ホーム >> 学習関連コラム >> 家庭教師 >> 医学部受験におすすめの家庭教師、費用と料金、評判
更新日 2019.11.14

医学部受験におすすめの家庭教師、費用と料金、評判

年々競争が激化する日本の医学部入試。

その厳しい競争を勝ち抜くためには、学校の勉強以外にも、塾や家庭教師、通信添削などの校外学習が必要です。

これらの中でも特に家庭教師は、医学部入試において心強い味方となります

今回は医学部入試における家庭教師のメリット・デメリット、評判、おすすめの家庭教師センターや費用の相場などについて解説します。

家庭教師が医学部受験に強い理由

画像

家庭教師の特徴は何と言っても、生徒一人一人にオーダーメイドの授業がなされることです。

オーダーメイドというのは指導する科目や教材、進み具合のみならず、生徒に合う家庭教師を選ぶということも含まれます。

長期的に付き合いを保っていける生徒だけのための人物が、家庭教師という選択ならば見つかることでしょう。

この特徴は徹底的な対策が求められる医学部受験における大きな強みです。

他の特徴としては、家庭教師は当然生徒自身の家庭で指導を行うため、静かで集中した環境下で勉強ができるということもあります。

マンツーマン指導とはいえ、個別指導塾ではどうしても周りが気になって集中できないという生徒や、同じ塾に通う同じ学校の生徒と話してしまい、勉強がおろそかになるという生徒も、家庭教師という指導方法ではその心配なく勉強できることでしょう。

住み慣れた自宅で集中して勉強できることも大きな特徴です。

最後に、塾や予備校の少ない地方に住みながら医学部受験を志す生徒には、家庭教師は最適な選択であると考えられます。

その理由の一つには、移動をする必要がないという点が挙げられます。

距離や公共交通機関の関係から、家から一番近い塾や予備校でさえ往復1時間以上かかり、時間が勿体無い、というような事態が地方ではありますが、先生が家に来てくれる家庭教師ならば当然その心配はありません。

移動時間を勉強に充てることができます。

このような点が医学部受験に強い点です。

★家庭教師は生徒のためだけのオーダーメイドの授業ができる

★塾とは違い、住み慣れた家で集中して勉強できる

★家庭教師は地方在住者にはおすすめ

医学部受験で家庭教師はオススメできる?

画像

医学部受験において家庭教師は様々な強みを持つことが分かったので、ここでは実際に医学部受験で家庭教師を利用するメリット・デメリットについて紹介します。

塾や予備校、通信添削などにはない家庭教師のメリットは、家にいながら生徒に合った先生・指導体系の下で、落ち着いて勉強ができるという点です。

有名塾や有名予備校の雰囲気が苦手、という生徒であれば、しっかりと選ばれた受験に詳しい家庭教師のもとで勉強することで、自分に合ったペースやカリキュラムで勉強していくことが可能です。

家庭教師のデメリットは他の受験生との競争が意識されないという点が挙げられます。

塾や予備校では他の受験生の勉強する様子が見えたり、模試の結果が掲示されたりするなど、他の受験生との競争が意識できる機会がありますが、家庭教師の利用だけではそうした意識が芽生えづらいことでしょう。

また、生徒と家庭教師という二人だけの体制には、外部からのアドバイスを受けにくいという事もあります。

このほか、デメリットとして挙げられるのはやはり費用ですが、これは、家庭教師センターを介さない個人契約という形で解消できることがあります。

塾や予備校は他の生徒との競争意識を持ちながら、勉強した方が伸びるタイプの生徒に向いていて、家庭教師は自分のペースを守り、自由度の高い環境下で勉強した方が伸びるタイプの生徒に向いています。

そのため生徒がどちらのタイプであるかを見極めた上で、塾にするか家庭教師にするかを選んでいくと良いでしょう。

★家庭教師のメリットは家にいながら、自分に合った指導体系のもと勉強できること

★家庭教師のデメリットは、他の生徒との競争が意識しづらくなることに

★生徒のタイプを見極めた上で、塾か家庭教師にするかを選ぶのがおすすめ

実際のオススメの家庭教師は?

画像

家庭教師は大きく分けると、大学生のアルバイトとプロ家庭教師に分けられます。

当然プロの家庭教師の方が指導力に期待は持てます。

生徒の志望校に通う大学生の家庭教師であれば、その志望校に向けた対策に関してはプロ家庭教師に勝るとも劣らない指導力を発揮することが期待できるでしょうが、講師の質を見極めるのはやはり簡単ではありません。

きっちりと選んだ上で仕事をしているプロ家庭教師を選ぶ方がやはり安心でしょう。

では一体どの家庭教師センターがおすすめなのか?

最もおすすめできるのはあの有名な家庭教師のトライです。

家庭教師のトライとは、家庭教師生徒数全国No.1、指導実績110万人、全国家庭教師数22万人を誇る家庭教師センターです。

トライは、小学生から高校生、社会人の学び直しまでの多くの分野にわたって指導を手がけています。

プロ家庭教師が多く在籍し、受験に精通した講師陣の中から生徒の目的に合わせた家庭教師を選ぶことができます。

その指導体制はきめ細やかで、指導教科は国語や数学などのいわゆる五教科のみならず、小論文や面接対策、自己PR文までカバーしています。

さらに、プロの目線から見た生徒一人一人に最適な学習プランをオーダーメイドで作ってくれるのはもちろん、不登校の生徒にまでバックアップ体制を提供してくれます。

その合格実績は医学部のみならず、東大京大などの最難関校にも合格者を輩出しています。

またトライでは、様々な授業の動画が無料で見ることができる映像授業サービスもあり、いつでも質の高い授業を受けることができます。

↓↓授業料などお問い合わせはこちら↓↓

★家庭教師はやはりプロがおすすめ

★トライはプロ家庭教師を多く擁する、指導実績ナンバーワンの最もおすすめな家庭教師センター

★トライは映像授業サービスや、不登校の生徒のバックアップも行う

家庭教師の費用や評判・口コミ

画像

それでは実際の家庭教師の気になる費用について紹介します。

地域によって、時給2,000円、や時給10,000円のところもあります。

特に医学部受験となると需要は高く、かつ高いスキルを持つ家庭教師が求められますから、時給3000〜5000円ほどが平均的な相場であると見ておくべきでしょう。

ただしこれは時給の相場であり、仲介事務所によっては入会金や教材購入、通常の家庭教師業務以外のサービスを利用することでさらに上がる可能性があることもあります。

▶家庭教師のトライの授業料については→

実際に利用している人の声として「クオリティが高くて良かった」「成績が伸びた」などや逆に「成績が伸びなかった」「対応がよくなかった」などのネガティブな意見もありました。

このように人によって意見は様々ですので、実際に自分で体験をして判断していく事が大切だと思います。

★家庭教師の時給の相場は様々

★特に医学部受験のための家庭教師は割高になる可能性がある

★様々な意見に左右されず、自分で体験し判断すべし

まとめ

画像

医学部入試において、校外学習は必要であり、塾や予備校、通信添削などある中、今回は家庭教師の特徴について見てきました。

家庭教師は競争を特に意識せず自分のペースを守った方が伸びるという生徒や、地方在住の生徒におすすめです。

家庭教師を探す際には、家庭教師センターを利用する、あるいは個人契約を結ぶなどその探し方は様々ですが、重要なのは生徒の特性を見極め、それに合った家庭教師をつけることです。

もしよければ医学部受験をする方は参考にしてください。

画像

【今だけ無料!】家庭教師のトライ

【110万人の指導実績】
★日時や時間帯は予算も全てオーダーメイド
★今だけ入会金0円・授業料1カ月分無料
★今なら学年末テスト対策の成績保証も

_