ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> 中学生の定期テスト対策におすすめの勉強法!高得点をとる勉強法とは?
更新日 2022.8.5

中学生の定期テスト対策におすすめの勉強法!高得点をとる勉強法とは?

「中学校に入ってから、テストの範囲が増えて勉強が追いつかない…」

そんな悩みを持っている方は少なくありません。

本記事では、中学校の定期テストの重要性、定期テストで高得点を取る学習法をご紹介します。

中学生の定期テスト対策が重要な理由

_画像

中学生の定期テスト結果は、短期的に高校受験に大きな影響を与えます。

以下で高校受験に向けて定期テスト対策をしっかり行うことのメリットを紹介します。

  • 内申点に直結する
  • 学習習慣や集中力を育む
  • 高校の学習の土台となる

内申点に直結する

東京都の高校入試では、本番の点数と内申点が原則7:3で評価されます。

他の都道府県でも内申点は高校入試の合否に大きな影響を与えます。

つまり、内申点をどれだけ取れているかが、試験を受ける前からアドバンテージにも弱点にもなり得るのです。

高い内申点をとるためには、毎学期の成績を上げる必要があり、そのためには毎回の定期テストで高得点を維持しなければなりません。

学習習慣や集中力を育む

受験勉強はある日突然始めれば良いわけではありません。

なぜならば、「効率的な勉強の仕方」や「長時間に渡って机に向かう集中力」といった、習慣づけが必要なスキルが求められるからです。

これらは一朝一夕には身につかず、中学一年生からコツコツと勉強を続けておくことが大きな役に立ちます。

多くの中学生は定期テストの対策に2週間程度かけるため、その期間だけは毎日勉強を頑張ると決めて継続的に取り組む習慣が大切です。

高校の学習の土台となる

当たり前ですが、テストで高得点を取ろうと思って勉強することで、知識量が増えて学力が伸びます。

中学校で学ぶ事柄の多くは、高校・大学で習う学問の土台となるため、そこを疎かにしては発展的な内容を積み上げることができません。

定期テストを、単に「目先のテストのための知識」と捉えるのではなく、「一生役立つ教養の基礎」と理解することで、定期テストの意味をより深く理解することができるようになります。

✔内申点は高校入試の合否の大きく関わる

✔勉強を継続することが大切

✔定期テストだけではなく将来のためを意識して勉強する

中学生の定期テストで確実に高得点をとるには?

_画像

中学生の定期テストで高得点を取るためには「量」と「質」の2つのアプローチで勉強を進める必要があります。

テスト2週間前には勉強を始める

高得点を取るためにはテストの日の2週間前からは勉強を始めたほうがよいでしょう。

2週間前には範囲表が配られ、ある程度余裕をもって勉強を進めることができます

ただし復習に時間がかかる場合や暗記が苦手な場合は、もっと早くから勉強を始めたほうが良いかもしれません。

ワークを3週してわからない問題を無くす

テスト範囲の問題集を1度は全問解き、2週目からは間違えた問題や不安な問題に絞って正解するまで解き直すと良いでしょう。

何度も解き直すことで知識が定着し、自信を持って回答することができるようになります。

定期テスト対策が充実した学習塾を利用する

塾では各学校の進度や過去数年分の出題傾向を把握している場合があるので、テストに出やすい箇所を確実に押さえることができます。

また学校の教科書に沿った授業をしてくれる塾もあります。

塾に行くことで分からない問題をすぐに聞くことができるため、わからないストレスをあまり感じることなく、効率の良いテスト対策を行うことができるでしょう。

→定期テスト対策が充実している塾を見る

高校受験対策として入塾をお考えの方はこちらの記事も参考にしてください。

✔定期テストの2週間前には勉強を始める

✔ワークは最低3周する

✔学習塾を利用して効率的に勉強する

中学生の定期テストの勉強法

_画像

定期テストはテストの日から逆算して計画を持って学習をすることが大切です。

ここでは、定期テストで高得点を取るための具体的な勉強法をご紹介します。

【中学生】中間テストの勉強法

中学の中間テストでは教科ごとに出題形式が違うので、教科別の対策が必要になります。

まず、教科ごとの対策をまとめたものが次の表になります。

  最優先で押さえるポイント 高得点を取るための+α
国語 漢字、語句の暗記
文章の理解
関連作品の理解
読解問題の演習
数学 公式の暗記
典型問題の解法理解
応用問題の演習
時間を計った演習
英語 単語の暗記
文法の理解
文章全体の理解
穴埋めや作文形式の演習
理科 基礎用語の暗記
頻出の計算問題の演習
応用的な計算の演習
図を描いて内容を説明する
社会 基礎用語の暗記
穴埋め形式の問題演習
人物や事柄に関する周辺知識の理解
時系列に沿って出来事を説明する

国語の対策法

国語は知識問題と読解問題に分けられます。

知識問題では漢字・文法・語彙の意味などが問われるので、テスト範囲の内容を暗記しておくことで対応できます。

読解問題はほとんどは授業中に先生が説明している内容が問われるため、まずはノートをよく復習し回答を理解しておくと良いでしょう。

数学の対策法

数学では自分で計算して答えを導き出せる能力が問われています。

そのため、公式や計算方法を覚えなければ解くことはできません。

国語とは異なり語句の意味を問う問題は出題されないので、計算練習を基本とした学習をしましょう。

英語の対策法

英語は国語と似ており、まずは単語や文法を覚える必要があります。

教科書で扱った文章がそのまま出題されることも多いので、一文一文の意味を理解し、どこかが空欄になっていても埋められるようにしましょう。

理科の対策法

理科ではまず始めて習う言葉や自然現象を理解する必要があります。

例えば中学三年生で扱う「イオン」の単元では、原子の構造や酸とアルカリといった概念を理解する必要があります。

理解ができた後は、実際の問題を使って解き方を身につけ、仕組みを人に教えられる状態にできると良いでしょう。

社会の対策法

社会では人名や出来事が頻出なので、一問一答のワークなどを活用して、まずはそれらを暗記しましょう。

その上で出来事を時間軸でつなげて考えられるようにするために、年代ごとの並びをまとめておくと理解が深まります。

暗記科目の勉強法

心理学の研究では、人は何かを思い出そうとするときに、その事柄が記憶に定着することがわかっています。

そのためワークを繰り返し解くことや、記憶したことを人に説明して頭を働かせることが大切です。

1度覚えたら、翌日、1週間後、1ヶ月後と時間をおいて再度チェックをするようにしましょう。

塾の利用を検討している方は以下の記事を参考にしてください。

【中学生】期末テストの勉強法

次に期末テストの対策法を見ていきましょう。

日頃の授業から、予習・復習を徹底する

期末テストは定期テストよりも範囲が広いので、より「忘れにくい仕組み作り」が大切になります。

テスト直前に全てを覚えようと思っても大変なので、日頃の授業から予習・復習を徹底し、高い理解度を保ったまま直前対策に突入できると良いでしょう。

直前対策では知識の抜け漏れの確認や、問題演習に時間を割けると効率よく対策ができます。

5教科の期末テスト対策勉強法

期末テストの対策法は、基本的には定期テストと同じです。

しかし期末テストの方が範囲が広いため、頻出問題をきちんと抑えることが、期末テストで高得点を取る鍵になります。

また先生によっては、中間テストで正答率の低かった問題を期末テストに出すことがあるので、中間テストで間違えた問題の振り返りも行いましょう。

範囲が膨大になるので、自分の得意不得意に合わせて優先順位をつけて勉強しましょう。

実技教科こそ、日頃の授業を大切に受ける

実技科目は普段の授業で習ったことがテストに直結しやすいと言われています。

そのため授業内で理解しノートを見返せる状態にしておけば、5教科に比べて効率的に高得点を取れるようになります。

実技でも基礎知識の暗記が必要になる場合が多いので、定期テストの暗記法を参考にして、こまめな復習を心がけましょう。

暗記教科におすすめ勉強方法

社会・理科・副教科など暗記力がものをいう教科もたくさんあります。

「暗記は苦手分野だから避けていたい」という人も多いと思われます。

暗記許教科の勉強法
2週間前 教科書とノートなどでテスト範囲の内容を復習
ワークを解いてみる
間違えた問題を解きなおす
1週間前 ワークの問題を解く【2回目】
間違えた問題を解きなおす【2回目】
ワークの問題を解く【3回目】
前日にも1回チェックする【間違えた問題を重点的に】

暗記教科を一番早く攻略する方法はワークを何回も解くことです

しかし、ただ何回も解くだけではなく自分が間違えた問題を理解して、そこを重点的に解きなおすことで苦手な分野をコツコツと無くして行きましょう。

✔5教科それぞれに対策方法が異なっている

✔実技教科で力を抜かないようにする

✔暗記教科はワークを繰り返し解くことが大事

定期テスト対策が充実している学習塾

定期テストでは自分の理解できている箇所、出来ていない箇所を判断し、必要な穴埋めをしていくことが求められます。

そのため、学校のような大人数の塾ではなく、個別指導の塾を選ぶことが定期テスト対策の近道です。

オンライン家庭教師WAM

画像

オンライン家庭教師WAMの基本情報
対象学年 小学生・中学生・高校生
学習方式 オンライン指導
展開エリア 全国

4つのポイントで学力向上

オンライン家庭教師WAMは定期テスト対策も実施しており、下記4つのポイントで学力向上を目指します。

  • 基礎力を定着させる
  • プロによる定期面談
  • 各生徒に最適な学習スタイル
  • 教育改革にも対応

オンライン家庭教師WAMはスモールステップ方式を活用し、解説と演習の反復により基礎力を定着させます。

スモールステップ方式で学習すると、集中力が続くこともメリットです。

オンライン家庭教師WAMは教育アドバイザーを採用し、各生徒に最適な学習プランを作ります。

このように個性や生徒の状況に合わせて柔軟にサポートし、定期面談することも特徴の一つです。

また地域の学校に関するデータがあるため「先取り学習」や「戻り学習」、苦手な分野に集中した「反復学習」が可能です。

学校データをもとに、生徒一人ひとりに適した学習スタイルを取り入れています。

2021年から全面実施される教育改革に対応していることも、オンライン家庭教師の強みです。

したがって思考力や判断力、表現力といったスキルも身につけられます。

教育アドバイザーによるサポート

オンライン家庭教師WAMは、部活と学力向上を両立したいと考えている生徒もサポートしています。

このように両立ができる理由は、プロの教育アドバイザーを採用しているためです。

教育アドバイザーは各生徒に合わせて学習プランを作り、目標達成までモチベーションを失わせないようにサポートします。

【2022年】オンライン家庭教師WAMの夏期講習

オンライン家庭教師WAM夏期講習情報
授業形態 オンライン個別指導
講習期間 2022/6/6(月)~2022/8/31(水)
料金 500円/90分1回

オンライン家庭教師WAMの夏期講習では、生徒一人ひとりに対して最適なカリキュラムを用意しており、各生徒がしっかりと成果を出せるような指導を行っております。

受験対策から苦手克服、内申点の向上まで目的に合わせて指導方法を変えています。

また、小学生~高校生まで対策プランが分かれており、自分に最適な講習プランを見つけることが出来ます。

詳しくは公式サイトを確認しましょう。

↓↓オンライン家庭教師WAMの詳細はこちら↓↓
↓↓お電話でのお問い合わせはこちらから【無料】↓↓

画像

個別教室のトライの基本情報
対象 幼児・小学生・中学生・高校生
指導形態 1対1のマンツーマン指導
対象地域 全国

個別教室のトライは120万人以上を指導した実績のある、全国展開の個別指導塾です。

現役大学生から経験豊富なプロの講師まで、多様な先生の中からあなたにぴったりの先生を選ぶことができます。

個別教室のトライの強みは、生徒一人ひとり専用の学習プランを作成してくれることです。

経験豊富な教育プランナーが、現状を分析し目標達成までの学習計画を作成してくれます。

また遅い時間からの指導や、土日指定もできるので、部活動と勉強の両立をしたいという生徒にもおすすめです。

トライでは予算に合わせたカリキュラムの作成や無料のお見積りも行っています。

詳しくは下記公式サイトよりご確認ください。

他にも多彩な学習サービスが無料で利用できるため、詳しくは公式サイトをご確認ください。

↓↓【個別教室のトラの詳細はこちら!!】↓↓

まとめ

_画像

中学校の定期テストは、高校入試に直結する非常に大切な試験です。

内容も難しく、範囲も広いため、効率的な学習としっかりとした準備が必要です。

テストに出やすいポイントを押さえるには個別指導塾を活用するのも一つの手です。

今回は「オンライン家庭教師WAM」、「個別教室のトライ」をご紹介しました。

どちらも生徒のレベルや目標に合わせて最適な指導を受けられるので、定期試験の点を挙げたい方はぜひ活用してみてください。

画像

お得な3回体験コース実施中

個別指導塾ならNO.1
120万人の指導実績を誇る個別指導塾!
あなただけのトライ式学習法を提案!
★一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラム

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「中学生 定期テスト対策」に関してよくある質問を集めました。

中学生の定期テストの重要度は?

中学生の定期テストの成績は、高校受験の内申点に直結します。内申点は合否において大きな影響を与えるため、しっかりと定期テストの対策をしておくことが重要といえます。また高校受験は中学で習った範囲からしか出題されないため、定期テストの対策をしながら中学の学習範囲を復習することで受験勉強の時とても楽になるでしょう。記事内ではほかにも定期テスト対策をすることのメリットを紹介しています。詳細はこちらをご覧ください。

中学生の定期テストで確実に高得点をとるには?

中学生の定期テストで確実に高得点をとるにはテスト勉強を2週間前に開始する、間違えた問題が無くなるまでワークを繰り返し解くことが効果的です。基本的に定期テストは授業内容から出題されるため、あらかじめ先生が問題や答えを説明してくれている場合が多いです。そのため時間をかけてわからないを無くしていくことで、だれでも高得点を取ることができるのです。また数学や英語などわからない問題が多い場合や学校の授業についていけないという生徒は、1対1で指導してくれる個別指導塾に入ることもおすすめします。

中学生の定期テストの勉強法は?

暗記科目の場合、ワークを繰り返し解くことや、記憶したことを人に説明して頭を働かせることが大切です。1度覚えたら、翌日、1週間後、1ヶ月後と時間をおいて復習をしましょう。また期末テストは定期テストよりも範囲が広いので、日頃から授業に遅れないようにすることも重要です。授業についていくのが難しいという生徒は塾に通うことも検討しても良いかもしれません。定期テストの対策法について詳しくはこちらをご覧ください。

この記事を企画・執筆した人
-StudySearch編集部-
この記事は、StudySearchを運営している株式会社デジタルトレンズのStudySearch編集部が企画・執筆した記事です。
StudySearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
StudySearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→