ホーム >> 学習関連コラム >> 受験・資格 >> 数学検定の難易度や勉強法、メリットとは、合格率や各級のレベル
更新日 2021.6.10

数学検定の難易度や勉強法、メリットとは、合格率や各級のレベル

数学検定は英検や漢検などその他の検定と比べてマイナーなのではないでしょうか。

マイナーな数検ですが、持っておくと進路や就職で有利になります。

今回は、数学検定の概要や受験法、合格率などをご紹介します。

【目次】

数学検定とは

数検の難易度・合格率

数学検定の合格率

数学検定の各階級の難易度

↓↓数学検定対策を行っている塾をお探しの方はこちら↓↓

数検対策ができる塾

まとめ

画像

数学の成績を上げるならMeTa

苦手な数学を必ず克服できる塾
数学特化のマンツーマン授業
★週2回の演習授業で質問し放題!
3日ごと数学克服プラン作成

_

数学検定とは

画像

数学検定は数学の実用的な技能を測り、論理構成力を見る記述式の検定として文部科学省が後援している検定です。

数検のレベル分けは以下の通りです。

数検のレベル分け
検定レベル 数学検定 1~5級
算数検定 6~11級

文部科学省の推進する「高校生のための学びの基礎診断」事業において、準2級、3級が測定ツールとして認められています。

準2級の合格率についてはこちら、3級についてはこちらを参考にしてください。

数学検定のメリット

数学検定のメリットは以下の3点です。

  • 入試優遇・単位認定制度を活用
  • 海外でも高い評価
  • 就職に有利

入試優遇・単位認定制度を活用

数検の資格を持っておくことで中学から大学受験などで優遇処置や高評価を受けることがあります。

この入試優遇制度は全国で高等専門学校、高等学校・中学校で780校以上、大学・短期大学・専門学校で500校以上で導入されています。

画像

単位認定制度は数検の資格を持っていることで大学・高等専門学校・高等学校の特定科目の単位を認められる制度です。

海外でも高い評価

数学検定・算数検定は海外でも実施されています。

主に東南アジアを中心に行われており、検定に関連したワークショップやセミナーも行っています。

検定を実施している国は以下の通りです。

タイ/カンボジア/フィリピン/インドネシア/ジャマイカなど

就職に有利

SPI試験の非言語分野において出題範囲が数学検定の準2級で74%、3級で53%共通しています。

また、数学検定に合格すると、ESや履歴書に記載して自分の数学力を証明することが可能です。

POINT

✔入試優遇・単位認定制度を活用

✔海外でも高い評価

✔就職に有利

数検対策をしたい方はこちらを参考にしてください。

数検の難易度・合格率

画像

数学検定の難易度や合格率は基本的には階級が上がるごとに難易度が上がり、合格率は下がっていきます。

数学検定の合格率

2019年の合格率
階級 合格率(%) 階級 合格率(%)
1級 13.2 7級 77.7
準1級 25.2 8級 83.9
2級 28.2 9級 86.9
準2級 48.9 10級 94.1
3級 61.9 11級 94.8
4級 71.8 ゴールドスター 98.1
5級 73.9 シルバースター 99.1
6級 83 - -

数学検定の各階級の難易度

各階級の難易度
1級 大学程度・一般 6級 小学6年生程度
準1級 高校3年生程度 7級 小学5年生程度
2級 高校2年生程度 8級 小学4年生程度
準2級 高校1年生程度 9級 小学3年生程度
3級 中学3年生程度 10級 小学2年生程度
4級 中学2年生程度 11級 小学1年生程度
5級 中学1年生程度 かず・かたち検定 幼児

数検対策ができる塾

オンライン数学克服塾MeTa

画像

オンライン数学克服塾MeTaの基本情報
対象 中学生・高校生
授業形式 オンライン(個別1対1、集団)
特徴 数学克服・対策に特化したオンライン専門塾

 

  • 数学特化のマンツーマン授業
  • 週2回の演習授業で質問し放題!
  • 3日ごとの数学克服プラン作成

MeTaで成績が上がる理由

オンライン数学克服塾MeTaでは、東大・京大卒などの優秀な講師が完全マンツーマン指導で授業を行います。

数検対策も行っているため、数検の成績を上げたい方におすすめの塾です。

MeTaの数学学習法を知りたい方は以下の動画を参考にして下さい。

※現在2週間の無料体験授業実施中!!

↓↓お問い合わせはこちら↓↓

まとめ

画像

数検の申し込みはインターネットの他に、コンビニエンスストアや取り扱い書店でもおこなえます。

詳しくは日本数学検定協会を参考にしてください。

数学検定は様々な進路で役に立つので取得しておいて損はありません。

画像

数学の成績を上げるならMeTa

苦手な数学を必ず克服できる塾
数学特化のマンツーマン授業
★週2回の演習授業で質問し放題!
3日ごと数学克服プラン作成

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

数学検定に関してよくある質問を集めました。

数検2級の難易度は?

2級の合格率は26.2~30.8%となっており、数学検定の中で3番目に難易度の高い試験となっています。
2級は高校2年生・1年生レベルの知識・能力が求められますので、高校で習う数学の各分野を検定レベルに合わせて一通り押さえておく必要があります。
数検2級を受ける際は、全問題の70%の正解を目指して対策をしましょう。

数学検定を受けるメリットは?

数学検定に合格する事で受験や就職の人物評価で高い評価を得られる可能性があります。
また1級、準1級、2級を取得していると、「高等学校卒業程度認定試験」での必須科目の「数学」が試験免除となります。
さらに中高・短期大学・大学などの一般・推薦入試における「入試優遇制度」において、数学検定の資格が評価の対象となる場合もあります。
具体的に知りたい方は数学検定のメリットについてご確認ください。

数学検定の合格率は?

数学検定の合格率は何級を受けるかで変わっていきます。
3級以下は合格率が50%以上と比較的難易度が低めになっています。
最も難易度の高い1級では、2014年から2017年の合格率が平均6.5%と極めて低い合格率となっています。
級ごとの合格率を知りたい方はこちらからご確認ください。

数学検定の申し込み方法は?

個人でのお申込みの場合、インターネットでの申し込み、数学検定の申し込みが可能な書店から、書籍をダウンロードして郵送による申し込み、コンビニでの申し込みの4種類の申し込みが可能です。
また5人以上の団体での受験の場合は、郵送によるものとマイページによるものの2種類があります。詳しくはこちらからご確認ください。