ホーム >> 学習関連コラム >> 塾・予備校 >> 夏期講習は受講すべき?夏期講習の選び方のポイントをご紹介!
更新日 2020.7.3

夏期講習は受講すべき?夏期講習の選び方のポイントをご紹介!

皆さま、夏休みはしっかりと勉強できていますか?塾に通い勉強する人もいれば、自宅で勉強するが、なかなかやる気が出ない人もいることでしょう。

夏休みは学校の授業が進まないからこそ、普段できないような総復習・苦手分野の克服をすることができる絶好の時期です。

しかし、自分1人で参考書の問題や夏休みの宿題をすると、分からないことがたくさんあったり、やる気が出なかったりと、勉強が思うように進まないのではないでしょうか。

夏休みこそ夏期講習に参加して、効率よく成績を上げませんか?

夏期講習に行くメリット

_画像

夏休みの時期は学校が休みなるので、授業が進みません。

普段、学校があるときならば、部活や学校の宿題・予習をすることで頭がいっぱいになり、過ぎ去った分野の復習をする余裕なんてないでしょう。

また、普段の学校生活では小テストや定期テストの対策もする必要があり、目の前の分野の勉強だけになってしまいがちですよね。

授業が進まない夏休みこそ、総復習ができる絶好の機会なのです。

この時期に勉強するか、しないかで夏休み明けの成績ががらりと変わってきます。

その理由は、新しく習う分野の内容は過去の学習内容が分かっていることを前提にしているからです。

特に英語や数学(算数)はこれまでの学習内容が分かっていないと解けないような問題ばかりです。

そのため、夏期講習で効率的に苦手分野を克服し、夏休み以降の授業でライバル達と差をあけましょう

夏休みは総復習をする絶好の時期ではありますが、夏休み以降の学習範囲を予習できる時期でもあります。

普段の学校生活を思い出してください。

長い授業が終わり、日が暮れるまで部活をし、家に帰ってきたら、次の日の小テスト勉強や宿題が…。

どこに予習をする時間があるのか…。

予習ができていないから、授業内容は理解が追い付かず、宿題が分からない、というような負のサイクルに突入し、勉強が嫌になっていませんか?

時間に余裕がある夏休みこそ夏期講習で予習をして、万全の態勢で夏休み以降の授業に臨みましょう!

予習をすると、受け身な授業ではなく、予習で分からなかったことを理解しようとする、前向きな授業へと変わります。

すると、理解度が格段に上がり、勉強に対する良いサイクルを生むことができます。

夏期講習前では自分の苦手分野を知るために、総合テストや診断テストをすることで自分の実力を把握することができます。

その際、苦手ではないと思っていた分野でも、案外忘れていたりして、今の本当の実力を知ることができます。

このように自分の実力を知ることで夏期講習では基礎的な問題に取り組み、しっかりと基礎を定着させるのか、応用問題に取り組み、さらに実力を伸ばすのかといった自分に合ったカリキュラムを組むことができます。

POINT

✔効率的な総復習でライバルに差をつける!

✔予習をして、夏休み以降の授業で勉強の良いサイクルを作る!

✔自分の実力を知り、無駄のない勉強方法を決める!

夏期講習を選び際のポイント

_画像

夏期講習は受験対策や苦手分野の克服など様々な講座が用意されています。

さらに受験対策となると、志望校のレベル別や志望校別の対策授業があるので、自分の目的に合った講座を選ぶ必要があります。

受験生ならば、自分の志望校が大体決まっているのはないでしょうか。

全体的な総復習ができる講座や苦手分野を克服できる講座、志望校の入試傾向が分かるような講座の受講がおススメです。

一方、今は志望校が特にない受験生以外の方は、まずは苦手科目の受講を検討してはいかがでしょうか。

とりあえず夏期講習を受講しようと思い、全ての科目を受講すると、夏期講習の授業でほとんどの時間を費やし、授業後は次の日の宿題があるとなると、負担が大きくなりすぎて、手に負えず、勉強が嫌になってしまう恐れがあります。

夏期講習で最も気になる項目の1つである塾の費用。

子どもの成績を上がるために様々な講座を受講させたいと思う親御さんの気持ちとは反対に、講座数を増やすほど増える費用…。

大手の塾ともなれば、1つ講座を増やすごとに2~3万円費用が増えます。

そのため、あれもこれもと講座をとる前に、どれくらいの費用がかかるのか一度確認しましょう。

塾の費用については詳細がホームページに書いていないことが多いので、直接塾に問い合わせれば確認することができます。

塾の指導方法には大きく分けて、個別指導と集団授業があります。

個別指導では講師からマンツーマンに授業を受けることができるので、いつでも分からないところを質問することができます。

しかし、集団授業よりも費用が高いという特徴があります。

一方、集団授業は質問しにくいですが、レベルの高い講師からの授業を受けることができます。

また、費用も個別指導より低いところが多いです。

夏期講習前は自分が個別授業を受けたいのか、それとも集団授業でも問題がないのか確認してから塾を選ぶ必要があります。

塾を選ぶ際は、授業以外の面でも勉強のサポートが充実されているかを気にすることも大切です。

例えば、自習室は使用できるのか、授業以外でも質問をすることができるのか、最近では公開の映像無料授業があるかなどです。

授業を受けている時間は勉強している時間のほんの一部なので、授業以外に勉強できる環境が成績を上げるには必須の条件になります。

POINT

✔自分の目的に合った講座で成績を上げる!

✔気軽に質問ができる個別指導 or料金が低くて質も高い集団授業

✔授業以外のサポート体制を把握する!

夏期講習で差をつけるには?

_画像

勉強をするときはいつも、「予習・復習をしなさい」と口酸っぱく言われてきませんでしたか?

授業がある日は宿題、そして明日の授業の予習をするように言われてきませんでした?

予習・復習をする理由までは教えてもらわないから、これらをする意味が生徒たちには分からないのではないかと思います。

まず、予習をする意味は授業を受け身ではなく、自発的に受けるためです。

人間は今から何をするのか分からないとストレスを感じます。

ストレスを感じた状態で授業を受けてもなかなか頭に入ってきませんよね。

しかし、教科書を先に読んでおくだけでも、授業内容が何か分かっているので、ストレスを感じずに、授業を受けることができます。

そして、自分の分からなかったことに注目して授業を聞くので、理解度が各段に変わってきます。

 復習は記憶を定着させるためです。

人間の脳は一度聞いたことをその後、放置するとほとんど忘れてしまいます。

しかし、復習することで記憶の忘れ具合が少なくなり、しっかりと記憶に残るようになるのです。

スポーツも勉強も基礎が大事と言われたことはありませんか?本当にその通りで、基本の公式や単語、文法が分からないと入試問題のような応用問題は解くことができません。

入試問題は公式に当てはめるだけの基本的な問題もありますが、高得点に繋がる問題は応用問題となっています。

応用問題では様々な範囲の知識を使って解くことになります。

例えば、数学では複数の公式を利用して、問題を解くことになります。

英語でも熟語や文法が分からないと長文が全然読めませんよね。

夏期講習では自分の苦手分野を把握し、まずは基本問題が解けるようになることで実力をつけていきましょう!

夏期講習で授業を受けて、勉強した気になっている生徒は多くいるのではないでしょうか。

確かに勉強はしているかもしれませんが、授業を受けることが目的になっていませんか?

思い出して欲しいのは目的は志望校に合格することであり、志望校に合格するためには実際に問題が解けるようにならないといけません。

問題が解けるようになるためにはやはり、何度も演習を繰り返して、問題に慣れることが必要になります。

 学んだことが理解できているか確認するためにも、問題を実際に解いてみて、何が分からないのか、どこまでなら分かっているのか把握する必要があります。

さらに多くの問題を解いていると、問題を見ただけで、解き方が分かるようになります。

この領域に達するとかなり学力が付いてきた証拠です。

POINT

✔効率的に知識を定着させるためには予習・復習!

✔応用問題を解くためにも、まずは基本問題から!

✔演習問題を繰り返して、実力をつける!

夏期講習を実施しているおすすめの塾

_画像

個別教室のトライは小学・中学・高校生を対象としている個別指導塾です。

個別指導なので、学習プランは生徒次第。

生徒1人1人に最適な授業プランがあり、個人に合わせた授業が厳選された講師からマンツーマンで受けることができます。

トライでは講師から一方的に授業をするだけでなく、生徒から説明した内容の確認をしてもらうことで、理解度の確認や弱点の発見・対策をすることができます。

個別授業だけでなく、全ての人に1単元15分の映像授業が公開されているので、自習の面でも手厚いサポートがあります。

夏期講習では個人の目標や苦手な科目対策など、個人に合わせてオーダーメイドのカリキュラムを組むことができます。

授業のコースは高校受験・大学受験、苦手分野の対策ができるコースなど非常に種類が豊富なので、生徒に合った授業が用意されています。

料金

授業コースの種類が豊富なだけに一概に値段がはっきりしていません。

そのため、生徒の目標や金額の要望などを塾に問い合わせることで見積もりが算出されます。

これは参考ですが、中学生の夏期講習では120分の授業が約3万円と言われています。

↓↓料金・キャンペーンの確認はこちら↓↓

_画像

ITTO個別指導学院では小学・中学・高校生を対象としており、個別指導の授業スタイルとなっています。

生徒の1人1人に合わせた授業をするために個別指導となっています。

ITTOは全国1137校舎を展開しており、全国的にも実績を持った塾です。

自習室も備えているので、授業以外でも生徒をサポートする環境が整っています。

夏期講習の期間は7/13~8/31となっており、小学1年生~高校3年生までが対象となっています。

講習内容は、小学1~3年生は国語・算数から選択。

小学4~6年生は主要5科目から選択することができます。

中学1~3年生は主要5科目から選択。

高校1~3年生も主要5科目から選択となっています。

料金

授業料の詳細は塾を問い合わせる必要がありますが、参考として、小学生ならば50分×8回で13,000円(税別)、中学生ならば50分×8回で15,000円(税別)となります。

注意点は、これは1科目の値段であり、授業時間も80分のコースにすると約20,000円と値上がりする恐れがあります。

また、通常授業での入塾となると、年会費やテキスト代が別途発生するので、夏期講習でも授業以外の費用が発生するかもしれません。

そのため、夏期講習を検討している方は直接塾に問い合わせてください。

校舎一覧 北海道 旭川校宮の沢校札幌東校西高前校
東京 原町田校上北台校足立佐野校足立中央校東久留米校南大沢校八幡校
神奈川 たちばな台校上矢部校浅田校大口校大野台校潮田校渡田校
岐阜 芥見校岐北校長森校長良校
静岡 篠ケ瀬校静岡城北校袋井高尾校袋井天神校袋井北校大平台校浜松中島校
愛知 岡崎西校岡崎南校岡崎本校黒川校南加木屋校南知多校富貴の台校豊川本野校竜美ヶ丘校
滋賀 宇賀野校大将軍校長浜北校長浜本校
京都 宇治小倉校精華光台校
大阪 河南校狭山校高槻天王校高槻富田校黒原校曽根校大正千島校都島中央校
兵庫 苦楽園校広畑中央校三木緑が丘校洲本宇原校神戸本校西新町校川西大和校大日通校姫路西校姫路夢前校網干校

_画像

河合塾は小学生から高校生、高卒生と幅広い年代を対象としており、中学受験~大学受験勉強を中心としています。

授業は集団授業であり、自分の目的に合った講座を受講することができます。

例えば、早慶大を目指したハイレベルな講座、首都圏の私立大学で人気が高い明治大・学習院大・青山大・立教大などを目指した講座、医学部を目指した講座や国公立大を目指した講座などが様々な講座を選ぶことができます。

河合塾では「自分で考える力」を伸ばすために、これまで培ったノウハウと長年の問題分析に基づいたカリキュラムが導入されています。

授業日数は短期で集中するために5日となっており、最新の入試傾向を凝縮したテキストに要点を凝縮しています。

料金

料金の詳細は学年により異なるので、詳細は塾に問い合わせてください。

ここでは高校生を対象とした料金例を紹介します。

夏期講習の費用は入会金と受講料によって決まります。

入会金は4,400円かかりますが、インターネットからの申し込みや入学金免除対象者に該当すると、入学金が全額免除になります。

この入学金免除対象者は、過去に河合塾生であったこと、河合塾模試の受験生、兄弟・姉妹が河合塾生であったことなど、様々な方が対象となっています。

受講料は90分×5回を1講座としており、一般受講生は18,100円、塾生受講料は17,600円となっています。

注意点として高3・高卒生は4講座以上を組み合わせて受講する必要があります。

_画像

 駿台は大学受験を重視した塾となっており、大学受験を考えている現役生・卒業生を対象としています。

授業は集団授業スタイルとなっており、志望大・学力・進度に合わせたレベルで構成されています。

 レベルは3つに分かれており、東大・京大・医学部をはじめとする最難関大学を目指すスーパーαレベル、一橋大・早慶上智大のような難関大学を目指すスーパーレベル、国公立・私立大を目指すスタンダードレベルがあります。

2020年度夏期講習の案内は現在、準備中であり、日程などが決まり次第ホームページに公開されるので、確認してみてください。

新型コロナウィルスの影響で夏休みの日数が減少され、飲食店など人が集まる施設では密を避ける対策が施されています。

塾に関しても生徒が集まる場所なので、対策が必要になりますね。

料金

まだ夏期講習の準備中なので、詳細は不明になりますが、過去から推測すると、料金は受講するコマ数によって変わり、基本的には1コマが50分×12回で22,400円だと考えられます。

また、入会金が4,100円必要となりますが、駿台に関わったことがある方ならば、免除の可能性があります。

_画像

東進といえば、「いつやるか、今でしょ」で有名な林修先生が所属する塾になります。

東進では主に大学受験を受ける高校生を対象に集団授業を行う塾になっています。

2020年の現役合格者の実績を見ると、東大802名、京大451名、医学部医学科1375名と堂々たる実績を持っています。

このような実績を出せるのは、やはりレベルの高い講師陣が多数在籍しているからでしょう。

単に授業をする以外に関連する雑学などを授業に取り入れることで、生徒たちも楽しみながら勉強ができるので、成績アップに繋がっているのではないでしょうか。

夏期講習のテーマとして、高1では、ついていけなかった授業の遅れを取り戻すこと、勉強の習慣をつけること、先取り学習で夏休み以降の勉強を充実させることをテーマとしています。

また、高2では授業の遅れを取り戻すこと、苦手分野を克服すること、受験範囲の早期終了をめざすことをテーマとしています。

さらに高3では受験に備えた基礎固め、苦手克服、過去問演習による志望校対策をテーマに本格的な受験勉強を行います。

料金

1講座は90分×5回となっており、通常1講座の料金は19,250円となっています。

しかし、注目なのは高1なら3講座、高2なら4講座、高3なら1講座が無料で受講できるのです。

これは夏期特別招待講習のキャンペーンであり、東進の授業を体験することができます。

POINT

✔個別指導のトライ・ITTO

✔集団授業の河合・駿台・東進

✔自分専用の授業なら個別指導、料金を少しでも抑えるなら集団授業

まとめ

_画像

いかがでしょうか。

夏期講習について、様々な塾について知ることはできましたか?

最後にまとめになります。

POINT

✔夏期講習では苦手対策や受験勉強など、自分の目的に合った講座を受けることで、効率良く勉強することができる。

✔夏期講習では授業を受けるだけでなく、演習問題を解くことで予習・復習をして、実力を伸ばす!

✔個別指導と集団授業。自分に合った授業スタイルと料金を考えて選ぶ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!