ホーム >> 学習関連コラム >> 受験・資格 >> 【大学入学共通テスト】物理の出題範囲や対策方法について徹底解説
更新日 2020.11.10

【大学入学共通テスト】物理の出題範囲や対策方法について徹底解説

2021年1月に大学入学共通テストがいよいよ実施されることになりました。

今回は、共通テストの科目のうち、「物理」についての情報を紹介していきます。

「問題構成や範囲の変更はあるのか」「どのように対策していけば良いのか」など、様々な疑問や不安を抱えている受験生が多いのではないでしょうか。

少しでも知識を付けて対策を万全にして試験に臨みましょう!

 

大学入学テストとセンター試験について

画像

大学入学テストとは

大学入学共通テストとは、2020年度から初めて導入される日本の大学の共通入学試験です。

現在の大学入試センター試験を変革したものと考えていいと思います。

共通テストではセンター試験と比べて、知識の理解の質を問う問題や、思考力、判断力、表現力等を発揮して解くことが求められる問題が重視されています。

想定されるものとしては、教科書に載っていない初見資料を扱う問題や、複数選択を求められる問題があります。

センター試験からの変更点

センター試験からの変更点が2つあります。

英語の配点

まず、英語の配点が変更され、センター試験ではリーディング200点、リスニングが50点だったところ、共通テストではリーディングが100点、リスニングが100点になります。

配点比率が大きく変わる為、リスニングの対策を今まで以上にしっかりと行う必要があります。

数学の試験時間

また、数学I・Aの試験時間が60分から70分に増えます。

それ以外は、センター試験と比べて時間や日程に大きな変更はありませんが、全体的に難易度が少し上がることも予想されるので、今まで以上にしっかり対策を行っていきたいですね。

✓2021年1月に初の共通テストが行われる

✓英語の配点が変更される

✓数学の試験時間が変更される

大学入学共通テストの詳しい情報については以下をご参考にしてください。

物理の出題範囲と問題構成

画像

共通テストの物理科目について詳しく見ていきたいと思います。

出題範囲

出題範囲に大きな変更はありません

しかし、教科書に載っていないような初見の問題も出題されることが予想されるので、問題演習を積み重ねて物理法則等の基本事項を正確に理解し、問題文を的確に把握してその場で対応できる力、図やグラフをもとに考察する力を身につけておく必要があります。

問題構成

共通テストでは、日常生活や実験を意識した問題、科学的な探究の過程を重視した問題が出題されます。

既存の問題集を中心とした反復学習だけでは対応できないため、「探究活動」の内容も丁寧に学習し、実験データの読み取りや実験結果をグラフで表す練習、立式や計算練習もしておく必要があります。

✓初見問題が出される可能性もある

✓普段から身近な事象に関心を持つ必要がある

✓図やグラフをもとに考察する力を身に付けるべきだ

大学入学共通テストの他教科についての情報は以下をご参考にしてください。

物理の勉強法・対策方法

画像

2021年の試験が初となる共通テストは、まだ過去問がありません

変更点について確認しても、具体的にどのような方針で勉強すればいいのか分からない受験生もいると思います。

ここでは、物理科目の勉強方法や共通テスト対策について見ていきます。

参考書で対策する

大学入学共通テスト 物理予想問題集

著者 出版社 価格(税込) ISBN-13 タイプ
木村 純 KADOKAWA 1,320円 9784046042408 予想問題集

2回分の試行調査問題と2回分の著者オリジナル予想問題で、物理の対策がバッチリできます。

予想問題には、実験に関する問題や、資料のデータを読み取り分析・考察する力を問う問題を多く取り入れられており、共通テスト独特の「思考力」を問うタイプの問題の練習をたっぷりと行うことができます。

大学入学共通テスト 物理 実戦対策問題集

著者 出版社 価格(税込) ISBN-13 タイプ
土屋 博資 旺文社 1,485円 9784010346785 問題集

確認問題、基本問題で基礎力の定着を図り、実戦問題で共通テスト特有の応用力をつけることができるようになっています。

掲載問題数は全264問で、センター試験過去問の他、オリジナル問題も収録してあります。

塾や予備校に通って対策する

「参考書で自学するだけは不安だ」という方もいると思います。

ここでは2つの学習塾を紹介しますのでぜひ参考にしてください。

ITTO個別指導学院

画像

ITTO個別指導学院の基本情報
対象 小学生・中学生・高校生
授業形式 個別指導
エリア 全国
特徴 質の高い講師によるきめ細かい個別指導

ITTO個別指導学院は、全国に1000以上の校舎を展開し、個別指導に深いこだわりを持っている学習塾です。

1人1人異なる勉強のスピードや方法に合わせて、その時々に必要な学習カリキュラムを組むことが出来ます。

個別指導だからこそのきめ細かい指導やサポートで「わかる感動」を提供しています。

ITTO個別指導学院の特徴

ITTO個別指導学院の講師は、定期的な研修会への参加をすることで、より質の高い授業の提供を目指して取り組んでいます。

また、テスト前の集中特訓や検定対策、苦手な単元の克服など、目的に応じてピンポイントに利用できるオプションプランも充実しており、テスト対策を万全にすることが出来ます。

それ以外にも、塾生は受験料無料のオリジナル模試が用意されています。

ここでは、一問一答形式で重要語句を確実にマスターすることが出来ます。

詳しく知りたい方は校舎へ無料資料請求でお問い合わせください。

↓↓ITTOの無料体験・資料請求はこちら↓↓
校舎一覧 北海道 旭川校宮の沢校札幌東校西高前校
東京 原町田校上北台校足立佐野校足立中央校東久留米校南大沢校八幡校
神奈川 たちばな台校上矢部校浅田校大口校大野台校潮田校渡田校
岐阜 芥見校岐北校長森校長良校
静岡 篠ケ瀬校静岡城北校袋井高尾校袋井天神校袋井北校大平台校浜松中島校
愛知 岡崎西校岡崎南校岡崎本校黒川校南加木屋校南知多校富貴の台校豊川本野校竜美ヶ丘校
滋賀 宇賀野校大将軍校長浜北校長浜本校
京都 宇治小倉校精華光台校
大阪 河南校狭山校高槻天王校高槻富田校黒原校曽根校大正千島校都島中央校
兵庫 苦楽園校広畑中央校三木緑が丘校洲本宇原校神戸本校西新町校川西大和校大日通校姫路西校姫路夢前校網干校

大学受験ディアロ

画像

大学受験ディアロの基本情報
対象 中学生・高校生・浪人生
授業形式 個別指導・オンライン指導
エリア 関東・中部
特徴 満足度99.7%の対話式トレーニング

大学受験のディアロは、大学受験専門の個別指導塾です。

5つのコースが用意されていて、さらに特別講座やスクールイベントなども用意されています。

たとえば、AIトレーニングコースではAI学習教材を活用していて、AIの力を活用して苦手分野を見つけ出し、その点を重点的に指導してもらうことができます。

大学受験ディアロの特徴

大学受験のディアロの1番の特徴は、「生徒が説明する」1:1の個別指導塾であることです。

授業の基本的な流れとしては、事前に予習をした上で、実際に生徒が講師に「自分の言葉」で説明して、質疑応答を繰り返すというものです。

対話を重視することで生徒に気づきを与えて、学習への驚きやモチベーションにつながるのも魅力です。

また、ディアロはZ会グループの学習塾なので、進路指導や学習指導はもちろん、使用する教材についても難関大合格に抜群の実績を誇るZ会グループのものなので安心して受講できます。

そのため、共通テスト対策もしっかりと行っていて、最新分析をもとにした指導を期待できます。

↓↓大学受験ディアロの詳しい情報はこちら↓↓

✓ITTO個別指導学院は個別ならではのきめ細かい指導が受けられる

✓大学受験ディアロは映像×対話式トレーニングで学ぶ学習塾である

✓2つとも授業以外のサポートもしっかりしている

まとめ

画像

今回は、共通テストの物理科目について見てきました。

物理は、センター試験から共通テストへの大きな変更はないものの、グラフや表をもとに考察する問題が出題される可能性が非常に高いです。

ただ法則を丸暗記するのではなく、そのプロセスを把握し、応用できる力を身に付けておきましょう。

【大学入学共通テスト】物理についての詳しい情報はこちら

大学入学共通テストの物理についてよくある質問について集めました。

大学入学共通テストって何?

大学入学共通テストとは2020年度から始まる日本の大学の共通入学試験です。

センター試験からの変更点って何があるの?

センター試験からの変更点は2つあって英語の配点と数学の配点が変更されました。

出題範囲って変更されるのか?

センター試験から大学入学共通テストは出題範囲は変更されません。