ホーム >> 学習関連コラム >> 受験・資格 >> 関西の私立大学『産近甲龍』について徹底解説!気になる偏差値・就職状況
更新日 2020.7.8

関西の私立大学『産近甲龍』について徹底解説!気になる偏差値・就職状況

関西の有力大学、産近甲龍と呼ばれる四つの私立大学について説明します。

主キャンパスが京都府にある京都産業大学、龍谷大学、大阪府にある近畿大学、兵庫県にある甲南大学のそれぞれの名称の一部をとって、この四つの大学、産近甲龍と呼ばれてます。

関西の私立大学といえば、関関同立が人気、就職力ともに有力ですが、産近甲龍もそれに続く、あるいは追いつき、追い越す勢いで、全国的にも今注目の大学になってきています

ここでは、産近甲龍の何がすごいのか、そして、どうすれば産近甲龍に合格して入学できるのかについて、説明します。

産近甲龍とは

_画像

関西の京都産業大学、近畿大学、龍谷大学、甲南大学の総称です。

それぞれ、どんな大学なのか、キャンパスの場所や、学部、学生数をまとめてみました。

キャンパス 神山キャンパス(京都市北区・全学部)
特徴 キャンパスが一か所に集中しているので、何かと便利。
豊かな自然がある京都上賀茂の地で学習し、大学生活を楽しめる。
学部 法学部・経済学部・経営学部・現代社会学部・外国語学部・国際関係学部
・文化学部 ・理学部・情報理工学部・生命科学部
生徒数 13,591名(2019年5月現在)
キャンパス 東大阪キャンパス(大阪府東大阪市 大学本部と、法・経済
・経営・文芸・総合社会・国際・理工・建築・薬学部がある)
大阪狭山キャンパス(大阪府大阪狭山市 医学部と大学病院がある)
奈良キャンパス(奈良県奈良市 農学部がある)
和歌山キャンパス(和歌山県紀の川市 生物理工学部がある)
広島キャンパス(広島県東広島市 工学部がある)
福岡キャンパス(福岡県飯塚市 産業理工学部がある)
特徴 日本有数のマンモス大学。学部数も学生数も多く、キャンパスも5府県に広がる。
近大マグロなどの取り組みも有名。
学部 法学部・経済学部・経営学部・総合社会学部・文芸学部・国際学部 医学部・薬学部・農学部
・工学部・理工学部・建築学部・生物理工学部・産業理工学部
生徒数 33,370名(2019年5月現在)
キャンパス 岡本キャンパス(神戸市東灘区 大学本部と文・法・経済・経営・理工・知能情報学部がある)
西宮キャンパス(兵庫県西宮市 マネジメント創造学部がある)
ポートアイランドキャンパス(神戸市中央区 フロンティアサイエンス学部がある)
特徴 神戸でも上品な地区、岡本に拠点があるが、新設学部やスポーツ施設は、ポートアイランド、六甲アイランドにも広がる。
学部 文学部・法学部・経済学部・経営学部・マネジメント創造学部 理工学部・知能情報学部・フロンティアサイエンス学部
生徒数 8,873名(2019年5月現在)
キャンパス 深草キャンパス(京都市伏見区 大学本部と法・経済・経営・政策・国際学部があり、
文学部の1・2年生も学ぶ)
大宮キャンパス(京都市下京区 文学部3・4年生が学ぶ)
瀬田キャンパス(滋賀県大津市 社会・理工・農学部がある)
特徴 主に文系学部は深草キャンパスに、理系学部は滋賀の瀬田キャンパスに。
西本願寺の僧侶教育機関が起源で、創立以来約380年の歴史を誇る。
学部 文学部・法学部・経済学部・経営学部・政策学部・社会学部・国際学部
・ 理工学部・農学部・先端理工学部(2020年4月開設予定)
生徒数 19,343名(2019年5月現在)

いろんな学部がありますね。

学部が多いと、さまざまな考え方の人に会えそうですね。

生徒数の多さにもびっくりです。

産近甲龍の偏差値やレベル、就職状況

_画像

  文学部 法学部 経済学部 経営学部 社会学部 理工学部
京都産業大学 58~59 55~57 56~57 56~57 56 56
近畿大学 60~62 61~63 61~62 59~61 62 53
甲南大学 60~62 58~59 59~60 59~60 59~60 54~55
龍谷大学 60~62 60~61 58~59 58~59 58~59 55~56

ベネッセのデータから抜粋。

文学部は英文学専攻で比較。

理工学部はそれぞれの大学の情報工学系で比較。

京都産業大学文学部は、外国語学部英語学科の偏差値。

甲南大学の社会学部は、文学部社会学科の偏差値。

この表からわかるように、産近甲龍は、関関同立を追いかける大学グループなので、偏差値もなかなか高いです。

大学学部によっては、関関同立とほぼ並んでいるところもあります。

  就職率 主な就職先
京都産業大学 98.7% 日清食品ホールディングス・株式会社NTTドコモ・株式会社サイバーエージェント・株式会社コーセー・全日本空輸株式会社・みずほフィナンシャルグループ・ゆうちょ銀行など。 厚生労働省・防衛省・警視庁・和歌山県庁・京都市教育委員会などの公務員。
近畿大学 98.4% 東海旅客鉄道株式会社・日本電産株式会社・京セラ株式会社・株式会社朝日新聞社・株式会社三菱UFJ銀行・日本放送協会・日本IBM株式会社など。 財務省・法務省・大阪府警・大阪市教育委員会・労働基準監督官などの公務員。
甲南大学 98.6% 大和証券株式会社・東京海上日動火災保険株式会社・日本航空株式会社・株式会社三井住友銀行・阪急電鉄株式会社・株式会社JTB・ヤマト運輸株式会社など。 法務省・国土交通省・大阪国税局・神戸市役所・兵庫県庁・神戸市教育委員会などの公務員。
龍谷大学 97.7% 新日鐵住金株式会社・野村證券株式会社・株式会社資生堂・住友不動産株式会社・ソフトバンク株式会社・西日本旅客鉄道株式会社・ANAエアポートサービス株式会社など。 財務省・法務省・大阪市教育委員会・京都市役所・京都府警などの公務員。

産近甲龍は、どの大学もほぼ100%に近い就職率をほこるだけでなく、その内訳も、より有名な大企業が増えてきています

この要因としては、まず、産近甲龍の偏差値が上がってきて優秀な学生が増えていること。

次に、関西の大学ありながら、東京にも就職活動をする学生のためのサポートセンターを設置して、学生の就職活動を支援していること。

(大企業は東京に集中してますから。)さらには、2年生などの早い時期から、就職に関するセミナーを繰り返し開催し、就職への意識を高めていること、などがあります。

今はやりのインターンシップに参加する学生も年々増えており、そのためにも早めの情報提供、東京でのサポートなどはありがたいみたいですよ。

また、公務員を志望する学生には、公務員対策講座が各大学とも用意されており、公務員志望の人にも安心なシステムが産近甲龍には備わってます。

産近甲龍に合格・進学するには?

_画像

自力で産近甲龍を目指して合格できる人もたくさんいると思います。

文系学部なら、基本的に、英語国語社会の3科目入試なので、文系科目が得意な人なら何とかできるでしょう。

ただし、次の二つの理由から、自力勉強はあまりすすめられないのが、最近の大学受験の状況です。

一つは、有名私学の偏差値の変動です。

ここ数年、関東・関西の私立大学は偏差値の変動が激しいことご存じでしょうか? 少子化で受験生の数が増えているわけでもないのに、私立大学は激戦になっています。

その理由は、入学定員の厳格化指導を文部科学省が有名大学に対して行っているからです。

従来は、定員を多少超えて学生を入学させても許してもらえていたのですが、地方の私立大学を中心に定員割れが目立つようになり、逆に都会の有名大学が学生を採りすぎないように、指導がなされているのですね。

ですから、2016年度の入試ぐらいから、有名私立大学が以前よりはっきり入りにくくなりました。

そして、その流れは、関西地区でいえば、関関同立がまず難化し、徐々に産近甲龍も難化、去年などは、その下の一部の大学まで入りにくくなるという状況になっています。

しかも、その難易度の変化は年によってトレンドがあり、予測しづらいという面倒さまであります。

例えば、産近甲龍の一角、近畿大学は、近大マグロなどによる知名度アップや魅力的な学部の増設で関西学院や関西大学と引けを取らないほどにまで、近年は偏差値が上がったりしています。

また、毎年のように新設学部が増設され、それが難易度の変化にも影響を与えます。

こういう状況で、受験指導も受けず、受験の最新情報も入らない形で大学受験を目指すのは非常に危険であると言えます。

今はむしろ、地方の国公立大学の方が、気楽に受けられる時代ですからね。

もう一つは、自力で産近甲龍に入れる人は、そもそも塾や予備校できちんと受験指導を受ければ、もう一つ上のランクの関関同立に入れる可能性が極めて高いことです。

産近甲龍と関関同立の差が縮まっているので、なおさらそれが言えると思います。

逆に塾や予備校に行くメリットは何でしょうか? 

まず、豊富な受験情報があることですね。

特に、大学入試の難易度変化は、前年度の入試結果の影響を受けやすいです。

前年度倍率が上がると、続けて人気になることもあるし、逆に、敬遠されて人気が反対に下がることもあります。

つまり、人気が上がるにも下がるにも理由があり、それを分析した情報があるのとないのとでは、戦略が大違いですね。

二つ目は、経験豊富なベテラン講師が、絶対に合格するためにおさえるポイントを指導し、定着させてくれることです。

たとえば、現代文一つとっても、有名私立大学特有の着眼点があります。

それを知らないと、ただ解いているだけでは、合格できなくなります。

私立大学の入試は倍率が高く、一点で受かる、落ちるというのはざらですからね。

古文などでも、面倒な助動詞。

あれも、産近甲龍ならこの助動詞と、この助動詞のこういうところは覚えておこうねという風に指導してくれるのが、有名進学塾です。

しかも、それらの知識がどのような形で問われるのか、設問を解くのに何を意識すれば解けるのか、などのアウトプットまで指導してくれるわけですから、自力での勉強との効率の差は明らかでしょう。

産近甲龍に強いおすすめの塾・予備校

画像

産近甲龍合格に、おすすめの塾といえば、「個別教室のトライ」です。

産近甲龍を頑張って目指すという生徒さんのタイプとして、文系なら英語国語社会のどれかが苦手ですという人が多いと思います。

全てできる人は、関関同立を最初から目指す人が多いですから。

あるいは、最終的には関関同立に入りたいけど、まずは産近甲龍にという人も、こういうタイプが多いと思います。

じゃあ、その苦手科目を克服するには、やはりある程度、少人数で、先生に直接質問をぶつけることができたり、一人一人の学力を把握したうえで指導してもらえる環境が理想的です。

個別教室のトライなら、産近甲龍の入試を体験した先生が直接教えてくださるというメリットもあります。

もちろん、それぞれの科目のスペシャリストの先生が、産近甲龍合格に必要な内容をわかりやすく受験生に合わせて教えてもらえる。

さらに、ここがすごく大きいメリットなのですが、よく「個別教室トライ」では学習相談会をやってるんです。

見たり聞いたりした人も多いと思います。

生徒さんの現状と目標大学をきちんと整理したうえで、学習計画を作成する。

しかも、それは、一人一人に合わせたものです。

例えば、野球部の人で、夏まで部活をある人と、すでに帰宅部の人とでは学習計画が異なるのは当たり前。

そういう一人一人の学力や部活など、さまざまな事情を加味して、計画を作ってもらえるのも「個別教室のトライ」の利点ですね。

担当の先生や、教室のスタッフの方々も、生徒さんと計画・目標を共有していますから、勉強がはかどらない時、スランプの時も親身になって応援してくれたり、時には厳しくも暖かい指導で、安心して勉強が進められます。

がむしゃらに頑張ったけど、途中でやる気が切れたとか、やっていることがずれていて学力がつかないとか、頑張ったけど計画性がなく間に合わなかったとかの失敗は、「個別教室のトライ」なら、なくなります。

産近甲龍合格には、お近くの「個別教室のトライ」が最適の塾といえます。

 

↓↓料金・キャンペーンの確認はこちら↓↓

画像

逆に、少人数指導は落ち着かないという人もいますね。

あるいは、大勢の中で刺激を受けるほうが向いている人。

そういう人には、産近甲龍合格にも強い予備校として「河合塾」がおすすめです。

河合塾のいいところは、予備校なのにそこまでクラスの規模が大きくないところです。

ある程度、人数がいる中で一緒に授業を受けて同じ目標を目指せるというメリットと、講師の先生と最低限の距離の近さがあるので、わからないところなどは質問できるという必要性が両立しているのが大きなメリットです。

また、全国展開の大手予備校であり、河合全統模試を主催しているので、データの豊富さはトップクラス。

産近甲龍のトレンド変化などにも、リアルタイムで情報が得られるのは、大手予備校ならでは、「河合塾」ならではのメリットです。

産近甲龍合格を目指すには、本当に心強い予備校ですね。

まとめ

_画像

産近甲龍のすごさ、十分感じてもらえたと思います。

本当に、将来東京や大阪の大手企業で働きたいなら、地方の国公立大学より、産近甲龍の方が、今は断然近道です

地方の大学で、東京での就職活動のサポートが不十分だと大変です。

産近甲龍は、学生数のデータを見ても、ものすごく多くの学生が通っているのがわかると思います。

つまり、就職活動するにも、多くの先輩の協力が得られるので有利ということです。

さらに、最近では、産近甲龍に行く女子の割合も高まっており、女性の先輩も多く大手企業で働いているので、女の子の就活にも心強いでしょう。

ただ、いいことばかりではないですね。

産近甲龍の人気に比例して、難易度も上昇中です。

どうでしょう?大変ですね。

でも、「個別教室のトライ」のような塾が利用できれば、今から頑張ることで十分合格できますよ

勉強は計画、方法、継続、この三つが大事ですね。

その上に、わかりにくいこと、苦手なことを自分に合わせて教えてもらう。

そうやって、できるようにしていければ、確実に合格に近づきます。

長年、受験指導してきた私からすると、実は大学受験は本当はそんなに難しくないんです。

なぜなら、少子化で生徒の数は減っている一方で、有名私立大学は学部増設で実質定員は増えている。

だから、以前より入りやすくなっているんです。

なのに、うまくいかない人がいるのは、十分な指導を受けていないことに尽きます

たいていの進学校の生徒さんなら、適切な指導を適切な時期から受ければ、産近甲龍にみんな入れる能力はあります

そういう環境になってきています。

だから、後悔しないでほしくて、この記事を書きました。

「個別教室のトライ」で、確実に産近甲龍合格をつかみませんか!!