ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> 英語の定期テストの出題傾向とは?効果的な勉強法・おすすめの学習塾も解説
更新日 2020.7.1

英語の定期テストの出題傾向とは?効果的な勉強法・おすすめの学習塾も解説

カテゴリ

「英語の定期テストの点数が思うように上がらない」

「定期テストで高得点を出したい!」

このように悩んでいる人は、多いのではないでしょうか。

定期テストの問題には出題傾向があります。

その出題傾向を把握し、出題傾向に対して効果的な勉強をすることで、高得点を取ることができます。

この記事では、英語の定期テストの出題傾向と、効果的な勉強法、

定期テスト対策が充実しているおすすめの学習塾を紹介していきます。

【中学生】英語の定期テストの出題傾向

_画像

英語の定期テストには出題傾向があります。

出題傾向は次のとおりです。

  • リスニング
  • 和訳問題
  • 英訳問題
  • 語句の穴埋め問題
  • 並び替え問題
  • 英作文問題

ここからは、それぞれの出題傾向について紹介していきます。

定期テストには、英語を聞いて答えるリスニングが出題される傾向があります。

リスニングでは英語を聞く力が求められます。

英語を聞く力を養うために、リスニングのCDなどを聞いて勉強します。

何度も繰り返して覚えるまで聞きましょう。

例えば「I have a pen.」は「アイハブアペン」ではなく、「アイハバペン」と聞こえます。

haveは、いつもハブと聞こえるわけではありません。

定期テストには、英語を日本語に訳す和訳問題が出題される傾向があります。

和訳問題は、教科書を声に出して読んで勉強しましょう。

教科書や英語の記事などを音読しながら日本語を想像すると、和訳問題に強くなります。

例えば「I like apples. を日本語に訳しなさい。」という問題が出題されます。

この場合、答えは「私はリンゴが好きです。」と日本語で解答します。

定期テストには、日本語を英語に訳す英訳問題が出題される傾向があります。

英訳問題は、英文を書く練習をして勉強しましょう。

単語や文法などを意識しながら英文を書くことで、英語の構造を理解することができます。

例えば「あなたは英語を話しますか? を英語に訳しなさい。」という問題が出題されます。

この場合、答えは「Do you speak English?」と英語で解答します。

定期テストには、語句の穴埋め問題が出題される傾向があります。

穴埋め問題は、出題された問題文の中にある空欄に、英単語を入れる問題です。

語句の穴埋め問題も、英訳問題と同じように、英文や英単語を書く練習をして勉強しましょう。

例えば「私は何か飲むものがほしい。 I want □ □ □.」という問題が出題されます。

I wantの後ろの部分が3箇所、空欄になっています。

答えは「I want something to drink.」なので、空欄には「something to drink」と記入しましょう。

定期テストには、並び替え問題が出題される傾向があります。

英文が単語ごとにバラバラに並んでいる状態から、日本語訳の文になるよう正しく並び変えるという問題です。

並び替え問題に対応するために、文法の形を理解しながら繰り返し勉強しましょう。

例えば「私は日曜日にときどき映画を見ます。を英語にしなさい。」という問題が出題されます。

英単語は、英文として成り立っていない形で提示されます。

「I ( on / sometimes / movies / Sunday / watch ).」

かっこの中にある英単語を、正しい英文になるよう並び替えます。

答えは「I sometimes watch movies on Sunday.」となります。

定期テストには、英作文問題が出題される傾向があります。

英作文の答えはひとつではありません。

ここで大切なのは内容ではなく、正しい英文になっているかどうかです。

英作文は教科書の英文や重要例文などを暗記し、繰り返し問題を解いて勉強しましょう。

例えば「あなたの将来の夢について書きなさい。」という問題が出題されます。

さまざまな答え方ができる問題です。

答えの例は、「I want to be a school teacher in the future.(私は将来、学校の先生になりたいです。」などです。

正しい英文なら、ほかの答えでも構いません。

POINT

✔中学生の英語の定期テストには出題傾向がある

✔リスニング・和訳問題・英訳問題・語句の穴埋め問題・並び替え問題・英作文問題が出題される

✔定期テストの出題傾向を基に勉強する

英語の定期テストの効果的な勉強方法 

_画像

英語の定期テストの効果的な勉強方法は、以下の4つの方法です。

  • 授業で扱った英単語を暗記する
  • 教科書の英文を音読・熟読・書いて覚える
  • 学校の問題集を繰り返し解く
  • リスニングの練習をする

英語の定期テストの勉強は、日頃から予習と復習をしっかりしておくことが大切です。

ここからは、それぞれの方法について詳しく説明していきます。

英語の定期テストの効果的な勉強方法は、授業で扱った英単語を暗記することです。

定期テストは教科書の内容が出題されるので、授業で扱った英単語を中心に、しっかりと暗記します。

英単語は授業で扱われた瞬間、つまり授業中に覚えてしまうのも効果的です。

英単語を暗記するために単語カードを作るのもおすすめです。

何度も繰り返すことで英単語を暗記しましょう。

英語の定期テストの効果的な勉強方法は、教科書の英文を音読・熟読・書いて覚えることです。

定期テストでは、和訳問題・英訳問題・語句の穴埋め問題・並び替え問題などが出題されます。

英文に慣れるために、教科書の英文を声に出して読むことが大切です。

教科書を音読しながら日本語を想像すると英文に強くなるとともに、記憶にも残りやすくなります。

英文に親しむためには、書いて覚えることも効果的です。

英単語や文法などを意識しながら英文を書くことで、英語の構造を理解することができます。

英語の定期テストの効果的な勉強方法は、学校の問題集を繰り返し解くことです。

定期テストは授業内容を中心に出題されます。

学校の問題集が試験の範囲になっているときは、問題集に載っている問題がそのまま出題されることがあります。

学校の問題集は、解けない問題がなくなるまで繰り返し解くと効果的です。

いつも間違えてしまう問題があるときは、教科書や参考書などでしっかりと復習し、定期テストまでに理解できるようにしましょう。

英語の定期テストの効果的な勉強方法は、リスニングの練習をすることです。

リスニングは、英語がどのように聞こえるかを覚えることがポイントとなります。

リスニング力を上げるために、リスニングのCDなどを繰り返し聞いて勉強しましょう。

授業中にリスニング力を鍛えるのも効果があります。

教科書をリスニングする時間に、自分はどの単語が聞こえにくいのかを分析するとよいでしょう。

リスニングは、英語をたくさん聞くことで上達します。

POINT

✔英語の定期テストの勉強は、日頃から予習と復習をしっかりしておくことが大切

✔授業で扱った英単語を暗記し、教科書の英文を音読・熟読・書いて覚える

✔学校の問題集を繰り返し解いて、リスニングの練習をする

定期テストで高得点を出すには? 

_画像

「英語の定期テストで高得点を出せない」

「テストの点数が伸びない」と、悩んでいるのではないでしょうか。

定期テストで高得点を出す方法は2つあります。

  • 勉強時間を増やす
  • 定期テスト対策ができる学習塾を利用する

ここからは、それぞれの方法について解説していきます。

定期テストで高得点を出す方法は、勉強時間を増やすことです。

同じ時間勉強しても、なかなか得点を上げることはできません。

定期テストで今より得点を上げるためには、今よりも勉強時間を増やすことが大切です。

通学時間などの隙間時間を利用しながら、少しずつ勉強時間を増やしていきましょう。

なぜなら、勉強時間を大幅に増やしてしまうと、長く続けることができないからです。

勉強時間を増やすときは15分、30分、45分と少しずつ増やしていくのがおすすめです。

定期テストで高得点を出す方法は、定期テスト対策ができる学習塾を利用することです。

学習塾では、定期テストの対策を行っており、プロの講師による適切な指導を受けることができます。

学習塾には成績を上げるためのノウハウがあるので、効率的な学習ができます。

定期テストに向けた学習スケジュールも整っているため、一人で学習するよりも効果が出やすいです。

学習塾は英語の定期テストだけでなく、数学など他の教科の対策や、高校受験の対策を行なっているところも多くあるので、定期テストや高校受験に備えた学習をすることができます。

POINT

✔定期テストで高得点を出す方法は、勉強時間を増やすこと

✔定期テストで高得点を出す方法は、定期テスト対策ができる学習塾を利用すること

✔学習塾には成績を上げるためのノウハウがある

定期テスト対策が充実している学習塾は? 

_画像

定期テストで成績を上げるためには、学習塾で教育を受けると効率的です。

定期テスト対策が充実している学習塾は、2つあります。

  • 個別教室のトライ
  • ITTO個別指導学院

定期テスト対策におすすめの学習塾は、マンツーマンで指導してくれる個別指導塾です。

ここからは、それぞれの学習塾について特徴と強みを詳しく解説していきます。

_画像

個別教室のトライは、直営教室数が全国1位の個別指導塾です。

全国にある教室は通学しやすい場所にあり、小学生から大学受験を控えた高校生まで、全ての学年に対応しています。

特徴

個別教室のトライは、中学生の定期テスト対策が充実しています。

定期テストで出題されやすい問題を重点的に学習することができ、点数を出すことに繋がります。

ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの学習プランで、効果的に定期テスト対策を進めることができます。

個別教室のトライの指導方法は、1対1のマンツーマンです。

マンツーマンなので、ひとりひとりに合わせた専用のプランに沿った学習ができます。

強み

個別教室のトライは、通っている中学校に合わせた定期テスト対策を、ひとりひとりの学習状況に合わせてサポートしてくれます。

定期テストの出題傾向などが分析されているため、点数を出すために必要な勉強を学習プランへ反映することができます。

テストに出やすい問題を中心に対策しているので、効率的に成績をアップさせることが可能です。

定期テストの対策は、学習塾がない日も自分で行う必要があります。

個別教室のトライでは、正しい自主学習のやり方も指導しています。

授業が無い日に自分ひとりでやるべきことを具体的に指示することで、自主学習の習慣を身につけることができます。

↓↓料金・キャンペーンの確認はこちら↓↓

_画像

ITTO個別指導学院は、全国に1100校以上ある個別指導塾です。

小学生から高校生まですべての学年に対応しており、豊富なノウハウを持つ講師から、きめ細かな指導を受けることができます。

特徴

ITTO個別指導学院は、充実したサポートが特徴です。

自ら学ぶ気持ちを育てることを大切にしています。

中学生向けのコースでは、定期テスト対策から高校入試対策まで、全てマンツーマンで指導を受けることができます。

普段の授業以外のオプションプランも充実。

定期テスト対策として、テストの3週間前から受けられる「テストターボ」を実施しています。

テストで得点を出すためのノウハウをしっかりと教えてくれる授業です。

強み

ITTO個別指導学院は、特にテスト対策に強みがあります

ITTO個別指導学院のオリジナル模試である、「ITTO模試」が無料で受けられます。

ITTO模試は、一問一答形式の模試です。

教科書の重要ポイントをピックアップした問題となっており、中学校の定期テスト対策を万全なものにすることができます。

ITTO模試は毎月受験できるので、基礎学力の定着を常に養うことができます。

校舎一覧 北海道 旭川校宮の沢校札幌東校西高前校
東京 原町田校上北台校足立佐野校足立中央校東久留米校南大沢校八幡校
神奈川 たちばな台校上矢部校浅田校大口校大野台校潮田校渡田校
岐阜 芥見校岐北校長森校長良校
静岡 篠ケ瀬校静岡城北校袋井高尾校袋井天神校袋井北校大平台校浜松中島校
愛知 岡崎西校岡崎南校岡崎本校黒川校南加木屋校南知多校富貴の台校豊川本野校竜美ヶ丘校
滋賀 宇賀野校大将軍校長浜北校長浜本校
京都 宇治小倉校精華光台校
大阪 河南校狭山校高槻天王校高槻富田校黒原校曽根校大正千島校都島中央校
兵庫 苦楽園校広畑中央校三木緑が丘校洲本宇原校神戸本校西新町校川西大和校大日通校姫路西校姫路夢前校網干校
POINT

✔定期テスト対策が充実している学習塾は、「個別教室のトライ」と「ITTO個別指導学院」

✔「個別教室のトライ」は、テストに出やすい問題を中心に対策している

✔「ITTO個別指導学院」は、教科書の重要ポイントをピックアップした問題を使って対策している

まとめ

_画像

この記事では、英語の定期テストの出題傾向と、効果的な勉強法、定期テスト対策が充実しているおすすめの学習塾を紹介しました。

英語の定期テストで高得点を出すためには、日頃から予習と復習をしっかりしておくことが大切です。

学習をしっかりサポートしてくれる学習塾に通うと、より効率的に点数を出すことができます。

学習塾を選ぶなら個別指導塾がおすすめです。

定期テスト対策が充実しており、得点アップが期待できる

「個別教室のトライ」や「ITTO個別指導学院」で勉強してみてはいかがでしょうか。