ホーム >> 学習関連コラム >> 勉強法 >> 【2021年度】神戸大学の偏差値、難易度、対策方法や併願校を解説
更新日 2021.4.2

【2021年度】神戸大学の偏差値、難易度、対策方法や併願校を解説

カテゴリ

神戸大学は関西の国立大学で3本の指に入ると言われており、10学部・15大学院など多数のセンターを有する総合大学です。

今回はそんな神戸大学の偏差値、学部、入試対策など詳しくご紹介します。

神戸大学について

画像

神戸大学の基本情報
キャンパス 六甲台・楠・深江・名谷
学部 文・国際人間科学・法・経済・経営・理・医・工・農・海洋政策科学
全体の偏差値 55.0〜67.5

神戸大学の特色

神戸大学は10学部、15大学院を備える総合大学である利点を生かし、学部の枠を超えた教育部会を組織して全学的な体制で実施しています。

自分野の専門性を身につけた学生が、他分野に関わる課題を学ぶことで、異なる分野での価値観や解決手法を理解する、また異なる分野の学生と協力して様々な課題に取り組むことにより、学生の自主性、コミュニケーション能力などを身につけることを目的としています。

 

 

✔︎10学部を備える総合大学

✔︎他分野と関わる学び

✔︎学生の自主性を育てる

神戸大学の偏差値

画像

学科や日程により偏差値は異なりますが各学部の偏差値はこちらの表のようになっています。

学部 偏差値
文学部 62.5〜67.5
国際人間科学部 60.0〜67.5
法学部 62.5
経済学部 62.5
経営学部 62.5
理学部 55.0〜65.0
医学部 55.0〜67.5
工学部 57.5〜65.0
農学部 57.5〜62.5
海洋政策科学部 55.0〜60.0

全体の難易度の特徴

まず、偏差値の近い大学、一つレベルの高い・低い大学をみていきましょう。

偏差値が近い大学 関西大学・関西学院大学
一つレベルの高い大学 同志社大学
一つレベルの低い大学 立命館大学

問題自体の難易度はそれほど高くありませんが関西を代表する国立大学として、人気が高いです。

併願校には関西の国立大学を受けることをおすすめします。

関関同立と呼ばれる関西大学・関西学院大学・同志社大学・立命館大学を受ける人が多いです。

✔︎偏差値は55から67.5

✔︎問題の難易度は標準

✔︎併願は関西の国立がおすすめ

神戸大学に合格するには

画像

それでは神戸大入試にはどのような対策が必要なのでしょうか。

センター試験と2次試験に分けてそれぞれ見ていきましょう。

大学入学共通テストを突破するには

学科や日程により異なることはありますが、各学部の合格に必要な大学入学共通テスト得点率はこちらの表のようになっています。

学部 得点率
文学部 77〜84%
国際人間科学部 74〜83%
法学部 77〜84%
経済学部 76%
経営学部 76%
理学部 72〜82%
医学部 68〜85%
工学部 73〜83%
農学部 73〜80%
海洋政策科学部 70〜74%

人気大学なだけあってどの学部も必要な得点率が70%から80%ほどと高いことがわかりますね。

神戸大は、センター試験の比率が高いことが特徴です。

センター試験で高得点を上げられなければ合格は困難でしょう。

全教科を苦手科目を作らないように満遍なく学習しましょう。

二次試験を突破するには

  • 過去問を確認
  • 基礎を固める
  • 塾の先生に添削してもらう

神戸大学の2次試験は標準レベル問題が多いと言われており高得点での勝負となります。

基礎を満遍なく固めてセンター試験同様に苦手科目もしっかりと克服しておきましょう。

また、過去問から試験の特徴を掴むことが重要です。

例えば、論述問題が多く、限られた文字数で主張することを簡潔にまとめる記述力が必要です。

記述力を高めるために塾の先生などに記述の添削をお願いすることをおすすめします。

英語や国語は、長文が出題される傾向があるので短時間で読解して処理する能力を身につけましょう。

 

✔︎過去問の確認が大切

✔︎2次試験の難易度は標準

✔︎添削は塾の先生にしてもらう

神戸大学合格にオススメの塾

記述の添削や問題傾向を掴むことは1人では難しいですよね。

入試対策は短い時間でいかに効率よく学習できるかが大切です。

最後に神戸大学受験におすすめの塾、城南予備校DUOをご紹介します。

城南予備校DUO

画像

城南予備校DUOの基本情報
対象 中学生・高校生・高卒生
指導形態 個別指導・少人数授業・映像授業
教室 三軒茶屋校・吉祥寺校・町田校・自由が丘校・蒲田校・立川校・新百合ヶ丘校・平塚・たまプラーザ校・溝の口校・藤沢校・横浜校・柏校・南浦和校

AIを使った効率の良い指導

atama+個別指導ではAIが一人ひとりの得意不得意、目標などを分析し、的確な診断の元、最適な学習教材を自動作成します。

クリアした単元を忘れた頃にテストしたり、AIが生徒の集中度や学習の進捗をリアルタイムで解析します。

「講義動画を見ていない」など学び方のクセも報告し、どんなサポートが必要かを報告します。

ゼミ形式で行うDUO指導

DUO指導では講義は行わずにプロ講師が一人ひとりに現状の課題や何をいつまでにやるかなど細かく課題設定をして、不明点を解説していきます。

これからの学習に必要な主体性と実力が自然に身につきます。

一人ひとりのレベル・進度・志望に沿った最適な学習内容や教材をご提案し、徹底した学習管理を行います。

↓↓お近くの城南予備校DUOはこちら↓↓
↓↓授業料・体験授業の問合せ↓↓
【東京都】立川校蒲田校自由が丘校町田校吉祥寺校三軒茶屋校
【神奈川県】横浜校藤沢校溝の口校たまプラーザ校平塚校新百合ヶ丘校
【千葉県】柏校 【埼玉県】南浦和校

✔︎AIを用いた次世代の指導

✔︎ゼミ形式のDUO指導

✔︎徹底した学習管理

まとめ

画像

今回は関西で人気の国立大学、神戸大学の偏差値や学部、入試対策、そしておすすめの塾として城南予備校DUOをご紹介しました。

入試対策は早くに始めた方が周りと差をつけられ有利となります。

気になった方は無料体験や学習相談ができるのでお問い合わせをしてみてください。

【要点まとめ】神戸大学の受験について

神戸大学の受験について簡単に説明します。

神戸大学の偏差値は?

神戸大学の偏差値は55〜67.5です。

各学部ごとによって異なります。

学部ごとの偏差値が気になる方はこちらを参考にしてください。

神戸大学と併願受験するなら?

神戸大学と併願受験をするなら関西学院大学や関西大学がおすすめです。

難易度が近い大学を紹介しているので受験を考えている方はこちらを参考にしてください。

神戸大学の大学入学共通テストの得点率は?

神戸大学の大学入学共通テストの得点率は68〜85%で各学部によって異なります。

各学部の得点率を知りたい方はこちらを参考にしてください。