ホーム >> 学習関連コラム >> 特集 >> 【2022年度最新】立命館大学 映像学部|特徴・難易度・入試対策・評判
更新日 2022.9.11

【2022年度最新】立命館大学 映像学部|特徴・難易度・入試対策・評判

カテゴリ

立命館大学は、関西圏の難関私立大学として有名で勉強のみならずスポーツでも活躍している学生が多くいます。

様々な分野に特化した学部が設置されており、その全てでレベルの高い学習を行えるため人気が高いです。

そんな立命館大学の映像学部も例に漏れず人気ですが、映像学部ではどのようなことが学べるのか、就職先はどんな会社があるのか気になっている方も多いでしょう。

そこで今回は、立命館大学映像学部について掘り下げ、詳しいカリキュラムや企業と連携している背景を含めてご紹介していきます。

立命館大学 映像学部について

_画像

まずは、立命館大学映像学部についてカリキュラムの特徴や基本情報について解説していきます。

立命館大学映像学部の基本情報
創設年 1994年
生徒数 676名
キャンパス 衣笠キャンパス
特徴 映像関係に特化した授業や実習、セミナーを通して実践的に学べる

立命館大学 映像学部の特徴

立命館大学映像学部は学問的に映像関係を学ぶのではなく、実践的に学べることが特徴です。

ここでは、具体的にどのようにして学ぶのかご紹介していきます。

映像制作実習

映像学部では、実際に生徒が映像制作を行う実習があります。

監督や証明、カメラなど各生徒がそれぞれの役割につき本格的に映像を撮影していきます。

基本的に学生主体で実習は進み、学期末に上映会を実施して他のグループがどのような映像を撮っているのか見ることが可能です。

もちろん、自分たちが撮影した映像も上映するため作品作りについて肌で感じることができます。

多様な講師陣によるセミナー

立命館大学映像学部では専門的な知識を持つ講師陣によって行われる「クリエイティブ・リーダーシップ・セミナー」があります。

このセミナーでは映画監督や演出家、脚本家など幅広い分野で活躍する方をゲストに呼び、生の声を聴くことができます。

業界第一線で活躍するベテランのプロデューサーや人事担当者など多くの方を講師として招き、リアルな現場について学ぶことが可能です。

企業連携プログラム

立命館大学映像学部は、企業と連携してコンテンツの共同開発、共同研究をするプログラムが2019年から新しい科目として盛り込まれています。

学外から招いた講師による講義を受けたり、グループワークにより研究開発を進めるなど、充実したものとなっています。

受講生は現実的なコンテンツの作成や開発を目の前で体験することができる特別なプログラムとなっています。

立命館大学 文学部の学部コンセプト

立命館大学映像学部には学部のコンセプトとして5つの「学びのゾーン」があります。

ここではその5つについてどのような特徴を持つのかご紹介します。

学びのゾーン 特徴
映画芸術 映画の表現技法や関連技法、
映画の理論などについて深く学習します
ゲーム・エンターテインメント 従来のコンテンツから歴史や設計、世界観をはじめとして
グラフィックデザインやプログラミングを学びます
クリエイティブ・テクノロジー 映像メディアに関する新しい技術と創造性を
探求することが目的のゾーンです
映像マネジメント 映像を用いたビジネスモデルの開発、
マネジメントマーケティング、社会貢献を学びます
社会映像 フィールドワークを通じて映像の制作といった
実践的な技術を学びます

映像学部の5つの学びのゾーンはどれも特徴的で、興味のある分野を選択して専門知識を身につけられます。

普段の生活では味わえない実践的な学習も含まれているため、大学生活がより楽しいものとなるでしょう。

✔映像学部ならではの学習が充実している

✔実践的に学べる講義やプログラムがある

✔さらに専門分野に分かれて学習することも可能

【2022年度最新】立命館大学 映像学部の難易度

_画像

ここからは立命館大学映像学部の受験難易度について詳しくご紹介していきます。

しっかりと確認して受験に備えましょう。

立命館大学 映像学部の偏差値

立命館大学の他学部と比較

まずは立命館大学内で映像学部の偏差値を比較してみましょう。

学部名 偏差値
映像学部 55.0~57.5
法学部 57.5
産業社会学部 55.0~57.5
国際関係学部 60.0~65.0
政策科学部 55.0~57.5
文学部 55.0~60.0
経営学部 57.5
総合心理学部 55.0~60.0
経済学部 57.5
スポーツ健康学部 55.0
食マネジメント学部 55.0~57.5

映像学部の偏差値は55.0〜57.5と立命館大学内では標準的な偏差値となっています。

立命館大学の偏差値は55.0以上のため、他学部を志望するにしても難易度は高いです。

偏差値の近い他の有名私立大学と比較

次に立命館大学映像学部と関関同立の文系学部の偏差値を比較してみましょう。

学部名 偏差値
立命館大学映像学部 55.0~57.5
関西大学総合情報学部 55.0~57.5
関西学院大学人間福祉学部 55.0~57.5
同志社大学文化情報学部 57.5~60.0

関関同立の文系学部と比較してみると映像学部との差はあまりないようです。

同志社大学文化情報学部のみ頭一つ抜けている結果となりました。

立命館大学映像学部のみ難易度が低いということは無いでしょう。

立命館大学 映像学部の倍率

立命館大学映像学部はどの程度の倍率があるのでしょうか。

下の表にまとめましたので確認していきましょう。

学部名 倍率
映像学部 5.7倍
法学部 2.3倍
産業社会学部 2.9倍
国際関係学部 2.9倍
政策科学部 3.0倍
文学部 2.9倍
経営学部 3.4倍
総合心理学部 3.5倍
経済学部 2.2倍
スポーツ健康学部 2.5倍
食マネジメント学部 3.2倍

映像学部は5.7倍と他学部と比較するとかなり高い倍率となっています。

募集人数が少ないということもありますが、非常に人気のある学部であることは間違いありません。

そのため、入試難易度は他学部と比べて高いといえます。

✔入試難易度は他学部より高め

✔偏差値は学内で標準的だが倍率が高い

✔しっかりと受験対策をして試験に臨もう

立命館大学 映像学部の入試・対策

_画像

立命館大学映像学部の入試難易度について理解したところで詳しい入試日程や入試科目・配点について解説していきます。

入試日程

まずは、2022年度の立命館大学の入試日程について確認していきましょう。

試験方式 出願期間 試験日 合格発表 入学手続き締切日
全学統一方式 1/6(金)~1/22(日) 2/1(水)~2/4(土) 2/17(金) 2/28(火)
学部個別配点方式 1/6(金)~1/26(木) 2/7(金) 2/20(月) 2/28(火)
共通テスト併用方式 1/6(金)~1/13(金) 2/8(土)、2/9(日) 2/17(金) 2/28(火)
後期分割方式 2/12(日)~2/25(土) 3/7(火) 3/17(金) 3/24(金)

入試方式は4種類あり、出願期間や試験日は決まっています。

出願期間に遅れないようにしっかりと日付はメモしておきましょう。

入試科目・配点

ここからは4種類の入試方式に分けて入試科目や配点を解説していきます。

全学部統一方式

まずは全学部統一方式から確認していきましょう。

入試教科 入試科目 配点
外国語 英語 120点
国語 国語 100点
選択科目 公民 政治・経済 100点
地理歴史 日本史 100点
世界史 100点
地理 100点
数学 数学 100点

全学部統一方式は外国語・国語・選択科目の合計点によって合否が決まります。

選択科目は5科目あるため、得意なものを選択して高得点を目指しましょう。

学部個別配点方式

続いて学部個別配点方式の試験科目、配点について見ていきましょう。

学部個別配点方式には文系型と理科1科目型の2種類があります。

文系型
入試教科 入試科目 配点
外国語 英語 100点
国語 国語 100点
選択科目 公民 政治・経済 150点
地理歴史 日本史 150点
世界史 150点
地理 150点
数学 数学 150点

 

理科1科目型
入試教科 入試科目 配点
外国語 英語 150点
国語 国語 150点
理科(選択科目) 物理 100点
化学 100点
生物 100点

 

文系型は配点は異なりますが、入試科目は全学部統一方式と変化はありません。

理科1科目型は選択科目が理科のみとなり、物理・化学・生物の中から選択して受験します。

配点は外国語と国語に重きが置かれています。

共通テスト併用方式

共通テスト併用方式の入試科目と配点について詳しく見ていきましょう。

試験名 入試教科 入試科目 配点
本学独自試験 外国語 英語 100点
本学独自試験 国語 国語 100点
大学入学共通テスト 公民 100点
地理歴史 100点
理科 100点
数学 100点

共通テスト併用方式は外国語と国語は立命館大学が用意した試験となりますが、残り1科目は大学共通テストの高得点科目を採用します。

理科や数学といった理系科目があることが特徴的で理系学生が受験しやすい方式といえます。

後期分割方式

最後に後期分割方式について入試科目と配点を確認していきましょう。

入試教科 入試科目 配点
外国語 英語 120点
国語 国語 100点

後期分割方式は外国語と国語の2科目となっており、外国語の配点が20点ほど高く設定されています。

外国語を中心に対策を進めて合格を目指しましょう。

科目別入試対策

ここまで詳しい入試方式の試験科目や配点についてご紹介しました。

科目別の対策の仕方について知っておくことはとても大切なため1科目ずつ解説していきます。

英語対策

英語は長文読解問題や会話文問題、文法・語彙力問題などが出題される傾向にあります。

長文読解問題は800語と量が比較的多いため、スピーディに文章を理解できる能力が問われます。

設問も内容の確認がほとんどでレベル的には難しくないでしょう。

大問3の会話文問題は空欄を埋めるものがあり、会話の内容を理解しているか文法の違いなどが分かっているかが問われます。

立命館大学映像学部の入試は中には基礎問題も含まれているため、確実に点数を取る必要があるでしょう。

国語対策

国語は大問3問で構成されており、現代文2題、古文1題となっています。

現代文では漢字の読み書き問題があり記述式となっています。

そのため、誤字脱字などでケアレスミスをしないように気を付けましょう。

また、出題難易度は標準レベルとなっているため、できれば大問1、2で点数を稼ぎたいところです。

大問3は古文・漢文の問題が出題され、難易度が高い傾向にあるため十分に対策をしましょう。

古文は1000字を超える長文が出題され、有名な文献が採用されることは少ないため実力が試されます。

漢文は基礎から標準問題で構成されています。

地歴・公民対策

地歴・公民は大問3〜4問で構成されており、学部個別配点方式の文系型を選択した受験生は配点が高くなるため、集中的に対策したいです。

例年難易度はバラバラで、最も難易度が高い傾向にあるのは地理といえるでしょう。

地理は地誌問題が出題傾向にあり、独図演習と地誌問題の対策を重点的に行うことが望ましいです。

その他の科目は、基礎〜標準レベルとなっていますが、記述式の回答もあるためケアレスミスで取れる点を落とさないように心がけましょう。

数学対策

数学は大問3題で構成され、高校生で学習した内容が出題されます。

具体的には「微分積分」や「ベクトル」の問題があります。

学部個別配点方式の文系型は数学の配点が150点と高いため集中的に対策しましょう。

また、数学の傾向として幅広い分野から出題されるため高校で学習した内容で自分の苦手な単元を克服しておくことは非常に重要となります。

理科対策

理科は大問3〜4題で構成されマーク式と記述式の併用で出題されます。

物理の場合、力学と電磁気は頻出のためしっかり対策しましょう。

最後の1つは計算量が多めの問題となるため、公式や計算方法は要確認です。

化学は、有機と理論・無機が2題ずつ出ます。

記述問題が多いため難易度は高いといえます。

生物は、生態と代謝の2分野が頻出傾向にあります。

論述問題や計算問題などが出題されやすいため、基礎からしっかり固めておく必要があります。

✔入試方式は4種類から選択

✔各科目の出題傾向は確認必須

✔難易度は科目によっては高いこともある

【立命館大学 映像学部を目指すなら】おすすめの学習塾は?

立命館大学の入試情報について詳しくご紹介しましたが、ここで合格に一歩近づくために必要な学習塾について2つほどご紹介していきます。

現論会

_画像

まずは現論会の特徴や料金について詳しく確認していきましょう。

現論会の基本情報
対象学年 高校生 ・既卒生
授業形態 個別指導(1対1)
展開地域 関東圏、関西圏
特徴 完全オーダーメイドカリキュラムで合格を目指す

現論会の特徴

現論会は完全オーダーメイドにて生徒だけの学習計画のもと勉強を進めていきます。

志望校に合わせて合格を見据えた勉強ができる数少ない学習塾です。

対策は得意科目だけでなく苦手科目も行うため、総合的な学力を身につけることができます。

1日単位の習慣計画を作成してくれるため、どのような勉強をしたら良いかわからないという状態になりません。

生徒は目の前の勉強の身に集中するだけで、後はすべて管理してくれます。

現論会の料金

現論会の料金は高いのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

入塾金 55,000円
諸経費 3,850円

 

対象学年・コース 授業料(税込)
高校1・2年生 42,350円
高校3年生・既卒性 東大コース 65,450円
京大コース 65,450円
難関国公立コース 61,050円
早慶コース 56,650円
難関私大コース 56,650円

 

現論会では入塾金と諸経費がかかります。

授業料自体はコースによって変わり、難関大学になる程料金は上がります。

↓↓現論会の詳細はこちら↓↓
↓↓お電話でのお問い合わせはこちらから【無料】↓↓

個別教室のトライ

_画像

続いて個別教室のトライについてその特徴や料金を解説していきます。

個別指導のトライの基本情報
対象学年 小学生・中学生・高校生
指導形態 個別指導
展開地域 全国各地
特徴 担任制の採用により全面的にサポートしてくれる

個別教室のトライの特徴

個別教室のトライは、教科担当の他に生徒の学習計画や学習進捗を管理してくれる担任がついてくれます。

教科担当、担任、保護者、生徒の4者が力を合わせることで抜け目のない指導を可能にしており、全面バックアップのもと学習に励むことが可能です。

授業は完全マンツーマンで行われるため、生徒の学習ペースに合わせて無理のない勉強ができます。

わからないことがあればすぐに質問できるため、完全に理解してスッキリした状態で家に帰れます。

個別教室のトライの料金

個別教室のトライは詳細な料金を公表しておりません。

詳しく知りたい方はお近くの教室または公式サイトにてお問い合わせください。

↓↓【個別教室のトラの詳細はこちら!!】↓↓

紹介した塾の比較

最後にご紹介した2つの学習塾について比較してみましょう。

  現論会 個別教室のトライ
指導形態 個別指導 個別指導
特徴 週間計画の作成により、
効率的に勉強ができる
個別指導の強みを生かして
生徒に適した学習環境を提供
料金(月謝) 平均55,000円 非公開

どちらも個別指導に特化した学習塾ですが、それぞれ強みを持っており文面だけではどちらが良いかわからないこともあるでしょう。

そのため、無料学習相談や無料体験授業を受けてみて、実際の雰囲気を知ることが非常に大切となります。

✔個別指導で自分に適した学習をするのがおすすめ

✔自分に合った学習の仕方がわかる

✔無料相談や体験授業を受けることをおすすめ

立命館大学 映像学部の学費

_画像

ここでは、立命館大学映像学部の詳細な学費についてご紹介します。

学部 入学金 春学期授業料 秋学期授業料 年間計
映像学部 200,000円 930,800円 930,800円 2,061,600円

立命館大学映像学部の授業料は他の学部が50〜60万円前後のため、高いといえるでしょう。

学費の面だけで言えば他学部よりも劣りますが、その分充実した勉強や実践的な学習ができる魅力があります。

✔映像学部の入学金は20万円

✔授業料は他学部と比べると比較的高め

✔学費以上に学べることがある学部

立命館大学 映像学部の評判・口コミ

_画像

最後に立命館大学映像学部の評判・口コミについて詳しく解説していきます。

授業に関する口コミ

まずは、映像学部の授業に対する口コミについて確認していきましょう。

学校の先生たちは、皆さん一人一人に寄り添ってくれる、丁寧な授業をしてくれます。

映像学部は、授業がどれも専門的なため丁寧にわかりやすく授業をしてくれるようです。

教授たちの質も良く、楽しい授業を受けられるでしょう。

授業はとても楽しく、充実した大学生活が送れています!日々充実しています!

映像学部の授業が楽しいという意見が多く見られました。

映像関連の職業につきたいなら、立命館大学映像学部であれば楽しく専門知識を学べます。

キャンパスに関する口コミ

続いてキャンパスに関する口コミ・評判について見ていきましょう。

機材、設備共に申し分ないと思います。

学内は勿論、松竹の撮影所とも提携しており、本格的です。

映像学部なので、機材や設備が充実しているかは非常に大切ですが問題ないようです。

本格的なスタジオでの撮影もあり、実戦的なようです。

一番新しい学科ということもあり、設備は新しく施設も綺麗。

地下にシアタールームがあり、広さも十分。

設備に関しては整っており、綺麗なため快適に過ごせるでしょう。

また、シアタールームなど映像学部ならではの設備もあります。

就職に関する口コミ

映像学部の就職にはどのような口コミが寄せられているのかご紹介します。

映像学部向けの企業説明会など、就職ガイダンスを多く丁寧にしてくれているうえ、告知も多い。

映像学部に向けたキャリア支援もあり、就活も行いやすい環境のようです。

企業説明会や就職ガイダンスに参加することでお得な情報も得られます。

かなり専門的な学部であるが、映像関連で就職する人はもちろん、全く関係ない所へ就職する人もいる。

映像学部だからといって映像関係の企業に必ずしも就職するわけではないようです。

就職先の幅も広いことがわかります。

✔授業は専門的で楽しいという意見が多い

✔設備は整っていて過ごしやすい環境

✔映像関係に就職することも全く関係ない企業に就職することもできる

まとめ

_画像

立命館大学映像学部は映像関係に関するコンテンツについて深く学ぶことができる珍しい学部です。

5つの専門領域から専攻を選ぶことが可能で、自分の興味がある分野について十分に学べるのが映像学部の魅力の1つです。

また、実習や企業提携プログラムなどを通して実際の現場に近い感覚で撮影や開発、研究が行えるためとても充実しています。

学習内容も相まって映像学部の2022年度の倍率は5.7倍と非常に高く、人気の高い学部として位置づけられました。

偏差値に関しては他学部と大きな差はなく難易度は高いものといえます。

口コミ・評判も良いものが多く、授業が楽しいという声や設備や施設が整っていて過ごしやすいという意見もあり、充実したキャンパスライフを送れることでしょう。

受験勉強をしていてなかなか身が入らない、成績が伸び悩んでいるという方は今回ご紹介した学習塾などで改善を試みても良いかもしれません。

画像

お得な3回体験コース実施中

個別指導塾ならNO.1
120万人の指導実績を誇る個別指導塾!
あなただけのトライ式学習法を提案!
★一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラム

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「立命館大学 映像学部 偏差値 入試科目」に関してよくある質問を集めました。

立命館大学 映像学部の偏差値は?

立命館大学映像学部の偏差値は55.0〜57.5と高いです。他学部と比べると大きな差はありませんが、難関私立大学として十分な学力が無いと合格することは難しいです。しかし、合格できれば映像関連の専門知識を実践的に学べるという特徴があります。

立命館大学 映像学部の入試科目は?

立命館大学映像学部の入試科目は外国語と国語が受験必須となっています。選択科目は地歴・公民、数学、理科となっており、3科目の合計点で合否が決まります。入試傾向をよく理解して過去問や参考書を活用して効率よく勉強していきましょう。

この記事を企画・執筆した人
-StudySearch編集部-
この記事は、StudySearchを運営している株式会社デジタルトレンズのStudySearch編集部が企画・執筆した記事です。
StudySearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
StudySearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→