ホーム >> 学習関連コラム >> 受験・資格 >> 大阪教育大学の偏差値とは?入試対策・倍率を徹底解説!
更新日 2021.3.23

大阪教育大学の偏差値とは?入試対策・倍率を徹底解説!

大阪教育大学は1949年創立の国内有数の教育大学です。

教育学部の単科大学で約4500人の学生が在籍しています。

今回はそんな大阪教育大学の偏差値、入試対策やおすすめの塾をご紹介していきます。

大阪教育大学の基本情報

_画像

大阪教育大学の基本情報
キャンパス 柏原キャンパス・天王寺キャンパス
アクセス(柏原) 近鉄大阪線大阪教育大前下車、徒歩約15分
アクセス(天王寺) JR天王寺駅、地下鉄天王寺駅、近鉄大阪阿部野橋駅下車、徒歩約10分 JR寺田町駅下車、徒歩約5分

大阪教育大学では教育学部、大学院、専攻科、本部、事務局がある柏原キャンパスと教育学部初等教育教員養成課程、大学院(夜間)がある天王寺キャンパスの2つのキャンパスがあります。

✔︎2つのキャンパスがある

✔︎大阪の中心地から近いアクセス

✔︎教育学部の単科大学

大阪教育大学の学科別偏差値ランキング2020

_画像

大阪教育大学は教育学部のみとなっていますが初等教育や学校教育などの免許が取得できる学科が異なります

こちらでは偏差値の高い順に学科や試験科目、試験日程をご紹介していきます。

学科内でもコースや日程により試験科目が異なりますので詳しくは公式サイトをご覧ください。

教育協働学科

偏差値 試験科目 試験日程
53〜57 小論文 前期・後期

この学科では教員免許取得を卒業要件とせず、学校を取り巻く地域や社会を含む「チーム学校」の中心メンバーとなる人材を育てます。

900点満点の共通テストと、前期は450点満点、後期は650点満点の小論文試験があります。

学校教育教員養成課程

偏差値 試験科目 試験日程
50〜57 小論文・学力試験・実技・面接 前期・後期

この過程では小学校一種、中学校教諭一種、高等学校教諭一種の資格を取得することができます。

社会科教育コースは小論文、保健体育コースは実技、国語教育コースは国語の学力試験と面接というようにコースによって試験体系が異なります。

初等教育教員養成課程

偏差値 試験科目 試験日程
54〜56 小論文 前期・後期

この過程では幼稚園教員と小学校教員の養成を目的としています。

幼児教育専攻は前期日程のみで面接と調査書で評価されます。

小学校教育専攻では小論文と調査書による評価となっています。

初等教育教員養成課程(夜間)

偏差値 試験科目 試験日程
51〜53 小論文・面接 前期・後期

夜間コースの編入生に対しては,学生一人ひとりの学歴や専門性を活かして優れた実践的能力を備えた小学校教員の養成を目的としています。

また,現職教員についても,個性や経歴を尊重した教育を行います。

前期は小論文と調査書、後期は面接と調査書による評価となります。

✔︎学科により取得できる資格が違う

✔︎コースにより科目や日程が異なる

✔︎夜間コースがある過程も

大阪教育大学の倍率と入試対策

_画像

大阪教育大学の倍率

2020年の大阪教育大学の学科ごとの倍率を見ていきましょう。

学科内でも倍率はコースによって異なります。

学科 前期日程 後期日程
教育協働学科 1.4〜4.1倍 1.0〜6.7倍
学校教育教員養成課程 1.1〜3.2倍 1.1〜3.9倍
初等教育教員養成課程 1.8〜2.0倍 1.4倍
初等教育教員養成課程(夜間) 2.2倍 3.4倍

全体的に、後期日程の方が倍率が高いことが分かりますね。

日程によって試験科目が異なる学科もありますが、志望する学科は前期日程で受験することをおすすめします。

大阪教育大学の入試対策

各学科の偏差値や倍率などが分かりましたね。

それでは具体的にどのような対策をすれば良いのでしょうか。

具体的に2つのポイントに分けてご紹介します。

志望学部の入試情報を確認する

大阪教育大学に偏差値が届いていない場合、ただ勉強するのではなく志望学部の入試情報を確認し、必要科目や配点などを参考に、受験勉強の優先順位を決めましょう

入試情報で配点が高い科目や出題範囲をしっかりと確認し、入試に重要なところから優先的に対策を進めていきましょう。

入試傾向に沿って出やすい範囲を対策

大阪教育大学の場合、入試問題の傾向は毎年一定で、問題量、難易度、出やすい分野が決まっています。

大阪教育大学の傾向を知った上で、 優先順位の高い分野から解けるように対策していくのが非常に効率的です。

1人で傾向を調べて対策するのは難しいので大阪教育大学の受験情報に詳しい塾でサポートしてもらうのがおすすめです。

✔︎倍率は後期の方が高い

✔︎入試傾向の確認が大切

✔︎塾のサポートがおすすめ

大学受験におすすめの塾は?

1人で大阪教育大学の受験情報を調べて対策するのは大変ですよね。

こちらでは大阪教育大学を目指す方におすすめの塾をいくつかご紹介していきます。

【生徒が主役の対話による学び】大学受験ディアロ

_画像

大学受験ディアロの基本情報
対象 中学生・高校生
指導形態 映像授業・個別指導
教室 国分寺校・巣鴨校・三軒茶屋校など全17校

Z会のノウハウが詰まった映像授業

ディアロの事前学習は、いつでもどこでも受講できる映像授業です。

早見再生ができるので合格に必要なインプット時間を短縮できます。

採用しているZ会の映像は国公立大をはじめ、難関大入試を知り尽くしたZ会による映像授業です。

独自の対話式トレーニング

インプットした知識を最大限に活用し、成績アップにつなげるためのディアロではインプットした知識を徹底的に使う、アウトプットを大切にしています。

一方通行のただ教わるだけの授業は行いません。

トレーニングでは生徒が先生となることを目指します。

↓↓大学受験ディアロの詳しい情報はこちら↓↓

【日本最大級の合格実績】メガスタ高校生

_画像

メガスタ高校生の基本情報
対象 高校生
指導形態 オンライン個別指導
教室 オンライン

合格に向けた戦略的な指導

メガスタでは志望大学合格にまだ届いていない理由を見極め最短ルートで合格するためのプランを立ててくれます。

また傾向に沿った志望校対策を行い、自習時間の勉強内容も指示、管理してくれます。

このような戦略的な指導により成績が届いていない状況からでも逆転合格が可能になるのです。

プロ講師の指導を自宅から

メガスタに在籍するプロ講師は、大手塾や予備校で活躍する現役講師や家庭教師として高い合格実績を出している講師たちです。

このようなトッププロ講師が志望校合格のための1対1のマンツーマン指導を行います。

インターネットさえつながれば、どこからでも大学受験専門のプロ講師の指導を自宅で受けられます。

時間帯など希望に合わせて一番条件の合う講師を紹介してくれます。

↓↓資料請求・詳しい料金はこちら↓↓

✔︎オンラインなら自宅から受講できる

✔︎ディアロは対話式の授業が強み

✔︎メガスタは戦略的な指導が強み

まとめ

 

今回は大阪教育大学の学科紹介、偏差値や倍率、試験対策まで徹底解説してきました。

また、おすすめの塾として、大学受験ディアロとメガスタ高校生をご紹介しました。

独学で勉強したり学習スケジュールを管理するのは大変なので、 ノウハウを持った塾で指導を受けることがおすすめです。

気になった方は、ぜひお問い合わせをしてみてください。

↓↓大学受験ディアロの詳しい情報はこちら↓↓

この記事のまとめ

「大阪教育大学」に関してよくある質問を集めました。

大阪教育大学の偏差値は?

大阪教育大学の偏差値は最も高いところで、教育協働学科の53~57となっています。
次に学校教育教員養成課程が50~57となっています。
記事内では各学科の試験科目、学科の紹介も行っています。
詳しくはこちらからご確認下さい。

大阪教育大学の倍率は?

大阪教育大学の倍率は全体的に後期日程が高くなっており、学科内でもコースによって倍率が異なります。
2020年度の倍率では教育協働学科の後期日程が1.0~6.7倍と最も高くなっています。
また次に学校教育教員養成課程の後期日程が1.1~3.9倍と高くなっています。
実際の倍率はこちらを参考にして下さい。

大阪教育大学の入試対策は?

まずは志望大学の必要学科・配点などを確認することが大切です。
配点が高い科目や出題範囲を確認し、点数を稼げるところ、重要なところから優先的に対策を進めていきましょう。
記事では他にも入試対策について解説しています。
詳しくはこちらをご覧ください。