ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> 【大学受験】政治経済の勉強法やおすすめの参考書について
更新日 2021.1.7

【大学受験】政治経済の勉強法やおすすめの参考書について

カテゴリ

みなさんは政治経済学と聞くとどのような印象をお持ちでしょうか。

政治経済は、暗記が重要な科目や時事問題が多く厄介な科目という印象が強い傾向にあります。

そのため、今回は政治経済学の勉強法に焦点を当てて、おすすめの参考書や学習塾も含めてご紹介していきます。

政治経済の特徴について

画像

政治経済学とは起こった経済現象に対して、当時の社会的制度や文化、政治体制などの広い観点から分析・考察する学問です。

暗記重視の科目

政治経済学とは、一般的には暗記力が問われる学問です。

他の教科と比べると暗記力が成績アップの重要な部分であることは間違いないです。

しかし、政治経済学は日本史や世界史と違い、時代の流れを意識しなくていいので自分の興味のある単元から学習できるのが特徴的です。

暗記が苦手という方には辛い科目かもしれませんが、それは暗記の仕方が間違っていることがほとんどです。

暗記にはコツがあるということを覚えておいてください。

計算問題や時事問題が出題される

政治経済学は暗記とは別に時事問題や計算問題が出題されることがあります。

社会科目なのに計算問題が出題されるのが政治経済学です。

計算自体は難しいものは、ほとんどないので実際に問題を解いて対策することが大切です。

時事問題も今年以外の内容に関して以外は、参考書等で対策できることが多いです。

時事問題と計算問題に関しては、ずっと勉強する必要はなくたまに確認し、その都度復習するやり方が一番効率がいいかと思われます。

受験に関する記事はこちら

大学入学共通テストの詳細はこちら

効果的な政治経済の勉強法について

画像

暗記科目の勉強法

単語に触れる回数を増やす

暗記科目である政治経済学の効率的な勉強法はいくつかありますが注意しておくべきことは一回で完璧に覚えようとしないことです。

人間は新しい情報を常に取り入れるため、古い情報は忘れるようにできています。

時間をかけても1回で覚えるのは、至難の業なので割り切って考えるのが一番良いです。

また、人間の脳は何度も同じ内容を取り入れると脳が勝手に生きるために重要な情報だと勘違いし、脳に定着していきます。

脳の特徴を逆手に取り、少しでも単語に触れることで定着を促しましょう。

計算問題・時事問題の勉強法

実際に問題を解いて、計算問題に慣れておく

計算問題に関しては実際に問題を解いて対策するのが一番効果的といえます。

難しい計算問題が出題されるわけではないので、暗記問題に飽きたときや他の科目の計算問題を勉強している隙間時間などに問題集を解くのが良いです。

計算問題は量をこなすことが必要となってくるので、やればやるだけ正確に速く問題をとくことができるようになります。

参考書やニュースを見るなど時事の流れを把握しておく

時事問題に関しては日頃からニュースなどを見るなど、時事に触れておくと良いです。

テレビや新聞、ネットなどの媒体に関してはどれを活用してもいいと思います。

重要なのはわからないことが出てきたらすぐに調べることです。

これを繰り返すだけでも学習の役に立ちますし時事問題を完璧に克服できます。

また、参考書などにも去年以前のことは記載されていることが多いので参考書やニュースを活用して時事問題に取り組みましょう。

おすすめの政治経済の参考書について

【入門レベル】『政治・経済 パワーアップ版』(新マンガゼミナール)

画像

入門レベルにおすすめの参考書が、マンガでわかりやすく解説してくれる『政治・経済 パワーアップ版』(新マンガゼミナール)です。

本書は、政治・経済の複雑な内容をマンガ形式で解説することで暗記が多く抵抗のある方にわかりやすいビジュアルで飽きずに政治・経済に触れてもらうことが目的の1冊です。

また、別冊に一問一答形式の問題集も付属しているため、内容の確認にも使えます。

マンガで解説してくれるので重要な点は、大々的に誇張されており本書に登場するキャラクターもおり、わかりやすい内容となっています。

【基礎固めレベル】『政治経済一問一答』(東進ブックス)

画像

一問一答形式で大学受験に必要な基本事項を主に集めたのが『政治経済一問一答』(東進ブックス)です。

過去問から受験に必要な基本事項をピックアップしており、時事問題では「完全予想問題」として過去問より改題・新作を提供してくれます。

また、手の付きにくい計算問題に関しても、入試で狙われる統計・資料データを元に作られた問題を多数掲載してます。

さらに、図表・フローチャート問題として複雑で覚えにくい論点もおさえており基礎を固めるには十分な1冊といえます。

時事予想問題と過去の入試問題を特集した別冊「時事問題セレクション」も付属しています。

【難関大学レベル】『実力をつける政治経済80題』(Z会)

画像

難関大学レベルを目指す方におすすめしたいのが『実力をつける政治経済80題』(Z会)です。

わかりやすく理解するために各章ごとに要点整理→基本問題→演習問題という構成になっています。

演習問題は様々な過去の入試問題から80題のみ厳選されておりあらゆるテーマ・形式に対応しています。

また、解説がとても充実しており、各章に図表が記載されているなど参考書としても活用できるほど疑問を解消できるものとなっています。

第2版になるとさらに解説面が改良され最新の情勢や傾向に合わせてあります。

Z会が運営している大学受験に強い塾こちら→

二次試験対策を徹底したい方は、塾もおすすめ

【豊富な指導実績】個別教室のトライ

画像

個別教室のトライの基本情報
対象 小学生・中学生・高校生
授業形式 1対1の個別指導
校舎 全国607教室
特徴 厳選されたプロ講師陣による全国No.1の個別指導塾

個別教室のトライは、全国的にもトップクラスの合格実績を残し、CMでもよく見かけるほどに有名な大手個別指導塾です。

個別教室のトライの強み

個別教室のトライでは、ダイアログ指導という独自の指導法を取り入れています。

ダイアログ指導とは講師に教えてもらった内容を理解した後、生徒が講師に理解できた内容を教え返すという指導法です。

ダイアログ指導によりわかったつもりになることやわからないことを残さないようにし、確実に理解させ次につながるようにしています。

また個別教室のトライでは特に高校生の指導に力を注いでおり、人生の分岐点となる大学受験に向けて生徒たちをサポートしています。

全国の難関大学に挑むためのコースTOEICやTOFELなどの大学受験に必要な資格のサポートまで徹底されています。

↓↓【オンラインにも対応】冬期講習受付中!↓↓
↓↓お電話でのお問い合わせはこちらから【無料】↓↓

【受験特化のオンライン家庭教師】メガスタ高校生

画像

オンライン家庭教師野メガスタ高校生の基本情報
対象 高校・高卒
授業形式 オンライン指導・訪問指導(東京・神奈川・千葉・埼玉)
対応地域 全国(オンライン)
特徴 大学受験専門のオンライン家庭教師

メガスタ高校生は、指導実績全国No.1を誇る逆転合格を強みとしているオンライン家庭教師です。

メガスタ高校生の強み

メガスタディは、一般的な家庭教師とは違いオンライン指導を行っています。

実際に家庭教師が隣についていてくれるような状況をオンラインで可能しておりメガスタディ独自の指導環境で成績アップを狙います。

特に大学受験に強いことで有名で偏差値40・50台からの難関大学への逆転合格の実績が数多くあります。

また、一般入試の対策はもちろんのことAO入試・推薦入試・医学部入試対策にも対応しており大学受験において多くの生徒を抱えています。

メガスタディは、講師陣にも力を注いでおり有名な予備校・学習塾での指導経験のある講師難関大学合格の実力のある講師がオンラインにて完璧に理解ができるまで指導してくれます。

↓↓難関大学に逆転合格したいなら↓↓

まとめ

画像

今回は大学受験に必須な政治経済学についてご紹介しました。

政治経済学の特徴などを踏まえたうえで効率的な学習を取り入れていきましょう。

暗記が苦手な方は、まずその勉強法から見直してみるのも成績アップにつながるかもしれません。

また、合わせておすすめの参考書や学習塾もご紹介しましたので政治経済学の学習でつまずいたら頼ってみてください。

画像

大好評の冬期講習受付中!

個別指導塾ならNO'1
120万人の指導実績を誇る塾!
あなただけのトライ式学習法を提案!
★全国にNo.1の直営校数定期テスト/受験対策も完璧!

_

【逆転合格】オンライン家庭教師のメガスタ高校生

✔家庭教師人数:約15,000名以上
✔実績:大学受験では首都圏最大級の合格実績
✔特徴:偏差値40台からの逆転合格が得意

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

政治経済についてよくある質問について詳しくまとめました。

大学受験における政治経済の特徴は?

政治経済の特徴は暗記が多い点が特徴的です。

政治経済学とは起こった経済現象に対して、当時の社会的制度や、文化、政治体制などの広い観点から分析・考察する学問です。

効果的な勉強法は?

政治経済の効果的な勉強法はまず単語に触れる回数を増やすことです。

その中で時事問題や計算問題の対策もすることが大切です。

おすすすめの参考書は?

政治経済を勉強していく中でおすすめの参考書は3つあります。

ここでは、読者のレベルに合わせて入門レベルから難関大学レベルまで紹介しているのでぜひ参考にしてください。