

左辺の式である(x+2)(x+4)を展開することで、右辺の式であるx²+6x+8に変形していることが分かります。

また単項式とは、数学や文字の掛け算や割り算だけで作られた一つの項の式のことであり、例として3x・-5y・ac があります。

多項式とは、足し算や引き算も含んでいて2つ以上の項の式を表すものを言い、例として2a+b・‐x-2が当てはまります。

「カッコでまとめる」因数分解

因数分解は、式の展開とは反対で、「足し算の式」を「掛け算の式」にすることです。

足し算の式から共通している文字や数字を括ることで、掛け算の式にしています。

さっそく、因数分解の例題を確認してみましょう。

例題x²+6x+8=(x+2)(x+4)について解説していきます。

x²+6x+8をカッコでまとめて(x+2)(x+4)に変形しているため、因数分解していると言えます。

因数分解をすることで、二次方程式や三次方程式を解くことができます。

高校受験だけでなく大学入試でも必要なので、丁寧に学習していきましょう。

✔式の展開とは、掛け算の式を足し算の式に変形すること

✔因数分解とは、足し算の式を掛け算の式にすること

✔単項式と多項式についても理解を深めておこう

式の展開の解き方

_画像

式の展開の解き方について解説していきます。

展開とは「カッコを外すこと」であると覚えておきましょう。

【式の展開の基本】分配法則

展開するとき、分配法則を使うことが必要となります。

分配法則はそれぞれの項を順に計算していくやり方です。

説明だけでは理解しづらいので、具体例で確認してみましょう。

(x+3)(x+4)の分配法則を説明していきます。

(x+3)(x+4)を展開する場合、xをxと+4の両方に、+ 3をxと+4の両方にそれぞれ掛けて計算します。

計算すると、x²+4x+3x+12となります。

4xと3xは足し算をしてx²+7x+12が答えとなります。

展開を簡単にする3つの乗法公式

分配法則を使用した展開方法について説明してきましたが、分配法則を使っての展開は計算が多く、答えを出すのに時間がかかってしまいます。

そのため展開を簡単にする乗法公式について説明していきます。

分配法則を使って展開できるようになってから、公式を暗記するようにしましょう。

理解度が上がり上達が早いだけでなく、応用にも強くなります。

公式①(a+b)²= a²+2ab+b²

展開したいカッコに2乗がついているときの解き方について説明していきます。

カッコに2乗がついているとき、(a+b)²=a²+2ab+b²の乗法公式を使用しましょう。

計算するとき、カッコの中を2つのパーツに分け、最初1つ目のパーツを2乗します。

次に2つのパーツを掛け算したあと、2倍します。

最後に、2つ目のパーツを2乗することで、答えを求めることができます。

2乗ではなく2倍してしまう間違いが多いので、気をつけましょう。

それでは、例題を通して理解を深めていきましょう。

例題として、(x+6)²を説明していきます。

解くときは、はじめに1つ目のパーツであるxを2乗します。

そのあと、xと+6を掛け算して2倍します。

最後に、2つ目のパーツである+6を2乗します。

よって、(x+6)²=x²+(2×6×x)+(6)²=x²+12x+36になります。

カッコを2乗している公式についての解き方を覚えておきましょう。

公式②(a+b)(a-b)=a²-b²

展開したい2つのカッコの中身の符号だけが違うときの解き方について説明していきます。

数字や文字の部分が同じだけれども、符号の部分が違うとき、(a+b)(a-b)=a²-b²を使用することができます。

答えは、同じもの同士を掛け算して、それらを引き算することで求めることができます。

例題を確認してみましょう。

例題(3x+4y)(3x-4y)を展開したいとき、まずは3xを2乗して9x²を出します。

次に+4yと-4yを掛けることで、-16y²を出します。

よって、(3x+4y)(3x-4y)=(3x)²-(4y)²=9x²-16y²になります。

なぜこのようになるかは、実際に分配法則してみることで理解することができます。

例題(3x+4y)(3x-4y)を分配法則で展開してみると、9x²-12xy+12xy-16y²になります。

そのとき、真ん中の-12xyと+12xyは足し算をすると消えてしまい残らないので、最初から真ん中の計算を取り除くことで、すぐに答えを求めることができるようにしています。

公式③(x+a)(x+b)=x²+(a+b)x+ad

乗法公式の中で最も使用する(x+a)(x+b)を展開する公式について説明していきます。

この公式は、両方のカッコの中に同じ文字や数字が一個だけあるときに(x+a)(x+b)=x²+(a+b)x+adを使用することができます。

計算するとき、まずは同じ部分を2乗します。

次に同じでない部分を足したものに、同じ部分を付け足します。

最後に、同じではない部分を掛け算します。

それでは、例題として(x+3)(x+5)を展開していきましょう。

今回は、(x+3)と(x+5)はxだけが同じため、(x+a)(x+b)=x²+(a+b)x+adの公式を使用することができます。

まずはxを掛け算して、x²にします。

次に+3と+5を足し算した+8に、xを付け加えて8xにします。

最後に、同じでない+3と+5を掛けて+15にします。

よって、(x+3)(x+5)=x²+(3+5)+15=x²+8x+15になります。

多くの問題に取り組むことで、計算方法を身につけていきましょう。

✔展開したい式によって公式を使い分けよう

✔分配法則をしっかりと理解しておこう

✔何度も問題を解いて頭に定着させよう

式の展開の応用問題

_画像

続いては、式の展開の応用問題について解説していきます。

基礎を定着させた上で応用問題を見ると、理解しやすいです。

項が3つの問題

ここでは、3つの項を含むカッコの2乗の展開について説明します。

項が3つある式には解き方が2種類あるので、どちらも理解しておきましょう。

方法①公式を使う

項が3つのとき、(a+b+c)²=a² +b²+c²+2ab+2bc+2caの公式を使用できます。

各項に2乗した後、2ab、2bc、2caと円を書くように計算することで公式を導くことができます。

それでは、実際に例題をやってみましょう。

例題(x+2y+3z)²を公式に当てはめて展開すると、

(x+2y+3z)²はx²+4y²+9z²+2×x×2y+2×2y×3z+2×x×3zとなり、

掛け算をすると、答えはx²+4y²+9z²+4xy+12yz+6xzになります。

公式を使用することで、簡単に展開することができますね。

方法②文字に置き換える

公式を使用せずに、文字に置き換えることで展開することもできます。

カッコの中にある3つの項のうち、2つの項を一つの他の文字に置き換えることで展開する方法です。

では、例題を見てみましょう。

例題(x+2y+3z)²を展開したいとき、x+2yをAに置き換えてカッコ内の項を2つにして考えます。

すると、(A+3z)²となり、2乗の乗法公式である(a+b)²=a²+2ab+b²を利用して展開することができます。

2乗の乗法公式を使用すると、(A+3z)²=A²+6Az+9z²になります。

最後にAを(x+2y)に戻すことで、

(x+2y)²+6z(x+2y)+9z²

=x²+4xy+4y²+6xz+12yz+9z²

=x²+4y²+9z²+4xy+12yz+6xzとなり、

公式を使用したときと同じ答えを出すことができます。

項が3つの公式を覚えなくても解ける方法についても理解しておきましょう。

3乗の展開

公式を使うことで、カッコの3乗も展開することができます。

カッコの3乗を2乗と1乗に分けて計算することもできますが、展開するのに時間がかかってしまうので、3乗の公式を覚えるのがベストです。

  • (a+b)³=a³+3a²b+3ab²+b³
  • (a-b)³=a³-3a²b+3ab²-b³
  • (a+b)(a²-ab+b²)=a³+b³
  • (a-b)(a²+ab+b²)=a³-b³

それでは、例題を解いてみましょう。

(2x+3y)³を展開するとき、公式である(a+b)³=a³+3a²b+3ab²+b³を使用します。

まずは、2xを3乗して8x³にします。

次に、3と2xの2乗、3yの1乗をかけて、36x²yにします。

その後、3と2xの1乗、3yの2乗をかけて、54xy³にします。

最後に、3yを3乗して、27y³にします。

そうすると、(2x+3y)³=8x3+36x²y+54xy²+27y³となり、展開することができます。

✔項が3つの式には解き方が2つある

✔3乗の展開公式は4つある

✔公式に当てはめることで効率的に解ける

数学の勉強におすすめの塾

_画像

数学が苦手な人や数学の学力を上げたいと思っている人は、通塾をおすすめします。

ここでは数学の学習におすすめの塾を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

個別教室のトライ

_画像

対象 小学生・中学生・高校生・既卒生
授業形式 個別指導
展開地域 全国

厳選された講師陣

個別教室のトライでは、厳しい採用基準で選抜された講師が指導しています。

講師は指導経験や合格実績、人間性を確認した上で選ばれています。

教科別の専門講師や志望校に精通した講師が多数在籍し、生徒の指導にあたっているため、生徒は志望校別及び科目別に講師を選べます。

また生徒の学力や性格に合わせて講師を選ぶので、ピッタリの講師から指導を受けることができます。

専任制を取り入れているため、年間通して同じ講師から指導を受けることができます。

理解が深まる「ダイアログ学習法」

個別教室のトライでは、独自の学習法であるダイアログ学習法を取り入れています。

ダイアログ学習法は、生徒が勉強内容を説明することで、分かったつもりを防ぐことができます。

生徒が講師役になり学習した内容を講師に説明することで、授業の理解度を大幅に上げることができます。

理解が不足しているところがあれば、そこに焦点を当てて指導することで、苦手や弱点の克服を促しています。

✔数学の勉強をしたい人は個別教室のトライがおすすめ

✔個別教室のトライでは、教科別の講師が在籍している

✔トライの独自の学習方法で勉強できる

↓↓【個別教室のトライの詳細はこちら!!】↓↓

東京個別指導学院

_画像

東京個別指導学院の基本情報
対象生徒 小学生・中学生・高校生・高卒生
対象地域 首都圏を中心に全250の直営教室を展開
指導方法 最大1対2までの個別指導
自習室情報 あり(教室により要確認)
特徴 「成績向上・結果」「講師」で顧客満足度の高い指導

生徒の性格や現状に合わせた学習計画を作成

東京個別指導学院では、生徒の性格や現状に合わせた学習計画を作成してくれます。

一人ひとりの目標や現状、性格などをしっかりと把握した上で学習計画を作成してくれるため、自分に合ったものが提供されます。

また、学習計画を作成してくるため、自分が学習するべき内容が常に明確になっており、生徒が自ら学ぶ姿勢を育んでいます。

個別指導ならではの手厚い学習サポート

東京個別指導学院では、個別指導ならではの手厚い学習サポートが行われています。

当日キャンセルでも振替授業を行ってくれるなど、通塾スケジュールを柔軟に対応してくれるため部活や習い事で忙しい子供でも安心して通うことができます。

↓↓資料請求・詳しい料金はこちら↓↓
↓↓お電話でのお問い合わせはこちらから【無料】↓↓

まとめ

_画像

今回は式の展開について解説しました。

複雑な問題に見えても、公式を利用することで簡単に答えを導けることは多いです。

学習したことがある人は復習として、まだ学習したことのない人は予習として参考にして下さい。

また数学の勉強をするために、通塾するのもよいでしょう。

まずは資料請求をしたり体験授業に足を運んだりしてみてはいかかでしょうか。

画像

【入会金無料】個別教室のトライ

マンツーマン夏期講習受付中!
120万人の指導実績を誇る個別指導塾!
あなただけのトライ式学習法を提案!
★一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラム

_

画像

【入会金不要!】夏期講習受付中!!

東京個別指導学院
入会金不要&1科目から受講できる
学習目的に合わせた一人ひとり柔軟なカリキュラム
継続的な学習習慣が身につく個別指導

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「式の展開」に関してよくある質問を集めました。

式の展開と因数分解は何が違うの?

式の展開とは、「掛け算の式」から「足し算の式」にすることです。一方の因数分解は、「足し算の式」から「掛け算の式」にすることです。式の展開や因数分解についての詳細はこちらを参考にしてください。

式の展開の公式は?

式の展開の公式は複数あり、式によって使い分ける必要があります。公式の種類についてを、基礎だけでなく応用問題の公式も含めて解説しています。詳しい展開の公式についてはこちらをご覧ください。

この記事を企画・執筆した人
-StudySearch編集部-
この記事は、StudySearchを運営している株式会社デジタルトレンズのStudySearch編集部が企画・執筆した記事です。
StudySearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
StudySearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→