ホーム >> 学習関連コラム >> 家庭教師 >> 【学研の家庭教師】バイトの評判や時給・研修内容について徹底解説
更新日 2020.7.30

【学研の家庭教師】バイトの評判や時給・研修内容について徹底解説

カテゴリ

本記事では、サポート体制を売りにしている「学研の家庭教師」のアルバイトについて紹介します。

塾講師のアルバイトに興味がある方、教師になりたいと考えている大学生は必見です。

【学研の家庭教師】バイトの評判や時給・研修はどう?

_画像

「先生」という響きに憧れたことはありませんか?

大学生のバイトとして、「塾講師」や「家庭教師」は時給が良いため大変人気です。

この記事では「学研の家庭教師」バイトについて以下の内容を紹介します。

  • 実際の詳しい仕事内容とバイト経験者からの評判について
  • 平均的な時給とシフトについて
  • 登録から指導開始までの流れと登録解除について

不安な点をクリアにしてやりがいのある「学研の家庭教師」で講師という仕事を思う存分楽しんでください。

これから教職に就きたい人、一度は教職に就きたいと思った人がこれから叶える夢や諦めた夢を実現するチャンスです。

「学研の家庭教師」バイトの特徴

_画像

一般的な家庭教師の紹介に加えて、「学研の家庭教師」バイトの特徴について紹介します。

  • 一般的な家庭教師の仕事は?
  • 「学研の家庭教師」はサポート体制に力を入れている
  • 指導するのは得意な科目だけ

「学研の家庭教師」はサポート体制を売りにしており、未経験者からでも楽しく続けることができる工夫がされています。

これから家庭教師をしたいという人の参考になれば幸いです。

仕事内容は?

家庭教師なので、勉強を教えるのは当たり前ですが、一般的な家庭教師と同様に以下のような仕事があります。

  • 一般的な家庭教師の仕事は?
  • 「学研の家庭教師」はサポート体制に力を入れている
  • 指導するのは得意な科目だけ

担当する生徒の状況に応じて、指導する科目を決めたり、生徒の理解度に合わせて内容を決めたりする必要があります。

「学研の家庭教師」では初めてでも、どのようにカリキュラムを決めたらよいのかを含めてフォローしてくれる体制が整っています。

また、意外と大変なのがテキストの選定です。

既に保護者が用意している場合もありますが、そうでない場合は学校教材だけで指導するのかを判断しなければいけません。

宿題のことも考えるとまた、「学研の家庭教師」が他の家庭教師のバイトと異なるのは以下のような付帯業務やサポートがある点です。

  • 指導ノートへの記入(保護者閲覧用)
  • 定期的なミーティング(指導内容の相談などのサポート)

指導する科目は?

先の仕事の内容でも紹介したように生徒の状況に応じて指導する科目は変わってきます。

でも、英語が全くできないという講師が英語を教えるのは現実的ではありません。

予め生徒が受講したい科目を教えてもらえますので、自分が指導できる科目に限り受けるようにしましょう。

ただ、指導していく中で別の科目が必要になってくることもあると思います。

そういった時は保護者に相談して、別のコマで別の講師をお願いするほうが良いでしょう。

つまりは「指導する科目は自分で決めることができる」ということです。

時給や待遇、シフトの決め方は?

_画像

実際に指導するようになったとして時給や待遇、シフトがどうなるのかが気になると思います。

「学研の家庭教師」は他の家庭教師に比べて時給は低い方ですが、サポート体制が整っているので家庭教師としてのキャリアを積みたい方にオススメです。

  • シフトは自分の都合で決めることができる
  • 柔軟なシフトは密なコミュニケーションから
  • 交通費は実費精算してもらうように話しておこう

平均的な時給

「学研の家庭教師」の時給は1,400円~8,000円となっています。

初めて家庭教師をされる方はよほどの高学歴でもない限り、1,400円スタートとなります。

ランク制を導入しているため、これまでに家庭教師などの講師業の経験があるか高学歴であればスタートの時給は高くなります。

経験者であればかなりの好待遇で受け入れてくれます。

勤務時間やシフトの決め方

勤務時間やシフトは予め決まっているものではありません。

紹介できそうな生徒が見つかったら、教務部から連絡があります。

その際に生徒が希望する曜日と時間が伝えられますので、指導が可能であればOKの返事を返せばよいです。

生徒によってはある程度候補を出してくれることもありますので、自分が指導できる曜日と時間を伝えればよいです。

実際に初めて生徒と顔合わせをしたタイミングで曜日と時間を決定します。

指導していく中で、生徒や保護者と相談して曜日や時間を変更したり、都合が悪い日を振り替えたりすることも可能です。

昇給や交通費・福利厚生など

また生徒の成績を上げる、志望校に合格させるなどの実績によってランクがアップし、昇給することができます。

ただし、中学生コースの授業料は最大でも4,100円/時間なので、中学生を教えているのであれば時給が2,000円を超えることはまずありません。

時給が2,000円を超えるのは、家庭教師で生計を立てているプロ家庭教師となります。

交通費は基本的に実費です。

そのため、最初の顔合わせの時に月末に実費精算するように交渉しておくのが一般的です。

後ほど8つのステップの中で説明します。

特に福利厚生などはありませんが、家庭教師であれば他社も福利厚生はありません。

「学研の家庭教師」バイトに必要な8つのステップ

_画像

実際に「学研の家庭教師」を始めようと思ったのはいいけど、どのように登録して準備すればいいのか分からない・不安という方に指導開始までの5ステップと指導開始後の3ステップに分けて説明します。

  • まずは無料登録をしましょう!
  • 顔合わせの印象をよくしましょう!
  • 困ったことは相談しましょう!

指導開始までの5ステップ

ステップ1:無料登録

学研の家庭教師への講師としての登録は無料です。

まずは公式サイトからアクセスし、必要情報を記載して登録しましょう。

個人情報を登録することになりますが、「学研の家庭教師」以外の目的では利用されませんので、安心して登録して大丈夫です。

後に紹介する登録解除の申請を行うと個人情報も削除されます。

ステップ2:生徒紹介

「学研の家庭教師」のスタッフが家庭教師を希望する生徒や保護者からヒアリングした講師象やレベルを考慮して、登録してある講師に連絡があります。

この連絡は「家庭教師の案内」だと思ってください。

生徒の簡単な情報や希望する科目を聞いた上で指導する・しないを決めることができます。

ステップ3:生徒の情報共有とミーティング

「学研の家庭教師」と講師の間で生徒や保護者の情報を共有します。

指導方法などで悩み事があればすぐに相談できる体制を整えています。

事前に生徒や保護者の情報を得ておくことで、しっかりと準備しておくことができます。

ステップ4:講師紹介

「学研の家庭教師」のスタッフが生徒と保護者に指導にあたる講師を紹介します。

講師としての詳しいプロフィールを説明し、承諾してもらえると生徒との顔合わせの日時を決定します。

予め承諾頂いているので、ある程度気軽に顔合わせに臨むことができます。

ステップ5:顔合わせ

指導開始までの最後のステップは顔合わせです。

顔合わせの後はそのまま指導することになりますが、この顔合わせで全てが決まると言っても過言ではありません。

基本的には生徒との顔合わせですが、どういった講師が来るのか気になるということで保護者も同席されることがほとんどです。

自己紹介に始まり、簡単なシステムの説明をします。

ここで交通費についても必ず話しておきましょう。

後で交通費をくださいと言っても「聞いてない」と一蹴されてしまいます。

また、顔合わせの時に限らず常に清潔感のある格好で伺うようにしましょう。

特に顔合わせの時はジャケットやYシャツなどを着用したほうが良い印象を与えることができます。

指導開始後の3ステップ

実際に指導が始まったら何をすればいいのかをこれから説明します。

家庭教師として一番楽しくもあり、一番辛くもある「教える」というやりがいのある部分になります。

ステップ1:指導開始&定例指導報告

生徒を指導するにあたって、指導プランが必要になります。

「学研の家庭教師」では毎月の指導報告と指導プランの見直しを繰返し行うことで、生徒に効果的な指導が行えるようにします。

指導内容や指導方法で悩んだときは一人で抱えずに相談することができます。

ステップ2:「学研の家庭教師」から保護者への定期連絡

講師からも保護者へ指導内容については報告が必要ですが、「学研の家庭教師」からも保護者に直接定期連絡を行います。

その際の保護者からのフィードバックを生徒の指導に活かすことになります。

講師と保護者間で直接伝えづらいことは、第三者を挟むことで伝えやすい環境になっています。

ステップ3:ミーティング&定期報告

定期的にミーティングや情報提供があります。

講師が集まって情報交換を行う場も設けられますので、他の講師の指導方法や経験を聞いてより効果的な指導ができるように成長することもできます。

講師仲間を見つけることはとても大切で、気軽に相談できるだけでも心強く、励みになるものです。

「学研の家庭教師」バイト経験者からの評判は?

_画像

バイト経験者の話を伺うと全てがいい評判ばかりではありません。

ただ、どのバイトにおいてもよい評判と悪い評判はつきものです。

ここでは、「学研の家庭教師」というよりも「家庭教師」のバイトについても紹介します。

  • 生徒の喜ぶ顔を見たい人にオススメ
  • 生徒の成長を見届けたい人にオススメ
  • コミュニケーションを得意としている人にオススメ

楽しかった・嬉しかった経験

「学研の家庭教師」バイト経験者が楽しかった・嬉しかった体験の口コミを紹介します。

 

分からなかった問題が解けた時の生徒さんの嬉しそうな顔を見たり、テストの点数が上がり大喜びで報告してきてくれた時はこちらまで嬉しくなり家庭教師をやって良かったと心から思えました。

 

 

 

家庭教師は塾の講師と異なり、スーツを着る必要はありません。

そのため、大学のサークルが終わってそのまま向かうことも可能だったり、前もって都合が分かっていれば生徒との話し合いで指導日を変更することも可能だったりします。

また、高校受験の時に教えていた生徒が大学に受かった時や就職した時に報告してくれた時はとても嬉しかった記憶があります。

「先生のおかげで大学に行けたよ!」の言葉に涙を流しそうになりました。

大変だった・辛かった経験

逆に「学研の家庭教師」バイト経験者が大変だった・辛かった体験の口コミを紹介します。

 

小テスト等の作成は結構大変でしたし、どうしても時間外労働が増えてしまうので割りに合わないと思うところもありました。

 

一番大変なのは生徒さん含めたご家族とのコミュニケーションで、これがうまくとれないとお互いにやりにくくなってしまうので気を使いました。

 

 

これは筆者の経験になるのですが、家庭教師をする中で生徒とのコミュニケーションが非常に難しく感じました。

塾の講師もしていたので、比較すると同じ宿題を出しても家庭教師の方がやってくる子が少ない印象です。

塾と違って、ペナルティを課せばますますやらなくなります。

最悪の場合、講師の交代もあり得ます。

生徒にとって講師を交代することが一番なのであれば、それで構いませんが、生徒の成績を上げるため、志望校に合格させるために勉強を教えているということを考えると本末転倒なので、宿題をしてもらうことに苦労しました。

講師登録を解除したい場合

_画像

就職した、学業に専念したいなどの都合によって家庭教師を続けられなくなる時がきっときます。

その時、どうやって講師登録を解除したらよいのでしょうか?

講師登録を解除するための方法を紹介します。

  • 登録と同じで解除も簡単!
  • 講師をやめた後の生徒との関わりに注意!
  • 講師をやめるときは生徒に迷惑をかけないように!

登録解除のやり方

講師の無料登録を行うページの下部に「個人情報保護方針」というリンクがあります。

その中に以下のような記述があります。

 

登録していただいた情報の訂正、ならびに家庭教師登録の解除等に関しては、本サイトよりいつでも行なっていただくことができます。

 

※個人情報に関してお問合せがある場合には、eメールでお受けしています。

 

 

上記の記述のすぐ下に問合せ先のメールアドレスが記載されていますので、そちらから登録解除の旨を連絡すれば終わりです。

退職の際の注意点

業務上知りえた情報である生徒の個人情報の扱いには注意しましょう。

「学研の家庭教師」を辞めたけど、個人的に生徒の家庭教師をするというのは契約違反に抵触する可能性があります。

社会人としてのマナーでもあるので、しっかりと線引きするようにしましょう。

ただし、一番大切なのは生徒に迷惑をかけないということです。

受験まで残り3ヶ月というタイミングでやめるなどならないように注意しましょう。

まとめ

_画像

「学研の家庭教師」について知って頂くことはできたでしょうか?給料や待遇、シフトなど多岐に渡って説明してきましたが、少しでも疑問を解消できたら幸いです。

一般的に家庭教師はどこも同じと言いますが、サポート体制が充実しているのはとても珍しいです。

冒頭でも述べた通り、これから教職に就きたいという夢の先取り、一度は願った教職に就きたいという諦めた夢を叶えるチャンスは目の前にあります。

私も学生時代という短い期間でしたが、中学生の頃に夢見た「先生」という職業につけたことを今でも誇りに思っています。

少しでも夢の後押しに繋がればと切に願っています。