ホーム >> 学習関連コラム >> 家庭教師 >> インターネット家庭教師の評判は?料金の相場を比較してみた
更新日 2019.5.31

インターネット家庭教師の評判は?料金の相場を比較してみた

今回はインターネットで指導を受けられる、インターネット家庭教師というシステムについて紹介します。

普通の家庭教師との料金の相場の比較や、メリット、デメリットを紹介していきます。

インターネット家庭教師とは

画像

受験シーズンとなれば気になる受験対策。

どのような対応をとればいいのか、何をすればいいのか、受験の経験がある親であっても、親としての受験は初めてで不安です。

でもそれは仕方のないことです。

不安をなくすためには、情報を知ること。

そうすれば自ずと答えは見えてくるでしょう。

ふつうの家庭教師のイメージってどのようなものですか。

家にまで来てくれて、勉強を教えてくれる人。

だいたいはこのような想像になります。

家庭教師センターの数もたくさんあって、選ぶのに困ってしまうほどです。

それぞれのセンターに特色があり、自分と合っているかという点も気になります。

特色としては年齢が近しいアルバイトの人が教えてくれる場合やプロフェッショナルと名のついた精鋭たちが教えてくれるところなど、さまざまです。

いろいろとバリエーションのある家庭教師ですが、あなたはどのような人に惹かれますか。

よく聞く家庭教師とは、家に来てくれて勉強を教えて帰っていく、そんなイメージでしょうか。

特徴としては、先生と生徒が面と向かっているという点です。

スムーズなコミュニケーションをとる点で、間に何かを挟まず接するというのは効果的です。

また個人対個人で接するため、きめ細かいところまで勉強を見られるという利点もあります。

多くの企業ではこの点を売りにしています。

それだけそのポイントが家庭教師を特徴付けるものなのです。

あとはたまにお茶をもらって帰るすがたくらいでしょうか。

ふつうの家庭教師にお願いすると学年によって差が出ます。

年齢が若ければ若いほど、料金は低い設定になっています。

平均すれば月にだいたい3万円程度かかると見ておきます。

受験を控えている頃だと、それだけ負担がかかるので料金も高めになっています。

とは言っても先ほどの3万円程度を基準にした値段です。

もし1年間利用するならおよそその10倍かかると見積もっておきます。

これは結構、家計に響くかもしれません。

事前に想定できるのであれば、貯金を考えておくなど、前もって準備をしておくとよいでしょう。

本人が勉強を教えてもらいたいかどうかの意思を聞いておくのも大切です。

特徴は距離が近いということ。

距離と言っても、通う距離などそのような意味ではなく、人と人との距離のことです。

つまり生徒と先生の距離のことです。

これはうまくいけば、生徒のモチベーションを引き出し、保つことができ、効率的な勉強ができる環境を整えられます。

しかし予想されうる難点が1点。

それはもしも相性が悪かったときの場合です。

人と人ですからどうしてもお互いに相性が良くないということは十分に起こりえます。

そうなると勉強に意識が向かなくなり。

勉強効率も下がっていまいます。

この点は重要で家庭教師センターもその点を気にしています。

そのためにお試し期間などがあるセンターもあるので、まずはそれを試して見ると良いかもしれません。

インターネットを使った勉強サービス。

インターネットの技術のおかげでそのサービスは増え続けています。

というよりそちらの方へシフトする、または、市場を広げている企業が大半です。

いずれにせよ教えてもらう側にとっては、企業がより良いサービスをたくさん提供してくれるようになってくれるのは喜ばしいことです。

何年も前に、ネットを使って勉強を教えてくれるのが、これほど普及することを予想できたという人はあまり多くはないでしょう。

その特徴により教わる側にとってもたくさんの利点があります。

大きい特徴はインターネットを使っているという点です。

インターネットを使っているとどのような効力が出てくるか、まずはインターネットの特徴について軽く述べます。

インターネットは、平たく言えばネット環境で、ネットにつながるパソコンや携帯電話があれば、その力を発揮します。

人のコミュニケーションという観点から見たとき、インターネットを使っていれば、不要になるのが互いが移動することです。

それがもっとも大きな特徴で、家庭教師のサービスもこの特徴をフル活用しています。

それによって交通費等が浮くのでその分、料金も安くなるというわけです。

両方の特徴を聞いていると、ふつうの家庭教師にするかネットにするか迷うところです。

ここで勉強において重要なポイントを1つ。

それはモチベーションが大事だということ。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、これを維持するのは大人でも大変。

むしろ年齢はあまり関係ないのかもしれません。

そのモチベーションは人によっても大きく変化するものであるということ。

それはコミュニケーションによって変わるということ。

気にかけるのは、相性がいいかという点です。

それが重要でどちらの家庭教師サービスを選ぶか決めるのに、一つの印としてみてください。

直接接した方がやりやすいのか、ネット環境の方がいいのかは人それぞれですから。

POINT

✔家庭教師は生徒との距離が近く、モチベーションを保ちやすい

✔インターネット家庭教師は移動することも必要ないので、料金も安い

インターネット家庭教師の授業はこうやっておこなう

画像

ビデオ通話で会話をしながら授業を行います。

家庭教師が黒板に書き込んでいる風景をビデオに映して生徒はそれを見ながら勉強します

音声ももちろん繋がっているので生徒はヘッドフォンなどを用いたりしながら先生と会話します。

普通の家庭教師と違うのはその場に先生がいるのかいないのかということくらいです。

分からないところがあれば聞くことができますし、教えてもらうこともできます。

黒板を用いての授業なので、親しみを感じやすいという特徴もあります。

画面も見やすいように拡大されて撮影されているので心配ありません。

授業が終われば他の話で盛り上がることも可能なので、先生との親しい関係も築けます。

家庭教師がパソコンの画面上に問題を映し、それに書き込む形で説明します。

最近、プロジェクターを使って授業をする学校が増えてきています。

それと同じような方式で授業を進めていきます。

直に書き込むことができるのでとても見やすいです。

間違えた問題も先生は見つけやすいので、すぐに指摘してもらうことができます。

図を書いて説明することもあり、音声は無料スカイプです。

ネットに接続できるパソコンやスマートフォンなどの機器があれば誰でも受講することができます。

積極的に会話をする生徒だとテンポよく授業を進めることができるので、効率よく分からないところや苦手な分野を克服することができます。

インターネット家庭教師は全く違う独自の方法で授業を教えている場合も少なくありません。

例えば、お互いの顔がメインなのでなく手元がメインでビデオを映すという方法があります。

1つのボタンをタップするだけで撮影する場所を変えることができます。

会話をしているときは顔、ノートなどをもとに勉強しているときは手元と状況に合わせて変化させるのです。

このようにインターネット家庭教師は画面をタップするだけで簡単に授業を進めることができます。

分かりにくいのではと思う人は少なくありませんが、むしろ分かりやすい授業を行うことができるかもしれません。

いくら最新の機器を使って授業をしても先生によって生徒の成績の伸びや授業の分かりやすさは異なります。

家庭教師をオンラインでやっているということだけなので、生徒の成績アップは先生にかかっています。

熟練したプロの先生であれば最新のシステムも兼ね備えているのでさらに分かりやすい授業をすることが可能になるかもしれませんし、あまり分かりにくい授業をする人はオンラインを使っても分かりにくいです。

なので、良い先生を選ぶことが大切です。

結局塾にしても家庭教師にしても最終目的は生徒の成績を上げることです。

その目的が実現しそうな人を選びましょう。

家庭教師は家が近い人や遠くても車で動ける範囲以内でないと生徒の家に教えに行くことはできません。

しかし、オンラインでする授業には先生も生徒も家で勉強することができるのでどこにいても可能です。

たとえ生徒や先生のどちらかが旅行に行くとしても機器を持っていけばそこで繋がることができるのです。

なので、違った雰囲気で勉強を楽しみたいなと思う場合は違う場所で受けることも可能です。

様々な状況に合わせて融通を利かせることができます。

POINT

✔全国どこにいても授業を受けることができる

✔結局大切なのは講師の教え方

小中学生におすすめのスタディサプリ

【神授業、見放題。】
★4万本以上の神授業が見放題
★14日間無料体験
★塾・予備校と比べても圧倒的にお得

_

インターネット家庭教師のメリット

画像

インターネットの家庭教師を活用する最大のメリットはコストを抑えられるという点です。

何をするにもお金がかかります。

少しインターネット検索をしてみただけで、受験費用が意外とかかることに驚きませんでしたか。

計算してみると1年だけでも数十万円かかるというのはザラです。

お金があるという人にとっては、あまり問題ではないかもしれませんが、十分な余裕があるという人はあまりいないでしょう。

その点でインターネットを使うというのは、賢い選択です。

コストを抑えられればその分、他のことにお金を使用できます。

それでは具体的にコストについて見ていきます。

なぜネットを使うと料金が安くなるのでしょうか。

普通の家庭教師と比べてみるとその違いがわかります。

家庭とあるように本来は家まで教師が赴いて、授業をするというのが基本です。

しかしネットを使用すれば、この赴くという作業を完全に省くことができます。

家まで行くには何らかの交通費がかかります。

1日あたりでは、数百円、数千円程度であってもそれが1年、複数の生徒となるとかかる交通費は膨らんでいきます。

それをまったくのゼロにできるというのは家庭教師センターにとっても利点です。

その分料金の設定を低くすることができ、依頼する側に還元されているのです。

では実際にどれくらい費用を抑えられるのでしょうか。

生徒の学年、また企業によってその差はありますが、普通の家庭教師サービスではおよそ1月4コマで1万円前後かかります。

コマというのは一回の授業と考えて貰えば大丈夫です。

1コマが何十分に設定されているのかは、家庭教師センターによって様々なので統一するために、コマを使ってるのです。

それと比較してインターネットの家庭教師サービスでは、数千円というところもあります。

まず数万円と数千円で単位が違うという時点で、その差を感じられます。

これは月あたりの料金ですから、1年、2年となればその差は大きくなっていきます。

「ひと月あたりたかだか数千円、数万円の違いだろう」と感じる人もいるかもしれません。

しかしこの差は大きくて、たとえば最大ひと月あたり5000円の差が出たとしましょう。

それが1年だと5000円かける12か月で、1年で6万円の差が出ることになります。

6万円となるとその差をはっきりと感じられます。

もし6万円があれば、何ができるか考えてみてください。

それなりにいろいろなことができるでしょう。

月という単位だけでみると数千円の違いと感じてしまいますが、年間で見てみれば数万円の違いへと変化します。

チリも積もれば山となるとはまさにこのことです。

実際に授業はどのような方法で行われるのでしょうか。

その方法は大きく分けて2種類。

録画方式とリアルタイム方式です。

どちらも一長一短でメリット、デメリットがあります。

どちらを選ぶかはそれぞれの特徴を知り、どちらが合っているかで決めます。

どちらが合っているのかを決めるためには性格との相性があるので、それを元に最終的に決定してください。

正しくどちらを選択するかで勉強効率が大きく変わってきます。

コスト面での効率の良さと同じように、勉強効率もまた大切です。

いくら費用が安くても勉強がはかどらなければ、結局長い時間とお金がかかってしまうからです。

ではそれぞれの方式の特徴を見ていきましょう。

録画方式の最大の利点は、繰り返し視聴ができるという点です。

繰り返しの視聴ができるということは、何回見ても同じ料金ということ。

これは意欲のある生徒にとっては、利点です。

人は基本的には情報を忘れてしまうものですが、何回も同じ情報を見聞きすることで覚えていきます。

繰り返しができることは、同じ授業を見ることで自然と覚えていけるという点にあります。

大きいのはストレスが少なくて済むという点です。

新しいことを知ろうとするというのは、結構負荷がかかるもの。

しかし何回も同じものを見ていれば自然と覚えてしまう、この時の負荷は一度に覚えてしまおうとするよりも軽いはずです。

もう一つはリアルタイム方式です。

リアルタイム、つまりネット上で授業に参加するというイメージです。

リアルタイム方式の利点は、わからない時にその都度、質問ができるという点です。

特に今の授業を理解しないと次の授業についていきにくくなる教科では、着実な理解というのは大切です。

一度わからなくなって、そのままにしてしまうと徐々に理解できなくなり、最後にはその教科に苦手意識を持ってしまうかもしれません。

わからない時に都度質問ができれば、家庭教師がその問題が理解出来るまで導いてくれるので、途中でリタイアしてまわずに、最後まで一緒に授業をすることができます。

POINT

✔インターネット指導ならコストがかからない

✔指導には録画方式とリアルタイム方式がある

インターネット家庭教師のデメリット

画像

インターネット家庭教師は、普通の家庭教師や学習塾を経営していて教えるためのノウハウを持っている企業が運営していることもあれば、個人契約で授業料を安くしているところもあります。

いろいろと種類があるのはいいのですが、問題はどんな先生であるのかです。

学歴などを見て信頼できそうだと思っていたのに、勉強をはじめたら教えるのが下手ということは普通の家庭教師と同じようにあります。

これは個人契約だから、企業だからと言うことが関係はありません。

いい加減な人であれば、勉強だけでなく他の必要な手続きについてもしっかりとやってくれないのでお金が無駄になることもあります。

勉強をするときには、集中力が必要です。

普通の家庭教師であれば、そばに付いて教えてくれるので子供は緊張感を持って学ぶことが出来ます。

けれどもインターネット家庭教師の場合には、監視する人がネットの向こう側にいます。

お互いにカメラに写るのは上半身だけで、映らないところで何をしているかわかりません。

それに怒られたとしても物理的に触れることが出来ないところにいるわけですから、聞き流せばそれでおしまいになってしまいます。

そのために緊張感を持つことが出来ずに教わったことが身につかないこともあります。

もちろん、子供によって真面目に取り組むこともあるでしょうが、勉強が嫌いな子供だと結果が出ないかもしれません。

インターネット家庭教師は簡単に予定を組み、勉強をする事ができますが、一方でキャンセルの手続きも簡単にできてしまいます

もちろん、規定の時間より後にキャンセルの申し込みをしたときにはキャンセル料を支払うことになるでしょう。

でも直前のキャンセルでも料金がかからないところもあります。

そのため、キャンセルをすることに対して抵抗がなくなっていくこともあります。

そうして部活で疲れて勉強ができない、体調が悪い、といってキャンセルをし続けてしまうと、一向に勉強が出来なくなります。

授業は教わったところが一度で完璧に身につくのであれば問題はないでしょう。

しかし、大抵の場合には予習、授業、本番と何度も繰り返し勉強していくことで身につきます。

わからないことがあれば、特に理解できるまでしっかりと勉強していかなければいけません。

そこでインターネット家庭教師では授業とは別に学習サポートを行う事が多いです。

しかし、中には授業をするだけで、それ以降は全くサポートをしないという業者もいます。

それではわからないところをフォローすることができずに、成績が伸びにくくなります。

親としても、現在の学習状況について教えてくれる人がいないというのはとても不安です。

インターネット家庭教師は、家や食事をしているファミレスなどネット環境が整っているところであれば、どこでも勉強をすることができます。

時間も場所も自由で効率的に勉強をすることができるわけですが、そうなると逆にネットがつながらなければどうなるのか、という話になります。

いつも使っているパソコンが壊れてしまったり、ネット回線が切断されてしまったときにはまったく勉強を始めることが出来ません

そういったネットのトラブルはいつ起きるかわかりませんし、生徒の方で対処しなければいけない問題です。

もし、ネットの問題で授業を受けられなかったしても、それに対するフォローはありませんから、お金の無駄になってしまいます。

インターネット家庭教師の魅力は、普通の家庭教師や学習塾と比べて格段に安い授業料です。

その安さに惹かれて契約してしまう人も多いでしょうが、気をつけなければいけないのは他にも支払わなければいけないことはあることです。

それがシステム利用料で、システム利用料とは授業では無料のビデオ通話サービスを使うところもあれば独自システムを使っているところもあり、その独自システムを運用するためにかかるコストを生徒に負担してもらうものです。

そして独自システムを使っているところは、そのシステム利用料を請求することがあります。

それが法外な金額であったり、無料サービスを使っているのに請求してくることがあるのです。

そのような悪徳業者に騙されてしまうリスクは考慮したほうが良いです。

教えてくれる先生には、専門のプロと大学生などのバイトに大きく分けることが出来ます。

難関大学に通っている学生であれば優秀であるでしょうが、受験勉強のように普通とは違ったテスト問題を解くためのテクニックを身につけたいというのであれば、ノウハウを持っているプロの先生が理想的です。

しかしそのプロの先生がいない業者だと、希望する勉強をすることが出来ません。

契約をするならば、普段の勉強だけでなく将来的にやらなければいけない受験勉強も見据えて良い業者を選ぶことが必要です。

POINT

✔良い先生に出会えるとは限らない

✔ネット環境がなくなったり、機器が壊れた場合、授業を受けられない

✔システム利用料などを請求されるかもしれない

まとめ

今回はインターネット家庭教師というシステムについて紹介しました。

インターネットを通して指導してもらうことでコストが抑えられ、また場所を問わず指導を受けられるのがメリットですね。

また、デメリットも存在するので、契約する際はよくこの記事を参考によく考えてやりましょう。

家庭教師のあすなろ

✔家庭教師人数:14万人以上
✔実績:97%が苦手を克服!
✔特徴:授業料が比較的安い

_

家庭教師のノーバス

✔拠点:首都圏最大級の20拠点!
✔実績:第一志望合格率95%突破!
✔特徴:教師クオリティー保証制度を導入!

_