ホーム >> 学習関連コラム >> 受験・資格 >> 関西大学政策創造学部の特徴や偏差値・倍率は?問題傾向や入試対策を解説!
更新日 2022.8.20

関西大学政策創造学部の特徴や偏差値・倍率は?問題傾向や入試対策を解説!

カテゴリ

関西大学の政策創造学部は、世の中にある疑問や課題に対して、アイデアを出しあいながら新たなアプローチ策を見出す学部です。

貧困問題や環境問題など、解決が困難と思われている事象に対して向き合いたい方にとって、おすすめの学部と言えるでしょう。

本記事では、関西大学の政策創造学部の概要や、入試難易度、合格するためにやるべきことについて解説します。

関西大学の政策創造学部の受験を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

関西大学の政策創造学部の概要

_画像

関西大学の政策創造学部は、日常にある疑問や課題に対して、解決に向けたアイデアを出したり、アプローチを行ったりする学部のことです。

戦争問題や、感染症と経済発展における課題など、正解がない課題に対して、様々な視点から考察を行うことで、思考力や問題解決能力を高めることが可能です。

環境問題や少子化問題など、世の中で解決が困難と思われる課題に対して、多角的なアプローチを行い、解決の糸口を掴みたい方にとっては、非常に有用な学部であると言えるでしょう。

✔︎関西大学の政策創造学部は、日常の課題に対する解決策を議論する学部である

✔︎解決策を見出す過程で、思考力や問題解決能力を鍛えられる

✔︎世の中の解決が難しい議論に対して、アプローチしたい方におすすめ

関西大学の政策創造学部の特徴

_画像

関西大学の政策創造学部の特徴は、下記の通りです。

  • グローバルを実感できる
  • 海外研修あり
  • 1年次からゼミが始まる

それぞれ順番に解説します。

グローバルを実感できる

関西大学の政策創造学部では、世界のグローバル化に注目し、独自の国際教育プログラムを採用しています。

この国際教育プログラムでは、4年間に渡って継続的に海外の大学と交流しながら、外国語運用能力を高められます。

英語だけではなく、フランス語や中国語、ドイツ語などの言語を学べるため、英語圏に留まらない幅広い世界の価値観や文化に触れることができます。

海外研修あり

上述した国際教育プログラムでは、1〜2年次に海外研修プログラムが実施されます。

短期的な海外のホームステイや留学によって、日常生活や議論の場で活用できる外国語運用能力を磨ける上に、日本との政治的・文化的な違いを身を持って感じられます。

1年次からゼミが始まる

多くの学部では、3年次以降にゼミが始まるのに対して、政策創造学部では、1年次からゼミが始まります。

そのため、大学生活の早い段階から自身の興味がある内容や、キャリアに繋がりそうな内容についての議論を行え、基礎能力を身に付けることが可能です。

また、1~2年次にゼミで十分な学びを行うことで、3年次以降で実践的な取り組みが可能となり、より深い探求を行えます。

✔︎グローバル教育に非常に力を入れている

✔︎海外研修があるため、現地で外国語運用能力を高めることが可能

✔︎1年次からゼミが始まり、大学生活の早い段階から専門的な内容を学べる

関西大学の政策創造学部がおすすめな方

_画像

関西大学の政策創造学部がおすすめな方の特徴は、下記の通りです。

  • 働き方改革に関心がある方
  • グローバルに興味がある方
  • 世の中の課題を解決したい方

それぞれ順番に解説します。

働き方改革に関心がある方

働き方改革といった、労務関連に関心がある方に関西大学の政策創造学部はおすすめです。

政策学科の地域経営専修では、経営に関する知識を身に付けられ、その中には働き方改革などの世の中の問題についても言及します。

働き方改革に関心がある方は、関連する授業を履修することで、働き方や労務に関する知識を得られるでしょう。

グローバルに興味がある方

政策創造学部では、世の中のグローバル化に対応するべく、海外との交流の場や外国語を学ぶ機会を豊富に用意しています。

そのため、グローバルに興味がある方は、実際にグローバルを舞台に活躍する土台となる外国語運用能力や、異文化理解を高めることができるでしょう。

実際に海外に行き、交流を図れる留学制度が充実しているのも、非常に魅力的です。

世の中の課題を解決したい方

政策創造学部では、これまで解決されてきていない問題に対して、多角的な目線を持ち、議論をする中で解決策を見出すことを目指します。

そのため、世の中で解決が難しいとされている課題に対して、長時間向き合うことになります。

将来的に、環境問題や人口減少問題など、大きな課題の解決に携わりたいと考えている方にとって、非常に良い環境であると言えるでしょう。

✔︎経営に関して学べるため、働き方改革などの労務に関する勉強ができる

✔︎政策創造学部の様々な制度によって、グローバルを体感できるため、グローバルに興味がある方におすすめ

✔︎世の中にある難題の解決に貢献したい方にとって、政策創造学部はおすすめ

関西大学の政策創造学部と経済学部を比較すると

_画像

関西大学の政策創造学部と経済学部の入試を検討する際に、最も気になる点はそれぞれの入試難易度ではないでしょうか。

関西大学の政策創造学部は、学科によって偏差値が異なります。

具体的には、政策学科が55.0〜57,5、国際アジア学科が55.0です。

経済学部のボーダー偏差値が57.5~60.0であるため、政策創造学部のほうが、若干易しいと考えられます。

政策創造学部では、様々な問題に対して議論ができる一方で、経済学部では経済に特化した議論が行われます。

学びたい内容に応じて、政策創造学部と経済学部のどちらを受験するかを判断しましょう。

✔︎経済学部に比べて、政策創造学部のほうが、ややボーダー偏差値が低い

✔︎政策創造学部で議論する課題は多岐に渡り、経済学部では経済に関するものに特化している

✔︎興味があるものに併せて、どちらを受験するべきかを判断するべき

関西大学の政策創造学部の受験方法

_画像

関西大学の環境都市工学部の受験方法は、政策学科とアジア国際学科で同様です。

全学入試はもちろんのこと、共通テストの点数を加味したものなど、多くの受験形式があるため、自身が最も得意な受験内容のもので受験することを推奨します。

また、書類選考と面接によって合否を判断するAO入試が、両学科ともに用意されているため、学力が不足している場合は、AO入試での受験を検討すると良いでしょう。

✔︎政策学科とアジア国際学科で、受験方法は同様

✔︎多くの受験方法があるため、自身の得意な方法で受験することが大切

✔︎学力が足りない場合は、AO入試での受験を検討しましょう

関西大学の政策創造学部の偏差値

_画像

関西大学の政策創造学部の偏差値は、学科によって若干異なります。

関西大学の政策創造学部のそれぞれの学科における偏差値は、下記の通りです。

  • 政策学科:55.0~57.5
  • アジア国際学科:55.0

どちらの学科にするかを決めていない場合は、それぞれの偏差値から、合格可能性の高い学科を選ぶのも手段の1つです。

どちらも偏差値55.0が最低ラインとなっているので、十分な学習時間の確保と質の担保が必要です。

どうしても一方の学科に入学したいものの、学力が足りない場合は、その学科で行われているAO入試の利用をしましょう。

✔︎政策学科の偏差値は55.0~57.5であり、アジア国際学科の偏差値は55.0である

✔︎一方の学科に強いこだわりが無い場合は、偏差値を基に合格可能性が高いほうを選ぶことも手段の1つ

✔︎学力が足りないと感じた場合は、AO入試も視野に入れるべき

関西大学の政策創造学部に合格するには

_画像

関西大学の政策創造学部に合格するためには、下記のことを行いましょう。

  • 長文読解を対策する
  • 偏差値55以上にする
  • 個別教室のトライに入塾する

それぞれ順番に解説します。

長文読解を対策する

政策総合学部の英語の入試問題には、長文読解が含まれています。

この長文読解では、非常に多い文章量の英語を正確に理解するとともに、素早く解く必要があります。

試験時間に対して、文章量が多いため、長文を早く読み、正確に解く能力が求められるのです。

日頃から長文に慣れて、素早く読めるようにしておきましょう。

偏差値55以上にする

関西大学の政策総合学部のボーダー偏差値は、政策学科とアジア国際学科ともに55.0~です。

そのため、少なくとも偏差値を55まで上げる必要があります

模擬試験には積極的に参加し、自分の偏差値が55に届いているのかを逐一確認しましょう。

もし、届いていない場合は、塾への入塾を検討するなどして、学力の向上を図ることが大切です。

個別教室のトライに入塾する

画像

個別教室のトライの基本情報
対象 幼児・小学生・中学生・高校生・高卒生
授業形式 1対1の完全マンツーマン指導
校舎 全国600教室以上

関西大学の政策創造学部を目指している方には、個別教室のトライへの入塾がおすすめです。

個別教室のトライをおすすめする理由は、人それぞれの苦手科目や課題に合わせた個別指導を提供している点が挙げられます。

長年の家庭教師で培ったノウハウを基に、それぞれの生徒に最適化し、学力を伸ばせるカリキュラムで授業が行われます

常に自分に合った勉強ができるため、学力が上がりやすいのが特徴です。

気になる方は、体験授業を受けてみると良いでしょう。

↓↓【個別教室のトラの詳細はこちら!!】↓↓

✔︎英語の長文読解の文章を早く、正確に理解することが求められる

✔︎偏差値が55を超えるように、学力を付けることが大切

✔︎学力に不安がある場合は、個別指導のトライがおすすめ

まとめ

_画像

本記事では、関西大学の政策創造学部の概要や、合格するためのポイントについて解説しました。

関西大学の政策創造学部は、世の中の問題に対してアプローチを行い続けるため、思考力や問題解決能力を培うためには、最適な環境と言えるでしょう。

なお、合格するためには、偏差値が最低でも55.0になるように学力を伸ばし続ける必要があります。

ぜひ本記事を参考に、効率的に関西大学の政策創造学部を目指してみてはいかがでしょうか。

画像

お得な3回体験コース実施中

個別指導塾ならNO.1
120万人の指導実績を誇る個別指導塾!
あなただけのトライ式学習法を提案!
★一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラム

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「関西大学 政策創造学部」に関してよくある質問を集めました。

関西大学の政策創造学部とは?

関西大学の政策創造学部とは、世の中にある解決が困難な問題に対して、多角的なアプローチを行い、解決策を模索する学部のことです。 関西大学政策創造学部についての詳細な情報はこちらを参考にしてください。

政策創造学部の特徴は?

グローバル人材の創出に力を入れており、独自の留学制度や海外研修制度が用意されていることです。関西大学政策創造学部の特徴についての詳しい情報についてはこちらを参考にしてください。

この記事を企画・執筆した人
-StudySearch編集部-
この記事は、StudySearchを運営している株式会社デジタルトレンズのStudySearch編集部が企画・執筆した記事です。
StudySearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
StudySearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→