ホーム >> 学習関連コラム >> 受験・資格 >> 小学校受験で合格するには?勉強法や塾についてご紹介[最新版]
更新日 2019.4.3

小学校受験で合格するには?勉強法や塾についてご紹介[最新版]

小学校受験を目指す勉強法とは?

realestate

試験問題を入手する小学校受験を目指す勉強法とは、まず最初に受験する小学校の受験問題の傾向を調べることが重要です。

小学校受験を実施している小学校はある程度決まっています。

高校や中学、大学などの付属の小学校だったり、市町村や県立の小学校だったりします。

その受験する小学校の過去の入試問題を入手しましょう。

入試問題が小学校のホームページや地域の教育委員会のホームページ等で公に公開されている場合もあります。

その問題を手に入れて傾向を分析して対策をすることが必要です。

国語や算数などの教科の学力が必要なのか、特定の課題やテーマに対しての受験生の考え方を問う問題なのか、自由な発想で答える受験生の柔軟な発想力を求める問題なのか、ある程度その学校が求めている生徒像というものが分かります。

小学校受験専門の塾に通う小学校受験専門のコースを持っている学習塾も多くあります。

毎年受験の時期になると新聞のチラシに塾のチラシもたくさん入って来ます。

「小学校受験合格率100パーセント」とか、合格人数をアピールしたチラシが多くあります。

そのような小学受験専門のコースがある学習塾に通わせても良いでしょう。

学習塾に通わせるメリットは、受験をする小学校の傾向など学習塾側がノウハウを持っているということです。

毎年多くの合格生徒を輩出している学習塾では、合格のためにどういう勉強が必要なのかを分析して、それにあった対策用の受験勉強を教えてくれます。

家庭学習用の課題も用意してくれますし、受験対策の模擬試験も実施してくれます。

また、同じように小学校受験を目標としている仲間が多くいるのも大きなメリットと言えるでしょう。

一人で勉強していると目標を見失ってしまうこともありますが、そのような同じ目標を持った仲間と一緒に勉強することで目標を見失わず勉強の辛さも忘れることができます。

同じクラスでライバルを見つけるのも良い刺激になります。

一人でもくもくと勉強するだけでなく、そのような小学校受験専門のコースがある学習塾に通わせるのも合格への近道と言えるでしょう。

基礎的な勉強をきちんとやる小学校受験に必要な勉強法は、当たり前ですがひらがなやカタカナなど基礎的な勉強をきちんとやることです。

小学校に入学する前に身につけておきたい、ひらがなやカタカタは覚えておきましょう。

自分の身のまわりの世話も一人でできるように朝起きてから夜寝るまでの基本的な行動がきちんとできるようにしておく必要があります。

外で人に会ったときの挨拶などの基本的な礼儀を身につけさせることも大切です。

生活リズムにも十分気を付けましょう。

夜更かしせず早寝早起きを心がけて健康的な生活を送ることができるようにしておくのも重要です。

試験のときなどは緊張して上手く話しができなくなってしまうこともあります。

きちんと自分の言葉で話ができるようにするのも勉強法の一つだと言えるでしょう。

元気に過ごせるよう体力を身につける勉強だけでなく元気に小学校生活が送れるように体力を身につけさせるのも勉強法とも言えるでしょう。

小学校は勉強ばかりではありません。

運動会やマラソン大会などの行事もあります。

小学校の普段の授業で体育の授業もあります。

勉強ばかりしていてまったく動けなかったり体力がなかったりしたらせっかく受験に合格して入学しても楽しくないでしょう。

受験勉強と一緒に外で思いっきり遊んだりして元気に過ごせるように体力を身につけておきましょう。

POINT

✔小学校受験の問題の傾向をよく調べて対策する

✔小学校受験専門塾に行くことで周りの仲間やライバルたちと勉強することができる

✔基礎体力を見つけることは小学校受験の対策になる

小学校受験におすすめの塾3選

realestate

ハイレベルな塾を知って比較あくまで小学校受験をするのは子供本人。

確かに親も面接での対策もあり学ぶ必要性も出てきます。

まずは子供の視点から塾というのを見ていきましょう。

子供が楽しく学ばなければ長続きしないもの、だけれどもハイレベルな塾というのはいかに子供の心をひきつけて成長させるかという工夫がなされているのです。

今回選ばれたおすすめの3つの塾から「どういった塾が良い塾か?」調べてゆけば自ずと注目点が見えてくるでしょう。

ではいったいどんな違いがあるのかチェックして見たいと思います。

半世紀以上も続く対策塾のパイオニア「伸芽会」これまでの小学校受験のノウハウで合格者を続出させ、長年支持されてきました。

子供に考えさせる指導方法試験慣れの環境出題傾向への対策カリキュラムこのバランスに力を入れています。

さらにこういった子供の発達段階に合った教え方で無理なく着実に学習できるといった安心感があります。

講習は積極的に行われており、バラエティの豊富さで賛否が分かれることもあるようです。

伸芽会は子供を預かって授業をするタイプで、とにかく駅近くに設置されています。

特筆は一部校舎では同じビルもしくは近くに満1〜6歳の民間託児「しんが~ずクラブ」を併設しておりキャリア・ウーマンからの絶大な支持を集めています。

なお、この託児サービスに新芽会の受験対策サービスや英語、ピアノと様々オプションのサービスとして利用ができようになっている。

高い合格率に裏打ちされた信頼度の「理英会]小学校受験の対策塾の有として必ず名前が挙がる優良塾。

教室内の志望校合格率がダントツで、必ず受からせたいと思う親御さんが入塾を検討されることの多い一つとしてよく挙げられます。

この塾の最大の特色は「映像」をつかった独自のICT教育メソッドと呼んでいるもの。

表示させる画面が大きく取るように意識されており、動きのある動画やアニメーションで子供の集中力を途切れさせないよう考えられている。

さらに、問題形式の課題で友達と参加してその子供の答えがスクリーンに映し出すといったライブ感ある方法でお友だちを意識する工夫も盛り込まれているようです。

そして友達の動きがどんな行動をしているか?映像を見せることで上のレベルへ考えられるよう授業が進められます。

そこで、自分自身の姿を客観的に見ることによって本人自身の気づきにより成長させるといった方式が取られているようです。

合格へのこだわり「ジャック幼児教育研究所」発祥が体操教室と他の塾と比べると異色だが、難関小学校の合格率はかなり高いのが確認できます。

一部の小学校では8割がジャック出身だったという実績も積んでいます。

「楽しいだけでは身につかない」「厳しいだけでは続かない」という一見、他の塾の真逆なモットーをうたっていますが、実際はのびのび学べる教室としての人気を誇っています。

なんと受験の全科目を揃えて学校別の専科制で運営。

一部の講習のみを受けられるメリットもあり、苦手な分野だけを受講といった事も可能。

学校別入試対策の分析はすこぶる定評があり、その秘密は会員数の多さをバックにした合格者への丁寧な聞き取り調査によるものといわれています。

さらに、他にはない特色として本番を意識した合格力のつく授業というこだわりがあります。

当日に力を発揮できる「自信と実力」をつちかい合格するための指導が行われているようです。

このほかいくつも優良な塾はありますが入れたい小学校があるなら実績で見るべき。

今回セレクトされた3つの塾はいずれも高い合格者を出しています。

あとは子供が好んで通ってくれるかどうかといったところでしょう。

中にはご兄弟で違うところに通わせている親御さんもおられますし、先生方との相性もあります。

今回ご紹介した塾も大きく違いがあるのがお分かりいただけたかと思いますが、お子様が実際に行かれた場合のケースをさらに分析してみてください。

POINT

✔小学校受験のパイオニアの伸芽会は無理なく着実に学習することができる

✔理英会は映像を使った独自の学習法を使っていて都内の小学校受験合格率でNo.1

✔高難度の小学校への合格率が高いジャック幼児教育研究所はのびのびと勉強できる環境が用意されている

小学校受験に掛かる塾費用

realestate

小学校受験をするとなると、早めに塾に入れた方が良いという意見は少なくありません。

確かにどのような受験でも、対策は早いにこしたことはありませんが、早ければよいところに合格するのかというと、一概にそうとばかりは言えないのが受験の難しいところです。

年少から小学校受験対策の勉強をしている子と年長から始めた子で、年長から始めた子の方がよりレベルの高い学校に合格するというのは良くある話ですので、自分に合った学習塾を見つけることや、親も一緒に学習つもりでサポートするのが重要となります。

又、当然ですがスタートする時期によって受験にかかるトータルの費用は異なります

十分な準備期間を設けたいという家庭で人気なのが、年少からの学習のスタートですが、この場合準備期間が比較的長めになりますので学習環境は恵まれていると言えますが、その分料金は高めです。

小学校受験にかかる塾の費用は通う塾によっても異なりますが、年間にして50万円から100万円というのが一般的な費用です。

有名なところで難関の小学校に毎年何人も輩出している塾となると、当然費用は高めになりますし、紹介制をとっているところもありますので入会そのものが難しいケースもあります。

小学校受験をする子供は幼稚園に年少から入る傾向にありますが、中には何らかの事情で年中から入るというケースもすくなくありません。

年中から入園した場合、小学校受験を検討しているのであればこのタイミングで塾に入るというのも選択肢の一つです。

年少から入園して塾にも入っている子供と区レベルとスタートが遅いですので追い上げる意味でも年中からの入会は推奨されています。

費用はやはり、年間50万円から100万円かかりますので小学校入学までにかかる費用は100万円から200万程度になります。

小学校受験をするのに、年長からでは準備が間に合わないのではないか、という意見もありますがそのようなことはありません。

むしろ集中して準備をするのであれば十分に間に合いますし2年前から通塾している子供より良い結果を残すケースも多くあります。

又、年長から入塾するメリットは、費用の大幅な削減が出来る点です。

小学校受験の対策のための塾は年間50万円から100万円かかりますので、通う期間が短いほうが費用は安く済みます。

要領よく受験対策をしている人の場合、年長になってから塾に通ういはじめ、50万円程度で小学校受験をクリアするケースもありますのでコストパフォーマンスを重視する人は検討の余地があるでしょう。

有名な塾に通っても、結果が出ないのであれば意味はありませんし、せっかく通うのであれば結果を出したいのが本音ではないでしょうか。

その為には、知名度や費用だけでなく費用対効果の高いと評判のところを選ぶのがおすすめです。

小学校受験は実績のある塾を選ぶのが一般的ですが、それだけでなく子供の適性も結果を大きく左右します。

有名なところが必ずしも自分の子どもに合っているとは限りませんので、事前の評判を参考にしながらいくつか見学をしてみて合っていそうなところを選ぶのがポイントです。

小学校受験は確かに費用が高いですが、その後の進路選びは公立小学校よりも選択肢が広がりますのでコストパフォーマンス的にも優れています。

POINT

✔年間で50万円から100万円がかかるのが一般的

✔年長から通うとしてもまだ間に合う!中には年少から入っている人よりも実績が高くなるケースも

✔塾の選び方のこつは費用対効果と信頼性のある実績

口コミの評判がいい塾の特徴

realestate

情報収集が合格の鍵です。

小学校受験を考えている親御さんにとって、小学校受験について色々と調べていると中学受験や高校受験と質が異なることに気づくでしょう。

親の面接もありますので、学習面で優れているだけでは合格することができません。

行動観察や運動面など幅広い試験内容になっていますので、それぞれを早くから対策することが小学校受験に成功する秘訣です。

志望校に実際に通っている方に知り合いがいれば、内部の情報を知ることができますが、試験内容や志望動機などどのような対策をし、仕上げていれば良いかは市販されている問題集だけでは足りないことも多いです。

評判の良い、志望校のことを何十年にも渡り研究している塾であれば、入試問題の傾向からどのような子供や親御さんがふさわしいのかまでをアドバイスしてくれます。

小学校受験対策の塾には膨大なデータや情報が集まっているので、自分で対策をするよりもより効率的に対策をとることができるのです。

小学校受験では、入試に出される問題の訓練はもちろんですが、実際に授業や体験型の学習を入れることで自分で考える能力を身に付けることができます。

小学校受験では、暗記などの問題は出題されませんので、自分でよく考えて行動できるかどうかが合格につながるのです。

小学校受験のクラスでは、数量や言語、推理などの問題をはじめ、絵画や表現など志望校で出される受験の課題に取り組むだけではなく、個別のペースに合った学びを教えてくれます。

勉強を同じ年齢の子供達と行うことで、学ぶことの楽しさや努力することで嬉しさなども知ることができるのです。

模擬試験など実践により近いテストをクリアしていくことでより自信をつけることもできます。

基礎力から応用力まで幅広いお子さんのニーズに合わせることができる塾は評判も高く、信頼して入塾することができるでしょう。

小学校受験が目的であることも多いですが、塾に通うことで入学してからも役立つ学力を伸ばすことができるのです。

小学校では、受験に合格してきた優秀なお子さんが多いですので、学習習慣や自分で考えて行動する力は何れにしても必要になってきます。

そんな総合力を鍛えることができる塾は、小学校受験としても選ばれているのです。

まだ受験する小学校を絞れていないという方から基礎力からしっかりと伸ばして受験に備えたいという方は、知育などのコースを選択することもできます。

お子さんの成長や学習についてもより良いアドバイスをもらうことができ、通っていて無駄なことはありません。

お子さんの大切な将来を考える上でも、合格後につながる習慣ができる塾を選ぶことがおすすめです。

POINT

✔情報収集をして早めに対策する

✔子供に考えさせる力を伸ばす教育であるかどうかチェックする

✔小学校に入ってからも役に立つ教育をうけさせる

まとめ

realestate

小学校受験に合格するには、志望校に合わせた対策を取らなければなりません。

志望校によって数字から行動観察、絵画まで幅広い能力を問われてくることがありますので、それらの能力を子供に合わせて伸ばしてくれる塾を選ぶようにしましょう。

詰め込み式の学習ではなく、入学後もその学習習慣が活かせる塾を選ぶことで、入学してからの学習がスムーズになります。

多くの実績があり、実際に学んでいる方がいらっしゃる小学校受験用の塾を選べば、安心して受験までの対策をすることができるでしょう。

塾選びは受験に直結しますので準備をしっかりとすることがおすすめです。