ホーム >> 学習関連コラム >> 塾・予備校 >> 中央大学理工学部の偏差値等がひと目でわかる!受験から就職を突破しよう
更新日 2021.10.22

中央大学理工学部の偏差値等がひと目でわかる!受験から就職を突破しよう

中央大学は、関東圏の難関私立大学として有名でMARCHのCを担っている大学です。

毎年多くの学生が受験しており、倍率も安定して高いです。

今回は、そんな中央大学の1つの学部である理工学部についてご紹介します。

理工学部は、理系学部の1つで、エンジニアの教育をしています。

様々な分野を取り扱っており、人気の高い学部でもあります。

中央大学理工学部について偏差値や入試情報、合格するための勉強法なども含めてご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

中央大学の理工学部の特徴

_画像

ここでは、中央大学理工学部についてご紹介します。

中央大学理工学部の基本情報
創立 1949年(昭和24年)
キャンパス 後楽園キャンパス
特徴 「研究」という実学的な教育方法のもと、理学や工学について学びを深めていきます。

中央大学について

中央大学は、イギリス法(英米法)の長所である実地応用に優れた人材を育成するために設立されました。

イギリス法について理解と知識の普及がこれからの社会に必要と考えており、学びの基礎から応用まで研究を通して学習していきます。

また、4年間を通して各学部ごとに高度な専門性を身につけることを目標としており、その道のプロフェッショナルを目指しています。

理工学部の特色

研究を通して知識を養う

知を創造する人材育成を理工学部の教育目標としています。

4年次には卒業研究に着手し、広く課題を発見し自ら解決していく能力や自ら考え行動する力を鍛えます。

質の高いIT環境

中央大学のITセンターでは、高性能のIBM製コンピュータを多数用意しています。

高速ネットワークび常に接続されており、授業のみならず自習用にも使うことができます。

充実したIT環境のもと、在学中は自由にITスキルを磨くことが可能です。

社会性を育むキャンパス

中央大学理工学部のある後楽園キャンパスは、周辺に東京ドームや文教シビックセンター、ショッピング施設があります。

交通アクセスも良いため、都内で行われる学術的イベントや企業の開催するイベントに参加しやすいです。

理工学部の学科

はじめに設置されている学科についてご紹介します。

学科名 学習内容
数学科・専攻 数学研究についてや数理に関して深く学び理解する。
物理学科・専攻 自然現象について学び、
最先端技術の基礎となる考えを学ぶ。
都市環境学科・都市人間環境学専攻 自然と社会環境について学び、
都市環境の開発を考えていく。
精密機械工学科・精密工学専攻 精密機械の最先端技術について深く学ぶ。
電気電子情報通信工学科・専攻 電気エネルギーから情報ネットワークまで幅広く学ぶ。
応用化学科・専攻 より良い環境や人類に役立つ物質づくりを目指し、
学習・研究をする
ビジネスデータサイエンス学科
・経営システム工学専攻
問題解決型学習を基盤に
データサイエンスのスキルや基礎を学ぶ。
情報工学科・専攻 新技術について学ぶことが可能で、
高度な情報処理能力を習得する。
生命科学科・専攻 生命科学の基礎から最先端技術を学ぶ。
人間総合理工学科・都市人間環境学専攻 複眼的思考力を養い、
社会問題に挑戦する科学者・技術者を養う。

✔イギリスの考え方を取り入れた教育

✔知を創造する人材育成をしている

✔多くの学科があり、専門性が高い

中央大学理工学部の入試情報・学費

_画像

理工学部の入試情報

ここでは、理工学部の入試試験についてご紹介します。

理工学部の学費

ここでは、理工学部の学費についてご紹介します。

理工学部の学費(税込)
入学金 240,000円
授業料 1,175,700円
実験実習料 109,600円
施設設備費 297,700円

上記が中央大学理工学部の学費となります。

学費の他に、諸会費、入学手続時納入金、入学後納入額、初年度納入額が別途必要になってきますので、詳細は中央大学公式HPをご確認ください。

✓中央大学理工学部の学費は高額である

✓学費以外の費用が必要になる

✓時期や場面によってはさらにお金がかかる

中央大学理工学部の偏差値

_画像

理工学部の偏差値

偏差値

ここでは、各学科の偏差値についてご紹介します。

学部・学科名 偏差値
理工学部 55.0~60.0
数学科 57.5
物理学科 57.5
都市環境学科 60.0
精密機械工学科 57.5
電気電子情報通信工学科 57.5
応用化学科 57.5
ビジネスデータサイエンス学科 57.5
情報工学科 60.0
生命科学科 57.5
人間総合理工学科 55.0

共通テスト得点率

ここでは、各学科の共通テスト得点率についてご紹介します。

学科名 共通テスト得点率
数学科 75%
物理学科 82%
都市環境学科 83%
精密機械工学科 81%
電気電子情報通信工学科 80%
応用化学科 82%
ビジネスデータサイエンス学科 82%
情報工学科 85%
生命科学科 80%
人間総合理工学科 80%

理工学部の合格最低点と倍率

ここでは、各学科の合格最低点と倍率についてご紹介します。

学科名 合格最低点 倍率
数学科 240/400点 2.7倍
物理学科 196/300点 2.9倍
都市環境学科 200/300点 3.6倍
精密機械工学科 188/300点 2.6倍
電気電子情報通信工学科 197/300点 3.9倍
応用化学科 189/300点 2.6倍
ビジネスデータサイエンス学科 198/300点 3.5倍
情報工学科 212/300点 4.6倍
生命科学科 176/300点 2.7倍
人間総合理工学科 181(偏)/300点 2.7倍

偏差値を比較すると?

他の学部との比較

ここでは、各学部の偏差値についてご紹介します。

学部名 偏差値
理工学部 55.0~60.0
法学部 57.5~60.0
経済学部 57.5~60.0
商学部 57.5~60.0
文学部 57.5~60.0
総合政策学部 57.5~60.0
国際経営学部 60.0
国際情報学部 60.0~62.5

中央大学の中で難易度の高い学部は国際経営学部と国際情報学部といえます。

その他の学部は、偏差値にあまり大きな差はありません。

MARCHの他の大学との比較

ここでは、MARCH内の偏差値についてランキング形式でまとめたものをご紹介します。

大学名 偏差値
明治大学理工学部 57.5~62.5
青山学院大学理工学部 52.5~60.0
立教大学理学部 57.5
中央大学理工学部 55.0~60.0
法政大学理工学部 52.5~57.5

✓中央大学理工学部の偏差値は55.0~60.0

✓大学共通テストの得点率は80%程度

✓学科によっては倍率が4倍を超える

中央大学の理工学部に合格するための勉強法

_画像

英語の対策

長文問題に慣れておく

中央大学の英語は長文読解問題が多く出題される傾向にあるため、長文問題に慣れておくと良いです。

限られた時間の中で読み解かなくてはならないため過去問などを中心に対策しましょう。

基礎的な文法や単語力をつける

長文問題ばかりに気を取られすぎてしまうと基本的な文法などが疎かになってしまいます。

文法や単語など基礎的な部分をスムーズに解けるようになることで無駄な時間を使わずに長文問題に取り掛かることができるでしょう。

数学の対策

基礎の問題を確実に解けるようにする

数学は、基礎問題のほかに複雑な計算を求める問題などがあります。

まずは基礎問題を確実に解けるようにしましょう。

難しい問題でつまづくことを前提に基礎問題を完璧にしておけば、難題にチャレンジしやすく精神的にも楽になるでしょう。

難しい問題の対策も重要

数学は、頻出・典型以外に明らかに偏差値を超えてくる難題が用意されていることがあります。

自分の実力以上の力が必要になりますが、解くことができれば大きな得点源になるため対策は怠らないようにしましょう。

物理・科学の対策

頻出問題を徹底的に解く

物理・化学ともに基本的な問題が多いため、頻出問題の対策を徹底的に行うと良いでしょう。

化学に関しては、計算問題でのミスを減らすようにしましょう。

過去問で試験対策

過去問を中心として各単元の基礎を固めると得点に繋がりやすいです。

物理は問題文が長い傾向にあるため過去問を通して慣れておくと本番気が滅入らずに取り組むことができます。

要点をしっかりと抑えて意味のある試験対策を心がけましょう。

✓過去問を使用した対策が効果的

✓基礎を固めてもったいないミスを減らす

✓難題が解ければ大きな得点源に

中央大学理工学部の評判・就職先

_画像

理工学部の良い口コミ

授業について

ここでは、授業の口コミについてご紹介します。

学科の教授陣が非常に親身で分からないことを質問しに行くと丁寧に教えて下さる。

前に質問しに研究室を訪れた際には、多忙な教授なのにも関わらず90分かけて学部生の質問に答えてくださり、優しさを感じた。

教授が学生に対して親身になってくれる人が多いようで学ぶ環境としては良いでしょう。

質問等があれば積極的にすることができます。

就職について

ここでは、就職の口コミについてご紹介します。

就職ははっきり言って良い方だと思います。

大企業に入ると言うよりかは、大企業のグループ会社に入社する人が多い印象です。

特に、SE(システムエンジニア)として働く人が多いです。

就職は、大手企業のグループ会社に勤める人が多い傾向にあり、比較的ホワイトな環境で働くことができます。

理工学部の悪い口コミ

アクセスについて

ここでは、アクセスの口コミについてご紹介します。

地下鉄でいかないといけないのがつらかった。

また、坂道があるのもつらかった

アクセスは立地の関係でしやすいですが、人が密集しやすいため時間帯によってはストレスを感じることがあるでしょう。

学校生活について

ここでは、学校生活の口コミについてご紹介します。

イベントは酷いものです。

学祭とオープンキャンパスが同義です。

高校の学園祭の方が100倍楽しいです。

まぁ、本拠地が多摩なので仕方ないとは思います。

サークルも種類は少ないです。

イベントなどはあまり盛んではないようでサークル数も後楽園キャンパスは少ないようです。

中央大学理工学部の就職先

ここでは中央大学理工学部の主な就職先についてご紹介します。

主な就職先 人数
日本電気 16名
NECソリューションイノベータ 13名
東京都庁 11名
富士通エフサス 9名
富士通 9名
本田技研工業 9名
NTTデータ・アイ 8名
NTTデータ 8名
NECネッツエスアイ 7名
SCSK 7名

中央大学理工学部の就職先は、大手企業や大手企業のグループ会社が多いです。

システムエンジニアとして社会で活躍したい人には良い環境といえます。

✓教授が親身になって教えてくれる

✓イベントはあまり盛んではない

✓就職先は充実している

中央大学の理工学部合格におすすめの塾

個別教室のトライ

_画像

ここでは個別教室のトライの基本情報についてご紹介します。

個別教室のトライ
対象学年 小学生~高校生
授業形態 個別指導(1対1)
対象地域 全国各地

個別教室のトライの特徴

個別教室のトライには、以下のような特徴があります。

多くの指導実績を持ち、毎年多くの難関大学合格者を輩出しており、信頼度の高い学習塾です。

  • オーダーメイドカリキュラムとマンツーマン指導を採用
  • 優秀な講師陣から指導を受けられる
  • 担任と教育プランナーがサポートしてくれる

個別教室のトライは、オーダーメイドカリキュラムとマンツーマン指導により、生徒を第一に考えた指導をしています。

生徒の苦手な部分を優秀な講師陣や担任、教育プランナーが把握してくれるため、学習進度に合わせてレベルアップしていくことが可能です。

サポートも充実しており任せっきりでも安心です。

個別教室のトライの料金

個別教室のトライは詳しい料金を公表しておりません。

気になる方はお近くの教室までお問い合わせください。

↓↓【入会金無料キャンペーン!!】↓↓
↓↓お電話でのお問い合わせはこちらから【無料】↓↓

✓多くの指導実績を持っている

✓中央大学理工学部への合格実績もある

✓生徒一人ひとりに合わせた指導

まとめ

_画像

中央大学理工学部は、多くの種類の学科を持ち、それぞれの専門性を高める指導をしている学部です。

将来的に社会で活躍できるエンジニアの育成をしており、毎年高い学力を持った生徒たちが受験してきています。

就職先も充実しており、大手企業やグループ会社に勤めることが可能でシステムエンジニアとして活躍する人が多いです。

キャンパスの立地もよく東京を満喫できるため学生として通いやすく楽しいキャンパスライフを送ることができるでしょう。

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「中央大学理工学部」に関してよくある質問を集めました。

中央大学理工学部の偏差値は高い?

中央大学理工学部の偏差値は高く55.0~60.0を維持しています。学科数が多い中でそれぞれが高い偏差値を有しており、高度な専門性を身につけることができます。毎年多くの学生が受験しているため倍率も高く、学科によっては4倍を超えることもあるため難関といえるでしょう。

中央大学理工学部の評判は良い?

中央大学理工学部は、授業が充実しているという意見が多いです。教授陣も生徒思いな方が多く、親身になって指導してくれるようです。就職先に関しても充実しており、大手企業やグループ会社への就職先が多くあります。就職は努力次第ですが、他の大学より受かりやすいのは確かのようです。