ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> おすすめの古文単語帳や勉強法とは?古文の出題傾向も解説
更新日 2021.4.22

おすすめの古文単語帳や勉強法とは?古文の出題傾向も解説

学生のみなさん、古文単語帳はどれがおすすめなのか迷っていませんか?

古文単語帳はそれぞれで特徴が異なり、選ぶのに一苦労している方もいると思います。

ゴロゴや、マドンナ、古文単語帳330など色々あって目移りしてしまいそうです。

当記事では、そのような単語帳の使い方や勉強方法を解説していきます。

ぜひ、気になった方は、当記事を読んでみて下さい。

古文単語帳の選び方

_画像

一単語の意味が複数書いてあるもの

大学入学共通テストでは、本来の意味よりも派生の意味が使われることがよくあります。

例えば、「おもしろし」という単語は「趣がある」といった意味ですが、この単語の他の意味である「珍しい」といった意味が使われるということです。

そのため、本来の意味+α1~2個ほど意味が載っている単語帳がおすすめです。

例文が書いてあるもの

大学入学共通テストの古文では単語はもちろん必須です。

大学入学共通テストでは決まって単語問題が15点(3問)出題され、実に3割は単語訳になります。

50点満点中の15点をとるために単語を勉強しなければいけないのはお分かりいただけたでしょうか。

しかし、裏を返せば残りの35点が文章読解、あるいは文法の問題になるということになり、文章で単語がどのように使われているか知っておく必要が出てきます。

そのため、単語を覚えながら例文を見れれば一石二鳥の効果が期待できます。

イラストが掲載されているもの

古文単語を覚える際には、イラストは絶大な効果を発揮します。

古文単語の中には、表記からは想像もつかないような意味を持っている単語が存在します。

例えば、「念ず」という単語は「祈る」といった意味はイメージしやすいかもしれませんが、実は「我慢する」といった意味も持っています。

「こころにくし」という単語は表記からはイメージしづらく、「奥ゆかしい」といった意味を持っています。

このように、意味をイメージしにくい単語でも、イラストがあれば非常に分かりやすくなります。

実際筆者もイラスト付きの単語帳を使い、大学入学共通テストでは古文で満点を取得しました。

そのため、古文単語を勉強する時はイラスト付きの単語帳がおすすめです。

✓一単語の意味が複数書いてあるもの

✓例文が書いてあるもの

✓イラストが掲載されているもの

おすすめの古文単語帳3選

【早稲田生がおすすめ】マドンナ古文単語230

基本的には基礎レベルに対応している単語帳です。

使い方によっては早慶レベルにも対応可能になっています。

語数は230語と少ないように感じるかもしれませんが、関連語なども含めると380語以上になり、非常に内容が濃い単語帳です。

まずは大見出しのところから覚えて、次に、関連語などの細かい部分を覚えていくのがマドンナ単語帳の使い方です。

また、このように勉強をすれば難関大も十分に狙うことができるでしょう。

【イラストがおすすめ】読んで見て覚える重要古文単語315

例文やイラスト、単語のニュアンスの説明など、単語の大見出しに加え様々な要素で構成されています。

これらは暗記をよりスムーズにできるようになるので、ぜひ活用すべきです。

見出し語とその意味だけを機械的に暗記するだけだと、長期的には覚えづらい記憶になりがちで、忘れることが多くなってしまいます。

そのため、上記したようにイラストや例文などにしっかり目を向けて、1つの単語に対し様々なイメージをもたせることで、暗記に役立てましょう。

【初めて使う単語帳におすすめ】Key&Pointみるみる覚える古文単語300+敬語30

右ページにまとめて古文単語、意味、解説、関連語が記載されており、関連する例文や口語訳は左ページに記載されています。

見出し語300語と敬語30語を五つの章に分けて収録、基本から応用・発展へと段階的に学習することができます。

この単語帳は、各語のイメージの幹となるKey、学習上の留意点を簡潔に示したPoint、Check!!問題の順番で単語を暗記していくことで、効率的に古文単語を覚えることができます。

また、本の右ページは、シンプルなのですが簡略に記載されているのではなく、大事なことだけ記載されています。

そのため、初めて古文単語帳を手に取る方におすすめです。

それぞれの参考書に向いている人

マドンナ古文単語230 読んで見て覚える重要古文単語315 Key&Pointみるみる覚える古文単語300+敬語30
・丁寧な解説が欲しい
・基礎から勉強したい
・MARCH以上にも使いたい
・使いやすい例文とイラストが欲しい
・1冊で古文常識や和歌の用法などを知りたい
・初めての古文単語帳を探している
・シンプルなデザインが好き

大学入学共通テスト 古文の出題傾向

_画像

単語・文法・読解がミックス

今までの大学入学共通テストでは「古文単語のみ」を問題としたものが出題されていましたが、共通テストでは文章読解や内容説明といった教材に対する理解度を測る内容の問題が出題されやすくなっています。

本文となる古典文学以外に資料としてその文章に関する解説文などから内容を読み解く必要もでてきます。

共通テストの古文は単純に古典の単語のみを勉強するのではなく、総合的に文章の読解を中心とした勉強をする必要が強くなりました。

難化した問5

武田塾のリサーチによると問5が非常に難しくなったとのことです。

実際、設問が非常に長くなり、和歌の本歌取りというテクニックについての問題や、教師と生徒の会話形式の問題などあまり触れたことがないタイプの問題のように見受けられます。

本歌取りなどは、初見でその概念を理解するのは困難です。

問1~問4までは大学入学共通テスト対策で対応できますが、問5は専用の参考書での対策が必要になってくるでしょう。

そのため、対策していない人にとってはかなり難しい問題になってきます。

本文の細分化

今まで行われていた大学入学共通テストの古文では、比較的長い文章を読み、内容を問う問題がほとんどでした。

この場合、前半部分で内容が理解できなくなればあとの問題がほとんど不正解になってしまうということが多々ありました。

それに対して、共通テストでは、生徒と先生の会話文を読ませたり、3つの短い文章を読ませたりと、一つの問題文に集中させるのではなく複数の文章に細分化させる傾向が多くなってきました。

そのため、大学入学共通テストに比べて比較的解きやすくなるかもしれません。

しかし、和歌や生徒と先生の対話文をなど短い文章の問題が多数出題される可能性があり、十分な対策は必要になってきます。

✓すべてを満遍なく勉強する必要がある

✓難しくなった問5

✓細かい問題文が多くなる

古文の勉強法

_画像

古文単語の勉強法

1冊を徹底的に使おう

実は、古文単語集は英語と同様何冊も購入し、学習する必要はないです。

標準レベルの単語集1冊、例えば上記で紹介したマドンナ古文230などを繰り返し、一冊を仕上げることに重点を置いて単語帳を使います。

やみくもに多くの単語を丸暗記するのではなく、実際の文章の中で単語のどの用例にあてはまるのかを理解し使える知識にしておくことが重要になってきます。

テストで単語帳以外の単語が出てきたとしても、一冊を完璧に仕上げておくだけで前後の単語から類推することは可能です。

そのため、まずは一冊を完璧に仕上げることを目標にしましょう。

現代語との関わり・違いを意識

古文単語を覚える際には、現代語との関わりや違いを意識して暗記すると効率的です。

その際には、現代語とは違う意味を持つもの、現代に残る言葉の語源となったものなどに注意をしましょう。

そして、その現代語訳よりも単語の持つ感覚・イメージを先に覚えた方が暗記がしやすくなります。

最初は、ニュアンスで単語を捉えてしまって大丈夫です。

最初からいきなり覚えようとするとなかなか覚えにくく、イメージを持っていればあとから意味が自然と付いてきます。

そのため、イメージ→具体化の順が非常におすすめの方法です。

古文文法の勉強法

活用・接続を先に覚えよう

「活用」は古文を読む上で欠かせない知識でありながら、覚えるべきことは意外と少なくて済みます。

「活用」を覚える順番としては、一番使う「動詞・形容詞・形容動詞の活用」、次に「助動詞の活用および接続」、最後に、「助詞の接続」の順番で覚えるようにしましょう。

動詞などの活用形はよく使われるため、問題を解く上では早めに覚えて置きたいところです。

そして、「助詞」や「助動詞」は現代語と似ている部分があるため、比較的楽に覚えられると思います。

敬語を覚えよう

古文の読解においてかなり重要になってくるのが敬語です。

敬語の種類には「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」の3種類があり、その分類によって誰から誰に敬意が向いているのかが異なってきます。

主語や目的語が省略されやすい古文では、この敬意の方向が主語を見極めるヒントになることがあり、敬意の方向が分からなければ解けないような問題も出題されます。

それゆえ、それぞれの敬語が「誰から誰への敬意を表現するか」をおさえることは、古文をマスターする上で必須条件となってきます。

勉強したのに点数が取れない、古文の実力が伸びない、安定しないという方はこの部分をないがしろにして多くの読解を行っている場合が非常に多いので注意するようにしましょう。

大学受験対策におすすめの塾・予備校

上記で述べた、勉強法を塾や予備校ではさらに詳しく知ることができます。

また、塾や予備校は豊富な過去問やテスト問題を持っているため、実践でさらに古文を安定させたいといった方は塾に通うという選択肢も視野にいれるといいでしょう。

大学受験ディアロ

_画像

大学受験ディアロの基本情報
対象 中学生・高校生
指導形態 映像授業
教室一覧 浦和校、海老名校、海浜幕張校、亀戸校、国分寺校、桜新町校、三軒茶屋校、静岡校、新浦安駅前校、新小岩校、水道橋校、巣鴨校、センター南校、船橋校、三鷹校、茗荷谷校、武蔵浦和校、早稲田校

こだわりの学習スタイル

正解が何かではなく「なぜそう考えたか」をトレーナーの方は常に問いかけています。

自ら言葉にしていくことで考えが整理され「そういうことか!」という気づきが起きます。

この気づきは印象度合いが高く、理解が深まります。

これは科学的に証明されており、オートクライン効果と呼びます。

ディアロでは意図的にこの効果を高めて、指導を行っています。

この指導の効果により、慶應義塾大学や早稲田大学などの名門大学にも多数合格しています。

ディアロ独自の「対話式トレーニング」

インプットした知識を最大限に活用し、成績アップにつなげるにはどうしたらよいかと考え続け、導きだしたその答えが、インプットした知識を徹底的に使うことつまり、アウトプットです。

だからこそ、ディアロの「対話式トレーニング」では、一方通行の授業は行っていません。

対話を重視したディアロの対話式トレーニングは、学習の定着度を示す「ディアロオリジナル学習ピラミッド」の考え方に基づいて設計されています。

しっかりと考え、先生になり切って自分の言葉で誰かに教えることによって理解がさらに深まります。

また、満足度は99.7%と非常に高く、生徒さんも楽しんでトレーニングが出来ています。

✓「なぜ」を深堀りしていく

✓インプットだけでなくアウトプットも徹底的に行う

✓誰かに教えるという体験ができる

↓↓大学受験ディアロの詳しい情報はこちら↓↓

城南予備校DUO

_画像

城南予備校DUOの基本情報
対象 中学生・高校生・浪人生
指導形態 個別指導・集団指導
教室一覧 柏校、蒲田校、吉祥寺校、三軒茶屋校、新百合ヶ丘校、自由が丘校、立川校、たまプラーザ校、平塚校、藤沢校、町田校、溝の口校、南浦和校、横浜校

AI教材とプロ講師の融合

DUOでは、AIの力を取り入れて、生徒一人一人に合った指導を提供しています。

このAIの力がDUOの元々の強みであるプロ講師による指導と掛け合わさり他の塾では実現できない指導を行っています。

生徒の目標・目的に合わせて、カリキュラムを個別最適化し、自分に足りない部分をピンポイントに学習できるので、必要な知識や基礎学力を効率的に学習することが可能になります。

またAIによって生徒の学習の進捗度をリアルタイムで解析できるので、より効果的な指導をサポート受けることができます。

生徒さんの中には、数学を35点も伸ばした方も居り、十分な成績アップの効果があるのは間違いないです。

新しい授業科目

城南予備校DUOにはクリエイティブラーニング講座という講座があります。

この講座では、表現活動を通じて、効率性や安全性を計画する力、作品やサービスを受けとる他者の視点を想像する力、既存のシステムの課題を探す問題発見能力、そして新しい価値や世界観を創造する力や思考法、広義のコミュニケーション方法を学びます。

これからの時代、個の力がより強くなってきます。

そのため、思考力や問題解決力はさらに必要になってくるはずです。

また、総合型選抜で必要な面接・志望理由書・小論文で問われる抽象概念に対する思考力や、一般選抜で用いる実際的な表現力も高めることができます。

✓AI×プロ講師

✓効率的な指導を受けれる

✓思考力を養う講座を受講可能

↓↓お近くの城南予備校DUOはこちら↓↓
↓↓授業料・体験授業の問合せ↓↓
【東京都】立川校蒲田校自由が丘校町田校吉祥寺校三軒茶屋校
【神奈川県】横浜校藤沢校溝の口校たまプラーザ校平塚校新百合ヶ丘校
【千葉県】柏校 【埼玉県】南浦和校

まとめ

_画像

これまで、古文の単語帳や勉強方法について解説を行ってきました。

古文は現代文に比べて、暗記をするだけで得点を上げることが可能な教科です。

まずは、単語を覚え、文法を学びそこから問題をとき始めるとより問題が理解しやすくなるのではないでしょうか。

また、苦手意識が芽生えることも減らせるはずです。

当記事が、学生の皆様の助けになると幸いです。

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「古文単語帳」に関してよくある質問を集めました。

古文単語帳の選び方は?

大学入学共通テストでは、本来の意味よりも派生の意味が使われることがよくあります。
そのため一単語の意味が複数書いてあるもの、またイメージがしやすいように例文が書いてあるもの、イラストが掲載されているものがおすすめです。
詳しくはこちらを参考にしてください。

おすすめの古文単語帳は?

おすすめの古文単語帳は「マドンナ古文単語230」、「読んで見て覚える重要古文単語315」、「Key&Pointみるみる覚える古文単語300+敬語30」の3つです。
目的やレベルよっておすすめしたい参考書は異なります。
記事で詳しくまとめましたので こちらをご覧ください。

古文単語の勉強法は?

まずは単語帳を繰り返し解き、一冊を仕上げることに重点を置いて単語帳を使います。
やみくもに多くの単語を丸暗記するのではなく、実際の文章の中で単語のどの用例にあてはまるのかを理解し使える知識にしておくことが重要になってきます。
また古文単語を覚える際には、現代語との関わりや違いを意識して暗記すると効率的です。
詳しい内容はこちらをご覧ください。