ホーム >> 学習関連コラム >> 受験・資格 >> 大阪教育大学の偏差値とは?入試対策・倍率を徹底解説!
更新日 2024.2.4

大阪教育大学の偏差値とは?入試対策・倍率を徹底解説!

大阪教育大学は、教育指導140年の歴史を誇る関西最大級の教育大学です。

将来教育関連の職業につきたいと考えている関西在住の方の中には、大阪教育大学を目指している方も多いのではないでしょうか。

今回は、大阪教育大学の特徴や学科・コースなどの基本情報から、偏差値等の受験の難易度、入試情報・対策法などあらゆる情報を紹介します。

大阪教育大学が気になっている方、将来教員になりたいと考えている方には必見の内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

大阪教育大学とは

_画像

大阪教育大学の基本情報
キャンパス 柏原キャンパス・天王寺キャンパス
アクセス(柏原) 近鉄大阪線大阪教育大前下車、徒歩約15分
アクセス(天王寺) JR天王寺駅、地下鉄天王寺駅、近鉄大阪阿部野橋駅下車、徒歩約10分 JR寺田町駅下車、徒歩約5分

大阪教育大学には、教育学部、大学院、専攻科、本部、事務局がある柏原キャンパスと教育学部初等教育教員養成課程、大学院(夜間)がある天王寺キャンパスの2つのキャンパスがあります。

大阪教育大学の特徴

大阪教育大学の概要

大阪教育大学は、近畿地方で最大規模の教員養成大学です。

140年以上にわたって教員養成に携わっており、教員就職者数で全国トップレベルの実績を持っています。

教員不足が深刻化している日本の教育現場に貢献できるような高度な専門性と豊かな人間性・社会性を備えた人材の育成を目指しています。

大阪教育大学 12個の魅力

大阪教育大学中から特筆すべき12個の魅力についてまとめました。

  1. 140年を越える歴史と伝統
  2. 4,317名の学部学生数 西日本最大の教員養成大学
  3. 66万平方メートルのメインキャンパス(USJの1.7倍)
  4. 62.9%の学費(私立大学文系平均を100とした4年間の合計)
  5. 2つのキャンパス(柏原キャンパス・天王寺キャンパス)
  6. 206,116,400円(平成27年度授業料免除の合計)
  7. 少人数制によるきめ細かい講義3.4人
  8. 全国の大学における教員就職者1位
  9. 海外14カ国・地域 31校海外協定国
  10. 6,628人 オープンキャンパス来場数
  11. 35の選考・コース設定により様々な学びを実現
  12. 69.3%の学生が課外活動で活動

上記の内容から、非常にクオリティの高い指導が提供されていることがわかります。

また、国立大学であることから、広大な敷地を持ちながらも学費が安くなっています。

関西地方で学校教員を目指している人にはかなり魅力的な大学だということができるでしょう。

留学制度

大阪教育大学の留学制度は大きく分けて三種類あり、国際的な視野を広げて世界の人々とコミュニケーションができる力を育成しています。

  • 交換留学制度
  • 認定留学制度
  • 語学・文化研修

大阪教育大学では、アジア・オセアニア・ヨーロッパ・アメリカの各大学と協定を結んでいます。

また、語学・文化研修では様々なプログラムが用意されています。

語学・文化研修
カナダ語学研修
タイ英語・SDGs・文化研修
フランス語学研修
韓国文化研修・授業観察実習
アメリカ語学研修・観察実習
オーストラリア語学研修
シンガポール国際教育実習
ドイツ語学研修
韓国語・韓国文化体験研修
台湾文化研修

その他の特色や制度

学生寮や奨学金、部活動についてご紹介いたします。

名称 所在地 定員 形態・部屋数 居室面積 寄宿料 共益費 退去時積立金
男子学生宿舎 〒582-8582 柏原市旭ヶ丘4-698-1 60名 個室60室 8平方メートル(約4.5畳) 5,000円/月 700円/月 30,000円/月
女子学生宿舎 同上 80名 個室80室 同上 同上 同上 同上

奨学金についてはJASSOやその他の民間団体の奨学金の他、大阪教育大学独自の給付奨学金として「大阪教育大学修学支援奨学金」があります。

部活動等については、伝統あるクラブから教育系ならではのサークルまで約70団体あります。

就職状況

2020年度の就職状況は、教員(565人)、企業(326人)、公務員(72人)です。

大阪教育大学の学部・学科

大阪教育大学の学部は教育学部の1つのみになっており、教育学部の中に教員養成課程教育協働学科があります。

それぞれの課程・学科について詳しく解説していきます。

教員養成課程について

教員養成家庭の学びには3つのポイントがあります。

  • 幅広い校種に対応できる人材を目指す
  • 積み上げ型の教育実践システム
  • 電子ポートフォリオによる学び診断

教員養成課程では、幼稚園から高校まで、幅広い種類の学校に対応できる指導力を持った教員の育成を行っています。

卒業までに教育免許を取得することが必須になっており、教員としての実践力を身につけるために1年次から多彩な学校インターンシップが用意されています。

また、学びの記録が確認できる電子ポートフォリオを導入し、万全のサポート体制をとっています。

教員養成の各課程について
初等教育教員養成課程 幼児教育専攻
小学校教育専攻(昼間コース)
小学校教育専攻(夜間5年コース)
学校教育教員養成課程 特別支援教育専攻
小中教育専攻
中等教育専攻
養護教諭養成課程

教育養成課程には幼児・小学校の教員を養成する「初等教育教員養成課程」小学校・中学校・高校の教員を養成する「学校教員養成課程」いじめや不登校、発達障がいに悩む子どもに対応した「養護教諭養成課程」があり、指導対象の年齢や科目に合わせてさらに細かく専攻・コースが分かれています。

勉強を教えられる力だけでなく、子どもたちを倫理的に導く力もつけられるような、かなり専門的な学びができます。

教育協働学科について

教育協働学科は教員養成課程とは異なり、卒業までの教員免許の取得は必要ありません。

教育現場で教員として活躍するのではなく、教育的な視点から学校・家庭・地域・社会とともに課題を解決する人材の育成を行っています。

教員不足が深刻化する現代日本の中で、学校教育だけでなく、より広い範囲での教育課題にアプローチします。

学科内に3つの専攻と6つのコースを設けており、将来的に携わりたい分野に合わせて選択することができます。

教育協働学科の専攻・コース

教育心理学専攻/健康安全化学専攻/スポーツ科学専攻/数理情報コース/自然科学コース/英語コミュニケーションコース/多文化リテラシーコース/音楽表現コース/美術表現コース

一見教育に関係ないようにも見える多様な分野から専攻・コースを選択することができます。

✔関西トップの教員育成大学

✔教員を目指すなら教育養成課程

✔学校教育以外の教育協働学科

【2024最新版】大阪教育大学の難易度

_画像

大阪教育大学の偏差値

大阪教育大学の偏差値は学科・専攻・コースによっても異なりますが、50.0~55.0となっています。

50.0~55.0という数字ははそれほど高くなく、比較的挑戦しやすい偏差値だと言えるのではないでしょうか。

他大学との偏差値比較

ここでは、西日本の主要な大学の教育学部と偏差値を比較していきます。

大学名 偏差値
京都大学 65.0~67.5
関西学院大学 55.0~60.0
奈良教育大学 50.0~57.5
大阪教育大学 50.0~55.0
京都教育大学 50.0~55.0
滋賀大学 50.0~55.0
和歌山大学 47.5~50.0

※偏差値は河合塾が算出したデータです。

やはり京都大学は飛び抜けて偏差値が高いですが、他の国立大学の多くは偏差値50台半ばと大阪教育大学と同程度の偏差値になっています。

関関同立の中で唯一教育学部を設けている関西学院大学は、大阪教育大学よりはやや高めの偏差値です。

偏差値55.0程度をキープすることができれば、大阪教育大学だけでなく、関西地方の教育学部を十分視野に入れられることがわかります。

大阪教育大学の共通テスト得点率

大阪教育大学の共通テスト得点率のボーダーは50%~69%です。

最も低い50%は夜間コースの数値であり、全日程のみに絞ると57%~69%の得点率が必要です。

他大学との比較

関西の主要大学の教育学部と共通テスト得点率を比較してみましょう。

大学名 得点率
京都大学 80%
関西学院大学 67~81%
奈良教育大学 54~68%
大阪教育大学 51~68%
京都教育大学 50~69%
滋賀大学 54~64%
和歌山大学 50~62%

偏差値と同様に、京都大学と関西学院大学はかなり共通テスト得点率が高いです。

大阪教育大学と偏差値が同程度だった大学のうち、京都教育大学は共通テスト得点率がやや高めになっています。

偏差値と共通テスト得点率を併せて評価すると、大阪教育大学は関西の教育学部として標準〜やや易しい難易度であるといえます。

過去のオープンキャンパス

2023年のオープンキャンパスは、7/29(土)はオンライン方式で7/30(日)は柏原キャンパス来場方式で行っていました。

オープンキャンパス当日は予約有無に関わらず、大学校内は自由に見学でき図書館の見学や食堂での食事も可能です。

続いては、実際に大阪教育大学に通っている大学生からの口コミや評判をご紹介します。

✔大阪教育大学の偏差値は50.0~55.0

✔共通テスト得点率は50%~69%

✔関西の教育学部としては普通〜やや簡単

大阪教育大学の入試情報

_画像

ここからは、大阪教育大学の入試情報について解説していきます。

【2023年度】入試日程

  共通テスト 出願期間 試験日 合格発表日
前期 1月14日(土)〜1月15日(日) 1月23日(月)〜2月1日(水) 2月25日(土)〜2月26日(日) 3月7日(火)
後期 3月12日(日) 3月21日(火)

大阪教育大学は国立大学ですので、共通テストを必ず受ける必要があります。

試験日に関しては前期が2月25日(土)〜2月26日(日)、後期が3月12日(日)と、国立大学入試の共通期間の中では最速の日程になっています。

前期日程は併願を考えている私立大学と被る可能性も十分にあるため、注意してください。

試験科目

教育協働学科

教育協働学科の試験科目

小論文

教育協働学科では、共通テストの他に受ける試験は小論文のみとなっています。

900点満点の共通テストと、前期は450点満点、後期は650点満点の小論文試験があります。

学校教育教員養成課程

学校教育教員養成課程の試験科目

小論文・学力試験・実技・面接

学校教員育成課程の入試では、社会科教育コースは小論文、保健体育コースは実技、国語教育コースは国語の学力試験と面接というように、専攻する科目によって試験体系が異なるので注意が必要です。

初等教育教員養成課程

初等教育教員養成課程の試験科目

小論文

初等教員養成課程では、ほとんど全ての専攻で共通テストを除いた試験科目が小論文のみとなります。

ただし特殊なケースもあり、幼児教育専攻は前期日程のみで面接と調査書で評価され、小学校教育専攻では小論文と調査書による評価となっています。

初等教育教員養成課程(夜間)

初等教育教員養成課程(夜間)の試験科目

小論文・面接

初等教育教員養成課程の夜間コースでは、前期は小論文と調査書、後期は面接と調査書による評価となります。

日程によって試験科目が異なるため注意が必要です。

大阪教育大学の倍率

大学が公式に公開している最新2023年の大阪教育大学の学科ごとの倍率を見ていきましょう。

学科内でも倍率はコースによって異なります。

学科 前期日程 後期日程
教育協働学科 1.6〜6.5倍 5.0〜15.7倍
学校教育教員養成課程 0.9〜3.6倍 4.8〜12.3倍
初等教育教員養成課程 2.6倍 6.8倍
初等教育教員養成課程(夜間) 2.4倍 6.1倍

国立大学に一般的な傾向として、全体的に後期日程の方が倍率が高いことが分かります。

日程によって試験科目が異なる学科もありますが、志望する学科は前期日程で受験することをおすすめします。

大阪教育大学を志望する方におすすめの塾はこちら

✔入試日程は国立大学の中では早め

✔試験科目は専攻・コースによってさまざま

✔倍率は後期が全体的に高い

大阪教育大学の入試対策・勉強法

_画像

共通テスト対策

大阪教育大学では、共通テスト以外に学力試験が課されない場合が多く、共通テストの得点が非常に大きなウェイトを占めています。

先の項目で述べた通り共通テスト得点率のボーダーはそこまで高くはありませんが、しっかりとした対策が必要になるでしょう。

具体的な勉強法としては、基礎〜標準レベルの問題集や共通テストに特化した問題集を繰り返し解いて完璧にすることが有効でしょう。

また、共通テストは時間配分も重要になってきますので、時間を測りながら演習に取り組むと良いでしょう。

小論文対策

大阪教育大学では、全ての学科・過程において小論文が主要な試験科目になっています。

学科・過程によっては小論文のみで二次試験の評価がなされるため、小論文対策をしっかりと行うことが合格の鍵となります。

国公立入試の小論文問題では、テーマや設問を読解し、自分の考えを論理的に示し、読み手を納得させることができるかが試されます。

  • 模範解答の熟読
  • 評論文の要約
  • 「序論」「本論」「結論」を意識した文章を実際に書く練習

小論文で点数を伸ばすには、模範解答の熟読、評論文の要約、「序論」「本論」「結論」を意識した文章を実際に書く練習が効果的です。

実際に自分で文章を書いた際には添削が必須ですので、学校や塾の先生に添削をお願いしましょう。

学力試験対策

大阪教育大学の学力試験の問題傾向は例年一定で、ほぼワンパターンになっています。

そのため、早い段階から過去問に取り組み、パターンをつかむことが得点に繋がります。

過去問はギリギリまでとっておいた方がいいというアドバイスを聞いたことがある人もいると思いますが、大阪教育大学のように問題にパターンがある大学の対策においてはその限りではありません。

早めに過去問に取り組み、間違えた箇所を徹底的に潰すことで、確実に得点を狙えるようにしましょう。

✔センター試験の比重が重め

✔小論文は添削をお願いする

✔学力試験は過去問に早く手をつける

大学受験におすすめの塾は?

【関西最大級の塾】関西個別指導学院

_画像

関西個別指導学院の基本情報
対象 小学生・中学生・高校生・浪人生
指導形態 個別指導
教室 関西を中心に45校を展開

教育大手ベネッセグループによる個別指導塾

関西個別指導学院は、あの教育大手ベネッセグループが経営する個別指導塾です。

ベネッセグループの豊富な指導経験を生かし、どんな生徒にも必ず成績を伸ばす指導を提供することができるのです。

生徒一人ひとりの目標に合わせたカリキュラムを作成するため、大阪教育大学のようなやや特殊な入試形態をもつ大学への対策もバッチリです。

徹底した個別指導

関西個別指導学院では、その名に関する通り個別指導を強みにしています。

入塾後に複数の講師による指導を受けたあと、その中から自分に最も合ったと感じた講師を選ぶと、その講師が毎回授業を担当します。

専任性をとることで生徒を深く理解することができ、個別指導の強みを最大化できるのです。

関西個別指導学院の料金・授業料

関西個別指導学院は、学年やコースによって金額が異なるため公開していません。

より詳しい料金をしりたい方は、関西個別指導学院までお問い合わせください。

↓↓お問い合わせはこちらから↓↓

【難関大学専門塾】現論会

_画像

現論会の基本情報
対象 高校生・浪人生
指導形態 個別指導
教室 新宿校・渋谷校・横浜校・市ヶ谷校・柏校・大宮校
天王寺校千種校・四条烏丸校・藤沢校・オンライン校

難関大学専門の個別指導塾

現論会は難関大学専門の個別指導塾です。

京都大学などの難関大学の入学試験を経験した講師陣が、実体験を生かしてオーダーメイドの学習計画を用いた指導を行ってくれます。

年間計画に加えて1日単位の学習管理も行なっており、生徒の得意・不得意にあわせた学習のサポートをしてくれます。

受験勉強の悩みを相談できる

自分一人で勉強していると、今の勉強方法が正しいのかと不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。

現論会は受験対策に特化した塾であるため、受験に関する相談を無料で受け付けています。

他人からの客観的な意見を得ることで、より効率良く学習を進めることができます。

現論会の料金・授業料

高校1・2年生の料金(税込み)
月謝 42,350円
特徴 主要2科目の追加料金ゼロ
年間 42万円

 

高校3年生・既卒生の料金(税込み)
コース名 月謝
東大コース 65,450円
京大コース 65,450円
難関国公立コース 61,050円
早慶コース 56,650円

※料金は自社調べにより、あくまで目安として参考にしてください。

入塾金は高校3年生・既卒生も50,000円が別途必要になります。

現論会の料金の特徴としては、完全定額制であることです。

追加料金が発生しないので、無理な勧誘などもなく、安心して通わせることができます。

続いては、大阪教育大学の実際の難易度について解説します。

↓↓無料相談の詳細はこちら↓↓

✔︎大学受験には個別指導塾がおすすめ

✔︎現論会は難関大学専門塾

✔︎関西個別指導学院はベネッセグループの経験を生かした塾

大阪教育大学の口コミ・評判

_画像

大阪教育大学に実際に通っている学生さんからのリアルな口コミを紹介します。

実際の学科の雰囲気について、どんな特徴があるのかなどご紹介します。

同じところを目標にしている人が集まっているので、とても授業が楽しく、充実する。話し合いの授業ではとても白熱して、学びがいがある

教育大学なので教師を目指して入学した人たちが多くいるため授業1つに対しても切磋琢磨しながら受けることが出来ます

また、同じ志を持っている者同士、悩み事や相談事を共有しやすい環境にあるといえます。

学科の空気感にとても満足しています。近畿在住で教師を目指している方は特にオススメの学校 だと思います。

大阪教育大学なので関西で教師を目指している人におすすめな大学のようです。

学科は学部よりも人数も少なくなるため、一人ひとりと密度の濃い時間を過ごします

よって、学科の雰囲気がいいというのはとても安心できる情報です。

✔教師を目指す人たちが集まる

✔授業の中で話し合いの事案がある

✔学科の雰囲気がいい

まとめ

 

_画像

今回は大阪教育大学の学科紹介、偏差値や倍率、試験対策まで徹底解説してきました。

大阪教育大学は関西で教員を目指す人にかなりおすすめな大学です。

共通テストの比重がかなり重く、二次試験の試験科目にも特徴があるため、大阪教育大学に特化した対策が必要になってきます。

入試対策におすすめの塾として関西個別指導学院と現論会をご紹介しましたので、一人で対策するのが不安な人はプロの手を借りて見てはいかがでしょうか?

気になった方は、ぜひお問い合わせをしてみてください。

画像

【入会金不要!】無料体験・教室見学受付中!!

東京個別指導学院の魅力
苦手克服から受験対策まで対応可能
学習目的に合わせた一人ひとり柔軟なカリキュラム
継続的な学習習慣が身につく個別指導

_

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「大阪教育大学」に関してよくある質問を集めました。

大阪教育大学の偏差値は?

大阪教育大学の偏差値は50.0~55.0となっています。関西の他大学の教育学部と比べても標準的な値です。大阪教育大学を目指す人は、偏差値55.0以上をキープするように努めましょう。詳しくはこちらからご確認下さい。

大阪教育大学の倍率は?

大阪教育大学の倍率は全体的に後期日程が高くなっており、学科内でもコースによって倍率が異なります。2023年度の倍率では教育協働学科の後期日程が1.1~6.2倍と最も高くなっています。また次に学校教育教員養成課程の後期日程が1.1~3.7倍と高くなっています。実際の倍率はこちらを参考にして下さい。

大阪教育大学の入試対策は?

共通テストのウェイトがかなり重く、二次試験も特徴的な大阪教育大学の入試対策には、自主学習による演習や小論文の練習、過去問演習に 加えて、プロの手を借りるのがおすすめです。大阪教育大学の入試対策についての詳細はこちらを参考にして下さい。

この記事を企画・執筆した人
-StudySearch編集部-
この記事は、StudySearchを運営している株式会社デジタルトレンズのStudySearch編集部が企画・執筆した記事です。
StudySearchでは、塾・予備校・家庭教師探しをテーマに塾の探し方や勉強方法について情報発信をしています。
StudySearch編集部が企画・執筆した他の記事はこちら→