ホーム >> 学習関連コラム >> 家庭教師 >> 家庭教師の選び方・ランキングサイトの見方|無料体験は重要
更新日 2019.1.27

家庭教師の選び方・ランキングサイトの見方|無料体験は重要

選ぶのに悩んだら、家庭教師ランキングサイトを見てみよう!

情報満載!ランキングサイトの種類

画像

家庭教師に関するランキングサイトは様々なものが存在します。

どこのランキングサイトにも共通しているのが、家庭教師に関するサービスの情報です。

例えば口コミや評価などはいわば必須項目と言えます。

それぞれのサイトで違う点は、評価の項目や細分化されたカテゴリー程度であり、どの家庭教師がおすすめなのかを利用者の声などで参考にしていく仕組みはどこも変わりません。

そこでの差別化よりも、ランキング以外での家庭教師に関する情報が多く掲載されているところがおすすめです。

その過程で家庭教師に対する理解を深めてもらうことも大事なことです。

これらのランキングサイトは実は簡単に行うことができます。

フォーマットを用意し、あとは大手の家庭教師サービスを利用した人たちのレビューを集めておけば、あとは自然と集まるようになるからです。

なので、同じようなランキングサイトでも信憑性のあるところとないところが分かれるのは、いわば自然な流れです。

これでは本当に信憑性のあるところかが分からないため、掲載基準を明確にしているところがおすすめです。

そうすれば、確かなところしかここは載せていないというのがわかるだけでなく、それだけ質のいい情報が集まります。

家庭教師のランキングサイトに掲載される企業の基準を明確にする理由は、詐欺的な要素や質の劣悪さなどを避けるためです。

詐欺的な要素で言えば、高額な教材を用いるとばかりに金を払わされてそれから授業を受けさせるようなところが現に存在します。

本来の家庭教師はそのようなことはさせず、良心的なところは普段使っている参考書などを用いて、臨機応変に対応するところがあります。

つまり、高額な教材を購入させる時点で何かしらの思惑を秘めているということであり、そのような企業を排除するだけでもより安心して利用してもらえるという構図です。

ランキングサイトの中には単純にランキングを定めているところや、サイトを通じて契約が成立すればいくらかを仲介料としてもらうようなところがあります。

要するに、家庭教師のポータルサイトのようなランキングサイトも中にはあることから、お金を支払ってPRをするようなケースも存在しています。

これでは怪しさが出てしまうため、家庭教師をどのように選んでいけばいいのか、その選び方を掲載して中立な存在であることをアピールするところもあります。

とはいえ、こうしたものは実際に選んでいく際にとても大事なものとなっていきます。

日本にはたくさんの家庭教師サービスを行う企業が存在しますが、1つずつチェックしていくことは大変であり、それぞれに重視したいポイントがあります。

こうした人向けに自分の子供にぴったりな家庭教師サービスを見つけられるシステムを用意しているサイトがあり、おすすめです。

子供の年齢層やなぜ利用したいのか、子供の性格や学習状況などを入れていくと子供がどのようなタイプなのかを示し、子供に合わせたところを提示し、資料請求ができるようになっています。

これらを用いることでより具体的な調査ができます。

何度も利用している人ならまだしも、初めて利用する人からすれば子供との距離が近くて変なことにならないかなどの不安が生じる親がいます。

これは家庭教師そのものに対する理解が乏しいことも要因として考えられます。

値段が高いか安いかに関しても、実は時間当たりの単価は企業によって様々であり、比較しなければ分からない部分でもあります。

そんな時に比較ができるランキングサイトであれば、そのあたりのチェックが行えます。

講師の交通費を支払うかどうかも企業によって異なるなど、契約してから発覚することもあるので気を付けたい部分です。

単にランキングを載せているようなサイトに書かれているものは、実はどこかのサイトに書かれていたようなものをトレースした形になっています。

なので、イマイチ理解が深まらないケースもあります。

独自のことが書かれ、疑問が払拭されるようなものであれば、そのランキングサイトはかなり信頼がおけると言えます。

そう考えていくと、実際に見ておくべき部分はたくさんあるのですが、しっかりとしたサイトで情報を得ていけば少なくとも失敗する可能性は低くなるはずです。

契約までには体験授業やヒアリングなどをやるべきことがたくさんあります。

その前に資料請求をしておき、いくつかの企業に絞り込んだ中でやっていけば、よりいいところを見つけられるようになります。

最終的な判断は話を聞いてからでもよく、まずは様々なファクター、重視しているポイントで判断しながら資料請求を行うことをおすすめします。

良い家庭教師を選ぶポイント

画像

家庭教師にお願いをする場合には、ランキングなどで決める人もいますが、必ずしもランキングが上位の家庭教師がよいわけではありません。

家庭教師にもいろいろな人がいますのでランキングだけで決められるほど薄っぺらいものではありません。

では、本当に良い家庭教師はどのような人なのかを見ていきましょう。

家庭教師を選ぶ場合、インターネットのランキングだけで選ぶ人は少なくありません。

ですが、ランキング通りに選んでもなかなかうまいことやらないことがあります。

そもそもなぜランキング上位のところを選んだのに自分と相性が良くないのか、あるいは勉強を上手に教えてくれないのかなどの疑問に思うはずです。

実は、これには様々な理由がありますが一番はそのランキング自体が何ら根拠はない点です。

実は、このようにランキングをつけているサイトはたいていアフィリエイトのサイトになりますのでその根拠自体があいまいなことがほとんどです。

アフィリエイトは、家庭教師センターを紹介することによって入会までしたら初めてお金をもらうことができます。

金額としては数千円になりますがそれが100人いた場合にはかなり大きなお金になることが理解できるでしょう。

そこで、ランキングをつける時に実際に調査をするのではなく報酬が高い順番につけていくわけです。

例えば一番報酬が高いところを第1位にしてそれなりの理由を付け加えます。

そうすると、1位のところばかりを選んでくれることになりますので、たいていの場合高い報酬を得ることができる仕組みになります。

アフィリエイトは、会社単位で行っているようなところもありますが、たいていの場合は個人で行っています。

個人で行っている人と言うのはサラリーマンをしながらその傍らで空き時間を見つけておこなわけです。

当然ながら専門的な知識を持っている人は少なく、特別なパイプを持っている人もいません。

そうすると、ランキングの調査といってもどのように調査がしたらいいのかわからないわけです。

本来のランキングとは、実際に利用したことがある人に投票してもらい、その中で重要つけていくものですがそこまで行うほどの資金的な余裕もなければタイプもありませんので実際に順位をつけることは不可能になります。

本当に良い家庭教師は、生徒によって随分と印象が変わってきます。

例えば、まじめな家庭教師を好む生徒もいれば、雑談が面白い人を好む生徒もいるわけです。

何をよいとしているのかは、生徒によってことなるところです。

しかも、人間には相性があるため一概にこの人ならば良いとは言えないところがあります。

そこで、選ぶ基準を知っておけば自分でより良い講師を選ぶことができるようになるでしょう。

人間性や人格とは、家庭教師の性格と言うよりも考え方や行動の仕方になります。

もちろん人格者といっても、そこらじゅうにいるわけではありませんが、仕事に対して熱心な人ほど親身に行動してくれる可能性が高いです。

逆に、単にお金だけが目的の人は仕事だけをこなして後はフォローを一切しないなどのようなパターンも少なくありません。

また大学生になると、サークルなどがありますので自分の都合で頻繁に休む人もいるでしょう。

そのような人は、まじめに勉強する学生にとっては害でしかりません。

そのような意味において、人間性や人格などは非常に重要になってくるわけです。

よい先生といえるためには、生徒の事をよく理解している先生を選ぶ必要があります。

生徒のことを理解しているとは、性格的なこともそうですが勉強のレベルもよく理解していることです。

良く、学歴が高い先生の方がよいと言われていますが、実は必ずしもそのような断りません。

生徒がそれほど勉強できない場合には、点数を取ることがあまりできない生徒の視点から考えられる先生が優れているといえます。

どのレベルの生徒にも合わせられる先生はあまりいませんが、自分のレベルに合わせてくれる先生を探せばそれなりにいるでしょう。

とにかく、一般的な評価とされる学歴だけでは判断できないものがあります。

生徒の事をよく理解している先生は、生徒の取り組みかたを細かく見ていますのでどのような問題をやらせれば伸びるかはよく分かっています。

そのような意味において、生徒の事をよく理解してくれる先生をチョイスしましょう。

これには、体験学習などで何人かの先生に診てもらうしかりません。

その一方で、生徒が疲れている時には無理してやらせない先生も貴重な存在です。

ここまでやらせないと次に進めないと思っても、生徒の調子が思わしくなければ途中でストップするだけの勇気がある先生はやはり貴重です。

家庭教師のあすなろ

✔家庭教師人数:14万人以上
✔実績:97%が苦手を克服!
✔特徴:授業料が比較的安い

_

家庭教師のノーバス

✔拠点:首都圏最大級の20拠点!
✔実績:第一志望合格率95%突破!
✔特徴:教師クオリティー保証制度を導入!

_

やっぱりチェック!口コミランキング

画像

家庭教師のランキングサイトの中には口コミに関するランキングが存在します。

口コミの件数が多いということはそれだけたくさんの人に利用してもらっていることを意味するだけでなく、ここはいいというプラスのものとここだけは絶対に避けなければならないというマイナスのものが入り混じる特徴があります。

口コミがもたらすパワーは相当なものであり、同じような立場の人が見た時に新たな見方をすることができます。

もちろんマイナスの要素があるのも事実ですが、いずれにしても参考になるのは間違いありません。

口コミに関するランキングを見ていく際に評価を気にするべきか、口コミの件数を気にするべきかで悩む部分です。

たいていの場合は5つ星での評価ということになりますが、件数が少ないケースでは評価が偏ることがあります。

3.5の評価になっているケースでは5つ星と2つ星が1つずつでそのような評価になります。

これではどちらが真実なのかがわかります。

まして1件しか評価がない場合にはどうにも判断しにくい問題があることから、大事なのは評価ではなく、件数であることが明らかです。

件数で比較してようやく評価を見ていくことができます。

家庭教師の口コミサイトは、親が書き込むケースと実際に家庭教師に勉強を教わった当人が評価をし、口コミを記すことがほとんどです。

親からすればうまくいってくれれば絶賛したくなり、全く結果が出なければ酷評したくなるものです。

当人からすればさも命の恩人かのように記す一方で、あいつのせいで自分の人生はめちゃくちゃにされたとこき下ろしたくて口コミを書く人もいます。

どのような口コミがそこにあるのかを調べるとともに、感情的な口コミなのか、それとも理路整然としたものなのかを吟味して、参考にしていくことが求められます。

最近の家庭教師のランキングサイトは口コミを書いてもらうための項目がいくつかに分かれているのが特徴です。

成果は出たのか、講師はどのような人だったのか、実際の勉強の中身や費用面はどうだったのかなどを細かくチェックすることができます。

例えば評価が高いケースでも、費用面ではあまり芳しくない評価に終わることもあります。

そうなると、費用面を重視している人からすればやや及び腰になり、費用面を最優先に掲げてその中でベターな家庭教師を探していくことになります。

項目が分けられている分、探しやすいことが言えます。

家庭教師のランキングサイトに共通しているのは、料金に関する評価が低い点です。

成果の評価や中身やサポートなど様々な点で高評価でも、料金の評価だけは低いところがほとんどです。

この背景には毎月そこそこの値段がかかることが言えるためです。

完全なマンツーマンであるため、ある程度の時間を週に何回か依頼することになれば、結構な値段になることは明らかです。

そうなった場合に不満が出やすくなることは半ば仕方のないことでもあります。

口コミでは、経済的に払える範囲であるなどの口コミが多かったところを探していく程度で大丈夫です。

大手の家庭教師の会社などもこうしたランキングサイトには出てきますが、大手であればあるほど評価は低く出やすいのが傾向としてあります。

この理由は、大手ならではの確立されたシステムにあります。

マニュアルがきちんと決まっており、突発的な対応やアドリブがなかなか難しく、役所のような融通の利かなさがかなり影響することが言えます。

しかし、評価が低くなる部分はその程度のところであり、実際の中身はそれなりにしっかりしています。

細かな部分に気をとられないようにすることも口コミを見ていく際には必要です。

親御さんが子供の家庭教師を探す場合に、どのようなことを子供が求めているのかがわかるようになります。

特に中学生ぐらいになると、子供自身が反抗期になり、親との会話を面倒くさがり、本心を知ることは難しい年頃を迎えます。

そんな時に口コミサイトには生徒の書き込みもいくつかあります。

その人たちが何を求めていたのかがはっきりとわかり、これに今までの子供の性格などを照らし合わせて、ベストであろう選択をしていけるのがポイントです。

同年代の子供の口コミからわかることもたくさんあります。

大事なことは、あまり口コミを気にしすぎないことです。

10件の口コミがあり、9件でいいことが書いてあっても1件で悪いことが書いてあればそちらを気にするのが人間です。

そういう風になるのであれば、最初からどちらも気にしないことが求められます。

どちらも参考程度にし、まずは体験させてみるところから始めるというのでも悪くありません。

やっぱり相性!無料体験の重要性

画像

さまざまな業界で耳にする「無料体験」は、家庭教師を探すときにも適用されるようになっています。

お金を払って目標達成のための指導をしてもらうからには、子どもと相性の良い先生を選びたいのが本音です。

思い描いていた先生とはイメージが違った、子どもの勉強嫌いが改善されないといった状況では困ります。

どんなに印象が良くても一度で決定するのではなく、最初は無料体験から始めてみましょう。

無料で何度か授業を受けられる場合は、一度ではなく複数回の授業を経験したほうが相性も見極めやすくなります。

最大のメリットは自宅まで来て、子どもの学力に合わせた指導をしてくれるところです。

学校が終わったあとに学習するためには、遅い時間に外へ出ることになります。

あまり遅い時間に繁華街を歩かせたくない、事件や事故に巻き込まれるのではないかと心配になることも。

自宅であれば安心で、保護者も子どもの様子を聞きやすくて助かります。

学習面も個別に教えてもらうので、ついて行かれなくなるデメリットを回避することができます。

子どものペースに合わせて、苦手を克服できるのは最大のメリットと言えるでしょう。

選ぶときは身近に家庭教師を頼んだ人がいれば聞いてみたり、より多くの意見が反映されているランキングを参考にしたり幅広く見てみましょう。

一部の意見だけを参考にすると、どうしても偏りがちになってしまい見極めが難しくなります。

ランキングサイトで良さそうだと思うところがあれば、口コミをさらに詳しく調べてみるのも良いです。

いろいろな意見が出てくるはずなので、気になったところを複数挙げたうえで無料体験を申し込んでみてください。

期間が長くなれば支払う金額も多くなり、決して少ない出費ではありません。

子どもの将来にも関わる選択なので、慎重に選ぶようにすることが大切です。

無料体験だからこそ、できるだけ要望を伝えるようにしてください。

最初から要望を受け入れてくれない場合は、長い付き合いをすることが難しくなる可能性があります。

先生は現役の大学生なのか、それともプロの家庭教師なのか、希望があれば伝えてみましょう。

志望校が決まっている場合、その大学の出身者である先生にお願いすると学校の様子なども聞けて一石二鳥です。

現役の学生からは勉強のコツを聞きやすいですが、学生が教えていると大学の試験期間は休むと言われることがあります。

実際に頼むことが前提になるので、先生が時間に正確で質問にはっきりと答えてくれるのか、細かい部分も見ておいたほうが良いです。

料金システムは最も重要なので、忘れずに確認するべき項目です。

無料体験のメリットは、その先生にずっと教えてもらうわけではないところです。

相性が悪ければ、どんな所が嫌だったのか子どもに聞いたうえで他の先生を探しましょう。

事前に保護者と子どもの要望をまとめておき、できるだけ希望する先生が来てくれるように頼むことが一番です。

早く決めてもらいたいという態度が見えたり、子どもが暗い表情だったときは他の家庭教師を探したほうが良いです。

子どもに意見を聞く機会を多く用意して、どんな先生が良いのか把握しておくと決めやすいです。

あまりにもおとなしい受け身の先生では、頼む側も心配になります。

最初の段階で、子どもの性格であったり学習面で心配なこと、目標をできるだけ細かく聞いてくる先生がおすすめです。

要望を把握したうえで、子どもの性格も考慮して指導にあたろうとする先生を探すようにしてください。

授業の後は保護者が色々聞かなくても、きちんと子どもの様子や学習のポイントなどを教えてくれる先生が安心です。

注意点すべき点は、先生がいるときに子どもに相性や教え方を聞かないことです。

相手がその場にいたら本音が言えなくなるので、家族だけの状態で聞くようにします。

ただし、授業が終わってすぐの表情は、しっかりチェックしておきましょう。

生き生きしていたら、合っていた可能性が高いでしょう。

先生との相性が良ければ、勉強の時間が楽しくなります。

遊びではないので楽しいだけでは困りますが、質問しやすい雰囲気ができると苦手分野を克服しやすくなるでしょう。

会話をする感覚でたくさん質問をして、先生側も子どもの発言の中から得意・不得意を把握できれば相性が良いと言えます。

褒められて嫌な気分になる人は少数なので、頑張ったときはしっかり褒めてくれる先生であることも大切です。

先生が気に入らないと家庭教師が来る時間が嫌になり、勉強そのものを避けるようになりかねません。

成績アップのためにも、子どもに合った先生を探すことです。

家庭教師のあすなろ

✔家庭教師人数:14万人以上
✔実績:97%が苦手を克服!
✔特徴:授業料が比較的安い

_

家庭教師のノーバス

✔拠点:首都圏最大級の20拠点!
✔実績:第一志望合格率95%突破!
✔特徴:教師クオリティー保証制度を導入!

_