ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> 【中学数学】等式の変形を例題付きで詳しく解説|おすすめ学習塾も紹介
更新日 2022.11.30

【中学数学】等式の変形を例題付きで詳しく解説|おすすめ学習塾も紹介

カテゴリ

今回は、等式の変形について取り上げます。

具体的には、分配法則を使った等式の変形の方法やポイントを説明しています。

等式の変形は、高校受験でも大学受験でも必ず出てくるので、とても大切な分野です。

記事の途中で解説の付いた例題を3問掲載しているので、知識の確認をしながら簡単な演習を行ってみてください。

また、記事の最後には中学生におすすめの家庭教師についても紹介しているので、家庭教師選びの参考になればと思います。

等式の変形の解き方

_画像

分配法則で()を外そう

例題:次の等式を[]内の文字について解きなさい。

24a+16b=4(8a-2) [a]

まずは、分配法則を利用して()を外すという作業をします。

例題では、4(8a-2)という部分で()が使われているので、この()を外すと、

24a+16b=4(8a-2)

24a+16b=32a-8

となります。

()が使われることにより複雑に見えていた等式を簡単にすることができました。

文字をまとめる

次に、等式で求める文字をまとめるという作業をします。

上の例題の場合、求める文字はaなので、等式の中にあるaをまとめていきます。

一般的に、まとめる文字を等式の左辺に、その他の文字や数字は等式の右辺に寄せます。

このルールに沿って移項を使って文字を寄せていくと、

24a+16b=32a-8

24a-32a=-16b-8

-8a=-8-16b

となります。

このように文字をまとめることで、最後の等式変形が簡単になります。

文字の係数で両辺を割る

最後に、文字の係数で両辺を割るという作業をします。

例題によると、aについて等式を解かなければならないので、最終的に上の等式を「a=〇〇」の形にする必要があります。

先ほどaを等式の左辺にまとめたものを見ると、aの係数は-8だから、「a=〇〇」の形にするには-8で等式を割ればよいことになります。

したがって、

-8a=-8-16b

a=1+2b

となります。

負の数の計算はミスが起こりやすいので、その点も注意しながら計算しましょう。

これで、例題を解くことができました。

✔まずは分配法則で()を外す

✔次に求めたい文字を左辺にまとめる

✔最後に文字の係数で両辺を割る

等式の変形の気を付けるポイント

_画像

係数をなくすときは掛け算で考える

等式の変形の問題は、求めたい文字の係数を1にすることを目指して解いていきます。

このとき、係数を1にするために係数で「割る」と考えるのではなく係数の逆数を「掛ける」と考えることが大切です。

例えば、xy=9という等式をxについて解くとき、x=9/yとなりますが、この際にyで「割る」と考えるのではなく1/yを「掛ける」と考えるようにします。

この考え方は、等式に分数が含まれているような場合により役立ちます。

例えば、xy=5/7という等式をxについて解くとき、yで「割る」と考えている人はx=5y/7というふうに計算ミスをすることがよくあります。

一方で、yの逆数である1/yを「掛ける」と考えている人はx=5/7yと正しく等式変形を行うことができます。

このように考え方を変えるだけで、等式に分数が含まれているような複雑な問題でも計算ミスをすることなく正確に答えを出すことができます。

「移項」と符号

等式の変形の問題を解くときには、「移項」という作業が不可欠です。

「移項」とは、等式において一方の辺の項を符号を変えて他方の辺に移すことをいいます。

例えば、5x+y=14という等式をyについて解くと、答えはy=-5x+14となります。

このとき、右辺にあった5xが左辺に移動していることが分かりますが、この移す作業を「移項」と呼んでいます。

そして、「移項」を行う際に注意すべきことは、符号を逆にすることです。

符号を逆にして移項しないと、元の等式が成り立たなくなってしまうので、移項のときは必ず符号を逆にするということを覚えておきましょう。

係数を1にする

等式の変形を行う際は、「係数を1にすること」の意味をしっかり理解しておく必要があります。

等式の変形が苦手な人は、「係数を1にすること」と「移項」の区別がついていないことが多いです。

例えば、xy =10をyについて解くとき、「係数を1にすること」と「移項」の区別がついていればy=10/xと正しい答えを導くことができますが、この区別がついていないとy=10-xと答えてしまうことがあります。

また、x+y=11をyについて解くときも、区別がついていればy=11-xと正しく答えることができますが、区別がついていないとy=11/xと答えてしまうことがあります。

このようなミスを減らすためにも、係数を1にするためには足し算や引き算をすることが必要なのか、それとも掛け算が必要なのか、ということを丁寧に考えることが大切です。

✔係数をなくすときは逆数を掛ける

✔「移項」するときは符号を逆にする

✔「係数を1にすること」と「移項」の区別をしっかりつける

等式の変形の例題

_画像

()を含む問題

例題:次の等式を[]内の文字について解きなさい。

4(3x+y)=8k [y]

()を含む問題は、2つの方法で解くことができます。

1つは分配法則で()を外してから計算する方法で、もう1つは()の外に掛けられている数で両辺を割ってから計算する方法です。

まず、分配法則で()を外してから計算する方法で解いていきます。

分配法則を使って()を外すと、左辺は4(3x+y)=12x+4yとなります。

そして、最終的に「y=〇〇」という形にしたいので、移項やyの係数をなくす作業を行うと、

4(3x+y)=8k 

12x+4y=8k

4y=-12x+8k

y=-3x+2k

となります。

次に、()の外に掛けられている数で両辺を割ってから計算する方法でも解いてみます。

例題で()の外に掛けられている数は4なので、両辺を4で割ります。

前で説明した通り、「割る」のではなく「逆数を掛ける」と考えるので、今回は1/4を掛けます。

そして、前の方法と同様に「y=〇〇」という形に調整していくと、

4(3x+y)=8k

3x+y=2k

y=-3x+2k

となります。

したがって、答えは、y=-3x+2kです。

分数を含む問題

例題:次の等式を[]内の文字について解きなさい。

a/4+b/9=2[a]

分数を含む問題は、係数をなくすときの計算ミスに注意することが大切です。

「割る」のではなく「掛ける」という意識を持って問題を解いていきましょう。

まず、例題ではaについて解くので、「a=〇〇」の形にすることを目指します。

aには1/4が係数として掛けられているので、逆数である4を掛けることで係数をなくします。

そうすると、

a/4+b/9=2

  a/4=-b/9+2

   a=4b/9+8

となります。

したがって、答えは、a=4b/9+8です。

ルートが含まれる問題

例題:次の等式を[]内の文字について解きなさい。

2√x+y=12[x]

ルートが含まれる問題は、まずルートを外すことが大切です。

ルートを外すには、その項を2乗すれば良いので等式の両辺を2乗します。

ルートが含まれていることで複雑に思えるかもしれませんが、ルートを外すことができればその後の作業はこれまでの問題と同様です。

例題の等式を「x=〇〇」の形にすると、

2√x+y=12

 2√x=12-y

(2√x)²=(12-y)²

  4x=y²-24y+144

  x=y/4-6y+36

となります。

したがって、答えは、 x=y/4-6y+36です。

✔()を含む問題は分配法則を使って()を外す

✔分数を含む問題は逆数を掛ける

✔ルートを含む問題は2乗してルートを外す

中学生向けにおすすめの家庭教師

【マンツーマン指導】家庭教師のトライ

_画像

特徴・授業形態

家庭教師のトライの特徴は、オーダーメイドカリキュラムに沿った指導です。

高校受験対策や定期テスト対策といった、お子様一人一人の目標に合わせて最適なカリキュラムを作成します。

また、授業形態は完全マンツーマン指導です。

授業日程は夜の遅い時間帯や土日の指定も可能なので、部活や習い事との両立をすることができ、安心です。

また、完全マンツーマン指導だからこそ、質問がしやすく授業に集中できる環境が整えられているといえます。

料金とコースについて

家庭教師のトライの中学生向けコースは、中学生のコースと高校受験対策コースの2つです。

高校受験対策コースは、お子様一人一人の志望校の出題傾向に合わせてカリキュラムを組むので、志望校合格に向けて効率よく学習を進めることができます。

また、中学生のコースでも、一人一人の目標に合わせて個別カリキュラムを組むので、細かいコースに分かれていなくても希望に沿った指導を受けることができます。

また、料金は非公開となっていますので、詳しくは直接お問い合わせいただくことをおすすめします。

合格実績と評判・口コミ

家庭教師のトライの合格実績
灘高等学校 筑波大学附属高等学校 開成高等学校 慶應義塾高等学校
西高等学校 戸山高等学校 旭丘高等学校 明和高等学校

家庭教師のトライの合格実績は、上記の表のようになっています。

私立の名門といわれる高校はもちろん、公立の難関校への合格者も多数輩出していることが分かります。

家庭教師のトライの評判・口コミは、以下のようなものが見られます。

トライの先生は、自分がわからないところや苦手なところをピンポイントで教えてくださったので、とても効率よく勉強することができました。
マンツーマンのおかげで、長時間の授業も無理なく進めることができました。

家庭教師のトライは、マンツーマン指導が人気を得ています。

1対1だからこそ、自分の分からないところを徹底して取り組むことができるうえ、長時間の授業も楽しく受けることができるようです。

↓↓【家庭教師のトライの詳細はこちら!!】↓↓

✔家庭教師のトライは完全マンツーマン指導

✔オーダーメイドカリキュラムによる指導が魅力

✔難関校への合格実績も豊富

東京個別指導学院

_画像

東京個別指導学院の基本情報
対象学年 小学生/中学生/高校生
展開地域 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県
授業形態 個別指導
特徴 定期テストから受験合格まで一人ひとりに合わせた指導

忙しい中学生も通いやすい環境

東京個別指導学院は日々の部活や習い事が忙しい中学生におすすめです。

時間割の自由度高い点や、急な用事があっても事前に連絡することで無料で振り替えを行ってもらえるため、塾を休んでしまって無駄に費用が発生したということも起こりません。

部活後に塾に行くことも可能なため、忙しい生徒でも無理なく塾に通うことが可能です。

高校受験に強い個別指導塾

東京個別指導学院は高校受験対策に強い個別指導塾です。

生徒一人ひとりの学力状況や志望校の難易度によって、適用した指導を行うため、第一志望合格を見据えて受験対策することが可能です。

個別指導なため、自由度も高く苦手科目と得意科目のバランスをうまくとりながら、学習を管理してもらえる点も東京個別指導学院の強みとなっています。

↓↓資料請求・詳しい料金はこちら↓↓
↓↓お電話でのお問い合わせはこちらから【無料】↓↓

まとめ

_画像

今回は、等式の変形について例題を交えながらおさらいしました。

等式の変形の解き方は、等式がどんなに複雑なものになっても基本的には同じです。

まずは基礎的な問題で解き方を確認してみてください。

分配法則や複雑な分数の計算を使って解かなければならない問題も多く、難しいと感じるかもしれませんが、何回も繰り返し演習することで徐々にできるようになっていくはずです。

また、係数をなくすときの計算ミスや移項するときの符号ミスは、してしまうともったいないので特に気を付けるようにしましょう。

解き終わった後に見直しを忘れずにすることが大切です。

今回は、中学生で習う等式の変形について取り上げましたが、高校生ではもっと応用的な等式の変形を学習することになります。

高校生になって苦労しないためにも、今のうちからしっかり理解を深めておきましょう。

この時点で苦手意識をなくすことができれば、受験勉強の際もスムーズに取り組むことができると思います。

中学生におすすめの家庭教師についても少し紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

自分一人で苦手を克服するのが難しいと考えている方は、家庭教師も上手に活用して成績UPを目指しましょう!

画像

3回体験コース受付中!

家庭教師のトライで結果を出せる3つの理由
★厳選されたプロ講師による完全1対1授業
30年以上、120万人の指導実績から生まれたトライ式学習法
★一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラム

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「等式の変形」に関してよくある質問を集めました。

等式の変形の問題を解くコツは?

解き方のポイントとしては、求めたい文字の係数を1にするために、係数の逆数を掛けるという考え方が重要です。また、符号えお逆にすることを指す「移項」の作業との区別もしっかりとつけておきましょう。

この記事を企画・執筆した人
-StudySearch編集部-
この記事は、StudySearchを運営している株式会社デジタルトレンズのStudySearch編集部が企画・執筆した記事です。
StudySearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
StudySearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→