ホーム >> 学習関連コラム >> 塾・予備校 >> 塾に行きたくない子どもが塾に行きたくなる方法・対処法
更新日 2019.8.21

塾に行きたくない子どもが塾に行きたくなる方法・対処法

小・中学生のお子様を塾に通わせたい・通わせている保護者の方必見!

子どもが塾を辞めたがる、行きたがらない、そんなお悩みをお持ちではないですか?

今回は子供が塾に行きたがらない原因とその対処法を紹介します。

塾に行きたくない理由

画像

お子さまが塾に行きたがらない理由には二つあります。

勉強が嫌い、もしくはその塾が合わないの2通りです。

塾に行きたくない子供でありがちなのは、勉強が嫌いなタイプです。

なぜ勉強をしなければならないのか分かっていないという子が多いです。

勉強嫌いの理由を突き止めないとどこの塾に行っても長続きはしません。

様々な理由で行きたくないと思う中で、親があまりにも勉強で口うるさいので反発したくなった子供も結構います。

大事なことは自発性をいかに出してもらって勉強に励んでもらうかです。

それが引き出せるところかどうかを見極めることが親には求められます。

塾の相性が合っていないというのも、お子さまが塾に行きたがらない原因の一つです。

塾の相性が合わないということの原因を解説していきます。

集団塾に通っている方に多いのが、授業についていけないということです。

一つは、授業の難易度が自分に合っていないことが原因です。

もう一つには、授業のわからないところで質問ができない、というのが原因です。

塾に行きたくなくなる理由としては、講師との相性が合わないということも挙げられます。

集団塾ではもちろん、講師の交代はできませんし、個別指導塾でも講師を交代してもらうのは言い出しづらいでしょう。

また、集団塾では、友達との関係で悩むお子さまも少なくありません。

友達との関係に悩んでいても、すぐに状況を話してくれない場合もあります。

見逃さないように、学習だけでなく環境面も考えてあげるようにしてください。

✔子どもが塾に行きたくないと思う理由は勉強が嫌いか塾の相性が悪い

✔塾や講師との波長が合わない、自分のレベルに合わない塾はだめ

✔親が勉強に口うるさくなると反発してしまう子供もいる

画像

家庭教師のトライ

家庭教師のトライで結果を出せる3つの理由
★厳選されたプロ講師による完全1対1授業
★110万人の合格実績から生まれたトライ式学習法
★映像授業や自習室等サポートも完備

_

勉強が嫌いな子には

画像

勉強が嫌いな子には、勉強の面白さ、理解する楽しさを体験してもらうしかありません。

勉強が嫌いなお子さまには、まず学習習慣がありません。

家庭教師であれば、子どもに寄り添って、分かる楽しさを教えてくれます

マンツーマンで分からない部分を繰り返し教えてもらうことで、成績が上がった例はたくさんあります。

勉強が嫌い、やる気のないお子さんほどおすすめできる家庭教師があります。

▶家庭教師のガンバ

通信教育であれば、タブレットやゲームでの学習など、子どもの興味を引く工夫がされているので、勉強の苦手意識を取り除くのに良いです。

勉強を始めるきっかけに、通信教育はピッタリなので、お子さまが興味を示したものを検討してみてはいかがでしょうか。

自己管理能力が優れているお子さまであれば、自分のペースでできる通信教育が思わぬ成果を上げるかもしれません。

▶小学生向けの進研ゼミ

子供の性格に合った塾を探す方法

画像

冒頭でも述べた通り、今の塾がどうして合わないのかを検討しましょう。

今の塾が合わない理由

✔授業の難易度が合っていない

✔講師との相性や・友人関係が良くない

✔そもそも塾というものが苦手

自分のレベルに合わない授業を受けることは、本人も辛いですし、学習効果も見込めません。

この場合、今の塾を続けるのは難しいでしょう。

対処法としては、二通りの方法があります。

家庭教師を、塾と併用して利用するのが、一つの対処法です。

家庭教師は、生徒に寄り添って分からないところを教えてくれるので、塾の授業で理解できない部分を補うことができます。

また、家庭教師であれば、生徒の細かいニーズにも応えてあげることができます。

例えば、家庭教師のトライでは、22万人の家庭教師が在籍しているので、ある塾の指導カリキュラムに沿った指導ができる教師や、塾のクラス分けテスト対策が得意な教師などをつけてもらうことができます。

▶家庭教師のトライ

中学受験に強い塾に通わせたいけど、学力がまだ追いついていない、という方などには家庭教師との併用がおすすめです。

授業についていけない場合のもう一つの対処法として、塾を変えるという方法があります。

これは、今通っている塾を辞めて個別指導塾に乗り換えるという方法です。

個別指導塾であれば、1人ひとりに真摯に向き合い、学力に応じたオーダーメイドの指導をしてくれます。

例えば、個別教室のトライでは、教育プランナーがお子さまの学力・性格・目標などから、専用のカリキュラムを作成し、相性の良い講師を紹介してくれます。

▶個別教室のトライ

講師と相性が合わなくて、塾に行きたくない場合は講師を変えるしかありません。

集団塾だと、講師を変えることが難しい場合があるので、塾を変えるしかありません。

その場合は、塾を個別指導塾に変えることがおすすめです。

個別教室のトライは、22万人の講師のリソースを生かして、相性の良い講師を紹介してくれます。

仮に相性が良くなくても、お子さまと講師の間に教育プランナーが入ってくれるので、講師の交代も簡単にできます。

友達との関係が良好でないと、塾には通いづらいものです。

それを解決するのに大人がどうこうするのは難しいです。

大人ができる対処としては、塾を変えてあげることです。

まずは、お子様から悩みを引き出して上げましょう。

お子さまによっては性格的に塾で勉強するというスタイルそのものが合わないことがあります。

それを無理やり通わせたところで、成績アップを期待できるはずがありません。

「親は子供の性格や勉強法の相性を汲み取り、勉強方法を提案する」という事が大切です。

通信教育や、家庭教師という選択肢もあるので、お子さまに合った方法を探してみましょう。

まとめ

今回は子どもが塾に行きたがらないときの原因と対処法について紹介しました。

まずは原因を突き止めてあげることが大切です。

対処としては塾を変える、お子さまに合った勉強法を探すのが最善です。

塾が体質的に合わないというお子様もいますので、そんなときは通信教育や、家庭教師といった勉強法も視野に入れてみてください。

また、無料で学習相談に応じてくれる塾もありますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

↓↓無料で相談してみる↓↓