ホーム >> 学習関連コラム >> 特集 >> 【2022年度最新】立命館大学政策科学部|難易度・入試対策・学費・評判
更新日 2022.9.8

【2022年度最新】立命館大学政策科学部|難易度・入試対策・学費・評判

カテゴリ

関西地方では難関大学として位置づけられ、全国的に見ても非常に知名度のある立命館大学

偏差値も60を超える学部があるなど優秀な学生が集まっています。

そんな立命館大学は、毎年多くの受験生が受験しており、倍率が高いため簡単に進学することはできません。

また、一般的な大学と異なりグローバルな視点を大切にしていて積極的に短期留学を行えることでも有名です。

これから受験を控えている高校生の方は、立命館大学について「どのような特徴を持つ大学なのか」「何を学べる大学なの?」と悩みを抱えていることも多いでしょう。

そこで今回は、立命館大学政策科学部に焦点を当てて、具体的に何を学べるのか、就職先や学費、入試情報に至るまで詳細に解説していきます。

大学受験に適した学習塾もご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

立命館大学 政策科学部について

_画像

まずは、立命館大学政策科学部についてその基本情報から見ていきましょう。

立命館大学政策科学部の基本情報
創設年 1994年
生徒数 1,684名
キャンパス 大阪いばらきキャンパス
特徴 現代社会の問題や必要な学びについて理解、解決することに努める学科

立命館大学 政策科学部の特徴

立命館大学政策科学部にはどのような特徴があるのでしょうか。

政策科学部を知るためにも詳しく確認していきましょう。

グローバルな学び

立命館大学政策科学部が考えるグローバルな学びとは、国や文化の違いを超えて地球規模の問題を捉え、理解し解決することです。

日本だけでなく、世界中の問題について認識し様々な国の学生が集う政策科学部にて学びます。

世界各国の友人と共に問題解決能力を養うことが目的です。

実践的な学び

立命館大学政策科学部では、4年間で発見→調査→探求→発信のサイクルを実践的に行っていることが特徴です。

「現場」を知り、経験を積むことを大切にしていて現地調査によって得られた知見と授業で学ぶフィードバックをもとに更なる問題解決能力の向上を図っています。

それぞれグループを作って研究の素材や方法、課題を見つけ取り組み、最終的には成果を発表し報告書を作成します。

研究を発信する力を培う

立命館大学政策科学部では、毎年自分が研究したことについて発表する機会があります。

また、各学年ごとに研究成果を発表する「PSアカデミック・フェスタ」ではプレゼンテーション能力やチームワークも試されます。

高い指導環境の中、自分やチームの研究に没頭できる上に毎年の発表会という目標があります。

学会に近い緊張感のある発表会は政策科学部の特徴です。

自由度の高いキャンパス

立命館大学政策科学部が設置されている大阪いばらきキャンパスは京都と大阪の中間地点に位置しています。

キャンパス内は、市民の方でも自由に利用できる施設が完備されているため様々な年代の方が集う空間となっています。

学びの空間はもちろんのこと運動施設も充実しており、自由度の高いキャンパスとして有名です。

立命館大学 政策科学部のカリキュラム

多くの特徴を持つ立命館大学政策科学部ですが、カリキュラムは2つの科目と3つの学系があります。

ここでは、それらについて見ていきましょう。

2つの科目群と3つの学系

政策科学部には「学術俯瞰科目(MLC)」と「政策科学科目(PLC)」という2つの科目群があります。

学術俯瞰科目(MLC)では、政策科学部が学ぶべき学問知識を幅広く学習することが可能です。

そして、細かいスキルや可視化の方法について深く学んでいきます。

政策科学科目(PLC)では、以下の3つの学系があります。

  • 公共政策系
  • 環境開発系
  • 社会マネジメント系

これら3つの中から興味関心があるものを系統的・横断的に学びます。

✔グローバル的な視点も大切にしている学部

✔現地へ向かい調査する力が身につけられる

✔カリキュラムは2つの科目群と3つの学系で構成

【2022年度最新】立命館大学 政策科学部の難易度

_画像

立命館大学政策科学部の特徴やカリキュラムについて理解したところで、政策科学部はどのくらい入試難易度が高いのか見ていきましょう。

立命館大学 政策科学部の偏差値

まずは、立命館大学政策科学部の偏差値について他学部や他大学と比較したものをまとめましたので確認していきましょう。

立命館大学の他学部と比較

立命館大学政策科学部は他学部と偏差値を比較すると以下のようになります。

学部名 偏差値
政策科学部 55.0~57.5
法学部 57.5
産業社会学部 55.0~57.5
国際関係学部 60.0~65.0
文学部 55.0~60.0
映像学部 55.0~57.5
経営学部 57.5
総合心理学部 55.0~60.0
経済学部 57.5
スポーツ健康学部 55.0
食マネジメント学部 55.0~57.5

今回は、文系学部をピックアップして比較しましたが、政策科学部の偏差値は文系学部内では標準的といえるでしょう。

最も高い偏差値を有しているのは国際関係学部となっています。

いずれも偏差値は55.0以上と学力の高さが伺えます。

偏差値の近い他の有名私立大学と比較

続いて立命館大学政策科学部と関関同立の偏差値を比較してみましょう。

学部名 偏差値
立命館大学政策科学部 55.0~57.5
関西大学政策創造学部 55.0~57.5
関西学院大学総合政策学部 55.0~57.5
同志社大学政策学部 60.0

他の大学の政策学部系統と偏差値を比べると大きな差はないようです。

同志社大学政策学部のみ偏差値が高く、その他3校は同程度の偏差値となっています。

立命館大学 政策科学部の倍率

立命館大学政策科学部の偏差値についてわかったところで、難易度に直結しやすい倍率について見ていきましょう。

学部名 倍率
政策科学部 3.0倍
法学部 2.3倍
産業社会学部 2.9倍
国際関係学部 2.9倍
文学部 2.9倍
映像学部 5.7倍
経営学部 3.4倍
総合心理学部 3.5倍
経済学部 2.2倍
スポーツ健康学部 2.5倍
食マネジメント学部 3.2倍

政策学部の倍率は3.0倍となっており、文系学部の中では比較的高いです。

最も倍率が高いのは映像学部で5.7倍もあります。

政策科学部に進学できる学力を持っていても油断はできないため十分に対策をしましょう。

✔政策科学部の偏差値は55.0~57.5

✔政策科学部の倍率は3.0倍

✔十分に対策して受験に臨む必要がある

立命館大学 政策科学部の入試・対策

_画像

ここからは、立命館大学政策科学部の入試情報と科目ごとの対策についてご紹介していきます。

入試日程

まずは、立命館大学政策科学部の入試日程を確認していきましょう。

試験方式 出願期間 試験日 合格発表 入学手続き締切日
全学統一方式 1/6(金)~1/22(日) 2/1(水)~2/4(土) 2/17(金) 2/28(火)
学部個別配点方式 1/6(金)~1/26(木) 2/7(金) 2/20(月) 2/28(火)
共通テスト併用方式 1/6(金)~1/13(金) 2/8(土)、2/9(日) 2/17(金) 2/28(火)
後期分割方式 2/12(日)~2/25(土) 3/7(火) 3/17(金) 3/24(金)

立命館大学政策科学部には4つの入試方式があり、それぞれ出願期間や試験日が異なります

立命館大学政策科学部へ受験を考えており、入試方式をある程度決めているならしっかりと計画して勉強を行いましょう。

入試科目・配点

入試日程について確認したら各入試方式の科目や配点について見ていきましょう。

全学部統一方式

まずは全学部統一方式の入試科目と配点を見ていきましょう。

入試教科 入試科目 配点
外国語 英語 120点
国語 国語 100点
選択科目 公民 政治・経済 100点
地理歴史 日本史 100点
世界史 100点
地理 100点
数学 数学 100点

全学部統一方式の入試科目は、外国語と国語が必須科目で選択科目は公民・地理歴史・数学となっています。

配点は外国語以外100点となっており、入試3教科の合計点は320点満点です。

学部個別配点方式

続いて学部個別配点方式の入試科目と配点について確認していきましょう。

入試教科 入試科目 配点
外国語 英語 100点
国語 国語 100点
選択科目 公民 政治・経済 150点
地理歴史 日本史 150点
世界史 150点
地理 150点
数学 数学 150点

学部個別配点方式は外国語と国語が必修科目となっており、配点はどちらも100点です。

また、選択科目は公民・地理歴史・数学から1科目を選択して受験します。

配点は150点と高めなため、得意な科目を選びましょう。

共通テスト併用方式

共通テスト併用方式の入試科目、配点は以下の通りです。

 
試験名 入試教科 入試科目 配点
本学独自試験 外国語 英語 100点
本学独自試験 国語 国語 100点
大学入学共通テスト 公民 100点
地理歴史 100点
理科 100点
数学 100点

共通テスト併用方式は、外国語と国語が本学独自試験となっています。

大学入学共通テストは4科目ありますが、高得点の1科目を採用する形となります。

配点は全て100点となっており、大学入学共通テストの科目では理科や数学といった理系科目を採用することも可能です。

後期分割方式

最後に後期分割方式について見ていきましょう。

入試教科 入試科目 配点
外国語 英語 120点
国語 国語 100点

後期分割方式は2科目のみとなっており、外国語の配点が120点と若干高いです。

入試科目が他の方式よりも少ないため集中的に勉強する必要があるでしょう。

科目別入試対策

各試験方式の入試科目についてご紹介しましたが、各科目の対策について把握しておくことは非常に大切です。

今回は英語と国語、地理・公民の対策法について解説していきます。

英語対策

立命館大学の英語は大問5題で構成されており、全問マーク式テストとなっています。

大問1・2は長文読解問題、大問3は会話文問題、大問4・5は文法語法問題です。

難易度自体は基礎〜標準的で、特段難しい問題が出題される可能性は低いでしょう。

長文読解問題は、750〜800語程度で作られているため量は多いです。

内容の確認、空欄を埋める問題などが設問として用意されているため、文章の流れを十分に理解する必要があります。

その他大問では文法問題や語彙力問題があり、英語の基礎的な部分から見直しておくことが重要といえます。

国語対策

続いて国語ですが、大問3題で構成されておりマーク式と記述式どちらもあります。

問題の構成は現代文2題、古文1題で大問に独立して漢文はありません。

しかし、古文の中に漢文の問題が用意されているため対策は必須です。

出題難易度は現代文2題は標準レベルとなっていますが、古文の難易度が高いです。

そのため、高得点を狙うなら古文を集中的に対策すると良いでしょう。

また、あまり有名ではない出典から出題される上に1000文字を超える古文となっているため難しめです。

漢文は標準レベルとなっているため、国語で高得点を取れるかは古文の総合力で決まるといっても過言ではありません。

地歴・公民対策

社会科目は大問3〜4題で構成されており、記述式とマーク式となっています。

選択科目のため、入試方式により配点が異なり、学部個別配点方式のみ配点が高いです。

また、レベルに関しては標準~やや難しめとされており、得意科目を選んだとしても油断はできないでしょう。

記述式問題の配点が高いことが多く、公民の2020年度試験では全問記述式でした。

年代別の事象や名称について理解することはもちろん、自分の言葉で解説できるかどうかも重要なようです。

また、誤字脱字などケアレスミスが無いように改めて確認しておくことをおすすめします。

✔立命館大学の入試方式は4種類

✔部系科目に加えて、理系科目が選択科目なこともある

✔外国語と国語の対策は必ず行う必要がある

【立命館大学 政策科学部を目指すなら】おすすめの学習塾は?

_画像

ここまで立命館大学政策科学部について詳しくご紹介してきました。

入試科目や傾向・対策について自分の力だけでは補えない可能性があります。

そのように感じた方は、今回ご紹介する学習塾を頼ってみることをおすすめします。

現論会

_画像

まずは現論会についてその特徴や料金形態についてご紹介していきます。

 現論会の基本情報
対象学年 高校生 ・既卒生
授業形態 個別指導(1対1)
展開地域 関東圏、関西圏
特徴 学習PDCAサイクルで効率の良い学習を提供

現論会の特徴

現論会はPDCAサイクルという週間計画→自習→テスト→コーチングを繰り返すことで効率の良い学習をしています。

また、個別指導により実績と経験を持つ講師から直接教わることが可能で、質の良い授業を受けられるでしょう。

また、生徒は映像授業として「スタディアプリ」を自由に使用できるため、自主学習をして少しでも学力を上げたい方におすすめです。

現論会の料金

現論会の詳細な料金について見ていきましょう。

入塾金 55,000円
諸経費 3,850円
 
対象学年・コース 授業料(税込)
高校1・2年生 42,350円
高校3年生・既卒性 東大コース 65,450円
京大コース 65,450円
難関国公立コース 61,050円
早慶コース 56,650円
難関私大コース 56,650円

現論会は、入塾金と諸経費がかかるため初期費用は高めかもしれません。

月謝は平均55,000円前後となっています。

↓↓現論会の詳細はこちら↓↓
↓↓お電話でのお問い合わせはこちらから【無料】↓↓

大学受験ディアロ

_画像

続いて大学受験ディアロについて詳しく確認していきましょう。

  大学受験ディアロの基本情報
対象学年 高校生
授業形態 個別指導(1対1または少人数制)、オンライン指導
展開地域 全国各地
特徴 対話式授業と映像授業で分かったつもりを防ぐ

大学受験ディアロの特徴

大学受験ディアロは名前の通り大学受験に特化した学習塾で、個別指導を通して生徒の苦手を克服し、得意を伸ばす指導をしています。

指導の特徴は対話式によって進む授業で、解説や質問を受けながら講師と一緒に問題を解いたり、理解していきます。

解説を受け実際に問題を解くことで更なる理解を深め、講師に問題を解く過程を伝えることで解き方はあっているのか、わからないところはないかを確認していきます。

大学受験ディアロの料金

大学受験ディアロは個別指導であり、各生徒ごとに指導料金を提示しています。

そのため、料金は公表されておりませんので気になる方は公式サイトやお近くの教室までお問い合わせください。

↓↓大学受験をお考えの方はこちら↓↓

紹介した塾の比較

最後に紹介した2つの塾について比較したものをご紹介します。

  現論会 大学受験ディアロ
指導形態 個別指導 個別指導
特徴 学習PDCAサイクルに合わせて個別指導 対話式授業で深いところまで理解する指導
料金(月謝) 平均55,000円 非公開

2つの学習塾の違いはカリキュラムに大きな違いがあります。

また、どちらも個別指導のため積極的に質問できるので、苦手科目を克服したいという方はおすすめです。

✔大学受験は個別指導がおすすめ

✔どのようなカリキュラムなのか確認しておこう

✔料金よりも指導内容が重要

立命館大学 政策科学部の学費

_画像

ここでは、立命館大学政策科学部の学費についてまとめましたので詳しく確認していきましょう。

学部 入学金 春学期授業料 秋学期授業料 年間計
政策科学部 200,000円 584,700円 584,700円 1,369,400円

立命館大学政策科学部の1年次の学費となっています。

文系学部の年間計の平均は約130万円程のため、政策科学部はそれよりも若干高いといえます。

✔入学金は20万円で全学部統一

✔政策学部の授業料は約58万円

✔政策科学部の年間計は約140万円

立命館大学 政策科学部の評判・口コミ

_画像

最後に立命館大学政策科学部にはどのような評判・口コミが寄せられているのか確認していきましょう。

授業に関する口コミ

まずは、授業に関する口コミについて見ていきましょう。

学部の講義としては、社会科学メインの文系、環境、情報学メインの理系講義があります。

その他幅広い教養科目があります。

授業は様々な分野があり、自由に履修することができます。

1年生は教養科目を中心に政策科学の基礎を学んでいきます。

他の学科に比べて楽です。

また、色々な分野を学ぶことができるため、広く浅く学びたい方に政策科学部はおすすめです。

他の学科に比べて楽だという意見もありました。

学習の仕方によっては大学院に進学することを前提に幅広い分野を学べるようです。

キャンパスに関する口コミ

続いてキャンパスに関する口コミについてご紹介していきます。

JR茨木駅から徒歩5分ほどで、立地はとてもよいです。

また、周辺にはスーパーやイオンもあり環境は充実しています。

立地に関しては高評価が多く、周辺環境も整っているため通いにくいと感じることは少ないでしょう。

また、近くにショッピングモールがあり、学校終わりに買い物に行くことも可能です。

上記の通り学内にスタバがあります。

大きな図書館もありますし、キャンパスも新しいのでとにかく綺麗です!

キャンパス内は充実した設備が整っており、大学生に人気のスターバックスがあります。

また、全体的に施設はきれいなため不自由はないでしょう。

就職に関する口コミ

最後に就職についての口コミ・評判を確認していきましょう。

キャリアセンターというところで就活のサポートが行われている。

就職支援ということでキャリアセンターが完備されているようです。

就活について困りごとがあれば頼ってみましょう。

内定者や起業家を招いたセミナーや説明会をZOOMで開催している。

立命館大学卒業生を含めた企業内定者や起業家を招いてセミナーや説明会をしているようです。

オンラインにて気軽に参加できるため、新たな刺激を受けることができます。

✔授業は幅広い分野が学べる

✔施設や立地は高評価が多い

✔就活生をサポートするための支援が充実

↓↓立命館大学 政策科学部の詳細はこちら↓↓

まとめ

_画像

立命館大学政策科学部はグローバル的視点や現地に行き、実戦的に学ぶことを大切にしており、日本のみならず世界が直面している社会問題について考えることができる学部です。

4年間を経て問題を見つける能力と解決する能力を養うことができます。

将来社会人として活躍する上で、必要なグローバル的視点は入試でも重要視されており、外国語は必須科目となっています。

外国語のみ配点が高い入試方式もあるため十分な対策をしましょう。

また、入試では選択科目に理系科目があるため、理系の受験生が滑り止めとして受験している可能性も大いにあります。

2022年度入試の倍率は3.0倍と高いため、受験対策なしに簡単に進学することはほぼ不可能でしょう。

受験勉強をする中で行き詰まりを感じるようであれば、今回ご紹介した学習塾などを活用して更なる学力の向上や苦手の克服をして合格の可能性を少しでも上げましょう。

【難関大学受験専門塾】現論会!

合格のまで着実な道のり
★一人ひとり個別の年間プラン
★実績からなる正しい勉強法を伝授
難関大学に合格した凄腕のコーチ

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「立命館大学 政策科学部 偏差値 入試形式」に関してよくある質問を集めました。

立命館大学 政策科学部の偏差値は?

立命館大学政策科学部の偏差値は55.0〜57.5となっています。立命館大学内では平均的な偏差値ですが他の難関大学と比較しても引けず劣らずの偏差値です。十分な受験対策と自分の学力を良く分析して合格を目指して勉強していきましょう。

立命館大学 政策科学部の入試形式は?

立命館大学政策科学部の入試形式は全学統一方式、学部個別配点方式、共通テスト併用方式、後期分割方式の4種類あります。それぞれ入試科目や配点が異なりますが、外国語と国語は必須科目となっています。また、選択科目に数学や理科といった理系科目もあります。

この記事を企画・執筆した人
-StudySearch編集部-
この記事は、StudySearchを運営している株式会社デジタルトレンズのStudySearch編集部が企画・執筆した記事です。
StudySearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
StudySearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→