ホーム >> 学習関連コラム >> 特集 >> 【英語】新・大学入試共通テストはどう変わる?変更点と対策について解説
更新日 2021.9.28

【英語】新・大学入試共通テストはどう変わる?変更点と対策について解説

2021年度からセンター試験に代わり、大学入学共通テストが実施されるようになりました。

これまでのセンター試験とは求められる力も異なり、リスニングの配点が上がったり、思考力を等問題が増えたので新しい対策が必要となります。

本記事では、主に英語における変更点と対策を解説します。

共通テストの英語に特化したオンライン指導はこちら

大学入学共通テストとは

画像

大学入学共通テストとは、2020年1月をもって終了したセンター試験に代わる大学入試試験です。

2022年は1月15日(土)、16日(日)に試験が行われます。

英語に関しては会話文をもとにした問題が導入される予定であり、より実践的・実用的な英語力を確かめる内容となります。

当初、英語に関して外部試験・記述問題の導入が検討されていましたが、外部試験は2024年実施に向けて検討、記述問題は見送りとなりました。

大学入学共通テストの英語に特化したオンラインスクールはこちら▷

共通テスト 英語の概要について

  配点 時間
リーディング 100 80
リスニング 100 60

共通テスト 英語の配点について

大学入学共通テストの英語の配点は、リーディング100点リスニング100点です。

共通テストにかわり、リスニングの比重が高くなり、配点が1:1になったのが特徴的です。

共通テスト 英語の時間配分について

時間配分についてはリーディング80分リスニング60分となっています。

配点同様、リスニングの比重が高くなり、センター試験では30分だったリスニングの時間が2倍になりました。

大学入学共通テストのリスニング対策ができるオンラインサービスはこちら▷

センター試験からの変更点についてはこちら▷

共通テストとセンター試験の比較

画像

下記がセンター試験、共通テストのおおまかな内容です。

  センター試験 共通テスト
出題方式 マークシート マークシート
問われる能力 知識・技能 思考力・判断力・表現力
出題内容 文法問題・長文読解・リスニング 長文読解・リスニング

共通テスト 英語の変更点

共通テスト英語の変更点として大きくは下記の4つが挙げられます。

  • 発音・アクセント・文法問題がなくなる
  • リスニング問題の再生が1回と2回の混在
  • 問題文も含め、英文で設問が作られる

1つずつ詳しく見ていきましょう。

発音・アクセント・文法問題がなくなる

前述の通り、当初はアクセントや発音の技能を図る問題は外部試験を導入し評価する予定でしたが、少なくとも2024年までは見送りとなりました。

将来的には導入する予定ですが、2021年の試験では発音やアクセント・文法問題は出題されませんでした。

2022年も同様に出題されないと予想されます。

リスニング問題の再生が1回と2回の混在

大学入学共通テストの英語はリスニングの再生回数が2回から1回になった部分もあり、多くの学生が対策方法に悩んでいます。

2021年度の大学入学共通テストの英語の内容については以下を参考にしてください。

大問 小問 内容 マーク数 配点 放送回数
1 A 短い発話の内容理解 4 16 2
B 短い発話に一致するイラスト選択 3 9 2
2 - 対話文に一致するイラスト選択 4 16 2
3 - 対話文の内容理解 6 18 1
4 A 学校や日常生活に関する英文の内容理解※図表読み取り含む 8 10 1
B 4人の意見の内容理解※状況と条件の読み取り含む 1 2 1
5 - 大学講義の内容理解※状況と図表の読み取り含む 7 15 1
6 A 留学に関する2者の対話文の内容理解 2 6 1
B 4人の会話文の内容理解※図表読み取り含む 2 8 1

1回の再生でリスニング問題を聞き取れるようになりたい方はこちら▷

問題文も含め、英文で設問が作られる

大学入学共通テストでは、これまで日本語で書かれていた問題が英語になりました。

解き慣れていない方は難しく感じるかもしれませんが、一つひとつの単語についての難易度はそこまで高くはないため、基礎力がついていれば十分対応できます。

POINT

✔大学入学共通テストもマークシートを使用

✔より実用的・実践的な学力が求められる

✔精度を高めるための総合的な英語力が必要

共通テスト 英語の対策方法

_画像

以下では新たに始まる共通テストに向けたリーディング・リスニングの対策方法をそれぞれ解説していきます。

共通テスト リーディングの対策方法

共通テスト特化のマンツーマン指導はこちら

単語を正確にマスターする

共通テストになり、リーディングの出題形式が全て長文での出題となりました。

長文問題を早く正確に解くためには、いかに語彙力をつけておくかが大切です。

英単語を本番までにできるだけ多く、正確に覚えられるかが高得点を取れるかどうかのポイントとなります。

文法知識も習得しておく

共通テストになり、2021年度から少なくとも2024年度までは文法の単体問題は出題されない予定ですが、長文問題では文法に関しての出題がある可能性があります。

また、文法を理解しておくことで二次試験や私大入試にも備えることができます

文法問題集を1冊完璧にしておくことでほとんどの文法内容は学習できるので、1冊を完璧にすることが大切です。

音読により英語をより速く正確に読めるようにする

速さと正確さを求められる共通テストでは英語を英語のまま理解する必要があります。

1文1文日本語訳していると、時間が足りず高得点には結びつきません

繰り返し、長文を音読することで英語を英語のまま理解し、速く正確に問題を解くことができます

共通テスト リスニングの対策方法

リスニング力強化アプリについてはこちら▷

リーディング力を高める

リスニングの向上に欠かせないのが、リーディング力を高めることです。

リスニング音声の流れる速さで、文頭から意味を理解していくように意識し読解速度を上げることが効果的です。

ディクテーションで苦手を明確に

ディクテーションとはリスニング音声を書き起こす勉強法です。

実際の音声と聞き取った音声の違いを把握することが可能であり、リスニングの成績が伸びない原因を明らかにすることができるでしょう。

シャドーイングで発音を強化

シャドーイングとは音声を聞いた後、即座に復唱する学習法です。

シャドーイングを繰り返し行うことで、英語の発音・音の繋がりを理解することができます。

この勉強法は、日本人が苦手な発音の強化に効果的なトレーニング法です。

POINT

✔文法対策は不可欠

✔リスニング対策はリーディングから

✔英語対策には地道な反復学習が必要

大学入学共通テストの国語については以下の記事をご参考にしてください。

共通テスト対策におすすめの塾

ENGLISH COMPANY 大学受験部

画像

ENGLISH COMPANY 大学受験部の基本情報
対象学年 高校生・高卒生
授業形態 個別指導
教室一覧 オンライン
 
共通テストの英語を完璧にできる!
共通テスト特化の
ENGLISH COMPANY 大学受験部

マンツーマン指導による共通テスト対策

ENGLISH COMPANY大学受験部は共通テスト対策のためのマンツーマントレーニングを実施しています。

オンライン指導ですが、自宅で取り組むメニューを設定してくれるため効率よく学習することができます。

また、アプリを使ってトレーナーに質問することができるため、英語が苦手な方や質問したいという方にもおすすめです。

リスニング対策にも対応している

ENGLISH COMPANY 大学受験部は独自開発のリスニング力強化アプリによるリスニング対策ができます。

音声変化させることもでき、また、アプリなのでどこでも学習できるというのが強みです。

その他にも、文法や正しい発音を学べる豊富な動画コンテンツや学習サポート、オリジナルコンテンツも多数用意されています。

↓↓詳細はこちら↓↓

【英語塾】トリプレットイングリッシュスクール

_画像

トリプレットイングリッシュスクールの基本情報
対象学年 小学5年生以上
授業形態 個別指導
教室一覧 【関東地区】浅草橋教室、池袋教室、渋谷教室、新宿教室、吉祥寺教室、御徒町教室、蒲田教室、自由が丘教室、横浜教室、大船教室、新百合ヶ丘教室、溝の口教室、大宮教室、船橋教室
【関西地区】梅田教室、天王寺教室、西宮北口教室、京都教室
 
基礎から英語力UP!
4技能が身につく
トリプレットイングリッシュスクール

基礎から英語4技能を積み上げる

トリプレットイングリッシュスクールでは中1英語から大学受験レベルまで、短期間で基礎から確実に積み上げていく学習プログラムで英語4技能を身につけます。

トリプレットが選ばれる理由
  • 生徒の状況を徹底的に調べ必要な学習時間を把握
  • 学力に応じたオリジナルの学習プログラムを作成
  • 英語の勉強は授業内で全て完結
  • 学校英語を徹底的に覚え、100%マスターする

トリプレットでは100%を積み上げていく英語塾として、必要があれば中学1年生の範囲からやり直します。

コツコツ勉強することによる成功体験を積み重ね、英語たけでなくほんとうの「勉強力」を身につけます。

トリプレットイングリッシュスクールの料金

通塾時間 自立学習コース 徹底指導コース
12時間(週6回) 52,000円 75,000円
10時間(週5回) 46,500円 65,000円
8時間(週4回) 41,000円 55,000円
6時間(週3回) 35,500円 45,000円
4時間(週2回) 30,000円 35,000円

トリプレットイングリッシュスクールでは6~8日間のお試しレッスンを行っています。

実際の雰囲気や指導を確認することが出来ますので、気軽に参加してみると良いでしょう。

↓↓詳細はこちら↓↓

【全国No.1の個別指導塾】個別教室のトライ

画像

個別教室のトライの基本情報
対象学年 小学生・中学生・高校生
授業形態 1対1の個別指導
対象地域 全国
 
二次試験まで対応!
一人ひとりに最適な学習を提供
個別教室のトライ

生徒の学習課題に合わせた個別の学習プラン

個別教室のトライでは大学受験対策や内部進学対策・苦手科目の克服等生徒一人ひとりの目標に合わせて、オーダーメイドのカリキュラムを作成してくれます。

またトライは120万人の指導実績と全国の大学の最新受験情報を基に志望校合格へと導いてくれます。

個別教室のトライが選ばれる理由
  • 確かな指導力・人間力を備えた講師陣
  • 効率的に成績を上げる独自のノウハウによる指導
  • 専任の講師による完全マンツーマン指導
  • 最新の受験情報を基に生徒の目標達成をサポート

個別教室のトライの独自の学習法では一般的な個別指導塾や集団塾に比べて、成績が飛躍的に向上した実績があります。

また自習室も開放しているので、授業以外でも集中して学習する環境が整っています。

個別教室のトライの料金

個別教室のトライではオーダーメイドのカリキュラムを作成するため料金は一人ひとり異なります

無料のお見積りも行っていますので、公式サイトよりお問い合わせしてみて下さい。

↓↓【入会金無料キャンペーン!!】↓↓
↓↓お電話でのお問い合わせはこちらから【無料】↓↓

まとめ

より総合的な学力が求められる大学入学共通テスト。

知識・技能だけでなく、さまざまな角度から見る学力が求められます。

これまでの学習は継続しつつ、新しく求められる力に対応することが重要です。

画像

【入会金無料!】全受験生対象 逆転合格コース受付中!!

個別指導塾ならNO.1
120万人の指導実績を誇る個別指導塾!
あなただけのトライ式学習法を提案!
★一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラム

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「共通テスト 英語」に関してよくある質問を集めました。

大学入学共通テストの英語の変更点は?

英語の変更点は、①発音・アクセント・並び替え問題がなくなる、②リスニングの配点が高くなる、③リスニング問題の再生が1回と2回で混在する、④問題文も含め、英文で設問が作られるという変更点があります。それぞれの詳しい変更点については記事内で紹介していますので参考にしてください。

大学入学共通テストの英語の対策方法は?

記事ではリーディングの対策の方法とリスニングの対策の方法について解説しています。リーディング対策に関しては、は文法力を鍛える、速読のために正確さを鍛えることが重要です。またリスニング対策においては、リーディング力の強化、ディクテーションやシャドーイングを行い英語の発音・音の繋がりを理解することが大切です。詳しくはこちらをご覧ください。