ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> 小学生の家庭学習のやり方や各教科の勉強法について
更新日 2022.4.8

小学生の家庭学習のやり方や各教科の勉強法について

家庭学習というのは、ある日突然できるようになるものではありません。

親が「勉強しなさい!」と言ってもなかなか机に向くことができません。

小学生の場合、勉強のやり方が分からなかったり、集中力があまりないのでゲームやマンガ本の誘惑に負けてしまうことが多いものです。

そのため今回は、小学生が家庭学習をする時のポイントを紹介していきます。

小学生の家庭学習のやり方

画像

子供が集中できる環境を整える

まずは、学習に集中できる環境を整えましょう。

周囲に気が散るようなものは置かず、スマホやゲーム機など誘惑があるものも違う場所に置いておきましょう。

一度、勉強をする机の上だけではなく、部屋自体を一度綺麗に片付けることをおすすめします。

勉強専用の部屋を作る

リビングでの学習は成績を伸ばすのに効果的だと言われています。

しかし、リビングは色んなもので溢れているため勉強に集中できない可能性も高いです。

そのため、専用の机がある集中しやすい勉強部屋を作ることをおすすめします。

やりたいことの前に家庭学習を行う

小学生は、学校から帰ってきたら外に遊びに行ったり、自分の好きなことをする子供が多いと思います。

そのため、遊びに行ったり好きなことをする前に宿題や家庭学習を終わらせることをルールにしましょう。

勉強の効率も良い

遊んだり好きなことをする前に勉強することは、勉強効率も良い結果が出ています。

小学生は「遊びたい」「好きなことをしたい」と思いが強く、好奇心旺盛な年頃です。

そのためルールを設けることではやく○○するために勉強を頑張るというような思いで、集中して家庭学習に取り組むことができます。

✔学習に集中できる環境を整えよう

✔専用の机がある勉強部屋を作る

✔やりたいことの前に家庭学習を行うルールを設定

小学生が家庭学習の習慣を身につけるには?

画像

達成感を与えて、やる気を上げる

親御さんは、子供の日々の学習の積み重ねに対し達成感を与えることが大切です。

達成できたことを目に見えるような形にすることで、子供のやる気を高めることができます。

達成感を与える方法

子供に達成感を与える方法としては、丸付けをしてあげたり、ご褒美のシールを貼ってあげたりすることです。

またどれぐらい勉強したのか分かるように、勉強したプリントや問題集を保管しておくことも子供の達成感に繋がります。

時間や目標を決めて取り組む

子供が決めた目標のもと、具体的に何時から何時まで学習するのかを決めた中で学習に取り組みましょう。

しっかり時間を決めることで、メリハリをつけて学習に取り組むことができます。

毎日継続することが重要

一日の勉強する量を決めて、毎日学習することを目指しましょう。

毎日継続して行うことで、日々の習慣の一部になり学習習慣を身につけることができます。

オンラインの学習教材を利用する

今の小学生は習い事で忙しい子供もいるので、毎日休みなく家庭学習をすることは子供の気力も続かないかと思います。

そこでおすすめなのが、継続して続けることができるオンラインの学習教材を利用することです。

勉強を楽しみながら学習できる

小学生の通信教育は、継続して続けることができるように短時間で要点の詰まった内容になっています。

またゲーム感覚で学習を進めることができる工夫や自分のペースで学習を進めることができる利点があります。

先取り学習もできますので、授業の予習も行うことができます。

✔学習の達成感を与える

✔具体的な学習時間や目標を決める

✔オンラインの学習教材を利用する

小学生の各教科ごとの勉強法

画像

国語の勉強法

国語の勉強法としては、漢字の書き取りや言葉の意味調べや教科書の音読などを行うことです。

特に、漢字の書き取り、言葉の意味調べは学校の宿題だけで不足する部分です。

本を読むこともおすすめ

本を読むことも国語の勉強において、非常に大切なことです。

好きなジャンルの本に限らず、色んなジャンルの本を読んでみると良いでしょう。

また本を読み終わったあとは、要約力を身につけるために感想を書いてみるのもおすすめです。

算数の勉強法

算数の勉強法としては計算問題を繰り返し解き、公式をしっかり理解しましょう。

ただ公式を覚えようとするのではなく、問題を何度も解く中で意味を理解しながら身についていきます。

計算ドリル等の問題集を活用

学校の計算ドリルや、教科書に載っている問題を解いて回数をこなしましょう。

余裕のある子は、問題集などで応用問題も解いて問題に慣れておきましょう。

社会、理科の勉強法

社会、理科の勉強法は、社会も理科も重要な語句が多いため、教科書を熟読することです。

どちらも暗記教科なので、学校の問題集を繰り返し解き語句を覚えましょう。

教科書を中心に学習

社会や理科は教科書を中心に学習することが大切です。

特に小学生の場合、テストや問題が教科書からしか出題されないので教科書を中心に学習しましょう。

英語の勉強法

小学生の英語の勉強は、「読み・書き」より「聞く・話す」が中心です。

学校の教科書を読み、音読を行うことや日常で英語に触れ合う機会を作りましょう。

NHKの英会話やディズニー映画を活用

NHKの英会話番組は、英語の学習においておすすめの教材です。

また英語を耳に鳴らすために、ディズニー映画を字幕で見ることもオススメです。

✔︎教科書を熟読することや問題の繰り返しが重要

✔︎応用問題も解いて問題に慣れておく必要があります

✔︎言葉の意味調べや教科書の音読が重要

小学生におすすめのオンライン指導ができる会社

オンラインプロ教師のメガスタ 小学生

_画像

オンラインプロ教師のメガスタ 小学生の基本情報
対象 小学生
授業形式 訪問またはオンライン
特徴 オンライン授業の口コミ人気No.1

オンライン家庭教師の口コミ人気が1位

メガスタはこれまでに25年以上の歴史と実績があり、オンライン指導だけでも50,000コマ以上の授業を行ってきました。

特に、小学生で塾や家庭教師を利用する場合、初めてのケースが多いと思います。

初めて受ける指導で満足できないとその先の勉強への意欲に悪影響を与える恐れがあるので、オンラインプロ教師のメガスタのように高い口コミ人気を集めている会社から指導を受けることをおすすめします。

↓↓メガスタ小学生の詳細が気になる方はこちら↓↓

Fit NET STUDY

画像

Fit NET STUDYの基本情報
対象 小学生・中学生・高校生
授業形式 集団WEB授業、個別EWEB指導、問題練習
特徴 いつでもどこでも受けることができる質の高いWEB指導

Fit NET STUDYは、学校や塾と同じような授業をオンラインで受講することができる通信教育です。

本や教科書で勉強するのが苦手な小学生低学年でも、タブレットを用いることで好奇心をくすぐり積極的に勉強に取り組むことができます。

楽しく勉強を進めることができる小学校講座

Fit NET STUDY小学校講座では個別web授業とライブ授業、映像授業を選択して受講することができます。

教科としては、主に算数・国語・理科・社会・英語を学べます。

専任の担当講師がつき、子供の目標に合わせて授業計画や学習スタイルを提案します。

「中学に上がる前に基礎を固めたい」「楽しく勉強を進めたい」と考えている方におすすめです。

※また年少から小2までを対象としているこども英会話も行っています。

↓↓無料体験・授業料のお問い合わせ↓↓

✔︎長年の歴史と口コミ人気1位のメガスタ

✔︎映像授業で繰り返しできるFit

まとめ

画像

家庭学習は低学年から少しずつ毎日続けることで、習慣化していくことができます。

子供から進んで学習するようになるまでは、年単位で時間がかかります。

記事内でご紹介した家庭学習時のポイントを抑えたうえで学習に取り組んでみてはいかがでしょうか?

画像

オンライン家庭教師のメガスタ小学生

勉強が好きじゃなくても成績が上がる
5/31まで安心の返金保証!
必要な機材全てレンタル可能
最短30日で成績が上がる!
★オンライン家庭教師満足度No.1

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

小学生の家庭学習に関してよくある質問を集めました。

小学生の家庭学習のやり方は?

まず、学習に集中できる環境を整えることから始めましょう。

また専用の机がある、集中しやすい勉強部屋を作ることをおすすめします。

家庭学習の習慣を身につけるには?

家庭学習の習慣を身につけるためには、毎日継続して学習するために学習時間や学習目標を決めることです。

他にも子供に達成感を与えることやオンライン学習教材を利用することなどについても紹介しています。

各教科の勉強法は?

各教科を勉強していくにあたって大切なことは、教科書を中心に勉強することです。

詳しい勉強方法についても紹介しているので記事からご確認ください。

この記事を企画・執筆した人
-StudySearch編集部-
この記事は、StudySearchを運営している株式会社デジタルトレンズのStudySearch編集部が企画・執筆した記事です。
StudySearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
StudySearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→